何げな

2019年11月 8日 (金)

立冬の玉造公園は小春日和、午前11時24分。

 表題に“立冬”と付くも写真は今週の火曜に撮ったもんですからちとフライングしてますな。
Tamako  てな訳で“晩秋の--”が正しいのでしょうけどひとつお許しを。
 所用でここを歩きますと赤白帽姿のお子たちの集団がそこにいてはって光まわりも手伝って妙にホッとさせるもんがそこにあって。でも撮ったこと忘れていて…というよりこの寸法の写真やとそんな子供の姿まで見えんわなぁと思って無意識に無視してたんですけど。思い出した割にやっぱりお子たちの姿は…わかりませんな。ですけども立冬あたりの午前11時の穏やかさは伝わることでしょう、無責任ながら。

(於:中央区) みんな“赤”かぶるもひとりだけ“白”、ええぞ!がんばって。

| | コメント (0)

2019年11月 5日 (火)

石扉

 ブロック塀にして石の扉か…
Sekihi  アルミ製っぽくも見えまんな。しかしまぁ変な色やことで。

(於:奈良県大和高田市) 並ぶ看板負けてまっせ。

| | コメント (0)

2019年11月 4日 (月)

難波宮、午後1時55分。

 四天王寺ワッソも終わって後片付けしてはります。クルマはグリコのおまけ、作業員はアリみたいなもんですなぁ。
1911031355  と思って撮るも、別段どぉってことない秋晴れの写真に。ま、休日の空気感全開ってことでアホげもしかりで小休止。

(於:中央区) 大阪城も小さい。

| | コメント (0)

2019年11月 2日 (土)

剥げたペンキ、ちょろっとツタが味添えて。

 剥げたペンキにクモの巣の様に絡まったツタが味わい添えてええ感じ。
Nakamoto2  そこに惹かれたものの、全体見ればこんな感じ。かすかに残る“中本”と読めそうな文字の跡。下に続く文字ににどことなく町のお医者さんやったんかなぁと感じるのは私だけでっか。

(於:奈良県大和郡山市) 時代がかるも朽ちた感じやないのがええねんなぁ。

| | コメント (0)

2019年10月24日 (木)

PETボトル88本の脅威

 数で勝負ってことでんな。
Pet88  まぁ見かける光景に思うも、ここまでトコトン並べて訴えてる相手は…人間ですな。尋常ではない状況もネコには伝わらんもんね、きっと。

(於:大正区) 当初はキラキラそれなりに警戒してたかな、ネコも。

※関連記事:
恐…押しピンでネコ退治か?』 2008年9月 記
気に入らん気に入らんでPETボトルや』 2008年5月 記

| | コメント (2)

2019年10月20日 (日)

草むらで眠り続ける偉大なる失敗作とされるホンダの車

 昨日は宇治へ墓参り。廻る寿司食べて次へ向かいますればすぐに信号待ち。左前の草むらにクルマがええ具合に佇んでるわってことでお子に「真横に来たら撮ってな」とカメラ渡しましたら、こんな写真ができました。
H1300  「ちっ、全然真横ちゃうがな」と思いましたけど…これええ構図ですやん。この妙なバランスのせいで広がるわぁ…って何がかはわかりませんが。狙ったのか動くクルマからうまいこと撮れなんだだけなのか、まぁ前者やと信じましょう。
 しかしながらええ構図やこと…とそっちばっかりに気を取られてましたけど写真のクルマをよく見たら、あっ、三角窓が付いてまっせ。全体的に古い感じで後ろにはHONDAと読める文字が。調べますればこれ、1969年から1972年に生産販売されていたホンダ1300というクルマとか。検索しますと“偉大なる失敗作”とか“なぜ失敗作と言われた?”などの記事がトップページにヒット。てなわけで販売台数も少ないレア車の様です。
 詳しくはリンク先の各記事をお読み頂くとして、そうか…半世紀も前に生まれたクルマが草むらに眠ってるとは言えこないにキレイな姿でここにあるとはちょっとびっくり。しかもストリートビューで見ますと少なくともここ10年はここにある様で…本田宗一郎さんもさぞ苦笑いして見てはることでしょうなぁ。

(於:京都府城陽市) 早いなぁ、もう2年か…

| | コメント (2)

2019年10月12日 (土)

前を行くトラック何げに懐かしいなぁで、雑感。

 過日仕事の帰りしな嵐山経由で帰宅。渡月橋を渡って何げに前のトラック見ると「…懐かし」と思いまして。
Spoon  見ての通りどぉってことない図とも言えますがそう感じたんですよ「懐かしっ」って。
 商品名を売るコピー、それ自体“お砂糖はスプーン印”と昔ながらな直球さで、それがトラックに記されているというのもきょうびまぁ見かけんなぁって感じ。そしてトラック、この様な平積みタイプのトラックって昔は当たり前の様に見ましたけど、最近はほとんど荷台にアルミの囲いがあるやつばっかりやと思うんですけど、どうでしょ。
 別段懐かしいとは思わはれへんお方がほとんどかもしれませんけど、懐かしいと思った気持ちは変えられませんわ。てなわけでこれからもスプーン印にしよかと思うのであります。

(於:京都市右京区) 砂糖に“お”が付いてるのも懐かしいねんな。“おビール”…

| | コメント (2)

2019年9月29日 (日)

阻塞

 これをバリケードと言わずして何をバリケードと言うんか。
Barricade  物理的にも強靭ながら、心理的にもこの上ない「入ってくんな」的効果バツグン。これ以上近寄れませんでした。

(於:神戸市中央区) カラスやネズミに効果ゼロ。

※関連記事:
コンクリブロックの朱塗り、逆さパイロン縛り。』 2019年8月 記
「ここだけは絶対止めたらアカンぞ」』 2013年3月 記

| | コメント (2)

2019年9月28日 (土)

恩智の里の空地の初秋、午前9時34分。

 茶の湯の稽古場への道すがら、ふと空地越しに見た景色に「あ、秋やわ」と。
1909280934  雲の形とススキと何やわからん紫の花、光まわりも加わってのどかな図。そや、ここはお豆腐屋さんの跡地。豆腐一丁買ったら二丁オマケで付けてくれたことがあったなぁ。嬉しいけれど計三丁の豆腐は…食べ応えありすぎました。思えば随分昔の話です。

(於:八尾市)茶の湯の稽古は何や難しいお点前を。全然覚えられん…と言うか覚える気がせん。

| | コメント (2)

2019年9月27日 (金)

モコモコの木に信号待ちで自転車のお方

 信号待ち。ふと目に入ったマンションの植え込みの木はカイヅカイブキかなぁ。その形が妙にバケモンっぽいというか入道雲っぽいというか。
Mgh  ちょうどそこに自転車に乗ったお方がひとり信号待ち。妙に溶け合ってるなぁ。ええタイミングに感謝。

(於:京都市下京区) 髪型がこの場にばっちりってこと。

※関連記事:
オバQいっぱい』 2018年5月 記

| | コメント (2)

より以前の記事一覧