社会

2018年12月14日 (金)

船場で見上げる。

 船場で仕事。見上げれば、こんな感じになってたんか…
Tm1 Tm2 …いや配線が、なんてね。
 何本もタワーマンション出来てるってことは知ってはいましたけど、真下の町から見ますとこないにドヤ顔でそそり立ってるんですね。
 けど何ですわその、街と全然溶け合ってなくてついつい「ええぞ電柱、がんばれ電線」てな気分になるもんです。「新参モンはそれなりにおとなしくしとかんと…」って考えは閉鎖的ですか。まぁしかし、大阪の中心部に住人が増えるなんて昔では考えられんかったこと。賑やかになることはええことやとも思いますけどね。

(於:中央区) 霞が関ビルが東京タワーに並ぶ観光名所やったのがウソの様でんな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年12月 9日 (日)

八尾市東部、高安山麓の昭和文化。

 あぁこれぞ“文化”。
Yaobunka
 田畑があって文化住宅があって…そうそう、この光景こそ八尾は東部の昭和文化やなぁと思って。
 10年ほど前でしょうか、NHKアーカイブで半世紀ほど前の河内の農家を取材した番組を見ましたけどその中で、田畑を埋め立てそこに長屋や文化住宅を建てて、農作業以外に“家賃の集金”も仕事に加わったみたいなこと語られてましたが、きっとここも同じ様な時代に建てられたものでしょう。
 奥には高安山、そして青空。ここ半世紀ほど変わらない八尾市東部の光景。当時はそれなりにハイカラな“文化”の並ぶ図やったんでしょうなぁ。平成30年…あと半年ほどで年号も変わること思うと、ここ十年ほどで見納めになるんかもしれません。

(於:八尾市) 思えば千里の万博の頃のモンなんかな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年10月25日 (木)

ガス管隠してガスメーター隠さず

 これも景観に配慮してはるのかな。
Kakusezu1 Kakusezu2
 過日訪れた富田林の寺内町は官民挙げて(?)隅々にまで配慮して町全体を落ち着いた佇まいを創り上げているといった感じで、エアコンの室外機は当然の様に木の格子に囲われていました。
 そんな中で見かけたのが、これ。ガスメーターの上部に鳥小屋風のモンが置かれています。よく見るとガス管の部分には細い竹が巻かれています。やはりきっとこれも今日的なものを隠そうとしてはるんでしょう。ですけど…なんで肝心のメーターが隠されていないのか…まぁきっとメーターの取り替えの際に位置が変わってしもてこんなことになったんでしょうなぁ。こういう時こそストリートビューでチェック…と思うも正確な場所が判らず。しかしまぁガス管まで隠すって…町をあげての本気度が伝わってきます。

(於:富田林市) けどまぁやり過ぎると生活感も失われるからなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月12日 (金)

テント飛んだら“平凡食堂”

 先の台風でテント飛んだら…
Heishoku1 Heishoku2  上六…上本町六丁目もここ何十年で昔ながらな風情がほんとなくなりました。ですがコロッケも人気の精肉屋さんやら中華料理店は今も昔も基本マンマやなぁって感じでひそかに気に入っていましたが、先の台風でお肉屋さんは半壊に近い状態(ちょっと大袈裟?)で今も休業中。で、中華屋さんの方はテントが飛んで、モルタルむき出しに。
 それだけならまぁ“気の毒なことやなぁ”なんですが見ての通り、そこに記された文字が…ええなぁと。

 “平凡食堂

 このご時世にこの屋号ならちょっと“何を時代がかった風にしやがって”ですけど、これは…昭和も昭和、1960年代って感じです。そうか…昔々はこんな屋号やったんですね。“平凡”、何とも奥ゆかしいその響き…よろしいなぁ。
 とまぁ他人事やから急に現れた懐かし物件をただただ愛でてたらええ訳ですけど…あっちもこっちもいまだかなり大変な状態のまま。大雨に地震に大風に…平成はなかなかすんなり終わりそうにないなぁなどと思いつつ、天災は底を打ったやろと楽観的思う自分もいたり…勝手なもんです。

(於:天王寺区) ハイハイタウンは…ビルにあっても独特の“戦後感”が漂ってる気がする。

※関連記事:
難波宮、台風の爪痕。』 2018年9月 記

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年10月 9日 (火)

Googleオススメのみち行けば…

 Googleでルート検索すると、こういう道を歩けと言います。
1810091547
 仕事で奈良は上牧町某所へ。近鉄は田原本線で池部駅まで行ってそこから…歩いて30分。行き方を出かける前にパソコンで調べるも、どうも怪しいなぁと自動車の通る道で行きましたけど、帰路はせっかくですからGoogleの言う通りに進みましょうとこれでええんかなぁと思いつつ進みますれば細くなってやがて畦道に。天気はええし稲穂は垂れるしでなんとのどかなこと。これホンマに仕事帰りかいな。しかしながら確かにつながってはいたけど、こういう道をお勧めしはるんですなぁ。あ、そう言えば以前泉州のどっか忘れましたけど「ここ私有地やん」なところを行けと出たこともありました。私はよう行きませんでしたけど、仕事先のひとはそのアヤシイ資材置場みたいなとこを横切って来てはりましたわ。
 ビッグデータを解析してルートを決めてるんやろと思いますが、その結果が畦道経由とは…なんてね。ま、今日はおかげさんでほっこりした午後のひとときを味わうことができました。

(於:奈良県河合町) 池部駅…目の前に町役場があると言うのに自動改札もないあたりにコンビニもないでちょっとびっくり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 7日 (日)

黒いクサガメにアピールするクサガメ、避けきれずアカミミガメも。

 一昨日は加古川市某所で仕事。めちゃはよ着くも、これといってネタが転がっているわけでもないし…で、近くののカメでも愛でよと近寄りますと…岸に上がっていたのにみなドボンドボンと水中に逃げくさって…つまらん。
 てな状況でしたが、何匹かは堂々甲羅干し。その中に真っ黒なカメがいますわ。
Kusakame2 Kusakame1
 こんなカメ見たことないけど…イシガメかなぁ(じつは多分クサガメ)。あ、手前にいるのは全国制覇したであろうミシシッピアカミミガメ。
 で、黒いカメばかり愛でているとやたらアピールしてくるカメが一匹います。顔をこっちに向けて「わしやわし、頑張ってるで」と言わんばかりに。首の周りに“アカミミ”がないのでクサガメですね。さっき逃げていったのはみんなアカミミだったこと思うと、これはやっぱり人間にアピールしてるんでしょうなぁ「何とかしてくれ」と。
 それで、帰宅後調べますればこの黒いカメは“黒化(メラニズム)”した状態とか。オスのクサガメがほぼこうなるのやとのことでした。イシガメやアカミミガメにも起こる現象やそうですけど、このカメはどうもクサガメっぽいですね。
 最近ではクサガメも外来種やと言われてますけど昔から馴染みありますから感覚的には日本のカメ化してますね。この池もまぁほとんどがミシシッピアカミミガメに制覇されていましたけどこうやって堂々と、また助けを求めつつ生き続けているクサガメを見てちょっとひと安心。一時期はセイタカアワダチソウに制覇されたかと思われていた草むらの覇権を近年ススキが奪い返していること思うとクサカメやイシガメにもひとつ頑張ってもらいたいなぁと思います。しかしながら“黒化”は、知らなんだなぁ。ほんま知らんことだらけ。

(於:兵庫県加古川市) あれだけカメがアピールしてくるとは…誰の生まれ変わりやろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 1日 (月)

日本酒de KANPAI! OSAKA 2018

 “日本酒ゴーアラウンド”がええに決まってる…とかって言い方は失礼ですね。
Nko2018a  昨秋は諸般の事情により全ての祭りごとに行ってられん状況でしたが今年の10月1日はさぁどれに行こか…と“日本酒の日”絡みのイベント数ある中、大阪府酒造組合さんの“日本酒de KANPAI! OSAKA 2018”へ行ってきました。
 午後6時半、写真の通り酒造組合長、片野桜の山野さんの音頭による乾杯にてスタート。500円4枚のチケット2,000円で購入の後、会場である船場センタービル10号館で営業されてる飲食店の中で協賛してはるお店に行って500円券出せば特定の蔵元のお酒60mlくらいのお酒とアテが出てくるというスタイル。ゴーアラウンドと…よく似ている様な、でも、ちゃいますかね。いわゆる“タッグを組んでる”って感じではないですから。
Nko2018b  清鶴長龍片野桜國乃長を置いてはるお店を回って…あぁどれも美味しい。けど、どうでしょ、私としては「そうそう、この感じ」でしたけど、消費者というか、この手の催しに参加しはる人々にとっては、個性的なお酒に出会えなんだという意味において不満が少し残るんやないかなぁと思ったり。あ、もちろんそういう声を聞いた訳ではないのであくまでも想像の話です。
 なんかね、わからんでもないんですけど、個性的な味わいを醸さんと生き残れんみたいなのって…どうなんでしょ。まぁこの流通網の発達した時代を思うと狭い商圏だけを相手にニュートラルな味わいのお酒を醸したとて、低価格にしてそれなりの旨さ備えたナショナルブランドのお酒にはなかなか勝ち目がない訳ですよね。よっぽど“おらが村の酒”ってな土地柄やないと、うん。
 てなこと思いつつ心斎橋あたりでコーヒー飲んで口の中リフレッシュして発泡性ワインのお店行ってシャンパン飲んで…ね、これが今日的日本人の飲酒ってもんでしょ…っていう物言いには自分ながら嫌気さしますけど。
 だんだん何が言いたかったんかわからん様になって…ってそれ!これこそアルコールパワーですなぁ。勿論アルコールのせいにはしませんで。酔ったふりしてモヤモヤを解消してるだけのことで。で、余談ですけど久々の府酒造組合の催し参加やったのに「山本さん、お久しぶりで…」って、有り難いなぁ。20代30代の頃盛んに大阪酒のイベントに参加していた頃の顔も名前も覚えてくれてはる…かなり感動。うん、これからも北河内の某酒を贔屓にしよっと心に誓いつつ、けど長龍も八尾にゆかりあるしなぁ…とかまぁ心揺れつつもやっぱり大阪人として節目節目は大阪のお酒で乾杯しよと心に誓ったのでありました。

(於:中央区) 来年はやっぱりNGAに行こ…と思うも若き日に世話になった大阪の酒に不義理はできんなと再認識。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月28日 (金)

話題のターャジス

 私は絶対メロディアン派ですけどね。
Taryajis
 見ての通りスジャータのトラック。“褐色の恋人”のフレーズに微妙な色合い…その独特な世界観(?)は名古屋っぽさなんかなぁ程度に見てましたけど、このトラックには“ターャジスト”なるマニアがいてはるそうで。FBで流れてきたデイリーポータルZの“「ターャジス」の読み方がついに判明!あのトラックの謎 ...”の記事で知ったんですけど、うん、確かに他のクルマの進行方向から書いてあるそれより“ターャジス”は妙に面白いかも…って言うよりこれでもかってほどターャジス車両を写真で収集してる行為がおもろいなと思ったんです。
 ま、詳しくはその記事をお読み頂くとして、なんでもこの“ターャジス”表記が今年から新車両に関しては廃止されているとかで…ターャジスト諸氏には何とも言えん悲報やった様で。けどまぁ確かに昔に比べたらクルマの進行方向から書いてあるスタイルも減ってきてますわ。こういう表記もそのうち“平成レトロ”とか言われるんかもしれませんで。

(於:中央区) ターャジスの上の“↓ここ”がええ仕事してくれてます、写真の。

関連記事:
.DTL,.OC ARAHATにamisutaM。何や?』 2013年12月 記
“IXAT(阪大東)”でUSIBEYやて。』 2012年1月 記
ャシーネガ ・ ガネーシャ』 2011年3月 記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月25日 (火)

岡山県邑久町長島、午後3時17分。

 思うところあって行ったわけではないが…
1809251517
…つらくて全部を読むことはできなんだ。穏やかな景色が余計に沁みる。

(於:岡山県邑久町) 邑久長島大橋はまさに“橋”やったんや。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年9月23日 (日)

難波宮、台風の爪痕。

 備忘録として写真に撮ってきました。
Ichii
 太い枝が裂けています。これはイチイでしょうか。
Sendan
 こちらは枝…というより幹ですか、引きちぎられています。これはセンダンかなぁ。
Kusunoki
 クスノキでしょうか。根こそぎ倒れて…ですが根の浅さからするとそらこうなってしまうわなぁって感じ。一見緑地ですが、土の下には軍需工場のコンクリなんかがあって根が下へはれなんだのかもしれません。
 風のチカラがこないに恐ろしいとはほんまに知りませんでした。風で飛ばされるということは想像できても風圧がどう作用するかまで深く考えてなかったことに反省。まぁ何もできんに等しいとは思うも、せめて窓ガラスにガムテープ貼るとかくらいはこれからしようと思いました。「何を大袈裟な」と思われようとも、ね。
(於:中央区) マンション敷地内の木々をロープで支えてはった人がいたけど…たいしたもんやなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧