看板

2017年3月24日 (金)

自転車の、ええ絵。

 奈良は桜井市某所で仕事。近鉄乗ってその名もめでたい大福で降りますと駅前に自転車預り所。その看板に目をやれば…あぁええ絵やこと。
Eee1 Eee2
 ドヤ感絶無にして妙にこころに沁みわたる…何でもかんでも図案化する昨今やから余計にそう感じるのでしょうか。あれこれ想いを記すもドンドンその良さから離れていく…ええもんって、そんなもんなんでしょうか。奥ゆかしき存在感か…自分とは無縁の世界観、ですわ。

(於:奈良県桜井市) カッティングシートの看板では、絶対に出せん味や。

保存

保存

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年3月20日 (月)

錆びボコ看板に“溝田旗工業”とある。

 昔ながらな風情残す酒屋さんの隅に、錆びサビボコボコのブリキ看板ひとつ。
Mhk1 Mhk2
…あぁ、残念ながらほぼ判読不明。ですが“ 田旗工業”はなんとか読めます。これはきっと“溝田旗工業”の看板でしょう。
 この社名を聞いて「あれか」と思う方はあまりおられないかもしれません。あれこれ記そうと思いましたが、もう破産した会社。先代が手がけられた大学(?)なんかも泡と消えた今、こんなカタチで残っていることがなんか象徴的に思えます。
 バブルはなんとか乗り切らはったみたいですがリーマンショック以降行き詰まった様なことがwikiに記されてました。「そうなんか」と思う反面、「最近までまだ存続してたんか」というのが正直な思い、かな。この看板もそのうち朽ち果て、忘れ去られていくのでしょう。

(於:兵庫県尼崎市) 負の遺産引き継いだ同世代が時々いるけど…

※関連記事:
“エドモンズ大学日本校”の看板に思うあれこれ。』 2011年9月 記

保存

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月13日 (月)

不釣り合いの様な絶妙な組み合わせの様な。

Kawamura1 Kawamura2
 “安心して使える”の字体がまたたまらん。

(於:堺市西区) お店は近くに現存してました。

※関連記事:
昭和なプラ看板 103 ● カワムラサイクル』 2015年3月 記

保存

保存

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月 9日 (木)

“青少年の不良化 防止は家庭から”

 東住吉区某所で仕事。関西線は東部市場前駅で待ち合わせ。てなわけで市バス乗って杭全までの小旅。これがあんた、1時間に1本しかない路線。はよ着きすぎて探索で時間潰さなしゃない…ってまぁ、そやなくても探索はするんですが。
Sfbk1 Sfbk2  そこは生野区との境らへん。マンションとは無縁のええ街並みを行きますとこんな看板。“青少年の不良化 防止は家庭から”…ほんまその通りでしょう。
 それ思うと捨て鉢になったりする人がいてはってもそれぞれみんな様々な事情があるってことなんやなぁと、最近わかったかも。同情は失礼なこと。ですけど切り捨てる様な考えはアカンなと。まだまだ何も知らんなぁ。

(於:生野区) 人差し指がええ仕事しとる。撮影時には気づかなんだけど。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年3月 8日 (水)

日本盛の“清酒”の字だけオリジナル

 まぁじつに小ネタ。
Seishu1 Seishu2 Seishu3
 昭和が色濃く残る酒屋さん。パラペットのモルタル部分に仲良く灘酒3つの看板。頭に付く“清酒”の文字、ひとつだけちゃいますな。
Seishu4
 そういえば昔より“日本盛”だけ“”が“”3つでしたわ。これは…きっと真上から見た“猪口”を表しているのやないかと思いますけどホンマのところは知りません。過去記事昭和なプラ看板 40 ● 清酒 日本盛にもあります様にかつて日本盛には銚子と杯を図案化した顔マークもありましたので、きっと猪口の線で正解やないかと思いますけど。あと“”部分も“”…ひょっとしたら“日本盛→日本→日の丸→丸い(円い)”ということで”が“”3つなんかもしれん気がしてきました。まぁどぉでもええですか、どことなくかわいいし。

(於:旭区) 菊正宗と白鶴、本家分家で“清酒”も同じ文字。

※関連記事:
昭和なプラ看板 40 ● 清酒 日本盛』 2010年5月 記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月15日 (水)

肝心の地図読めん案内板、下に明治製菓淀川工場の広告。

 これが“案内板”。
Annaiban1 Annaiban2 Annaiban3  ここら土地勘なくてもひとつ訪問先わからんなぁ…と思いますればちょうどええタイミングで案内板発見。どれどれと広告部見るも残念ながらそこになく、地図に目を移しましたら…何なんこれ。効果まったくなし…
 まぁつまるところ、ほったらかしの看板にみたいなもんかと思うも、広告部だけはちゃんと更新されている様子。隙間から昔の看板覗き見しますれば、そこに“明治製菓株式会社 淀川工場”の文字。見慣れたフォントやと思うも最近使われていないヤツ。ナショ文字よろしく“株式会社”やら“淀川工場”までオリジナルフォント…懐かしいなぁ。
 で、そう言えば昔ここらで明治が手掛ける薬のマークか何かの看板見た気がしますけど最近見かけませんわ。調べますれば2004年に閉鎖、その社屋はいま、先の記事に記しました“IMV”が使っているとか。あぁそうなんですね。どおりで「IMVって…何やろ?」と言う感じやった訳ですか。

(於:西淀川区) IMVの敷地の地下を東西線が走ってるとか…へぇ。

保存

保存

保存

保存

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 8日 (水)

淀 競馬場 競走馬輸送

 京は伏見区某所で仕事。淀駅降りますればそこは、京都競馬場の街。
Bahitsu1 Bahitsu2
 旧街道と思われる道行けばこんな看板を掲げたお宅が。そうか、何にでもその道に長けた専門業者があるもんですけど、競走馬を運ぶのを専門としてはる会社があるんですね。
 高速道路なんかで時折馬を運んでるドラックを見かけますと、いかにも大事なものを運んでいるといった風情の装備ですが、そのゴージャスさ(?)に比べますとこの社の風情は…ね。まぁ景観にじつに溶け込んでいるところをみるとその筋では老舗なんでしょう。
 “競走馬輸送”、“馬匹”と堂々記したその横の“一般貨物”もまた、ついでっぽくてええ感じ。簡素な中にドヤっが宿る…ええ看板に事務所ですな。

(於:京都市伏見区) 馬匹…“バヒツ”と読み“馬”のこととか。知らなんだ。

※関連記事:
鉄筋煙突専門の工務店や。』 2011年5月 記

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月29日 (日)

レート白粉

 先の京都は岡崎の美術館からの帰りは三条京阪までしばしの探索。昔ながらな街並みに小川流れて“あぁやっぱり京都ってええなぁ…”って、若い時分にはもひとつわからなんだ感覚。人気の理由がわかるわってもんです。そんな街並みに、やっぱりありますわ、琺瑯看板。
Lait1 Lait2
 “レート白粉”…検索したら出てくる出てくるこの物件。そらそうですわな、京都ですから。
 一番先にヒットしたのが平尾賛平商店 - Wikipedia 。wikiに出てるって現存する会社なんかと思いましたが1954年に倒産した東京の会社とか。レートはカフェ・オ・レの“レ(LAIT)”で“乳”のことやとか、平尾昌晃に関係するとか色々記されていますので詳細はそこを読んで頂くとしてそうか…もう60年以上前に潰れた会社の看板が普通にあるってすごいことですね。とか思いましたけどきっとこの街ではまだまだ新参モン扱いされていることでしょうなぁ、なんせ“京都”ですから。
 しかしまぁ普通に撮ったらちゃんとレトロ色に写ってからに…やっぱり京都は、ちゃいまんな。

(於:京都市東山区) ポーラ文化研究所の“進化を遂げる白粉”の記事も一読を。

保存

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年1月28日 (土)

京風標示施設どすえ

 四条烏丸の交差点、何やら工事してるらしいでっせ。
4jokarasuma1 4jokarasuma2
 ほれ、こんな看板が。でまぁその工事内容が全然あたまに入ってこなくて…ってその、見ての通り木材+アクリルの和風仕立てでそっちばっかりに気を取られてましてね。
 京都と言えば屋外広告物への規制がキビシイわけで、こんな標示施設にまで縛りがあるのか…ってまぁないでしょうけどやっぱり観光都市は、京らしさをこういうもんにまで漂わせはるんですなぁ。さすがです…って言いたいところですかど、やっぱりアクリル板にゴシックでは、もひとつかなぁ。

(於:京都市下京区) まぁ、決まり事があってここまでしかできなんだんでしょうけど。

※関連記事:
“見える化”は、見えにくい。』 2016年8月 記
京の電柱に立て掛けられた看板和風仕立て』 2015年2月 記

保存

保存

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月20日 (金)

陶器屋さんの看板外観、陶板製。

 お店閉まっていて残念ですけど、それでも何屋さんかすぐわかりますな。
Toki1 Toki2
 陶板で“◯◯陶器店”…陶器屋さんとしての心意気というか覚悟が感じられてよろしいなぁ。しかもその良さまで伝わってきますわ。
 陶器・磁器、焼物…思えば最近“セトモノ”ってコトバをあんまり使わん様になった気がしますけど、どうでしょ?

(於:奈良県大和郡山市) レンガ風壁面も焼物…まいりました。

※関連記事:
ビニールパイプで記された看板』 2014年6月 記
タイルを使うタイル屋さんの建物ええ感じ。』 2013年6月 記
かなもの あらもの せともの』 2009年1月 記

保存

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧