« 明石海峡大橋、舞子坂から午前10時27分。 | トップページ | 親子か親分子分か、室外機の上に室外機。 »

2018年12月 1日 (土)

文字干からびて味わい深し、舞子坂4のバス停。

 割と目にするところをみるとさほど珍しいモンでもないみたいですけど…
Mks4a Mks4b …公共交通機関の表示がこんな風になってるってちょっとどうなんでしょって感じ。でもまぁ味わい深い干からび方していてやっぱりええ感じ。平面が立体化してそこに影ができて…よろしいなぁ特に小さい字の方が。
 よく見ると“舞子坂4”の部分も切り貼り文字。赤が縮れて黒はそのまま。今までネタにしてきた物件も改めて見てみますとやっぱり同じで赤だけチリチリになってます。素人考えとしては黒の方が熱を吸収して劣化が早いんちゃうかと思うんですけどちゃうんですね。街のあちこちにある赤い切り文字の今後に期待が膨らみますで。

(於:神戸市垂水区) 近くにあった駐車場の看板も赤はチリチリ、青はシワシワやった。

※関連記事:
文字干からびて味わい深し』 2018年10月記
グチュっと縮れた赤い意匠』 2017年7月 記
今日的素材も経年変化でええ感じ。』 2011年10月 記
暑さで文字もひからびて』 2010年9月 記

|

« 明石海峡大橋、舞子坂から午前10時27分。 | トップページ | 親子か親分子分か、室外機の上に室外機。 »

看板」カテゴリの記事

小発見」カテゴリの記事

コメント

これは、明朝体でもゴシック体でもありませんねえ、
お日さまと風の合作、自然体とでも申しましょうか。

それにしても、
触感を刺激されます。
さわりたい、めくりたい、はがしたい。

投稿: mita | 2018年12月 4日 (火) 10時00分

勤務先ちかくのオバサン一人でやってはる和菓子屋さん、それはそれは大きくて立派な(?)チリチリ看板でしたが、町のあちこちブラブラするNHKの番組で鶴瓶に突っ込まれてリニューアルしてしまはりましたゎ(笑)

投稿: 関西人43才 | 2018年12月 4日 (火) 20時36分

●mitaさま
はは…“自然体”。うまいっ。
昔から言います“かざぶたと干からび文字は剥がしたらアカン”と。知りませんけど。

●関西人43才 さま
え…鶴瓶さんもイラン突っ込みしはって…
言われたらそら、変えんと仕方ないですわ。売り上げUPになってたらええですね。

コメント御礼、レス激遅すいません。

投稿: 山本龍造 | 2018年12月23日 (日) 10時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文字干からびて味わい深し、舞子坂4のバス停。:

« 明石海峡大橋、舞子坂から午前10時27分。 | トップページ | 親子か親分子分か、室外機の上に室外機。 »