お酒

2016年8月30日 (火)

恵我之荘駅からチロっと見える“翁千歳”の看板…

 羽曳野市某所での仕事、帰りは恵我之荘から近鉄電車。駅までバスあるもちゃんと調べてなかったので仕方なく○○タクシー呼びますれば、何かドライバーさん感じ悪すぎ。ええ歳して自分の感情のまま仕事して平気とは…よろしなぁ。こんなところで昭和を感じるとは…
Eganosho1 Eganosho2  で、行きしな「そうそうこれこれ」と見ていた看板がホームから見えます。これねぇ、当たり前ですけどずっとこのまんななんです。山本龍造学生の頃から「おっ、懐かし…」と、こころにグッと来つつ大学に通ったあの頃からそのまんま。いやぁそれがまだある。ここを通過するたび愛でつつも、この駅で乗降することもなく今日に至って…はや30余年ですわ。
 じっくり見ます。何にも変わってませんわ。そらまぁ少しは変わってることかと思いますが、若き日の鶴瓶さんみたいな髪型で吊り革持ちつつ通学してた時見た車窓からの看板そのまま。こっちはすっかり変わったというのに…さすがエバーグリーンな琺瑯製ですわ。
 で、看板。“天下一品 キッコーマン”のそれは垢抜けしてドンと視覚に訴えかけてきてさすが世界のキッコーマンって感じ。ですが、私がずっと「こいつこいつ…」と思って見ていたのは、その下に位置するヤツです。
 “羽千”にしか見えんその看板こそが「…あぁ、まだあるわ」と安堵する看板。昔からの河内の一部の人にはわかるもまぁほぼ「はぁ?」でしょう。これ“翁千歳”と記された地酒の看板です。
 沿線は古市駅から西へ少し行ったところに“翁千歳”の醸造元オキナ酒造はありました。幼少の頃…あぁ、あかん。思い出として記すことが多すぎて。
 後に新ブランド“近つ飛鳥”を立ち上げて特定名称酒中心に製品をシフトして濃醇にして華やかなお酒で大阪の酒で一目置かれる存在となるも…あ、このくらいにしておきましょう。
 いずれカテゴリ“かつての大阪酒”の記事としてきっちり記したいと思います。書きたいことが多すぎる“オキナ酒造”のこと…あぁ、ここが廃業しはったのは近鉄バファローズ消滅の少し前の2003年のこと…はやいなぁ日々の流れって。

(於:羽曳野市) 翁千歳の廃業、そして長龍の本社移転で、我がにとっての地酒は…消滅した。

保存

保存

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月13日 (金)

サワー…

 西大寺、浄瑠璃寺に続き岩船寺へ参って近鉄奈良駅で解散。シュッと地下に潜り、前々から入ってみたかった“蔵元豊祝”へ。
 高めの気温でノド乾いて「ビールビールっ」とドンドン飲みたいところですがここは日本酒の宣伝酒場、やっぱりお酒飲まんと悪いしと低アルコール微発泡のを注文しましたところ、瓶ごとこんなんが出てきました。
Sour1 Sour2
 味のことは…まぁええんです。気になったのは、このレッテル。何とも言えん昭和な感じ全開、ネーミングも…しかり、ですな。
 蔵元のサイトを見ますればこれ“新感覚の微炭酸にごり酒”とありますので、どっちかというと近年売り出されたモンの様ですが…何なんでしょ。
 きょうびの若い衆のセンスがこれで、「はて?」と思うこっちがすっかり時代から取り残された存在なんかもしれません。けど…なぁ。

(於:奈良市) もう一本の“”は今っぽい。“”そっくりやが、松竹梅の。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年5月 2日 (月)

昭和なプラ看板 124 ● 清酒 大東一

 もう廃業された様な酒屋さん、イチ押しがこの銘柄やったんでしょう。
Daitoichi1 Daitoichi2  酒名は赤で記したモンが酒の看板では多いですが、黒一色で大東一と記されているところに自信の表れを感じられます。
 大東一ほか世界一統、祝砲、日本城などスケール感ある酒名の多い和歌山県…これはきっとたまたまではなくて県民性に起因しているんでしょうね。
 で、大東一ってどういう意味なのか…調べますれば“大東”とは東の果て(極東)、すなわち日本のことをさすコトバやということ。ということは“日本一の酒”ってことですかね。名実ともに日本一を目指しはったのか、一時期は灘にも進出、“灘の生一本”のフレーズで売ってはった時期あるも、数年前に和歌山に一本化されたみたいです。それでも別ブランド“羅生門”は、モンドセレクション金賞を売りにするお酒の先駆けとして、今も人気高いみたいです。余談ですが和歌山の蔵元は一時期、競う様に灘、伏見に進出していた時期がありました。これも…間違いなく県民性でしょう。
 で、こんなんも見つけたんですけど、どうです?
Daitoichi3 Daitoichi4
 こちら横書き。あのねー、縦書きで成立してるもんをそのまま横にしたら…ね。けどまぁ面白いからええですな。しかしまぁ…なんともマヌケな“”やことで。
 と、ここで終わろと思いましたけど、そもそも先の縦の看板のバランスももひとつですなと。てなわけで完成形の“大東一”で、しめくくり。“ 大 東 一 ”の三文字で△形のひとつの意匠になってます。やというのに横組みにするとは…
Daitoichi5 Daitoichi6

(於:和歌山市) やっぱり酒の名は髭文字がよろしいな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年4月19日 (火)

銘酒 菊司 社長 駒井○○ 醸

 奈良市某所で仕事。近鉄は菖蒲池駅で降りますと、北側はすっかり小ギレイな街になって遊園地の面影はありません。南側も住宅地っぽいし期待できんかなぁと思いつつ歩きはじめるといきなり…ええの発見。
Kikutsukasa1 Kikutsukasa2
 最近ホンマ見かけん様になったお酒の琺瑯看板に何なに“社長 駒井○○ 醸”。社長自ら酒を醸して…これは、最近はやりの“蔵元杜氏”のさきがけ? ではないでしょうな。どうやらこのお方、衆議院議員選挙に立候補されていたみたいですから…ね。“菊司”の名を売るより「蔵元のモンです」という素性をアピールってなとこなのでしょうか。
 で、この“菊司”は生駒の菊司醸造のお酒。近年は“往馬”のブランドでマニア好みのお酒を醸されています。数年前、醸造場を奈良市は都祁の方に移されたとのこと(未確認)。当代はまさしく社長さん自らが醸してはります。

(於:奈良市) 同行の人に「あやめ池来るのOSK観に来たとき以来」と告げると「OSKって何ですか?」…そんなもんなんや。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年1月16日 (土)

抽出…どんな日本酒?

 伊丹空港と言えば“空港銘酒蔵”。ここは…唯一無二、ここだけの方法で供される日本酒が呑めまっせ。
Chushutsu1 Chushutsu2
 普通に売ってるそれはともかく、何が唯一無二かってそこにある“試飲マシン(1杯35ml 100円)”で出てくるお酒がですね“抽出”されたお酒やということですわ。
 日本酒ってのは発酵させてしぼったもんやと思い込んでいましたけど、こういう抽出法の日本酒ってのもあるんですなぁ。どういう方法なんでしょう。各蔵元のお酒のエキスを綿か紙に染み込ませておいて、いざ注文が入るとこの機械の中でアルコールでその成分を抽出するってことなんでしょうかね。試飲マシンですからそういう方法で出されたお酒が市販のそれと違わないってことでしょうからこれまたたいしたもんです。
 しかしながら酒税法上この“抽出された日本酒”ってのは“清酒”と言えるのかどうなのか。“リキュール”に分類されそうにも思いますが、その辺はどうクリアしているんでしょうか。もうかなり前からここのお酒抽出法ですが国税局も黙認ってことですかね…とか何とか。

(於:伊丹市かなぁ…大阪空港 いつまでも“抽出”のまま…きっとマチガイやないんやろ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年8月27日 (木)

夏休み 1

 夏も終わりに近づいてようやく夏休み。というのに出発の25日、台風の影響で船欠航。急遽行き先変更。
1508251824
  ハンドル取られつつ強風の中、山陽自動車道をひたすら走って西へ西へで広島は南区に到着。ドア開けて下車してビックリえら強風。「こんなキツイ風の中走ってきたんか」と思うとちょっと恐ろしなりますわ。
 宿泊の部屋から外見ますればいかにもって感じの空。まぁ、これもよかろ。しばらくアホげも、夏休み。

Sst(於:広島市南区) 夜呑んだ“シルバー西條鶴”ってのが柔らかい美味しいお酒やったけど、ネット上では画像すら載ってない…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年8月17日 (月)

吉呑みチョイ

 今日は神戸市西区で仕事。学園都市駅…ここらは“西のつくば”って感じのとこなんでしょうか。いかにもにニュータウンなその街で、アホげネタは見つかりませんでした。当たり前か。
 帰路、結構な距離を三ノ宮まで地下鉄で移動。ちょっと休憩したいなぁとガード下歩きますれば赤くないもののそそる提灯が灯ってますで。
Yoshinomichoi1 Yoshinomichoi2
 最近話題の吉野家の“吉呑み”。ちょっと興味あったので入ってみることに。
 冷えた電車で珍しくビールな気分にならず冷酒と決めたものの、夕食をご近所さんとこでよばれる予定もあり腹にこたえんもんを…と枝豆を注文。「5分ほどかかりますけど」…長かったなぁ。見てますれば凍った枝豆を水に浸けて常温になるまで待つ訳で…ま、そんなもんでしょうが、見えんところでやってくれたら有り難かったかなぁ。
 で、しばしの休憩。お酒は新潟県長岡市の柏露酒造が醸す吉野家専売銘柄。思いのほか色と味ののったお酒で正180ml入340円。なかなかおいしいです。が…う〜ん、やっぱり枝豆はビールのモンでしたわ。
 17時40分、がらがらの店内が18時頃になってかなり満席に。みんな吉呑み…ではなく若い衆が“牛カルビ丼”なんかを黙々と食ってました。
 「もひとつ吉呑みのアテの種類が少なかったなぁ」と思いつつ帰りしな提灯を改めてみたら“チョイ”とありますわ。そないに深く考えずに帰宅の途につきましたがこれ、“チョイ”の付いてるのは“吉呑み”ほど本気でやってない店舗のことの様です。ま、そもそも本気で呑むつもりもなかったので全然ええんですけども。
 枝豆150円で計490円なり。500円でお釣りがきて…ええんちゃいますか。多くを期待してはいませんがやっぱり本家本元の“吉呑み”、ちゃんと行ってみたいと思いました。

(於:神戸市中央区) 要するに吉野家贔屓なんや。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年6月19日 (金)

“酒はこころのエスカップ”ってことかナ。

 今日は港区某所で仕事。ちょうどええ頃合いに仕事終わって「…今日は直帰。ビール行けますよ」との誘いに「行きましょか、酒屋の立ち呑み屋でも」。
 でまぁ、奥でちょっと飲んで勘定してもらおとふと見たら…はっっは。
S_cup1
 え?こんな冷蔵庫やったんや。そうか…冷酒、チューハイ、マヨネーズに見えてましたけど、これ、栄養ドリンクやったんや。ちょっと飲んだだけのつもりでしたけど…識別できんほど飲んどったとは…
 とかなんとか。いやぁ、何なんでしょ。なんとなく「毎日飲みまくってるなぁ」って悶々とした気分の客に対しての気遣いなんかもしれませんで。「酒はこころのエスカップや」と。
 ま、そんなもんでもないか。普通この手の冷蔵庫ってビール会社とかが「これお使い下さい」と置いていくもんかと思てましたけど、きょうびは自前で買わんならん時代で、中古のもん仕入れて使うてはるってことでしょうかね。
S_cup3 S_cup2
 ま、ビール2本にお酒2杯ほど飲んで…いやいやボーナス出たからと飲ませてもろて外に出たらまだ明るい…陽が長いのはええなぁと看板ふと見たら…この状態。確かに私らも座って飲みましたし。それにしてもこのええ加減な“立”の消し方…よろしいなぁ。
 で、「ひょっとしたら…酒屋が酒を提供するのに座り呑みは…違法なんかも?」と思いますれば、やっぱり食品衛生法上サービスの一環となる為ダメの様です。はっはぁ、そういうことで酒屋の立ち呑みは大抵P箱なんかが使われていて「勝手に客が座ってまんねん」という言い訳がきく様になってるってことですかね。
 てなこともあって堂々“立”の字を消し切ることもできんわけですな。とってもええ店でしたから、屋号にモザイク入れることもないかと思てましたけど、怒られはったらえらいことですから、ま、一応…って、きっとずっと黙認され続けることやとは思いますけどな。

(於:港区) この酒屋今回で人生3回目…やっぱり入るときは緊張するな。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2015年5月20日 (水)

タカシマヤの日本酒祭、25日まで。

 アホげでは…手に負えまへん。
Nihonshumatsuri1 Nihonshumatsuri2
 今日から始まった難波はタカシマヤ7階での“日本酒祭”。仕事終わってから駆けつけたら…チッ、30分もないやん。
 百貨店の催事では今まで見たことのない大掛かりなイベントになってまっせ。
 何が圧巻かって“ニュー日本酒うさぎ”さんによる35mにも及ぶ立ち呑みコーナーがあることですな。レアな酒いろいろの上、燗酒まで堪能できる…せっかくですしとここで“水もと純米 花巴”を燗で。ひとくち…わっ、こんなんアリなんな酸い味わい。黙って呑まされると日本酒とは思わんかもななその香味は…そうですなぁどっか乳酸菌飲料っぽいんでしょうかね。
 最初は「なんやこれ?」やったもんが段々旨く感じられてアテいらずで「…あ〜なるほどね」って感じ。そうか…いわゆる“変態酒”(失礼)の存在理由に納得。近年すっかり日本酒へのマニアックな感覚を忘れていましたけれど、ちょっとおもろいもんやなぁと楽しませてもらいました。
 閉店8時ということで結局30分しかいられなくて残念。まぁ半日はあれこれ堪能できそうで、日本酒に興味のある人もさほどない人も必ず楽しめそうなお祭りになってまっせ。そうそう、アテコーナーも充実。購入したお酒もアテもその場で味わうのもオッケー。こんなんアリなん百貨店の催事場で。なかなかやってくれますな、タカシマヤさん。
(写真は、タカシマヤ広報のお方の許可を得て撮影しています。念のため)

(於:中央区) “珍極”の伍魚福のブースもあるでょ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年5月 8日 (金)

昭和なプラ看板 106 ● 伏見の清酒 ふり袖

 今日は尼崎某所で仕事。阪急塚口駅を降りて10分ほど時間あるしと歩きますれば、懐かしの“ふり袖”が。
Furisode1 Furisode2  何が懐かしいかって、その昔…もう40年以上前ですが、近鉄バスの後面にこの酒の看板が付けてあって、幼少期の私はこの“袖”と言う字が読めず“油”と記してあると思い込んでおり、それを“ふりかけみたいな油なんやろ”と解釈していたことをふと思い出したもんで…って以前もどこかに書いた様な気がしますが。
 ま、個人的懐かしは置いといてこの看板、横長というのが珍しいかと思います。よく見かける縦長のそれと同じ比率の様ですから、それを横付けにしたものなんでしょう。こうすると…確かに目立つもんです。
 そして酒名の“ふり袖”ですが、看板にもある様に伏見に蔵を構える向島酒造のお酒でしたが、数年前に残念ながら廃業された様です。
Furisode3 Furisode4
 上の写真の看板の通り平成元年からは元、神聖の蔵を用いた“伏見銘酒協同組合”で醸して合理化にも着手してはったので、まさかヤメはるとは思いもせなんだんですが…やっぱりなかなか中堅の蔵は、厳しいのが現実なんでしょうかね。思えば明ごころ、名誉冠、出世盃、玉龍、大正菊、仙界…と、キリがないくらいに伏見から蔵元が姿を消してしまいました。“灘・伏見”と言うだけで売れた時代は…もう遠い昔の話になったということでしょうか。

(於:兵庫県尼崎市) 自分の意思で買った一升瓶のお酒の2本目が“ふり袖”やったわ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧