google-site-verification=kftdfYqaUfix0s7e56NlGCAISAidrjB3AgVGbPiXA5E 梅の里、川のほとりにタンクいっぱいの図。: 大阪 アホげな小発見。とか

« 琺瑯タンクの余生 45 ● 和歌山県田辺市龍神村龍神 | トップページ | 昭和平成染み込んでもう飽和状態って感じのモルタル壁 »

2019年8月22日 (木)

梅の里、川のほとりにタンクいっぱいの図。

 和歌山は田辺市の山手を行くと梅林が広がって、建屋やビニール屋根の下では梅が干されており、いかにも産地って感じです。ところどころ用を終えたのかプラスチック製の樽や桶が転がっているのも梅干しの里やなぁと思って見てますと、稲成川沿いにこんな一角がありました。
Umetanks  写真ではわかりにくいかと思いますがこれ、2mほどの高さのタンクで、きっちり数えてませんけど100本以上あるみたいです。
 見ての通りすべてのタンクに蓋がしてありますので何の為のタンクかわかりませんけど、これは…梅干しを漬け込んでいるのかと想像しますが、どうでしょう。
 その数の多さもさることながら、暑い屋外というのにちょっとびっくり。ま、先にも述べた通り何をしているタンクなのかはわからないんですけども。

(於:和歌山県田辺市) のどかな山里で、ちょっと異様な光景に見えたもんで。

|

« 琺瑯タンクの余生 45 ● 和歌山県田辺市龍神村龍神 | トップページ | 昭和平成染み込んでもう飽和状態って感じのモルタル壁 »

小発見」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 琺瑯タンクの余生 45 ● 和歌山県田辺市龍神村龍神 | トップページ | 昭和平成染み込んでもう飽和状態って感じのモルタル壁 »