看板

2019年4月22日 (月)

肝心の案内図なき南恩加島1の案内板

 過日訪れた大正区の果て(?)に、こんなもんがありました。
Minamiokajima1_1  真ん中が抜けてしもてますがそこに付近の案内図があったんでしょう。
 肝心の部分がなくなっても広告部分は健在。全部ペンキで描かれていて味わいありますわ。“豆炭”の十全商会やら“スポーツセンター”で名を馳せていたラサ工業、あっ、オクタン価競争時代を思い出す“フォーミュラシェル”の看板も…懐かしなぁ。そうか…社会人になって数年の頃…すなわちバブル期真っ只中に設置された看板でしょう。左上の中山製鋼所のところには“鉄と共に70年”…調べますれば今秋100周年を迎えるみたいですから、まさしく30年前のまんまここにあるんですね。
 で、過日訪れたところは某配送センターで、そこは…かつて中山製鋼所の転炉工場 やったところ。え、あの超間近で見ることができたあの工場がなくなっていたとは…寂しい限り。ですけども若かりし頃…まさに四半世紀ほど前盛んに稼働していた状態を夜な夜なフイルムに収めておいて良かったなぁと改めて思った次第。写真には必然的に“記録性”がある…これが最大の魅力やわなと改めて思ったのでした。

(於:大正区) えげつない“相反則不軌”やった…懐かしいわぁ。

※関連記事:
肝心の地図読めん案内板、下に明治製菓淀川工場の広告。』2017年2月 記
廃ガソリンスタンドのハイオクの広告』2015年4月 記

| | コメント (0)

2019年4月14日 (日)

つぶつぶで気色悪いLED“餃子の”

 所用で路上で停車。ふと前に見える王将の眩しい看板が妙に気になります。
Gyozano1 Gyozano2  その眩しさは写真にすれば吹っ飛びますのでちょっと暗めにしてこんな感じ。で、何が気になるって…わかります? ネオンサインなら味わいあるであろうこの“餃子の”の部分に並ぶ発光ダイオード(LED)のつぶつぶ、これが妙に気持ち悪くて。
 電球においては近年LEDのもそれなりの雰囲気を醸すやつが出てきてますけど、看板の世界ではまだまだ味わいに欠けるんですかね。

(於:東成区) ぎょうざ倶楽部”、達成できるか。

※関連記事:
霧けぶる薄暮に光る通天閣、LEDの。』2012年3月 記

| | コメント (0)

2019年4月 9日 (火)

やけくそ広告塔

 何げに気にはなってましたけど…
Yakekuso  何とも言えませんな。かつての記事の看板と同じものを感じますけど。

(於:中央区) 効果抜群、逆効果もバツグン…かも。

※関連記事:
“デザイン広告賞多数”を謳う看板…。』2017年3月 記

| | コメント (0)

2019年4月 4日 (木)

“金露・新泉・都菊” の看板残る酒屋さん

 堺市は“陸の孤島”美原区で仕事のあと、雨風の味噌買いにクルマで走っておりますといかにも“堺”って感じの酒屋さんの看板を発見。
Kinshinto  “清酒”の文字はほとんど落ちてしもてますが酒名はほぼ現存。左から“金露新泉都菊”…これ、すべて堺の、そして灘のお酒の銘柄。この3銘柄のことは以前にも記事にしましたので詳細はそちらをお読み頂くとして、ちょっと前までこれらのお酒が売られていたのに今ではすっかり忘れ去られて過去のものになって久しい…って言っても金露はキング醸造から売られていましたね。
 堺と言えば酒に酢、醤油と醸造業が盛んだった面影はほとんどないこと思うと、こんな看板でも貴重やないかと思ったり。そんな中、2014年から堺での酒づくりも復活したことは大変結構なことやと思います。

(於:堺市中区) 堺の酒づくり復活はええけどしやからって“千利休”って酒名は…ね。

※関連記事:
堺に残る新泉、金露、都菊、アサヒビールの看板に思う。』 2013年11月 記
ほか

| | コメント (0)

2019年3月12日 (火)

グループ、ナショ文字で強調。

 池田の某所で仕事。川西池田駅で待ち合わせながら、未だJR乗りとないしと阪急は川西能勢口で下車。歩きますれば遠目にナショ文字。「あぁそう言えばこの辺来ると車窓の向こうにあるなぁ」とその看板目標に歩くもすぐに他の建物で見えなくなって…半ば諦めてますと、不意に登場。
Group1 Group2  う〜ん、見るからにナショナル。どうせなら漢字もやればええと思うも、案外難問かな。
 しかしながら思っていたところとは全く違うところに出てきた様に思いますけど…遠目に見えたのはこれやったんでしょうかねぇ。これは福知山線のネキにありましたけど、いつも見るのは宝塚沿線に思うし…ま、きっと地場の建設屋さんであちこちにナショ文字を出してはるんでしょう。ま、そないに長々と書くことでもありませんでした、すんません。

(於:兵庫県川西市) パッと見“グルーヴ”…ちょっとタイムリーちゃいます?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月10日 (日)

高速そば

 ダブルミーニングとも考えられますけども。
Kosokusoba1 Kosokusoba2  別段受けを狙ってる風でもない感じでこういう暖簾がかかってるのがよろしいなぁ。実際注文してみて感想をと毎回思いつつそういうタイミングでここにおらんのが残念です。
 いちいちの説明は無粋や思いますけど一応ね。まぁこれは“阪急そば”とか“南海そば”みたいなもんで神戸高速鉄道の新開地駅にあるからこの屋号になってるだけでしょう。けどまぁ立ち食いですから、なかなかうまいこと洒落を効かせてはるなと思います。やっぱりいっぺん頼んで検証してみんとあきませんな。

(於:神戸市兵庫区) どこの立ち食いもうどんの方がよく売れてる風やのに屋号は“そば”…関西はうどんや。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年3月 1日 (金)

ナショ文字は赤でこそナショナル、やな。

 南森町あたりで仕事。毎年何げに見ていた看板、よく見るまでもなく…やっぱりナショナルやわ。
Natiomoji9 Natiomoji10 Natiomoji11  そう言えば別の場所で見た同じ内容のナショ文字に反応したことあわと探しますれば2年半ほど前にやっぱり撮ってました。
 改めて見ると…ずばりナショ文字。ですがなんとなく“ナショナルやん”と思わせないのはなんでやろ? うん、やっぱり文字の色のせいですな。やっぱり“ナショナル”は赤でナンボ…なんかもしれません。

(於:北区) ここ、義肢で知られる会社がやってはる補聴器屋さんとは知らなんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月23日 (土)

熊本の、くまモン風。

 熊本の繁華街、銀座通りを行きますれば早速くまモンがお出迎え。
Kumakuma1 Kumakuma2
 さすが本場のくまモンはちゃいまんなぁ。何がって…いや、純粋に可愛いなぁってだけですけど。アーケードに華添えてとってもいい感じです。やはりいたるとことくまモンだらけ…ってまぁそれなりに節度ある繁殖ぶりでしたけど、中にはこんなものいたりして…
Kumakuma3 Kumakuma4
 ここは天草市のいけすのある料理屋さんですけど、これって…別モン。どっちかと言うたら偽モンのドラえもん風って感じでしょうか。まぁブイをくまモンの顔に見立てたというところに感心すますけど、そこに無理がありますわな。けどまぁ…オッケーおっけー。
 熊本市内に戻り繁華街を行きますれば …え?
Kumakuma5 Kumakuma6
 これは…もっと別モン。焼きたてパン屋さんのディスプレィですからきっとこれ、パンでしょう。よく見るとほっぺたがハート…あまりの別モン具合に突っ込まれた時対策かもしれませんなぁ「くまモンちゃいますばい」…とか何とか。
 しかしまぁくまモンはひこにゃんと違ってええ展開の仕方してますわ。ビジュアルもそうですけどその立ち位置に親しみが持てますもんね。で、そうそう、熊本旅はたった2日でしたけどとってもええとこでした。みな親切でゆったりしてて割と都会で…(失礼な)。またひとつ好きな街が増えました。

(於:熊本県熊本市、天草市) 「熊本城復興に…」と思うも一口一万円は…
※関連記事:
飲みきれば、そこにくまモン。』 2016年7月 記

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年2月18日 (月)

早野牛乳処理工場

 ずっと前に2回この前通って撮って…とは言え調べても何らわからんなぁと今までほったらかし。
Hayano1 Hayano2  阪急は塚口駅降りて旧村の雰囲気が残る一帯を歩きますればこんな看板がありました。
 読んで字のごとくでここは牛乳工場かと思われますが乳くさい匂いもせずひっそりした様子。住所と思われる表記は“塚口字辰巳”…看板は残るももうその使命は果たしていない様子でした。
 こんな便利な時代やしといつものごとく調査もせず帰宅の後あれこれ検索してみましたが…まぁ全くと言ってよいほどその情報は出てきませんでした。これがアホげの弱さやんなぁ…と思いつつ何年経ってんねんって感じ、反省。
 なんて言いつつまぁこれからもこんな感じかな。そこでずるい山本龍造といたしましてはこれを読んだ皆さんから何かこの牛乳工場の味なり思い出なんか聞かせてもらえないかぁと淡い期待をしている訳ですが…安直で申し訳ありません。
 どんな業界も大資本に追いやられるか集約されてしまってなんかつまらん限り。今のうちに小規模で地元に根ざしていたであろう諸々のことをとどめておきたい様に思ったりします。

(於:兵庫県尼崎市) “牛乳処理工場”…ミルクプラントとは随分違うな響きが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年2月17日 (日)

Oh!チェリー “これが世界の味だ”

 きっとまだあることかと。二年前に見た看板。
Ohcherry2 Ohcherry1
 若い衆にはもひとつ何の看板かわからんのやないでしょうか。“これが世界の味だ”の吹き出しの形が示している如くでこれ、タバコの看板。そのキャッチコピーに“Oh!チェリー”…いかにも昭和40年代的って感じに思いますが、どうでしょう。
 調べますれば初代は1904年誕生で戦中は敵性語ってことで“櫻”と名乗っていたとか。いかにも古くっさい名前やなと思ってましたけど、そこまで古いブランドとはって感じ。
 “世界の味”…そう言えば昭和の終わり頃、“世界のうまさになりました”ってサッポロビールがニューヨークで飲まれているシーンとかCMで流してましたけど…あれホンマやったんでしょうかね。まぁまだまだ日本市場だけで何とかなっていた時代の胡散臭いフレーズやった様な気がしまんな。

(於:豊中市) 昔、細野晴臣さんがチェリー吸ってる写真見て真似たなぁ…キュン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧