« 昭和なプラ看板 194 ● 神戸新聞 | トップページ | 手書きの庄内東町四丁目 »

2019年12月27日 (金)

アーケードの下、コクヨの二代前の看板ピカピカ。

 時節柄“年賀状印刷”も気になりますけど、そっちやなくて。
Kjy1 Kjy2 過日歩いた尼崎の商店街にあった文房具屋さんの看板、それがあまりに状態良くて…やっぱり雨風紫外線から守るアーケードの存在って大したもんでっせ。
 まぁ何も記すことないですね。これは二代前のマークですけどやっぱり味あってよろしいなぁ。何て言うんでしょ、そやなぁ「風情がある」って感じですよね。日の出っぽい丸いギザギザは勿論、サクラでしょうか花柄が何とも風流な雰囲気を醸し出していて…かわいいですわ。
 すっかり“事務用品”から“オフィス”やら“ファニチャー”などのキーワードにふさわしい企業にならはって…我々が幼少の頃は“コクヨ便箋”って呼んでたんですけどね。いまアリオのところに八尾工場があってどっちかと言うと贔屓に思ってましたけど…ぺんてるの敵対的買収でちょっとナンダカナーな気分になってしまいました。嫌がってはるところにあれこれ…なんかさみしい気がしますわ。

(於:兵庫県尼崎市) コクヨに極東、日章、ハタ…コクヨの一人勝ちやなぁ。

|

« 昭和なプラ看板 194 ● 神戸新聞 | トップページ | 手書きの庄内東町四丁目 »

懐かし…」カテゴリの記事

看板」カテゴリの記事

摂津(大阪市外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 昭和なプラ看板 194 ● 神戸新聞 | トップページ | 手書きの庄内東町四丁目 »