看板

2018年6月11日 (月)

石鹸の金型専門とは…

 東大阪市某所へ仕事。旧村を行きますればこんな看板。最初なにげに「学習塾か?」と思いましたけど…
Iokibe1 Iokibe2
 「何で?」ってほれ、とかとか進歩も何となくそれっぽいから。
 で、スルーしかけによく見たら…こんなピンポイントな職種があるんかとちょっとびっくり。調べますれば金型屋さんの様ですが、さすがはなんでも作ってる東大阪って感じ。
 しかしながら石鹸の金型だけでそれだけ需要があるんですね。牛乳石鹸クロバーマックスウタマロニッサン石鹸もつい数年前まで大阪で作っていたこと思うと石鹸は大阪の地場産業のひとつなわけで、まぁ納得…かな。
 ボディソープが幅を利かせて固形石鹸もなんとなくノスタルジーを感じさせるアイテムって感じがせんでもない昨今を思うと…やっぱりびっくりか。固形石鹸派としてはぜひとも頑張って頂きたい会社ですわ。

(於:東大阪市) これ“イオキベ”と読むのかな? 珍苗字。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 7日 (木)

立体文字、妙にデフォルメ履物タマゴ。

 それなりに知られたお店やったってことでお蔵入りにしていましたけど、やっぱりえぇもんなぁ…ってことで。
Hakitama1 Hakitama2 Hakitama3  商品の取り合わせと立体文字のデフォルメと…味わい200%。そらぁみんなほっときませんわな。
 割と近年まであきないされていたとか。晩年はタマゴは店頭から姿を消していたそうです…ってネットで調べたこと記してもこの重厚さを前に薄っぺらすぎ。詳細はmaido様のブログ“maidoのYAHOO営業所”の“ 履物とタマゴの店-惜別名物店 ”をお読みください。

(於:豊中市) 二番煎じどころか百番煎じや…悶々。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 5日 (火)

花の結婚式場“宝塚マリアージュ”…

 1年ちょっと前に見た物件ゆえ、まだあるのかどうかが微妙ですが…
Zukamari1 Zukamari2
 清荒神駅近くの電信柱にこんな看板が掲げられていました。もう味わいありすぎって感じ。看板が切り文字貼り付け全盛の今とあってはなおさらのことです。しかもこの看板の文字は、デザイン入っているものの“一発書き”って感じがします。それでいて表裏ほぼ同じ仕上がり…ええ仕事してはりますわ。
 とビジュアル面の素敵さに加えて文言も…よろしいなぁ。“宝塚マリアージュ”にして“花の結婚式場”…いろんな意味でヅカっぽいもんが漂ってますなぁ。
 で“宝塚マリアージュ”で調べてももひとつこれといった記述が見当たりませんでしたが、左端にある“松楓閣”で検索しますとあれこれ出てきます。宝塚市売布にあった高級料亭旅館で1988年に閉館とか。詳しくはYahoo知恵袋“かつて兵庫県宝塚市にあったというホテル松…”をご覧頂くとしてそうか…もう30年も前になくなっている施設の看板がいまだに掲げられているってことですね。しかしながらこういう看板って関電なりNTTなりにお金払わんと撤去されるもんやと思いますが…いまだに誰かが払い続けているのでしょうかね。ま、多分撤去にもお金がかかるしとほったらかしにされて30年ってのがほんまのところかと思いますが。

(於:兵庫県宝塚市) こういう仕事できる職人さんって今どれくらいいてはるんやろ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月16日 (水)

神戸屋の看板、適度な劣化でええ感じ。

 “屋”の“”がキモですな。
Kobeya4 Kobeya3
 何度かネタ化したこの手のずり落ち文字って妙に侘しい気分にさせられますわぁ。“神”の“”の表面が剥げているのも…とか考えてましたらつまるところ、廃墟マニアの心理と同じなんかもしれんなぁ…いや違うか。
 今では麦の隅で小さくしか描かれていないワシのマークもいい感じ…って、何となく怖いんですけども、そこが時代に合わんで惹かれるんでしょう。
 この手の街のパン屋さんもほんまなくなりました。神戸屋でパンづくりしていたバイトも懐かしい思い出…移り行く中、なかなか頑張ってはりますわ。

(於:西淀川区) 昔のマークは怖いの多い気がする。威厳ある様な…

※関連記事:
“ か し わ ○ 豚 肉 ”の“し”。 』 2016年12月 記
昭和なプラ看板 62 ● 神戸屋パン』 2012年5月 記
中華の“華”の字、妙なずり落ち方してる。』 2009年8月 記

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月15日 (火)

街角に東レの門柱

 大津市某所で仕事。その前に石山駅あたりを探索してますと街かどに、門柱が二本。
Toray1 Toray2 Toray3
 門柱には堂々‘TORAY’の文字。確かにこの先には東レがあり、その手前にも東レが管理する空き地の様なもんがありましたけど…へぇ、この街丸ごと“東レ”ってことなんでしょうか。“企業城下町”…まさしくこの姿こそがそれにあたるんですかね。
 調べるももひとつ詳しいことわからんままちょっと時間切れ。今も私道なのか払い下げれらるも名残として残されているのか…社名表記が現行のものに変えられているのも門柱として現役の証でしょう。
 wikiによりますとここ石山が東レ発祥の地。ちなみに東レの“レ”である“レイヨン”は現在造っていないとか。そうか…富士フィルムも社名残ってフイルムつくらん様になる日はいずれやってくるんでしょうなぁ。

(於:滋賀県大津市) かなりぶち壊してんなぁ…政治家さん、逆効果ちゃいます?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2018年5月11日 (金)

街道沿いの木造家屋

 旧街道沿いはやっぱり味わいがありますな。
Mukuzo1
 ひと昔前にはよく見た木造家屋も今ではちょっと懐かしい存在。板壁は当然、やや入り組んだ屋根に雨どい、木枠の窓に面格子…いいなぁ味わいがあって。あ、もちろん看板も掲示板もすっかり溶け込んで建物の一部になってます。
Mukuzo2 Mukuzo3
 看板見ればここは“製綿所”。布団わたの打ち直しをしてくれはるところの様です。わた布団…気がつけばちょっと遠い存在になりました。
 雨どいに隠れるも黄色く輝くメガネ屋さんは数年前になくなり、南海タクシーは第一交通に売られ…看板がいくら頑張って宣伝するもそこに意味はないこと思うと儚いことですわ。
 こういう時代がかった家屋があってこそ街の雰囲気は保たれているんやなと改めて思った次第。耐震化も大事やと思いつつ、昔ながらな建屋の残る町はそのままであってほしいななどと勝手なこと思うのでありました。

(於:泉南市) 近年全国あちこち第一交通走ってる。たいしたもんや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月21日 (土)

“コマ印運動靴”の看板ひとつだけ

 昔ながらなお宅に小さな琺瑯看板が。
Olympian1 Olympian2
 赤くて目立つも少し遠慮気味なそのサイズ…店舗の片隅ならまぁ見かけるも、こういうところではあんまり見かけん気がします。
 “コマ運動靴”…今までにも大きいそれは何度か見たことがありますがそれがタイヤでおなじみ“東洋ゴム”製やったとは知りませんでした。「へぇ〜」と思うもブリヂストンの源流がアサヒ靴であること思うと当然という気もします。
 調べますれば運動靴は子会社の“綾部トーヨーゴム”が1996年まで生産していたとか。案外最近まで手掛けてはったんやなと言う気がします。

(於:熊取町) コマ印の中に“OLYMPIAN”とある…なんか似合わんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月29日 (木)

金のシャチ爆発!な東邦ガスの銘板

 名古屋駅近くで所用を済ませ、せっかくやしと西南の方向へ散歩しますれば、割とすぐに住宅街に。昔ながらな家屋もちらほらあってええ感じ。ふと立派な民家の門柱見ると、こんなマークが。
Tohogas1 Tohogas2
 直感的に「あ、ガス会社の銘板や」と思うもなんでそう思ったのかは我ながらわかりませんが、調べてみますとやはりこれ“東邦ガス”の昔のマークとか。
 ふたつ掲示してあってその色合いや意匠が微妙に違うもカエデの様な爆発してるみたいな赤の中に黄色で“”…って思いましたけどこれはガスの“”やないかと思われます。で、ですわ。この“”をよく見ますと…やっぱり名古屋!。これは“金のシャチ”ですよ。
 小さいながらもパンキッシュ、そして秘密結社のシンボルみたい。こういうモンで味わう旅気分もええもんです。ってまぁいつもと一緒の視線で散歩しただけのことですけど。

(於:愛知県名古屋市中村区) やっぱり独特やなぁ…

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年3月28日 (水)

洗面所 か。

 所用で名古屋へ。近鉄の急行・各停乗り継いで3時間半、名古屋駅に着いて御手洗さがすも全然見つかれへんわとうろうろすると…やっとあった。けど…
Senmenjo1 Senmenjo2
…そこには“洗面所”の表記。“ようおこし”に比べるもなく何ら間違いではないんですけど、公衆便所の案内で“洗面所”と記されているのって見たことないかもしれんなと思いまして。
 これ、名古屋では普通なのか大阪にもそれなりにあるのかさっぱりわかりませんので何となく気になったというだけの話です。しかしながら…公衆便所で顔洗うかなぁ…ま、私は夏場、しょっちゅう洗いますけどね、趣味みたいなモンですから洗面は。

(於:愛知県名古屋市中村区) 別に珍しい表記でもないのでしたらゴメンナサイ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年3月18日 (日)

“ 八幡署 ⎮ 枚方署 ”

 そらどっかに線引きはあるとは思うも…初めて見た。
Nawabari1 Nawabari2
 新しく整備された風情の道を行きますとそこにこんな境界標がありました。その下見るとご覧の様に小川が流れていますので、それが八幡警察と枚方警察の…というか大阪と京都の府境なんでしょうな。
 これ見つけ同行のひとに話すとめんどくさい揉め事がこういうところで起こると結構「あんたのとこや」となすりつけあうとか…って私はあくまで聞いた話を書いているだけでウラはとってませんのでサラッと読み流しといてくださいます様お願い致します。

(於:京都府八幡市、大阪府枚方市) 大事なモンの割にテプラ貼っただけかいな…

| | コメント (5) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧