何げな

2019年4月20日 (土)

榎の新緑とタンポポの綿毛とドーナツと

 新緑の記事多発すぎやと思うも、勢いよくて心地よいので今日もいっときましょ。
Kusamirasite12  いつものドーナツ食しに奈良は上牧町へ。以前の記事通り3月初旬は葉一枚もなかった榎が新芽で青々になってますわ。もうほとんど“初夏”って感じ。
Kusamirasite14 Kusamirasite13  地面見ればタンポポも咲き終わって綿毛状態に。大きなってもう興味なさそうにしていたお子でしたが、誰にも見られてへんとわかると「フゥ〜」としてましたわ。まぁひとつだけでしたけど。
 帰路、クルマのエアコン入れたこと思うとほんまもう夏近し。こんなことやってるから地球があつくなるんやと思いつつ、窓開けて外気入れて花粉まみれで鼻グズグズになるのもかなんわけで…ま、そんな一日でした。

(於:奈良県上牧町) 今回も鉄塔がさりげなくええ仕事してますやろ。

※関連記事:
榎のシルエットに送電線の鉄塔の図、上牧町でドーナツ食べながら。』2019年3月 記
エノコログサ西日で光る』 2018年10月 記
榎の枯枝の風情、麒麟か龍か。』 2018年10月 記
上牧町でケーキにドーナツ 2』 2018年9月 記
上牧町でケーキにドーナツ』 2018年5月 記

| | コメント (0)

2019年4月14日 (日)

つぶつぶで気色悪いLED“餃子の”

 所用で路上で停車。ふと前に見える王将の眩しい看板が妙に気になります。
Gyozano1 Gyozano2  その眩しさは写真にすれば吹っ飛びますのでちょっと暗めにしてこんな感じ。で、何が気になるって…わかります? ネオンサインなら味わいあるであろうこの“餃子の”の部分に並ぶ発光ダイオード(LED)のつぶつぶ、これが妙に気持ち悪くて。
 電球においては近年LEDのもそれなりの雰囲気を醸すやつが出てきてますけど、看板の世界ではまだまだ味わいに欠けるんですかね。

(於:東成区) ぎょうざ倶楽部”、達成できるか。

※関連記事:
霧けぶる薄暮に光る通天閣、LEDの。』2012年3月 記

| | コメント (0)

2019年4月12日 (金)

投函口の向こう丸見え

 こないになってても届けんとあかんということか。
Gomipost  「どうせ読まれることもないやろ」とわかりつつ放り込む郵便物にチラシ…むなしい光景。宛先がここになってるとそうせんと仕方ないんでしょうけども。この積み重なり、何年分なんやろとストリートビューでチェックしてみますれば、2014年春からの次の春までの1年分の様で…調べん方が面白かったな。この手のもんは空想で遊ぶのがいちばんですな。

(於:堺市堺区) こういうところからマッチ放り込まれたら難儀なことになりまっせ。

※関連記事:
詰め込まれポスト見て思う』2018年3月 記

| | コメント (0)

2019年4月 9日 (火)

やけくそ広告塔

 何げに気にはなってましたけど…
Yakekuso  何とも言えませんな。かつての記事の看板と同じものを感じますけど。

(於:中央区) 効果抜群、逆効果もバツグン…かも。

※関連記事:
“デザイン広告賞多数”を謳う看板…。』2017年3月 記

| | コメント (0)

2019年3月30日 (土)

完全ツライチ、はみ出ん自販機。

 まぁ本来はこうあるべきでっせ。
Tsuraichi  見ての通りブロック塀にきっちりビルトインされて、目立たない様で逆に目立ってますな…ってそれはアホげ的解釈なんかもしれませんけども。これがポッカサッポロってのも泣かせる要素…ってなんのこっちゃ。あっさりしつつも妙に心地よい何気なさ。それ思うと某関西系ドラッグストアの店頭の有り様は何なん…って、ねぇ。

(於:枚方市) 「道路上で商売しやがって」って思うも、屋台の中華そばは例外的に考えてる…矛盾してんな、わし。

※関連記事:
きっちり建物にビルトインされた自販機の余生。』 2013年7月 記

| | コメント (0)

2019年3月29日 (金)

春の無表情ねこ

 東大阪市某所で仕事。吉田駅から帰ればええものの、春の陽気に誘われて南へ南へ。まっすぐではない道…“川中”という地名と合わせてこれはきっと河川跡ですな。天井川やった様なその形状…確か昔ナムダーさんのブログ(河内彷徨~郷土を見にゆく~)で知った川のことやろなと帰宅後調べますればやっぱりその通り吉田川跡。周りはすっかり変わってであろう中、帯状に遥か昔を思わせる独特の景色が細長く残っていてええ感じ。少し時空がわからん様になる感覚の中、ふと柵の向こうに目をやると、畑の中にねこが一匹、こっち向いてはります。
Harunoneko  じっとこっち見るも妙に無表情で、カメラ向けても全くまんま。大物なのか春の陽気でたましいが抜けた状態なのか…通じあってはいないものの、どっか自分を見ている様なこの感じ。春は前向きな気分になる季節でもありますけど、実態は陽気と鼻炎薬でとろーんとした日々でもありますわ。ま、そんなことで緩い記事もひとつお許しを。

(於:東大阪市) 案外怖い顔してるのも…我を見る様や。

| | コメント (0)

2019年3月27日 (水)

高架橋の向こう、“急”だけずり落ちて…

 ざ、ぼちぼち平素のアホげに戻していきましょか。
Takubin

 夕日に照らされる東武伊勢崎線の高架下がかっこええな…というのもまぁありますけど、その向こうにある宅急便の“”が落ちたままになってる図に妙に惹かれまして。とは言えこの寸法の写真ではわかりませんか。ほなまぁ階段の影もあるしで造形美だけを愛でといてくださいな。しかしほんま、ココログは前の方が見やすかったと思うんですけどねー。

(於:東京都墨田区) “急”の一文字の有り様だけで儚さが漂うとは…

| | コメント (0)

2019年3月17日 (日)

八軒家浜の三軒家…

 天満橋あたりで仕事があった過日、川べりの八軒家浜で時間合わせ。水都の景色を楽しんで、ほな行こかとふと南側を見下ろすとそこに…
Jimejime …こんな三軒家が。窓もあってドアもある…けど、踏み台でも持って来んと普通は入れんその高さ。ま、そんなことより先ほどまで降っていた雨も手伝ってちょっと…やめとこ。3つの部屋、ドアの向こうが気になる様な想像したない様な。

(於:中央区) 柵の向こうは駐車場で土佐堀通とツライチってのも謎。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月15日 (金)

薄暮に浮かぶ赤い窓と“質”一文字

 鶴橋あたりで仕事。駅前の小汚い立ち呑み屋でアホげ民の某とちょろっと呑んで…あぁ楽しいなぁ。若造が酒に付き合ってくれる…有り難いことです。
 帰りは…行き同様歩いて帰ったれ。空を見上げますれば微かに明るくて…陽が長く鳴ったもんです。
Hichi
 窓の向こうの赤い部屋。モワッと光る“”の一文字。何か沁みまっせ。白熱球にネオンサイン…やっぱり情緒がちゃいますわ。とか思って眺めてましたけど、きょうびのこと、どっちも発光ダイオード…かな。もちろん現場ではそんな穿った見方もしてなかった訳ですけども。まぁ風情あったらどっちでもええか…と思いつつほんまの木目とデコラの木目調との違い同様の違いがあるやろと思ったり。ま、昔ながらやないと何事も…とは思わんのですけどね。

(於:天王寺区) “質”を出すのに“ひち”では変換されず…“ひちや”や質屋は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月13日 (水)

午前9時32分、堺市美原区黒山のドラム缶4本佇む図。

 堺市美原区某所で仕事。いつ行ってもわたし的にはそこは“南河内郡美原町”のまま。陸の孤島(失礼)へ行くにバスあれど、天気もええしと近鉄は松原駅から歩いて歩いてますます歩いてさすがにちと疲れたとか思いつつふと見た景色がなんかええわぁと一枚。
1903130932
 その間ほんの5秒ほど。撮った時の印象のまんまでやっぱりええ景色…ってただただ「写真になるで」って思っただけの様にも思うなぁ。写真に慣れるとどぉってことない風景をそれっぽく魅せるあざとさも身につくって典型的な例の様にも思ったり。けどまぁ何か好きな風景…っていうかシチュエーションであることは事実ですわ。ま、そんな感じ。

(於:堺市美原区) ドラム缶に妙な感情移入してる気もする、毎回。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧