貼り紙

2018年10月11日 (木)

地面に貼り紙、因果応報。

 和歌山駅近くの高架下にて。
Ingaoho1 Ingaoho2
 文字より赤いガムテープの方が効果的か…っていったい何が不衛生やとか迷惑やとか主張してるんでしょ。文面のもひとつよくわからんところがいちばん効果的かな。因果応報…きっと自分の身にええことあるでしょうなぁ。

(於:和歌山市) ゴミや駐輪に怒ってるのかと思うもストリートビューで過去見てもすっきり。貼り紙見当たらず。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月10日 (水)

納屋で看板で…掲示板か。

 道端の農家の納屋が、妙な異彩を放ってまっせ。
Gyakkoka
 コトバは無用か。笹に囲まれた看板と落書きが経年変化でええ色合いになってるのに…ぶち壊しやん。

(於:泉大津市) 屋根のナミイタは…先の台風で飛んでいったんでしょうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月14日 (土)

街角の謎の貼り紙意味不明 2

 同じ信号柱にまたも…
Angou3 Angou4 Angou5  覚えてはるでしょうか、今年4月の記事を。それと同じスタイルのものがやはり今日も貼ってありました。
 “松坂糸井は元パリーグ スターらしない”、“生毛の先割れ”、“インドのカネ バラマキ”、“大暑化×公害と人夫…荒大雨”、“戦争で灰に日米”…と、所々判別可能。今回のは“意味不明”とするのは失礼ですね。
 その内容の鮮度の高さからすると、毎日更新されているのかもしれません。そうか…これも案外ゲリラアートなんかもしれませんで。
 毎日楽しみにしてはる人もいるのとちゃいますかね。きっと作者もその辺意識してはるかもしれません。そうか…つまるところこれはアホげの強力なライバルなんかもしれん気がしてきました…ってきっと「アホか」と思われること必至ですな、この作家に。
 ここは環状線は玉造駅の長堀通を渡ったところ。お近くの方、ぜひ毎日お楽しみを。

(於:中央区) 基本は“感情殴り書き”か?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年4月29日 (日)

“誠に”、“勝手すぎ!”

 池田駅前、ひときは細い路地に足を踏み入れますればそこはちょっとした昭和。シャッター閉まったお店のショーケースに貼り紙。その言葉に「お休みなんや」と思いつつふとよく見れば…
Kettesugi1 Kettesugi2
…“誠に”、“勝手すぎ!”…気持ち入ってんなぁ。

(於:池田市) 何度目に記しはったんやろか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月22日 (日)

街角の謎の貼り紙意味不明

 メモ書きみたいなものが、わざわざ街角に貼ってありますけど。
Angou1 Angou2
 何かを伝えたくて貼ってあるかと思われますけど、その内容がさっぱり解りません。何となくうまい儲け話に誘い込もうとする記述の様に思われますが…わからん。
 これはひょっとしたらこのメモ書きが落ちていて「探してはる人に…」と誰かがここに貼ったものなのかも。いやいや…これはヤミ取引の“暗号”なんかもしれませんな。そう思うと…取り上げへん方がよかったかも。

(於:中央区) よく見たら処方された薬の紙袋の裏…何の薬かも気になるな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月15日 (日)

“不調のため五・六回押して下さい”

Fucho56 まぁ読んで字の如く。20%くらいの確率で鳴るわけですな。それがなんかええなぁと思いまして。いやね、きょうびの電気モンって○か×という感じで正常か故障かのどっちかですけどこいつは時々直る訳でほれ、真空管時代のテレビみたいですやん「叩いたら直る」みたいな、ね。
 ってまぁそういうのもテレビのドラマなんかでよく出てくるシーンでそれに記憶が感化されているだけかもしれんなぁとちょっと思いましたけど、いや違う。実際直りましたやん。不思議やなぁとも思いますけどそんなモンやとも思いますわ。で、なんで叩いたら直るって?それは…昔のモノには魂が宿っていたからでしょう…とか何とか。

で、そうそう。以前うちのインタホン夜中に鳴ることあって「ピンポーン」って。気持ち悪いのなんのって例えイタズラでも夜中はね。調べてもらうとどうやらネズミが配線をかじったからの様で。それが理由やとわかるまで随分かかったなぁ。もちろんこの時も時々正常やったこと思い出しました。

(於:京都市上京区) 字面もええねんな、これ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年3月23日 (金)

大国にとっても重要らしいナミイタ建屋

 これらの組織とはどう見ても関係ないところが…逆に恐ろしい。
Ciakdb
 国内のみならずアメリカからロシア、中国の恐い組織までにこのナミイタ建屋は守られているそうです。しかしながら漢字のみならずカタカナも入って…効果バツグンでんな。

(於:泉南市) KDB…これがぶっちぎりで効果絶大。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年8月19日 (土)

“おかずによく合う”…どんな味や。

 クルマ停め、ふと見た某コンビニの張り紙にこんなコトバ。
Okazuni1 Okazuni2
 “おかずによく合う”…おかずのおかずになる味ってことなのか。それ、味濃すぎ。いや、その逆で超プレーンな味で白ご飯代わりのどうぞってことか。とも思いましたけど“ビールもよく合う”…買ってみなわからんも、ちょっとその気になれませんで。

(於:中央区) 塩コショウにたまり醤油も甘いんかいな…何やこれ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

を は (ー ー;) 

 残り方が…たまらん。
Woha1 Woha2  一瞬何を訴える貼り紙かわからんものの、立ち止まってよく見ると、削ぎ落とされて必要な部分だけ残ってかえってこころに響く…ことないか。“を”と“は”の前後は…

(於:天王寺区) “ぼくすてるとバチあたり”

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月15日 (木)

歳かさね、額縁の中でアートと化す。

 忠岡町へ仕事。人影まばらな旧村を行きますれば、いかにもなモンがカメレオン状態。
Kimoshita1 Kimoshita2
 味わいある額縁の中で文字が立体化。看板の様な貼り紙の様な…一瞬なんて書いてあるのかわかりませんでしたが、これ“きもの仕立ます”ですな。
 年季の入り様を見る限り永年仕立屋をされているのでしょうからまかせて安心…って、もうやってはれへんかもしれませんが。

(於:忠岡町) 漆喰壁に積もるホコリもええ感じ。

保存

保存

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧