« “肥後橋付近図” | トップページ | 東の空に夕焼け、京阪特急の車窓越しに。 »

2019年12月23日 (月)

// 高さ 3.8m // 200m先信号機あり 寝屋川南料金所下

 京阪は萱島駅で降り、寝屋川に沿って歩いて仕事の現場へ。陽が陰り始めた夕暮れに、吸い込まれそうな空洞がひとつ。
1912231615  無機的なコンクリ構造物ながら、沁み入る湿度を感じるのは…土地柄のせいなのかもと思ったり。まぁそれ以上にシチュエーションがそうさせているんでしょうけど。

(於:寝屋川市) そもそも違和感があるねんな、構想物の存在に。

|

« “肥後橋付近図” | トップページ | 東の空に夕焼け、京阪特急の車窓越しに。 »

写真」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

建造物」カテゴリの記事

河内」カテゴリの記事

コメント

おっちゃん(おばちゃんかもね)そんなとこ横切って大丈夫?

下って上るアンダーパス、
水が溜まって、湿度感、
いえ、そんな意味じゃないですね、わかってますとも。

投稿: mita | 2019年12月25日 (水) 09時27分

●mitaさま
大丈夫です!と断言できるくらいにクルマっ気がなくてね、そんな感じで湿度が感じられたのかもしれません…って、全然何言ってる状態ですが。

コメントおおきにです。

投稿: 山本龍造 | 2019年12月29日 (日) 21時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« “肥後橋付近図” | トップページ | 東の空に夕焼け、京阪特急の車窓越しに。 »