« 高速脇の府道の植え込み、妙な調和。 | トップページ | 朱と緑 »

2019年12月19日 (木)

転落防止柵に一本の針金、に思ったあれこれ。

 所用で第二寝屋川沿いをクルマで走行。信号待ちで停まって右見れば…こんなのが。
Kyousei  「なんで針金?」って思いましたけど、そうか…針金を縛り上げることでこの歪みを直そうとやってみたけど直らなんだってことでしょうなあ。確かにええアイデア…ではあるなと思いつつ「そら無理でっせ」とも思いますわな。
 一応ストリートビューでもチェックと見てみますと、これ以外に近くであと2ヶ所同様の試みがなされています。そのうちのひとつを見ると、縦に一本針金が付けられています。と言うことは矯正目的で針金を使っているのではない気もしてきました。もう少し下流の柵も見てみましたがこういう補修はなし。役所も動いてくれんわと近所のお方がやってくれはったんでしょうな。あぁこれで川に転落の心配もないわ。安心あんしん。
 とかちゃかしてましたけど、そうか…この幅やと子供はすり抜けられるんかもしれませんね。いや、きっとそうですわ。本気で安全考えてやってはるんですね。なかなかできんことです。

(於:東大阪市) 記事化するまで気づかなんだ…あさはかなことで。

|

« 高速脇の府道の植え込み、妙な調和。 | トップページ | 朱と緑 »

社会」カテゴリの記事

思ったこと」カテゴリの記事

河内」カテゴリの記事

コメント

IがH、愛が英知、
って柵を広げる動機は何???

投稿: mita | 2019年12月21日 (土) 10時28分

●mitaさま
そう、何でそもそも広がってるのかが疑問。何ぞぶつかったのか破壊癖野郎の仕業か…

コメントおおきにです。

投稿: 山本龍造 | 2019年12月23日 (月) 14時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高速脇の府道の植え込み、妙な調和。 | トップページ | 朱と緑 »