貼り紙

2018年4月29日 (日)

“誠に”、“勝手すぎ!”

 池田駅前、ひときは細い路地に足を踏み入れますればそこはちょっとした昭和。シャッター閉まったお店のショーケースに貼り紙。その言葉に「お休みなんや」と思いつつふとよく見れば…
Kettesugi1 Kettesugi2
…“誠に”、“勝手すぎ!”…気持ち入ってんなぁ。

(於:池田市) 何度目に記しはったんやろか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月22日 (日)

街角の謎の貼り紙意味不明

 メモ書きみたいなものが、わざわざ街角に貼ってありますけど。
Angou1 Angou2
 何かを伝えたくて貼ってあるかと思われますけど、その内容がさっぱり解りません。何となくうまい儲け話に誘い込もうとする記述の様に思われますが…わからん。
 これはひょっとしたらこのメモ書きが落ちていて「探してはる人に…」と誰かがここに貼ったものなのかも。いやいや…これはヤミ取引の“暗号”なんかもしれませんな。そう思うと…取り上げへん方がよかったかも。

(於:中央区) よく見たら処方された薬の紙袋の裏…何の薬かも気になるな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月15日 (日)

“不調のため五・六回押して下さい”

Fucho56 まぁ読んで字の如く。20%くらいの確率で鳴るわけですな。それがなんかええなぁと思いまして。いやね、きょうびの電気モンって○か×という感じで正常か故障かのどっちかですけどこいつは時々直る訳でほれ、真空管時代のテレビみたいですやん「叩いたら直る」みたいな、ね。
 ってまぁそういうのもテレビのドラマなんかでよく出てくるシーンでそれに記憶が感化されているだけかもしれんなぁとちょっと思いましたけど、いや違う。実際直りましたやん。不思議やなぁとも思いますけどそんなモンやとも思いますわ。で、なんで叩いたら直るって?それは…昔のモノには魂が宿っていたからでしょう…とか何とか。

で、そうそう。以前うちのインタホン夜中に鳴ることあって「ピンポーン」って。気持ち悪いのなんのって例えイタズラでも夜中はね。調べてもらうとどうやらネズミが配線をかじったからの様で。それが理由やとわかるまで随分かかったなぁ。もちろんこの時も時々正常やったこと思い出しました。

(於:京都市上京区) 字面もええねんな、これ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年3月23日 (金)

大国にとっても重要らしいナミイタ建屋

 これらの組織とはどう見ても関係ないところが…逆に恐ろしい。
Ciakdb
 国内のみならずアメリカからロシア、中国の恐い組織までにこのナミイタ建屋は守られているそうです。しかしながら漢字のみならずカタカナも入って…効果バツグンでんな。

(於:泉南市) KDB…これがぶっちぎりで効果絶大。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年8月19日 (土)

“おかずによく合う”…どんな味や。

 クルマ停め、ふと見た某コンビニの張り紙にこんなコトバ。
Okazuni1 Okazuni2
 “おかずによく合う”…おかずのおかずになる味ってことなのか。それ、味濃すぎ。いや、その逆で超プレーンな味で白ご飯代わりのどうぞってことか。とも思いましたけど“ビールもよく合う”…買ってみなわからんも、ちょっとその気になれませんで。

(於:中央区) 塩コショウにたまり醤油も甘いんかいな…何やこれ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

を は (ー ー;) 

 残り方が…たまらん。
Woha1 Woha2  一瞬何を訴える貼り紙かわからんものの、立ち止まってよく見ると、削ぎ落とされて必要な部分だけ残ってかえってこころに響く…ことないか。“を”と“は”の前後は…

(於:天王寺区) “ぼくすてるとバチあたり”

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月15日 (木)

歳かさね、額縁の中でアートと化す。

 忠岡町へ仕事。人影まばらな旧村を行きますれば、いかにもなモンがカメレオン状態。
Kimoshita1 Kimoshita2
 味わいある額縁の中で文字が立体化。看板の様な貼り紙の様な…一瞬なんて書いてあるのかわかりませんでしたが、これ“きもの仕立ます”ですな。
 年季の入り様を見る限り永年仕立屋をされているのでしょうからまかせて安心…って、もうやってはれへんかもしれませんが。

(於:忠岡町) 漆喰壁に積もるホコリもええ感じ。

保存

保存

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土)

“鬼門につき 糞・尿お断り!!”

 道行けば、こんな貼り紙。
Kimon1 Kimon2  「えぇ、何なん?」と思いつつ“鬼門”を出されると妙に「ヤメとこ!」な気分になるもんです…ってそもそもここで糞尿たれる気はありませんけど。
 で、まぁ“鬼門”って言葉にひれ伏した訳ですけど、そもそもその“鬼門”って何か?“風水”って何かももひとつちゃんと知らんなぁと。鬼門は北東、裏鬼門は西南で、そこに便所設置したらアカンっていうのが風水の教えでそれ拡大解釈して“糞尿お断り!!”…なるほど。この文言、効果バツグンでしょうな。
 そや、この文言うちも使たろ!って残念ながら困ってるのは“西北”…何ぞ殺し文句おまへんか?

(於:奈良県大和郡山市) ってまぁ、イヌネコがこれ読めるか?って…そうか、人間の仕業に参ってはるんか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

文字だけ転写、カッコええ電柱。

 妙にカッコええ…
Tensha2a
 文字だけ転写する図はまぁ時折見かけますけど、これはまるでカッティングシートの切り文字を直接貼り付けたみたいで何なに?“借入中”とか“お気軽に”とかその文言がまた怪しげでよろしいなぁ…ってたいがい電柱に貼ってあるヤツってそれ系ですわな。
Tensha2c Tensha2b
 以前見た物件と同じで結局黒インクのったところだけ劣化が遅いってまぁそれだけですけど、やっぱりカッコよろしいな、うん。
 ちなみに住所部にある“大和生命”は2008年まであったそうですからまぁカッコよくなるまで10年の歳月がかかったということです。

(於:和歌山市) “和歌山ワールド”はいっつもおおらか♡。

※関連記事:
貼り紙、電柱に転写してる。』  2011年4月 記

貼り紙、珍劣化中。その2』  2011年2月 記
貼り紙、珍劣化中。』  2011年2月 記

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年10月16日 (木)

県道の端に小屋、佇み続ける二葉さん。

 いかにも“県道沿い”といった風情も、近年見かけんかもなぁ。
Futaoga1 Futaoga2
 こんな小屋にこんなポスターが貼ってありました。「二葉百合子さんに緒方大作さんか…“唄いまくるヒット曲多数…!”おっ、これは楽しみ(ウソ)」でいつかいなと見れど日程が書いてませんわ。おまけに場所も。あぁ残念やなぁ、行きたいのに…とか何とか。
 二葉さんは2011年に引退とありましたので、ま、残念ながら過去の告知ですなぁ。ということは少なくとも3年はここに貼ったままということですな。忘れられてそのままなのか、気に入ってずっと貼ったままにしてはるのか…ま、いずれにせよこれからもかなりの年月、ずっとこのままに思いますな。

(於:滋賀県甲賀市) “魂の詩が響く感動のステージ”やったそうな。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧