何げな

2017年9月24日 (日)

ニンゲン人参

Ningen  お徳用のそれ買えばまぁこの手のモンばっかりと言ってええほど当たり前なニンジン。ですから普通の使っていましたけど、妙にそれでもコイツ、人間っぽいなぁと。ほぼ左右対称、しかも赤ちゃんの皮膚みたいというか輪ゴムで締め付けられた様なシワがまたそれっぽく見える要因でしょうか。
…とまぁ不揃いの野菜もそれなりに楽しいモンで。






ちょっとわさわさな日々、こんなんでひとつお許しを。

保存

保存

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 4日 (月)

味ある煉瓦壁にオマージュ、小径挟んで。

 過日貝塚で見かけた煉瓦壁。
Bricks1
 ここ、お地蔵さんの祠を覆う壁。素朴にしてそれなりに意匠を凝らしてあり、草木の黄、緑とのコントラストも相まってかなりええ味わいを醸し出しています。
 これはこれはとあれこれ撮って、さて行こかとふとお向かいのお宅見ると…
Bricks2
…こっちにも、煉瓦。しかもこちらも角を丸くしてあります。これは、景観への配慮…というより、むしろ昔からある煉瓦壁へのオマージュですね。
 自治体が街の景観に統一感を持たせようとこの様な施工をすることはあっても民家のお方が自発的にこの様な仕上げにしてはるというのがええなと思いますね。
 調べますればここ貝塚には“ヨータイ”という煉瓦会社があるとか。そういうこともあって昔より市民に煉瓦が親しまれているのかもしれません。地元愛あるれる一角…かな。ちなみに中之島の中央公会堂にもここ貝塚産の煉瓦が使われているそうです。

(於:貝塚市) 小径挟んでそこに年代差があるのがええわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月30日 (水)

ガードレール用支柱8本で完全防備の図。

 ガードレール付けるには幅がなさすぎ、とは思うも…
8poles1 8poles2
 歩道の隅の私有地(?)に、ご覧の通りドヤッと白いポールが8本。どっかで見たことあるその形状は…ガードレール用の支柱ですわ。それをこれだけ並べたら、そらもう本来の姿以上に強靭なパワーを発揮することでしょう。
 高さ変えたり二列にしたり、実質本位な様でそれなりにセンス良くまとめられていてええ感じ。それでもやっぱりこれだけ並ぶと…威圧感あります。

(於:豊中市) 何となく生えてきた様に見えるなトクサみたいに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月24日 (木)

逆さ箒

 過日歩いた貝塚市で見た光景。
Sakasahouki1 Sakasahouki2
 まっ逆さまの箒一本。左のお宅に玄関、右のお宅に勝手口…このシチュエーションにこのオブジェ(?)。どちらのお宅が掲げたものなのか解りませんけど、なかなか強気というか…喧嘩売ってはりまんなぁ。
 数年前にできた某飲食店の外観がその、逆さの竹箒ズラッと並ぶ図で「はいはい、長居どころか寄り付きもしませんご安心を」と思ったもんですが、ここもかって感じ。最近はこないにあからさまに他者を拒否するんですなぁ…って思いましたが、この飲食店の件は“逆さ箒”の意味を店主も設計士も知らはれへんなんだとのこと。へぇ、意外な感じ。で、後日指摘されはった様で逆さ箒いっぱいのファザードは変更され、そのお店への誤解は解けましたが…その“トコトン逆さ箒”のインパクトが大きすぎてやっぱり行く気がせんもんです。
 さ、左右どちらのお宅がこのオブジェを置いてはるのか知りませんけど…これでは回覧板も気軽に回せませんな。

(於:貝塚市) ただ箒と、箒立てるための台なんかもしれんけど、場所悪すぎ。

保存

保存

保存

保存

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年8月18日 (金)

トタンヤのブリキヤ

 仕事思いの外はよ終わり、午後は所用で俊徳道あたりへ自転車で。道すがら目にした看板にちょっと反応。
Totanburiki1 Totanburiki2
…どっちやねん。
素人にはトタンもブリキもいっしょ。調べますれば

 ・トタン:鉄板の表面にうすい亜鉛の膜をはったもの。
 ・ブリキ:鉄板の表面にうすいスズの膜をはったもの。

科学のあゆみ参照)

とか。
 思いつくのはトタン屋根にブリキのおもちゃくらいでまぁ一緒くた。詳細は“トタンとブリキとは?”をお読み頂くとして、トタンもブリキも日本語ではありますが、ラムネみたいなもんで元々は外国語やとか。トタンは亜鉛を指すポルトガル語“Tutanaga”、ブリキは“錻力”とも書きますが、こっちはオランダ語の“Blik”から転じてできたコトバとか。へぇ…元々ある日本語やと思い込んでました。

(於:東大阪市) まぁ確かにどっちも加工できはりますわな。

保存

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月15日 (火)

残暑お見舞い申し上げます

 冴えん天気。太陽見えんのに暑い夏の日。せめてビジュアルだけでもスカッといきましょか。
Coolgreen1 Coolgreen2  別に格段に懐かしいわけでもないですけど、青空と相まってちょっと心地よくなりません? なりますやろ。ま、夏休みの手抜き記事、ひとつお許しを。

(於:貝塚市) コーヒーにフルーツ、スペアミント…好きやったヤツことごとく廃盤…なんだかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年8月13日 (日)

あぁおっさんの盆休み

Bonyasumi1 Bonyasumi2  お墓参り、合間にお子の服買いに付き合いユニクロしまむら吉呑み挟んで〆に四天王寺さんへ手を合わせに。
 盆の夜の四天王寺の境内はこんな感じなんやなぁそれなりに賑わい(?)つつも厳かな空間にミストあったりテキ屋出てたり…あ、お子言います「ベビーカステラ買って帰ろぅ」と。
 参拝してるうちにそのベビカス屋店じまい…ってナンボでもありますわ同業者は。ってことでほん近くの別店見つけてお子ご機嫌さん。
 ま、ちょっとアホげも盆休みってことでサクッと終わらせてくださいな、はい。

(於:天王寺区) 今度やってみたろっ“吉呑み”→“呑みすき”ハシゴ酒。

保存

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月 2日 (水)

街かどあちこち汚水マス…

 朝から仕事。ほぼ2年ぶりに訪れる貝塚は何ともほっこりさせてくれる空気が町に漂っていてついつい暑さ忘れて旧市街地東へ西へ。最初「ふーん」と思うも…あっちにもこっちにも、これが。
Osuimasu1 Osuimasu2 Osuimasu3 Osuimasu4
 普通地面に埋まっていてフタ部分しか見えん汚水マスが、街かどあちこちに。最初何かの事情で地上に突き出た形に施工したのかと思っていましたけど、どうもそれが地中に繋がってる気配がありません。ということでこれ、オブジェよろしく置いてあるみたいですけど…なんかもひとつええ趣味とも思えませんな。中には植木鉢代りとして活躍しているモノもいますが…ね。
 多分公共下水道が埋設されて各戸汲み取りヤメて下水道に接続が義務付けられこの様に汚水マスを先に配布されるも、自費による工事が滞ってこんな風になっているのかと考えられますが…普通は工事時に持ってくると思うんですけど、違うんですね。調べますれば下水道埋設後3年以内に汲み取りヤメる様に決められているそうです(“公共下水道への接続義務”…貝塚市HP)。しかしながら、ちょっと珍しい街並みですわ。

(於:貝塚市) 自費か…ほっといたろと思う気持ちわかるな。

保存

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月27日 (木)

天童よしみさん一派、横浜ナンバーのトラックに乗って。

 守口市某所で仕事。帰りは守口車庫発のバスに乗ってエアコンの冷気楽しんでますれば、え?、Instagramで近日見た“横浜ナンバー”のトラックが走ってまっせ。
Img_9754
 写真ではよくわからんですがそこに見えるも横浜ナンバー。ま、我が中河内の誇り天童よしみさんを宣伝してますし、ミナミを誇るビールとアテなど旨々のバーの大将が気にするトラックと同じみたいですのでついつい一枚二枚。うん…何となくこのビジュアルにして“横浜ナンバー”って、たしかにモヤモヤした気分になるもんですなぁ…って関西人独特の自意識過剰かもしれませんけど。
Img_9755_2

 信号待ちで側面見ますればこんな感じ。まぁテレビあんまり見ませんのでそこに描かれているのは泉ピン子さんくらいしかわかりませんけど、なんか妙に嘘くさいビジュアルに撮ることができて大満足。運転手さんの顔の角度もええ仕事してくれてはりますわ。おおきに。ま、それよりInstagramでこのトラックこと知ってなかったら記事にもしてへんわけで…やっぱり独特なお方やなぁ大将はと改めて思った次第。まいりました。

(於:旭区) このお方は驕りないええお人やったなぁ…って10年以上前にお会いした印象。

保存

保存

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月 2日 (日)

宣伝する気なさそげな看板ふたつある光景

 ちょっとわかりにくいかなぁ…写真クリックしてもらいましょか。
Tsuruhaku
 ちょっと朽ち気味の土壁建屋とまばゆい新緑の図…の中に紅一点いや紅二点“白鶴”の看板。うちひとつは天地逆。まぁそれだけなんですけどその、ほったらかされてここにあるだけな風情ながら、妙に違和感があって…いや、ないのかもしれんですね。全部含めて「どうでもええわ」な空気が漂っていてええ景色の様なさみしい光景の様な…何やわからんなりに、ひきつけられますわ。

(於:奈良県大淀町) 白鶴”のお陰で寂しさが緩和されてる気がしてきた。

保存

保存

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧