社会

2019年10月15日 (火)

視覚効果バツグン、その上聴覚にも…

 視覚にこの上なく訴えてますけどじつはここ、聴覚にも訴えてきます。
Otoroshi1 Otoroshi2  何げに自転車でこの前を通ったらカシャコショーって感じやったか妙な音がして…戻ってみると、どうやら塀の上にセンサー完備の様。効果バツグン、ささっと撮って逃げました。

(於:住之江区) そのうち臭覚にも訴えてきはるかも…

※関連記事:
阻塞』 2019年9月 記
コンクリブロックの朱塗り、逆さパイロン縛り。』 2019年8月 記
「ここだけは絶対止めたらアカンぞ」』 2013年3月 記

| | コメント (1)

2019年10月 8日 (火)

旅役者、壁にいっぱい。

 5年ぶりに降り立った近鉄は大和高田駅。改札を出て右へ向かうと…何かちゃうわぁ趣きが…ってそうか、商店街からアーケードが消えてますわ。お店もあんまり残ってなくて、すっかり普通の道と化して…役目を終えたんでしょうか。ちょっと物悲しく感じるも、人通りまばらで薄暗い街並みより見上げれば青空の見える方が良いかもしれませんね…って雨模様でしたが。
Tabiyakusha  駅に近いところの一角はこんな感じ。ちょっとでも賑わいをってことでしょうか、この商店街の核とも言うべき(?)弁天座を賑わす大衆演劇の劇団のポスターがいっぱい。やや日焼けして色褪せして妙に溶け込んでますなぁ。なごみます。ずっと眺めておりますと、いっぺん行きとなってきました。そう言えば10時前やというのに弁天座の前には開演待ちかおばぁさん数名がいてはりました。まだまだ知らん世界だらけですわ。

(於:奈良県大和高田市) 大衆演劇…敷居低そうで高いなぁ、心理的に。

※関連記事:
Fresh Fruits描かれた古い看板』 2014年4月 記

| | コメント (2)

2019年9月25日 (水)

前ビル解体から5年弱、タワーマンション現る。

 築22年のビルが解体されて「へぇ、もう壊すんかいな」と驚いたもんですが、そこはこんな感じになりました。
1909222236  タワーマンションいっちょあがり…って、そうか、解体から発掘調査とか諸々あってもう5年近くの歳月が経っていたとはかなり驚き。先日、大丸心斎橋店本館の再オープンのこと記しましたけど、あれももう4年も経っていたと知って唖然としましたわ。月日は確実に流れてる。それ思うと何か置いてけぼりを食らってる気分になりますわ。これでえぇんかいな…ってまぁ、アホげはマンネリが命でもあるんですけど。

(於:中央区) かっこええ写真やなぁと自画自賛…あっ、建物がかっこええだけか。

※関連記事:
新しいビル、解体中。』 2014年12月 記

| | コメント (2)

2019年9月24日 (火)

“田にクスリ入るな”か…

 西宮市某所で仕事。阪急は門戸厄神で降りて…のつもりが時間もあるわと西宮北口から歩いて現場へ。ところどころ残る田んぼは実っていたり稲刈りも住んでいたりとまさに初秋って感じ。
 そんな田んぼの隅に手押し式の井戸ポンプが。懐かしさを誘うサビ具合になんとなく癒される…までもなくその前にくくり付けられた看板の文言、これが台無しな気分に。
Tanikusuri1Tanikusuri2 “田にクスリ入るな”。“れ”がないのでちと日本語としては変ですが、そんなことはどうでもよろしい。え?ということは…田んぼに悪意を持って薬品放り込む輩がおるってことですか。薄気味悪いって言うか…じつに気分悪いことされることがあるんですね。ゴミや空き缶、その上クスリまで…街中で田畑を維持するのはことのほか大変なことの様です。
 で、思い出したことひとつ。田畑に通じるある用水路に白濁したシアン色の液体を流してるおっさんがおって「何な流してんねん、下には田んぼもあるやろ」て怒ったことがありました。20年以上前の話ですけど、それが家の前やったってこともあって、その後の逆恨みが気になって嫌な思いをしましたわ。何のために何をわざわざ川に流していたのか…そのじじいはそそくさと軽トラに乗って去って行きよったけど…ほんまに。

(於:兵庫県西宮市) そう言えばどっかの御神木が薬品で枯らされたってのもあったな。

※追記:
“田んぼの中に危険な除草剤、殺虫剤を散布してあるので、はいらないように、という意味でしょう”とのコメントを無記名の方より頂きました。御礼申し上げます。
なるほど納得。どんな怖いクスリやねん…と思うも、脅しとして使っているのでしょう。てなわけで記事はそのままにしておきますが、解釈が間違っていたかもということでひとつお許しを。


| | コメント (2)

2019年9月 9日 (月)

長田北公園の雑草西陽でキラキラ、午後4時42分。

 夕刻から仕事っていうのはそれまでの時間がどうにも落ち着かんで朝から半日以上無駄に過ごしてしまいます。仕事までの時間を遊んだれとならん訳ですよ。こういうのがあかんねんなぁ。
1909091642  てなこと思いつつ東大阪の仕事の現場へ。公園みつけ、さ、機材のセットしょと入ろ思えど入口はことごとく駐輪場と化して…なんじゃこれ。違うところからよっこらしょっとまたいで入りますれば…こんな感じ。
 誰も入られへん状態ゆえかご覧のとおり雑草まみれ。でもね、キレイなぁと思って。西陽に照らされてキラキラに光って…誰も利用せん公園も捨てたもんやないですなぁ…って、それでええんかいな。
 余談ですがこのシーンもコンデジvs.スマホしてみました。スマホ版はInstagramで。何もいらわんでも明部飛ばず暗部潰れずで美しい現実そのまま。ちなみにこっちにコンデジ版は随分調整しての結果。それを思うとスマホの圧勝でしょうな。あ、そうそう、この景色に触発され「うん、今度から仕事前でも時間あったら有意義に遊んだれ」となったのであります。まぁ持続するかは別問題ですけど。

(於:東大阪市) ベンチ見つけてしばし草原気分…が蚊の猛攻でそうもいかずや。

| | コメント (0)

2019年8月20日 (火)

“交通信号機施設記念”の碑

 春先、松原市の国道沿いを歩いていますと、こんな石標が歩道にありました。
Shigo1 Shigo2  彫られた“交通信号機施設記念”の文字。裏を見れば“昭和四十三年六月二十日 松原市新堂町会”とあります。定かではありませんけどこの石碑は松原市新堂町にはじめて信号機が設置された記念に設置されたもんなんでしょうかね。
 「もうええ」って言いとなるほど普及してる現代社会においてはちょっと妙な感じ。ですけど半世紀ほど前には信号機は“文化的生活の象徴”やったんかもしれませんね。
 そう言えば…幼少の頃の記憶が蘇ってきました。家の近くの交差点に信号機が設置された時、夜になって一家揃ってその信号機を見に行きましたわ。「この辺も街の仲間入りや」てな気分でしたなぁ。それと、間近で見る信号機ってこんなにでかいんやとその大きさにも驚きましたなぁ。それがやはり半世紀ほど前の記憶。やとしたらやっぱり当時の信号機って、大きな存在やったんかもしれませんね。
 日本ではじめて交通信号が取り付けられたのが1931年の今日、8月20日とか。銀座等で34基の信号に火が灯ったそうです。てなわけで今日は“交通信号の日”とか。当時もやっぱり東京からやったんかと思うと、信号機が来ることを町中で待ちわびていたのやもしれんなぁと思ったり思わなんだり。時代は…変わるもんですな。

(於:松原市) 碑、事故にあったか鉄枠で補強されてまんな…

| | コメント (4)

2019年7月25日 (木)

午後5時35分、近鉄奈良線車窓から南西を眺める。

 東大阪市は山手某所で仕事。近鉄は奈良線、額田駅から現場入りをと上六から電車乗りますれば枚岡ー額田間で人身事故発生のアナウンス。せめて瓢箪山まで動かんかいなと乗ってましたけどなんとか布施駅でたどり着いてそこから大阪線は俊徳道、JRはおおさか東線で高井田までい行って地下鉄乗って近鉄乗って新石切…はぁ、疲れたって、仕事前に疲れててどないすんねん。時間は間に合うもののそれより探索できなんだですやん…って何言ってるんやか。
1907251735  帰路は山登って額田駅へ。車窓に見える大阪平野に夏の雲…振替輸送は個人負担という事実に何とも言えなんだ気分がちょっとだけスッとしました。まぁほんの少し…ね。

(於:東大阪市) 翌朝の新聞読めば人身事故、ケガで済んだ模様。よかった。

| | コメント (0)

2019年7月17日 (水)

海辺でアカミミガメなに想う…

 岸和田は臨海部で仕事。タクシー降りたらそこは海。開放感あって気持ちええわなぁと感じつつ防波堤の向こうを見たら、カメがいまっせ。
Akamimi1 Akamimi2  まさかウミガメ…なわけないない。首元見れば赤い筋、あいつですわ、大きなったミドリガメ、すなわちミシシッピアカミミガメですわ。
 しかしまぁこんな海辺までやってきて…やっぱり故郷ミシシッピーが恋しなってここまで来たんでしょうなぁ…なんてね。あたり見渡しても堤防のこっちにやって来れそうにありませんけど、何でここにいるのか、そして海でも生きていけるのか…外来種ながら気になって眺めておりますと、こっち向いて歩いてきてハシゴの下へ。けど、ほっときました。これがクサガメやイシガメなら話は違ったでしょう。そんな判断を下したことがどこか心苦しくて。
 で、このアカミミガメ、海でも生きていけるのでしょうか。調べますれば出てくる出てくる同じ様に海でさまよう輩の話が。どうやら海水と真水の混じる汽水域では生活できるみたいですけど…みんなどうしてるんでしょう。
 ちょっと不安に思うも生命力旺盛なヤツですから何とかやっていけるでしょう。しかしながら…誰かがここへ捨てたんやろと思うと、やっぱり心痛みますわ。

(於:岸和田市) 木材チップとプラごみまみれ…こいつの胃にもビニール入ってるかもしれん…

※関連記事:
カメがセミを食う…四天王寺さんの丸池にて』 2013年7月 記
四天王寺さんの亀の池のカメは…』 2012年7月 記
玉串川にミドリガメ』 2010年7月 記

| | コメント (2)

2019年6月27日 (木)

サミットのせいか、62住吉車庫行きが谷町筋を走ってる。

 何やいきなり大阪は4連休って感じ。いやいやG20のせいで。てなこと思いつつちょっと立ち呑みでも行こやと谷町筋に出ますれば、あっ、市バスがそこに。
G20a  正確には大阪シティバスって言わなあかんですけども…ってそれはどうでもよくて、普段利用せん人にはわからん話かと思いますが谷町筋にはバス路線がないのにそこで信号待ちしてるってのが珍しいなと。あ〜そうか、G20サミットでバスも迂回ってことか。で、調べましたけどバス会社のサイトにこの62系統住吉車庫行きの迂回のことは触れられてますんけど…妙な感じ。
G20b  そう言えば大阪城周辺もあっちこっちの警察官で警戒してました。ま、仕方ないか。思えば世界の要人いっぱい同じ空の下ってことか。あの国からミサイル飛んで来んこと願っとこ。あ、バスは谷町六丁目交差点を左折して東へ向かっていきました。

(於:中央区) カナンなぁと思うもちょっと非日常な空気もまた良しや。

※関連記事:
市バス62系統、谷町8交差点を行く…』 2017年2月 記

| | コメント (0)

2019年6月19日 (水)

Appleも街並みの画像収集開始の様で

 10日ほど前、上六でも見かけたものの「Googleのやろ」とスルーして、そやないと悔しがったんですが、またも先の日曜日に遭遇。
 クルマの屋根上に球の物体…間違いなく街の様子を撮ってますわ。ですが、Googleのそれとは違い普通の白いクルマってところが逆に怪しげ。あんまりわからん様にカッティングシートで“Apple Maps”の文字。さすがはApple、シュッとしてますわ。
Applemaps2  不意に現れ「あっ、しもたっ」で、「ええぃ、先回りや」とお子と自転車飛ばしてやみくもに再度出没しそうな道へ行くも…まぁ期待してなかったんですけどやっぱり登場、どやっ。まぁ撮れたわいと喜んでいるとアンコール(?)で今度は正面からやってきました。街の人々と一緒に撮れてとっても満足。無事に任務完了…ってなんのこっちゃ。
Applemaps1  調べますればAppleのサイトによると今春から今秋にかけて関東・中部・関西にて地上調査、画像収集をするとなっています。
 「パソコンもスマホもAppleなんやし“Apple Maps”使わな」とやるもあまりにもGoogleマップの出来が良すぎて全然やっぱり使う気になれなんだんですけど…これで使い勝手ええ地図になるでしょうか。何もかもGoogleに支配されてると言っても過言ではない状況を思うと、「さすがAppleやん」なもんに昇華されること、期待せざるにはおれません。

(於:港区) いずれにしてもアメリカに牛耳られているこの現実。

※関連記事:
ストリートビューカー、ついに遭遇。』 2018年9月 記

| | コメント (2)

より以前の記事一覧