小発見

2018年1月21日 (日)

便所の男女区別のマークかわいい

 明日から寒なるとの事。天気もええしでちょっと小旅へ行きましょか。
Benjo1 Benjo2  てなわけで信貴山は朝護孫子寺へ。近鉄は単線乗って信貴山口駅、そこからからケーブルカーにバスと乗り継いで…ちょっとだけの移動ながら何なんでしょってくらい旅気分いっぱい。近いのに…まぁ訪れん観光地ってこないに非日常な気分にさせてくれるねんなぁとええ半日を過ごすことができました。
 これがクルマで行っててもそういう気分にならんもんでやっぱりクルマレスの日々もええもんですわ…って全然ここにある写真と関係ないですね。
 ま、見ての通り境内の便所にあった男女区別の標識、これが何ともええ感じ。ただ、最初に反応したのがお子やったのが悔しいところ。やっぱりね、同じもん同時に見てもはやさが違いますわ若いと。こっちは「なんとなく変わってるなぁ…」とまずアタマで理解しよとしている時点からもうコトバに発してましたわ「これオモシロイっ」って。負けた…けどちゃんとアホげスピリッツはお子にも流れているナと嬉しくなるひとときでもありました。
 引いて立て看板に記された文言見れば、そこにあるのは“便所”の文字。嬉しなりますな。そう、便所か御手洗ですわ、うん。ちなみに私は“手洗”派です。

(於:奈良県三郷町) 便所”がいちばん耳にせん様になったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月18日 (木)

青・白・赤…ナショナルの3色シャッター、おまけで3色クルマ。

 昔ながらな風情漂う和泉府中の街並みを行くとそこに、懐かしい色合いが。
Natiobocock1 Natiobocock2
 そうそうこれこれ、これがナショナルの配色でした。昔はそこここのナショナルのお店がこの色合いのシャッターでしたけど、気がつくとホンマ見かけん様になりました。そらまぁ“パナソニック”に変わってでも、もう10年ですからね。
 しかし何です、“ナショナル電化台所セット”の文言が泣かせます。“パナソニックキッチン”に比べるまでもなく何とも所帯染みたもんを感じますわ。日頃「何でもカタカナ英語にしやがって」と日本語を大事にせんことを快く思ってませんが…いやぁ、やっぱりきょうびは“キッチン”ですか。それ思えば誰も“便所”とか“御手洗”も使いませんわな。あ、私は言いますけどね。

 で、今回の記事はちょっとオマケつき。
Natiocar1 Natiocar2
 “かわいいのん”という表題のmailに添付されていた画像がこれ。茶の湯のお仲間が京都でこんなん見かけたと。え〜なんとかわいいこと。
 これは…何なんでしょ。クルマはミツオカのBUBUやと思うもそんな大昔のクルマでもないし…であれこれ検索しましたらこれ、カーイベントに出展されたものみたいですからドレスアップ車ですかね。しかしながらこのクルマの持ち味を良く理解してはるというかもうこの配色でナショナルでバッチリすぎ。素晴らしいですわ。ええ情報を提供してくれはって…おおきにいつも。

(於:和泉市・京都市上京区(たぶん) ナショナル坊やはフライパンで魚焼いてるんか?

※関連記事:
黄昏の、ナショナル坊や。』 2012年5月 記

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月 9日 (火)

ナショ文字、いまだ現役!や。

 年末に掃除機の先っちょ壊れまして。サンヨーので気に入ってましたけどもう売ってへんし。で、うちの人買うてきたのがパナソニックの。まぁ、妥当な選択ですわな。で、ですわ。取り出して段ボールの底見たら…あっ。
Natiomoji5 Natiomoji6
 これって“ナショ文字”ちゃいますん。えぇ、こんなところで今だ現役? そんなこと考えられんしなぁと一瞬疑うも、どう見てもこれはあのナショ文字ですよ、うん。
 “ 逆 積 厳 禁 ”…他のナショナル/パナソニック製品の段ボール底は見たことまぁないんですけど、ひょっとしたらずっと「これでええやん」的にナショ文字のままなのかもしれませんね。
 あと、この製品はパナソニックながら“Made in china”ですから、この段ボールの印刷も中国で行われていてこれがナショ文字やとかあんまり考えんと使ってる…とか。
 とまぁ“なんとなく”説で考えましたけどこれ案外「無くすの惜しいで」とさりげなくナショナル時代からの歴史をここ“底”で伝えているのかもしれませんね。やとしたら他にもひっそりナショ文字を潜ませている可能性はありますな。皆さんもパナソニック製品買った節はナショ文字チェックをお忘れなく。

これって…社長さんとか知ってはるんやろか?

※関連記事:
ナショナル自転車の店』 2016年12月 記
“ナショナル”としか読めん。』 2016年8月 記
“なんでもナショナル”な字体。』 2011年1月 記
ほか

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年1月 2日 (火)

“志ゅみ抜'き”

 いつもの用事で東住吉区某所へ。阪和線は鶴ヶ丘駅で降りるつもりも時間あるしとひとつ手前の南田辺駅で下車、駅ひとつ違うだけでずいぶん雰囲気が違うもんやなと行きますれば商店街。このひと気なさ…正月2日の、しかも朝やからでしょう、きっと。てなこと思いつつ古そうな看板見上げればそこにこんな言葉が。
Shumi1 Shumi2
 “志ゅみ抜'き”…まぁ“シミ抜き”のことやろとはすぐに理解できるんですけど、そうか“しゅみ”なんですね。
 しかしまぁ“シミ”のこと“しゅみ”って言うかなぁと思いつつ、昔の人やと言いそうにも思いますね。関東煮の大根とかを“ダシがしゅんでる”って言い方をする人がいますけど、あれと同じなんでしょうきっと。そう、話し言葉としては“しゅみ”で通じても書き言葉として“志ゅみ”は…まぁよろしいわ。おもしろいし、趣きありますもんね、“し”が“志”で“抜”に“ ' ”付いて…やっぱりよろしいわ。ええ感じ。

(於:東住吉区) “しゅむ”は大阪方言とか。“シュミテクト”って…どうなんやろ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年12月13日 (水)

今年も遭遇“つかめ!合格”の吊り革。

 山本駅から近鉄電車に乗って座って…ふと見上げると、つり革の上にダルマがいまっせ。
Tsukame3 Tsukame4
 すぐに立ち上がってじっくり…なんて恥ずかしくてできません。ひと気なくなるまでじっとガマン。鶴橋駅でほぼ皆降りて見に行きますれば、これ、二年前にも見かけた“つかめ!合格”の吊り革。即ち五角形を“合格”とかけてそれ掴んで合格祈願ってって算段のもん。今年はそれにダルマまで乗ってアピール度アップしてちょっといやらしいなと思いつつ出くわした事実に「ついてるなぁ」と思うも調べますれば大阪・奈良・京都の近鉄車両に77本もあるとか…なんや。
Tsukame5 Tsukame6
 まぁそれでもやっぱり嬉しい。必要ないのに握ってきましたで、五角形のつり革きっちり。
 それより“恋愛成就吊り革“金運招福吊り革ってのがあるとか。前者は3本、後者は1本というレアさ。そうか、年末年始は意味もなく近鉄乗りまくりですな…って、おおいに意味ありますけども。

(於:天王寺区) ヤサカタクシー四つ葉のクローバーみたいなもんや。

関連記事:
五角形で…“つかめ!合格”の吊革近鉄の。』 2016年1月 記

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年12月 7日 (木)

ホームに郵便ポスト、京都駅。

 京都駅で湖西線に乗り換え、発車までなにげに窓の外見たら…へぇ。
Ekinakapost
 ホームに郵便ポスト…知らなんだわぁ。昔は他所にもあったらしいこのシチュエーション、今では京都駅だけとか…って京都の人には「それで?」なネタですんません。ガラス越しにモワッとええ感じに写ったもんでついつい…

(於:京都市下京区) 左端の立つおねぇさんがええ雰囲気を増長させてくれて…おおきに。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年11月10日 (金)

昭和橋のトゲトゲ

 阿波座駅近くを仕事前にちょっと探索。西北に向かうと木津川に架かる綺麗な鉄橋。クルマで通ることあれどまじまじ見ることなく今に至ってましたけど…かなりかっこええ橋ですな。
Showabashi1Showabashi2 Showabashi3  その名は昭和橋。名だけあって昭和7年に架けられたとか。そうか、両親と同世代の橋なんやなと思うと余計にあれこれ感じるところがあるなぁ…と感傷に浸りつつふと目に止まったのが、左の写真のトゲトゲ。「あぁ鳩よけか」と一瞬思うも、このいち部分だけって…はっはぁ、これは人間よけでっか。
 んなアホな…と思うもなんのなんの。この様な勾配あったら登りとなりますわ。オマケに滑り止めの鋲まで打ってあるとなると、なおのことですわな。「ほなお前、登るか」と訊かれれば…そらぁいいえ。ですけど若き日の自分やったら行くでしょうそうけしかけられたら。それが“男気”やなんて勘違いしてたやろうなぁ…とか、ね。

(於:北区〜西区) ここら辺で急に何とも言えんさみしい空気になるな。

保存

保存

保存

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 6日 (月)

灯篭まみれ

Toroes1 Toroes2  旧村の風情残る町の一角にこんな景色がありました。見ての通り灯篭まみれ。所狭しと並べられたその数は、勘定しきれんくらい…は言い過ぎですけど、まぁ20〜30はあるといった感じです。
 詳細はわかりませんでしたが多分、あちこちの旧家が取り壊されるたびにここに引き取られてどんどん溜まったのではと想像しますが、どうでしょ。
 子供やったら鬼ごっことか遊びに最適な感じです…って、地震が来ること思うとそうも言ってられませんか。立派なモンばっかりでなかなか圧巻でした。

(於:貝塚市) ストリートビューで過去をチェックしますと…やっぱり増えてますわ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年10月16日 (月)

タイヤ、花壇として余生をおくる。2

 過日、堺まで“くるみ餅”買いにかん袋へ。帰路、チン電から市バスの乗り換えで松虫電停で降りますれば…
Tirekadan3 Tirekadan4  少し前に記事にした元タイヤの花壇がここにも。こっちは2つと数では負けていますが工夫が見られてこっちの勝ち。何がええかってほれ、タイヤをギザギザに切ってヒマワリの花っぽくしてあるでしょ、そこがよろしいわ。ま、その割に植わってるのがタマスダレというそのコントラストが…うん、これもよろしいな。
 阪堺電車から市バス、いつもはあべの橋で乗り換えるもこっちの方が移動距離も少なくて大正解。以下全くの余談ですがそこからのバスが「ここは観光シーズンの京都か?」ってくらいの混雑でぎゅうぎゅうのスシズメ状態。その上車イスのお方やらベビーカーのお子までいてあべの橋バス停では…「後ろから降ります!」の声。続々と後ろ扉から下車していきはりましたがみ〜んな下車後バスの前へ行って精算…ええ国ですわ。それもええ話ですけどそれ以上にこの時の運転手さんの手際よい対応に「ええなぁ」と思った次第。見ればこの春よりこの路線の一部の便を受け持ちはしめた住之江車庫のバス。運行は委託の民間会社“大阪シティバス”。パニックにもならず丁寧な対応…市バスってまだまだ感じ悪い運転手さんもいてはるんですけど、ね。

(於:阿倍野区) 南海バスが運行管理する井高野車庫のバスも感じええかったな。

保存

保存

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年10月10日 (火)

タイヤ、花壇として余生をおくる。

 ちょっとほったらかされていて花壇と言ってよいのかどうか…
Tirekadan1 Tirekadan2  某農協の隅にこんな花壇。杯っぽい形状ですがこれ、タイヤで出来てますわ。
 わかりますかね?ほれ、高台の部分がホイールで本体のところがタイヤのゴムで、そのゴムを表裏逆さまにしてあるんですな。
 色とりどりに塗られてその重厚感も薄れてすっかり別モンになって…なかなかの発想ですわ。地味な様な派手な様なタイヤの余生、よろしいな。

(於:堺市西区) 塗装せんほうがええかもしれませんで。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧