何げな

2019年10月12日 (土)

前を行くトラック何げに懐かしいなぁで、雑感。

 過日仕事の帰りしな嵐山経由で帰宅。渡月橋を渡って何げに前のトラック見ると「…懐かし」と思いまして。
Spoon  見ての通りどぉってことない図とも言えますがそう感じたんですよ「懐かしっ」って。
 商品名を売るコピー、それ自体“お砂糖はスプーン印”と昔ながらな直球さで、それがトラックに記されているというのもきょうびまぁ見かけんなぁって感じ。そしてトラック、この様な平積みタイプのトラックって昔は当たり前の様に見ましたけど、最近はほとんど荷台にアルミの囲いがあるやつばっかりやと思うんですけど、どうでしょ。
 別段懐かしいとは思わはれへんお方がほとんどかもしれませんけど、懐かしいと思った気持ちは変えられませんわ。てなわけでこれからもスプーン印にしよかと思うのであります。

(於:京都市右京区) 砂糖に“お”が付いてるのも懐かしいねんな。“おビール”…

| | コメント (1)

2019年9月29日 (日)

阻塞

 これをバリケードと言わずして何をバリケードと言うんか。
Barricade  物理的にも強靭ながら、心理的にもこの上ない「入ってくんな」的効果バツグン。これ以上近寄れませんでした。

(於:神戸市中央区) カラスやネズミに効果ゼロ。

※関連記事:
コンクリブロックの朱塗り、逆さパイロン縛り。』 2019年8月 記
「ここだけは絶対止めたらアカンぞ」』 2013年3月 記

| | コメント (2)

2019年9月28日 (土)

恩智の里の空地の初秋、午前9時34分。

 茶の湯の稽古場への道すがら、ふと空地越しに見た景色に「あ、秋やわ」と。
1909280934  雲の形とススキと何やわからん紫の花、光まわりも加わってのどかな図。そや、ここはお豆腐屋さんの跡地。豆腐一丁買ったら二丁オマケで付けてくれたことがあったなぁ。嬉しいけれど計三丁の豆腐は…食べ応えありすぎました。思えば随分昔の話です。

(於:八尾市)茶の湯の稽古は何や難しいお点前を。全然覚えられん…と言うか覚える気がせん。

| | コメント (2)

2019年9月27日 (金)

モコモコの木に信号待ちで自転車のお方

 信号待ち。ふと目に入ったマンションの植え込みの木はカイヅカイブキかなぁ。その形が妙にバケモンっぽいというか入道雲っぽいというか。
Mgh  ちょうどそこに自転車に乗ったお方がひとり信号待ち。妙に溶け合ってるなぁ。ええタイミングに感謝。

(於:京都市下京区) 髪型がこの場にばっちりってこと。

※関連記事:
オバQいっぱい』 2018年5月 記

| | コメント (2)

2019年9月23日 (月)

菅原城北大橋北詰から雨の梅田を眺める、午前10時54分。

 台風や雨や言うもスマホが知らせる天気はくもりで降水確率も0%。方やお子のスマホの情報は雨やらくもりで降水確率40-60%って…何なんと思いつつ「まぁ降らんやろ」と意を決して「ほなら今日は伊丹の空港まで行こか」と自転車漕いで淀川は長柄橋から西の方見たら「これ絶対降ってるやん」な空。けどまぁ持つやろと同じ道帰るのもおもろないしでひとつ上流側の橋で帰ろと行ってますれば…どわーっと雨。
1909231054  まぁそれでも橋の下で雨宿りしてたら雨も止んで…でももうええわと淀川左岸で帰路に。だただた三連休最終日の午前の話。あとは家でお子とカップ麺食べてまったり。こういう時間もええもんやわいと思いつつ。

(於:東淀川区) 「どっか行こ」言うてもらえるうちが花やでな。

| | コメント (0)

2019年8月24日 (土)

高圧線の鉄塔の下を行く道

 茶の湯の稽古で八尾は恩智へ。自転車で信号待ちながら山の方見ればいつもの景色。昔から見慣れた光景ですけど、これって案外珍しい図なんかもしれんと思いまして。
Onjikita2  調べますれば鉄塔の下に道路があるというのはあるにはあるみたいです。ですがもっと計画的な感じでこんな雰囲気とはちと違う感じ。高安山麓ののどかさと溶け合ってなんか河内っぽいなぁ…ってなんのこっちゃ。

(於:八尾市) 鉄塔にまぎれて黄金の仏さんいてはる…

※関連記事:
高圧線の鉄柱が、道路上ど真ん中にある。』 2010年7月 紀

| | コメント (3)

2019年8月17日 (土)

木々に守られた山頂の自販機ありがたや

 4時間ほどクルマをどこかに駐車場に預けなあかん用事があって、でもお子と最後の夏休みの日ということを思うと駐車料金を払うよりドライブでも行った方が値打ちあるんちゃうかということで信貴生駒スカイラインへ。
 高安山に登っていた幼少の頃からその存在は知るもずっと「高い道らしい」とクルマで行くことなど考えたことなかったんですけど20キロほどの道のりで片道1,340円は…ケーブルカーとかロープウエイを人数分払うこととか駐車場代を思うと安いもんやなぁって感じ。その上初めての走行ですから近くにいながらとても旅気分に浸れたのでした。
 ま、あいにく空気が霞んでいて晴れているももひとつ遠くまで見えなんだのが残念なところ。でもまぁこの価格やったらまた来たらええわって感じ。途中パノラマ駐車場で持ってきた鳴門屋の惣菜パンを食べる前にお子が飲み物買う言うて自販機の前へ。おっ、西陽に雨風に守られてまっせ。
1908171208  この景色だけで充分小旅気分に浸れるなぁ。なんとも言えん非日常っぽさ。けどなんか見たことあるなぁと思い巡らしてますと…あ、あれあれ、恩智神社の御旅所角にある子護地蔵尊と同じですな。そう思うとふたつの自販機がなお有り難く思えてきて…は言い過ぎ。中河内のセンスなんでしょうか。景観に配慮したらこうなったってことかもしれませんが、なかなかええ味を醸し出しています。

(於:東大阪市) 80.7MHzに合わせて走るとFM愛知とFM徳島が所々入れ替わって聞こえまっせ。

※関連記事:
堂々の自販機二景、宝塚にて。』 2017年3月 記
恩智の子護地蔵尊、アフロや。』  2012年8月 記
ニッポンの春』 2010年4月 記

| | コメント (2)

2019年8月15日 (木)

台風空にそびえるアンテナにツタが触手伸ばして…

 和歌山は日高川町への旅は結局台風による警報が出たために一泊してすぐに帰路へ…な割に雨も風もそないに大したことないです。ま、とても結構なことではあるんですが。
1908151321  まぁ見ての通り空の様子がいかにも“台風”な風情ではありますけども。本当のところは雲に関心があっての一枚というより、電線だけにとどまらず、アンテナまで完全に覆っていてどこか十字架っぽいなぁと思って撮った次第。けど、何となく不謹慎な見方にも思う訳でちょっともやもや。ここ数年、ちょっと妙やでと感じることの多さ思えばなおのこと…

(於:堺市堺区) もやもやは続く…

| | コメント (2)

2019年7月26日 (金)

青空の下、松とミラーと標識と。

 宝塚市某所で仕事にして阪急は塚口駅で待ち合わせ。この駅の南の町は松が街路樹になっていて昔の様子を絵で見ることはあってもあんまり見かけん様に思うんですけど…どうでしょ。そんなこと思いつつ歩いてますとこんな図に。
Tomarematsu1 Tomarematsu2  道の角に必要なもんを取り付けてあるだけ…と言えばそれだけですけども違和感ある様な、これで案外調和がとれている様な。梅雨あけた青空の下、なかなか派手派手な一角でした。

(於:兵庫県尼崎市) その構成美に囚われて、それが“止まれ”とは気づいてなんだ。

| | コメント (2)

2019年6月30日 (日)

高安山麓、午後2時24分。

 大阪もようやく梅雨入りした様で
1906301424   所用で時折行く高安山の麓の景色もこんな感じ。頂にかかる霧…ってこれは雲か?と素朴な疑問。調べますれば…

“水蒸気の水滴が地表付近の空気中に浮かんでいるものを霧,上空の空気中に浮かんでいるものを雲”

というのやとか。そうなんや、お子がもっと幼少の頃「雲に触りたい」って言うてたことを思い出しあれこれ…以上。

(於:八尾市) こうやって見るとえらい田舎やなぁ、八尾って。で、えぇなぁ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧