google-site-verification=kftdfYqaUfix0s7e56NlGCAISAidrjB3AgVGbPiXA5E “筒井レンコン”: 大阪 アホげな小発見。とか

« 業界団体の会館 91 ◆ 蒟蒻会館 | トップページ | 自分が楽しんでこそひとに伝わるということ再確認の日 »

2016年12月17日 (土)

“筒井レンコン”

 先の大和郡山での仕事の帰り、国道から見下ろす泥田に人影。
Tsutsuren1
 寒い中腰まで水に浸かって何やら掘り起こしてはる…あぁきっとレンコンの収穫をしてはるんやろと写真に撮って拡大して見ますれば、やっぱりレンコン。
 水抜いた田で掘り起こしてはる図を最近のテレビ中継で見ましたが数年前、NHKで放映されていたかつての河内での収穫シーンは、ふんどし一丁で水中メガネも付けずにガタロよろしく潜っては採ってはりました。
 それ思うとまだマシとは言え、極寒期にこの状態…結構相変わらず過酷な作業で頭が下がります。
Tsutsuren2
 引いて見ますとこんな状態。結構な面積を4人ほどで作業されてました。
 調べますとここらはレンコンの産地として古く、その歴史は少なくとも江戸時代にさかのぼるとか。奈良県在来の品種が栽培され“筒井レンコン”として平成23年に大和野菜に認定されたということです。
 現在全国で栽培されているレンコンがほとんど明治期に輸入された中国種やということを思うと…さすがは古都奈良って感じがします。
 余談ですがレンコンの穴の数って知ってはりましたか? その数普通は8つとか。ですがここの筒井レンコン、ネットで見たものはたいてい9つや10の穴があります。そのことについて触れられている記述はよう見つけませんでしたが、そこらの中国種とは別モンという証ではないかと思ったりしたんですが…どうでしょ?

(於:奈良県大和郡山市) レンコンって形もですが、その響きも独特でよろしいなぁ。

|

« 業界団体の会館 91 ◆ 蒟蒻会館 | トップページ | 自分が楽しんでこそひとに伝わるということ再確認の日 »

コメント

蒟蒻に続いて、レンコンとは!私の、我が家の大好きな食材が2連荘(笑)レンコン、美味しいですよね。私は、絶対お酢で下茹でしてから天ぷらに揚げる派です。筑前煮に入れるときも、下茹でしてから炒め炊きします。流石に、レンコン饅頭にするときには酢水につけるだけですが。色々使えるから、これまた我が家では必ず常備されている食材です。

筒井レンコン。聞いたことはありますが、食べたことはありません。機会があれば、ぜひ食べてみよう。

投稿: 天王寺蕪 | 2016年12月18日 (日) 08時04分

ああ、何と大変な…
昨日テレビで見た徳島レンコンの収穫作業はもう少し楽そうでしたよ。
(大規模やからかな。ほとんど泥につからず収穫してはりました。)

大阪のスーパーなんかで買うレンコンはほとんどがその中国種の徳島レンコン。
サクサクできんぴらとかならいいんですが、煮物にはもっと粘りがあってホクホクのが欲しい。
門真レンコンとか食べたいわ~贅沢やけど。

投稿: おばちゃん | 2016年12月20日 (火) 08時53分

●天王寺蕪さま
レンコン…正味の話今まであんまり好きとか嫌いとか思って食べたことなかったなぁってのが正味のところですわ。蓮根饅頭は「どこがレンコンなんやろ?」と長年思ってましたけどあれは擦り潰してるってことですよね。あれはうまいと思ってます。

●おばちゃんさま
一度、門真の畑の中にある飲食店で蓮根鍋を食したことがあります。なんか紫色のやった記憶があるだけで味の記憶が…なくて。やたらせせこましい空間でそっちの方に気を取られて…と。
いろいろな地域にさまざまな食材あった方が楽しいですね。

コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2016年12月25日 (日) 10時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “筒井レンコン”:

« 業界団体の会館 91 ◆ 蒟蒻会館 | トップページ | 自分が楽しんでこそひとに伝わるということ再確認の日 »