何げな

2017年5月15日 (月)

縦用の横付け、明治の牛乳箱。

 牛乳箱…もうよろしいか。
Meiji1 Meiji2
 今日は狭山某所で仕事。南海は高野線、北野田駅での待ち合わせ前にあたりに探索しますればこんな牛乳箱を発見。
 まぁ見ての通り本来想定されたであろうシチュエーションより90度右に倒れていて何とも落ち着かんなぁ思うもそこがええなぁと1枚2枚。妙な取り付け方がこのいかにも旧村なこの家にスパイスを効かせていてこれはこれでよしかと。
 しかしまぁなんでこんな風にとりつけられたのか。配達人としては上から牛乳瓶入れたいのに明治から来た箱が横入れ版やって「なんや…気にいらんなぁ」とこう設置しはったんやろなぁと想像します…と思いましたけど、写真よく見たらそやなくて、窓からズボラして取れるって算段でこうしてはるんですな。
 まだまだよく見かけるナショナルブランドの箱ですけど案外ええ感じ。やっぱりこのマークと紺色が効いているんでしょうな。

(於:堺市東区) これ人間やとおかしいなりまっせ。

※関連記事:
むかし昭和町中5、いま昭和町5。』 2012年8月 記

保存

保存

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 9日 (火)

微妙

 岸和田市某所で仕事。阪和線の車窓の向こう、駅の看板にちょっと反応。
Nono1 Nono2
 どこかで見聞きしたお名前に思うも…

(於:和泉市) 駅の看板も少ななってきたな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年5月 5日 (金)

一面緑々の公園もブランコの下は…

 昨日はみどりの日…昨日は。
Midorinohi1 Midorinohi2
…と昨日記事化するべきネタですんません。
 桜花終わって5月ともなれば木々に草々はもう萌え萌え。公園もしかり…ってさすが木の国和歌山は別格の様相。木々のそれはともかく、草のそれはもう芝生のごとく地表を緑で覆い尽くしてビックリな状況。そやというのにブランコの下はちゃんと獣道のそれ状態で「へぇ〜」って感じ。
 誰も遊ばんから一面草だらけになってるんとちゃうんかいなと思っていたところにひとり男性が近寄ったと思えば漕ぎはりましたで。そうか…空青々、木々緑々の中で漕ぐブランコってそこらのそれとは別格の気持ち良さがあって意外とひっそり愛されてるんかもしれませんなぁ…なんて解釈は後でのこと。あぁ…わしもブランコ乗ってみるべきやったなぁとかなり後悔。あぁあっ。

(於:和歌山市) やっぱりなぁ和歌山ってえも言えんおおらかさがあるわ、うん。

保存

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年4月28日 (金)

しあわせポスト

 郵便ポストにも、春が来た。
Happos1 Happos2
 新緑に花に囲まれ春爛漫の中眩しく佇む角ポスト…よろしいなぁ。半分埋められたり殺風景な道端にポツネンと佇むのも多数あるというのにコイツは何としあわせモンなんでしょ。
Happos3
 郵便ポストと言えばいまだ丸いそれを思うもんですけど、小さい角ポストもなかなか簡素でええもんですなぁ…ってここにあるから? いやいや案外あちこちでええ感じなんですよ古いのも新しいのも、はい。

(於:奈良県大和郡山市) 目立ちすぎて案外居心地悪いかもしらんな。

※関連記事:
半分生き埋め角ポスト、松下電器産業製。』 2017年3月 記

保存

保存

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年3月16日 (木)

森前公園のバンビにペンギンええ感じ

 仕事の前に尼崎は塚口あたりを探索。公園の片隅に子鹿発見。
Morimae1 Morimae2 …ってまぁご覧の通り。バンビが壁面に描かれて…よろしいなぁ。しかしまぁなんと画素数低いこと。ギザギザですがな…とか何とか。
 タイル画…なんか懐かしいモンを感じます。図案自体も懐かしく思います。しかしまぁ背中にちょっと白いタイルを散りばめるだけでちゃんと模様に見えるってのが不思議な感じ。そこがタイル画の魅力なんでしょうなぁ。
 裏に回れば、そこにはペンギン。
Morimae3 Morimae4 Morimae5  こっちは親子で描かれるもなんかバンビに比べるともひとつ楽しさに欠けますなぁ。やっぱり花みたいな添えモンがないからですかね。やっぱりここはロッテのクールミントガムよろしくクジラも描いてもらわんと…ってウソ描いたら教育上好ましくない、かな。
 見上げれば隅に“W.C”もタイルで記されています。とことんタイル仕事…“ようおこし”よろしくアメニティに注力するのもええですけど、こんな予算のかけ方も大事や思いますわ。
 ええもん見せてもらってそっちに気を取られて、用たさずにその場を後に。ちょっと調査不足が悔やまれますなぁ。

(於:兵庫県尼崎市) なんで大阪の公園にはほぼ便所がないんか…不便や。

※関連記事:
集合住宅に埋め込まれたタイル画ええ感じ。』 2013年10月 記
かわいいタイル絵、軒下に。』 2010年8月 記

保存

保存

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年3月 7日 (火)

強風に立ち向かうハト群

 松原市某所で仕事。そこは陸の孤島とでも言うべきなのか最寄の駅からもバス停からも徒歩20分以上のところ。ここ数日の暖かさはどこへやら。はよ着いたしと大和川の堤防に上がりますればそこは西からの強風。「ひぇ〜」となりつつ座ってますと鳥の一団が風に向かって飛んでいく…えらいなぁ。
Hatohato
 なんとかっこええ鳥たちやこと…ってよく見たら、それはハト。あのクッククックと駅前やら公園でエサ求めてやってくる乞食鳥(失礼)が…へぇ、そうなんやって感じ。
 正直申しましてハトは嫌いな鳥でしたけど、ちょっと考え改まったかなぁ。生き延びるために時には人間に媚び売りつつたくましく生きとるんやなぁとややしみじみ。それでもまぁきっと今日のこの勇姿忘れてベンチに寄って来よるハトにムッとするんやろうなぁ。あぁ修行が足らんことで。

(於:松原市) なんであんな鳥が平和の象徴なんでしょうな…ってほれ、もう忘れてるわ。

保存

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年3月 4日 (土)

100工事車両出入口! m先徐行お願いします

 意味わかるも…何やおかしいでっせ。
100
 何でこの様に字組みしはったんやろかと思うも、妙なところで行を変えとなかったんでしょうな。とは思うもやっぱりけったい…ですが、案外パッと見て意味がわかるのが不思議に思いまして。ま、それだけ。

(於:奈良県橿原市) お茶会で疲れたから今日のところはこの辺で。

保存

保存

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月27日 (月)

スカッと心地ええ巽中の一角。

 今朝は生野区某所で仕事。南巽駅から地上に上がり歩き始めると、どぉってことない様で気になる一角がそこに。やり過ごすも引き返せば…やっぱりええ感じ、どぉってことないものの。
Tm4a Tm4b
 もちろんツンツン植物とその影に惹かれたわけですが、ちゃんと剪定されているしゴミひとつ落ちてないしで、実にシンプルな構成美がそこにあるって感じ。あ、窓辺に置かれた造花(?)もええアクセントになってますわ。
 路地を行き交う人々を地味ながら和ませている…ここのお方、ええ趣味してはりますね。

(於:生野区) もちろん朝の光もええ仕事してますわな。

保存

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月11日 (土)

梅に猫

 寒ても春はすぐそこに。
Umenineko1 Umenineko2 Umenineko3  ちょっと前までまだまだツボミやったのに、あちこちで開花して…よろしいなぁ。大阪城梅園みたいな一面梅ウメなところに咲くのもええですけど、やっぱり梅は桜と違って一本だけで咲いているのが私はすきですね。紀州街道のねきで咲いていたこの木はまだ五分咲きって感じでしたけど…そうそう、梅はこれくらいのがよろしいな。満開ではどうも風情がないですわ。
 「寒いけど、ちゃんと咲いてるわ」と立ち止まって見てますと奥になんかいるなぁ…ってご覧の通りネコが一匹。赤いツボミ愛でてる図に見えんこともないですが、安眠妨げられて「…なんでっか」って気分やったんでしょう。梅に猫ではやっぱりあんまりしっくりしませんな…と頭で思うも、ま、それなりに春っぽいほんわかさがあって、ええんちゃいますか。

(於:堺市西区) 寒い日々でも日差しはもう春そのもの。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月22日 (日)

木造モルタル戸袋に菱形意匠その下に年代モンの室外機

最近気になって、エアコンの室外機が。
Showa1 Showa2
 そらやっぱり年代モンのが気になる訳で先日見たのがこいつ。もちろん日立製の本体自体に「ええぞ!」と思うもこの戸袋の菱形◇との兼ね合いがたまらん“The昭和”やなぁと思って。
 ま、ちょっと前…と思うもまぁ30年近く前に普通やった光景も、気がつけば「懐かしいなぁ」な状況にあるわけで…そういうのを見るにつけ「ええ歳になったモンやなぁ」と。木造モルタル戸袋付き青屋根瓦…高度経済成長期そのもの。

(於:富田林市) これは…クーラーの室外機やもしれませんな。

※関連記事:
過保護ちゃん、屋根付き室外機。』 2017年1月 記
室外機ふたつ、ナショナル親子。] 2016年12月 記
ボコボコ室外機、たまらん哀愁。』 2016年11月 記
エアコン室外機、木に取り込まれる。』 2015年11月 記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧