写真

2018年4月18日 (水)

雨にけぶる公園…

 朝より所用で玉造へ。道すがらの公園見れば、雨にけぶっていつにも増してしんみりしまっせ。
Amenokoen1
 それなりの面積ありながらまず人影を見かけんこの公園。晴れの日にもなぜか湿度を感じる(=個人の感想)とこですから余計に寂しいなります。
Amenokoen2
 新芽出す季節で清々しいはずやのに…って、誰も遊ばんから草青々な訳で。遊具のピカピカも…ちょっと沁みますな。

(於:中央区) まぁ賑わってる公園の方が少ないか、きょうびは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月16日 (月)

青空と新緑と朽ちかけ小屋と自転車一台昼下がり

 清々しい一日。新緑も勢い増してちょっと初夏な感じ。
1804161228
 南海に井原里って駅があったんかと思いながら下車して海の方で仕事。帰りは阪和線にしよかいなと歩きますればこんな光景が。青空にまばゆい新緑、朽ちかけの小屋には一台の自転車…初めて見る景色ながら郷愁を覚える不思議な感覚。幼少期の夏休みを思い出させる要素がそこにある…ってまだ4月。ちょっと早すぎ。

(於:泉佐野市) 泉州名物タマネギ小屋。柱と斜交いだけで持ってる方が不思議。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年4月12日 (木)

沖縄の海は港まで青いんや…

 大阪モンの自分にとってはちょっとした発見。
Itomanko Higashishina  伊丹から搭乗して沖縄に近づき下見れば…おぉ、島のまわりがまるで入浴剤みたいな青々さ。へぇ、上から見たらこう見えるんやなぁと驚いていたんですけどそれより、街の港や川までもがマリンブルーやとはもっとびっくり。そうなんや…そらぁこれだけ青々やったら保身のために魚も青なったりしますわなぁ。
 まぁ先にも触れました通り他所モンしかももひとつ学ない自分としてはそれなりの発見でした。

(於:沖縄県糸満市ほか 色々感じ考えさせられるも心地よいところかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 6日 (金)

雨でしっとりまばゆい新緑、午後3時。

 花の次は、まばゆい新緑。
1804061454
 納品で行った京都はしっとり雨も手伝って「あぁニッポンって感じ…」ってなんのこっちゃ。
 生活臭の漂わん凛とした空間が日常のすぐそこにある…やっぱり京都の街は別格やなぁと歳を重ねてようやくそう感じる様になったかな。その割にいつも要件済ませてさっさと引き上げてくるんですけども。

(於:京都市上京区) ホンマはまだまだわからんねん神社仏閣の有り難さ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 5日 (木)

午前9時の六甲アイランド

 六甲アイランド某所で仕事。こういう街は…スンマセンちょっと居心地悪くて。
1804050907
 とか思うもそうそう、造形的にはかっこええなぁと思うわけで。見上げれば神戸新交通と歩道橋のカーブがええ弧を描いてますやん。難しい考えるまでもなく人工島ならではのシュッとした感がたまりませんな。
 この生活臭ゼロな感じこそこの街の魅力でありシンドさでもあるわけです。
 ついでにもう一枚いっときましょか。開花のあとは、まばゆい新緑。
1804050914b
 街路樹までオシャレに見えるってモンです。ごちゃごちゃ言うてますけどつまるところ好きで好きでこういうスカッとした景色も。でもね、たまにでええんです今の私には、うん。

(於:兵庫県神戸市東灘区) 元をたどれば京都の町並みなんかも一緒ちゅや一緒か、な。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年3月30日 (金)

3月に春爛漫

 3月にしてこの陽気。で、満開。
1803300952a
 触発されて生き生き生きんとな、うん。

(於:東住吉区) 入学式の頃は、葉桜ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月27日 (火)

俊徳道駅前、夕焼け空にコンビニのサインポール、午後6時21分。

 クルマの点検出しに俊徳道駅近くへ。ふと見上げれば夕焼け空にコンビニのサインポールが灯っています。
1803271821
 何か沁み入りますなぁ。コンビニってシュッとした今日的存在でそこは効率優先で無機的なところって認識してましたけど、この光景みて沁みた理由をあれこれ思うと、すっかり生活の一部になっているということですなぁ…って今さらですけど。
 春近しと言えどやっぱり黄昏時は感傷的な気分になるもんで。コンビニのあかりにひとのぬくもりを感じる…風呂屋の煙突と煙に近いモンがここにもあるんやなと知ったのでした。

(於:東大阪市) これがローソンの青色やったら、また違って見えてるんかもしれん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年3月26日 (月)

午前8時22分の中之島

 都心の谷底で生きてると、卑屈になってしまう…そんなことないけど。
1803260822
 たまに心の深呼吸せんとアカン気がして。広い景色見ながら陽の光感じて…生活空間がひとの気質を作り上げていくかもしれんなとこういう景色見るたびに思うな。

(於:北区) “春霞”ととると風情あるけど“PM2,5”かもと思うと…

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年3月19日 (月)

巽中2丁目、文化住宅角の昼下がり。

 なんやええなと思いつつ1枚2枚。
1803131340a 1803131340b
 錆びたナミイタ、物干し台、使命を終えたか牛乳箱に観葉植物…妙に響きあってるなぁって、志位サンが引き締めてはるからこその光景かもしれませんな、うん。

(於:生野区) どこから見ても志位さんこっち見てはる…当たり前か。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年3月16日 (金)

草青々、軽トラの荷台も草早々。

 京阪乗ること多々あれど、全く縁のなかった橋本駅に降り立ち改札出ますれば…ちょっとした異界。
Ikai1 詳しいことは他のブログなんかで調べて頂くとして、すぐ横を走る旧国道1号線から見えるここらの景色に独特なモンがあるなぁと思っていたら…そうやったんかと。Ikai3
 まぁあんまりそれらの建物なり街並載せるより、アホげ的にはこれかなぁといちばん印象に残った景色をここに。寒い一日でしたけど、ご覧の通り草の新芽が眩しくて…その勢いは軽トラの荷台からも。もうホンマそこまで春は来ているわけですけど、ちょっと天気も手伝ってか気分がいまいち冴えんまま仕事に臨みました…って始まるともちろんスイッチ入るんですけどね。

(於:京都府八幡市) 2台並んで朽ちてゆく…仲よさそうなところが余計に哀れな感じがする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧