食べ物/飲み物

2017年4月11日 (火)

昭和なプラ看板 143 ● サッポロラーメン 花くま

 ここで、昼食。
Hanakuma1 Hanakuma2
 あくまでもここで“昼食”。見るからに「夜やん」なシチュエーションではありますがこれがまさに昼下がりの図。
 仕事終えて河内天美で何ぞ食べよと商店街を歩いてましたらシャッター閉じた店並ぶ薄暗い通路の奥に白い行燈がええ感じで光ってそこに“サッポロラーメン花くま”の文字。仕事同行のちゃん爺さんは北海道生まれとあって即「行きましょか」。その光に吸い込まれる様に通路に入って行きました。
 シンプルな看板な割に何ともそそる輝き…あ、これも“昭和なプラ看板や”。
Hanakuma3 Hanakuma4
 ショーケースにはサッポロラーメンのサンプルに並んでカレーライスも。しかもお代が450円也。
 店に入ればベテラン夫婦(?)が威勢良く「いらっしゃい」。12人入ればいっぱいな小ぢんまりさ。塩に醤油が480円味噌が500円で大盛りが50円増…なんと良心的なその価格。で写真は“みそラーメン大盛り550円”。素朴な味わいが麺のうまさを引き立てるといった感じでドヤ感ゼロ。ホッとするなぁ。
 とまぁ看板のことほとんど記しませんで…ってその必要もないでしょう。やっぱりプラ看板は光っててナンボやなぁと改めて気づいた次第。薄暗い通路の奥のプラ看板…そそりまっせ。ぜひ皆さんも。

(於:松原市) しかしながらなんでラーメンだけデフレに無縁なんやろ。ここは別やけど。

保存

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 8日 (日)

マルシンvs.イシイ@某beers&bar

 ナンバの某Beer Barの特別営業に寄せてもらいました。
Nola  あんなビールこんなビール…内外様々なビール飲ませてもらってさすが本格派のBeer Barやなぁ…さぁアテ何しょ。で、この2品。それは…表題の通り。
 で、どっちがどっちかわかります? まぁ何となくすぐにわかりましたけど、共に幼少期買ってもらったことなくてさぁ食べくらべ…って、以前にもあるんですけど、ここで。
 見た目イシイ(右)の圧勝なれど「どこがハンバーグなん?」なゴツい平天の様なマルシン(左)の方が…好きかなぁ、うん。それはきっと“マールシンマールシン♪ranraranran…”のCMの印象に起因するんでしょうかね。
 大人になって“うまい!”と思うのは“アテ”として食するからそう思うんでしょう。未成年がご飯の友として食べるには、このねっとりソースいっぱいのイシイの方が何杯でもいけそうで人気では?。どことなく本格派っぽいし。
 何で幼少期に買うてもらえなんだんか…食してみてわかる様なわからん様な。詳しくは記しませんけど、自分もお子には食べさせん…ヤメとこ。
 そんなことよりこのジャンキーなハンバーグ2種をアテとして提供してくれはるという心意気、それこそがこのお店の魅力やなぁって、再度述べますがここはオーセンティックなBAR。ゲテモン的アプローチしつつも芯はブレてはれへん…って、こういう表現でええんかわるいんか。いやぁやっぱりええお店やなぁと。その割にすっかり御無沙汰状態なんで知った風に記すのも心痛いんですけど。

(於:中央区) 平成23年からマルシンは丸大食品の完全子会社…って、そうなんか。

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 9日 (金)

残るは3台…守口市駅前にて三吉軒の中華そば食す。

 うちのひとおらん7月初旬のある夜、「今日しかないで」と、京阪は守口市駅前へ。
3kichiken1
 地下鉄谷町線、守口駅から5分ほど歩きますればほんのりと灯る赤提灯の屋台。「あっ、居てるいてる」。計画なし、出たとこ勝負のアホげですが今回は、何人かから「守口市駅前に出てまっせ」と聞いていたので来てみた次第。先客数人が腰かけてすすっている様子に期待が高まります。
 「中華そば一杯ください」に「はいょ」。「写真撮らせてもろてよろしいですか?」に、「ええょ、みな珍しいかして撮っていかはるわ。ネットにな、よーさん写真出てるで」と。やっぱり。
3kichiken2 3kichiken3
 寸胴のフタ開けて麺茹でて…慣れた手つきで一杯の中華そばを作っていかはります。ただ残念なのは、夏ゆえ、湯気が上がらんこと。あの湯気が夜空に消えていく感じがそらもう…ね。
 待ってる間、写真撮ったり喋ったり。「えらいよーさん撮んねんなぁ」。
3kichiken4 3kichiken5
 むかしガラス瓶、いま二次利用っぽいPETボトル…入れもんこそ変われど三吉軒伝統の特製タレ、そして白い粉を鶏ガラ(?)スープで割って麺、チャーシュー、なると、もやし、ニヌキ、ネギ、コショー少々、それから割り箸割って鉢に乗せて…出来上がり。発泡スチロールの鉢で供されること多い昨今、ここのはちゃんと瀬戸もんのでっせ…と思いきや、メラミン樹脂製。ちょっとがっかり。一杯500円也。水銀灯やら信号やら色んな色が混じってなかなか本来の色合いが再現できませんでしたが、淡い色合いの醤油味。その味は…あぁ昔のまんま。胸焼けとは無縁なその質素な味わいに幼少期をはじめ、数年おきに食した屋台の中華そばでの記憶が蘇ってきます。
 三吉軒…その昔は河内を中心とした大阪府下あちこちで見かけたもんですが、近年トンと見なくなりました。訊けば「そや、もうこれ入れて3台だけやからなぁ。あとは東大阪で2台やってるわ」とのこと。昔は守口だけでもクルマ入れて10台、府下で100台ほどでチャルメラ鳴らしていたということですから…もう、風前の灯火状態。詳しくはわかりませんでしたが何か親方が引退しはったとかで、少なくなったみたいな話もしてはりましたが「そら、儲からんからや」。
 コンビニ普及で24時間なんでも買えるこの時代を思えば、屋台が如何に貴重な存在であるか…てなこと思いつつ「チャルメラは吹きませんの?」に、「うん、ここでは吹かん。いろいろうるさいねん」と。どうやら路上で商売しにくい時代になってしもて、チャルメラ鳴らすとややこしいみたいです。ただ、行き帰りの流しではチャルメラを吹くとのこと。テープ録音の再生してるんやないとは、これまた聞いてみたいもんですなぁ。
3kichiken7 3kichiken6
 提灯改めて見ると“中華そば”の裏に“ラーメン”…なんか、違う気がしますなぁ。
 あれこれ訊きたいこといっぱいあってずっと話させてもらいました。そのひとつが屋号“かわちや”のこと。幼少期よく見たその暖簾があるとき“三吉軒”に変わってたこと話すと「それはたぶん製麺所の名前やわ。元々三吉軒は製麺所…」長年の謎が解けました。ちなみにその屋台基地は八尾市東部にあり、“かわちや”→“三吉軒”→“大阪屋”と屋号を変えたあと、40年以上前になくなりました。八尾市西部にも“かわちや”がありましたが、そこは“かわちや”→“三吉軒”→“錦龍”→“ラーメン大阪”と変わり、10年ほど前までは見かけましたが、もう…見ません(羽曳野は古市駅前で“錦龍”を食したことあり…15年ほど前)。屋号は変われど、たいがいの暖簾に“大阪麺業組合”の文字が記されていました。余談ですが“赤川 三吉軒”という暖簾も“東来軒 赤川”という暖簾も見ますが、きっと同じ旭区は赤川鉄橋たもとに本部のあるグループやと思います。
 てなわけで皆さん、三吉軒の中華そばを味わえるのは今のうちかもしれません。ここと、東大阪は高井田あたりの2台、見かけますればぜひ一杯ズルズルっと。

(於:守口市) しかしながら…マニアやなぁ。

※関連記事:
赤川鉄橋たもとの屋台基地』 2013年7月 記
高槻市駅近くで屋台の中華そばを…『東来軒 赤川』。 』 2011年12月 記
春が来る前に、寒空似合う夜鳴きそばの様子でも。』 2010年2月 記
屋台の基地は文化住宅の前やった。』 2009年12月 記
中華そば『三吉軒』の屋台見つけ、幼少期を思う。』 2009年10月 記
屋台中華そばの『大統領』テレビに出てはった。』 2009年8月 記
あの屋台のじいさんは徳島出身やったんか…』
2008年2月 記

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年8月21日 (日)

宇治は大久保で食す…“たけしまのコロッケ”って河内名物やったんか。

 ちょうど1ヶ月前は京都府は久御山町某所で仕事。お昼前、近鉄は大久保駅降りて食事をと改札出ますれば…
Usoko1 Usoko2  パチンコ屋の隅に立ち食いのうどん屋発見。で、何となく近寄りますと“河内名物 たけしま精肉店のコロッケ”とありますわ。
 たけしま精肉店…中河内、特に八尾にお住まいの人なら知ってはりますよね。ほれ、セスナ機から拡声器使った宣伝で“肉のたけしまではただいまトントンセールを開催中”って…あれですわ。
 最近でも飛ばしてはるのかどうか知りませんけどその八尾は山本駅近くのお肉屋さんのコロッケがそないに“河内名物”やったとは皆さん知ってはりました?。
 まさかここ宇治は大久保で河内モンのコロッケと出くわすとは…これは食べろと言われている様なもの。ここは…これですな。
Usoko3 てなわけでコロッケそばを。あぁ懐かしいなぁ。何が懐かしいってその“コロッケそば”という食べモン自体が。大学の食堂で初めてそんな食べ方があるんかと知ってまぁ何度か食べましたが…これはビミョ〜でね。「アカンやろと言えばアカン」ですが、「美味いと言えばうまい」。ま、頭で考えたら「カリッとしてへんコロッケなんか…」ですもんね。
 てなこと思い出しながらひとくちふたくち。ええやん、おいしいですわ。狙いはダシに浸かってる部分とそやない部分があることですな。全部が染み込まんうちにカリッ部を食べて、そのうちダシの味と共に…美味しいし楽しいし個人的に懐かしいしええな。
 見ての通り特別注文してないのにネギが大盛りなのも嬉しいところ。やや甘めのダシにコロッケの甘さが加わって…そうそう、もちろん“肉のたけしま”のコロッケやったから美味しかったのはいうまでもありませんな。うん、河内名物、ここでも大活躍。

 以下余談ですがそもそもうどんやそばにコロッケを乗せるって、どれくらい市民権をえているのでしょうかね。ちょっと前ラジオでもそのネタが話題になっていて「そんなん知らんし、アカンわ」な意見が多い中、熱く語っていたアナウンサーがひとりいて、その人も同じ大学出身。やっぱりローカルな食べモンなのかと調べますと、何や東京ではポピュラーなメニューになっているとか。しかし発祥は大阪とかで…ま、興味ある方、以下のサイトをぜひご覧ください。

関西人未知の「コロッケそば」実は大阪がルーツ? 創業半世紀の“老舗”がJR大阪駅前にあった!!』 2015年8月の記事。産経WEST、関西の議論】。

(於:京都府宇治市)
ここ、屋号らしいモンなくて“うどんそば 大久保店”と呼ばれているみたい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年2月15日 (月)

泉屋のクッキー

 あぁ、これぞクッキー。
Izumiya1_2 Izumiya2_2
 榮太樓の飴、駿河屋の水ようかんにプリン、そして泉屋のクッキー…手みやげや贈り物によく使われていたのかクッキーの原体験はこれでした。浮き輪みたいな丸いヤツに赤や緑のチョボが付いていて…こいつコイツ。
 バタ臭くなくてあっさりしていて私いまだにその味わいが好きなんですけど、なんかあんまり近年見ません。確かにもっと本場の味わいっぽいもんがたくさん出てきている昨今ですから、どっか蔑まれたポジションに位置している様にも思えますけど…好きですわ、この味。
Izumiya3 Izumiya4
 年末に御歳暮を見に百貨店へ行った折に「これ家用に買お」と購入。うちのひと「あんた食べや」って…あのなぁ。そのニュアンスにはトゲあるも、独占できる喜びもあります。
 見ただけでそれぞれの味を覚えてるもんやなぁと口に含むとやっぱり変わらん乳臭くもバタ臭くもないええ味わい。ま、お子はその形に興味示すも味には…てなわけでますますひとりじめ。嬉しい様な…ちょっと物悲しい様な。
 味も形も昔のマンマ…ですが、違うところがひとつ。そう言えば実家に昔の缶残ってるなぁと思い、撮ってきました。
Izumiya5 Izumiya6
 あ、色がまず違いますね。こっちの方が何か懐かしい色合いに思います。ま、そのことよりここにあるとおり“泉屋京都店”やったんですよね、昔なじんでいたのは。
 何年前か…もう四半世紀ほど前やったでしょうか、京都店は知らんうちにひっそりと廃業しはりました…さほど話題にもならずに。
 泉屋東京店のサイトを見ると、大阪生まれの泉家が和歌山に移り住み、京都で開業し、東京へ移ったとありますが、京都店のことはあまり記されていません。もう別法人になっていたのでしょうね。
 製造元違えど昔と変わらぬ味わい…ちょっと“東京店”ってのが大阪もんには微妙な響きがありますがまぁよしとしましょうか。あ、そうそう、Googleで“泉屋 クッキー”と検索しよとすると、予測機能がはたらいて“まずい”って出ますねんけど…わかってへんなぁ。

美味いも“純欧風銘菓”は…言い過ぎやないかね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2015年9月23日 (水)

ほぼホタテ…かねてつ

 ふと見た練りモンの商品棚、ある製品に「え?」と見ますれば“半額”のシール。買おっ。
Hoboho1 Hoboho2
 “ほぼホタテ”…やりますなぁええネーミングセンスやこと。で、どこのや思うまでもなくレッテルの隅でほほえむかねてっちゃん。やっぱりなぁ、こういうセンスはカネテツ独特。この社には10年経っても連綿と中島らものスピリッツが受け継がれている…って感じ。ってまぁそないに氏を知っている訳でもありませんけど。
 てなわけではっきりその商品名に惹かれて買った訳ですが、で、どんなん?
Hoboho3 Hoboho4
 はい、こんなん。貝殻のカタチしたトレイに貝柱が6つ。まぁ確かに“ほぼホタテ”。いや正確には“ほぼホタテの貝柱”です。その貝柱の様に縦に裂けるところが“ほぼ”なんでしょう。ま、“カニかまぼこ”の発展系ってところでしょうかね。
 で、まぁわさび醤油で食べましたけど…そうですなぁ、“ほぼホタテ”かどうかはちょっと微妙なところですか。バター醤油焼で食した方が、その“ほぼ”感があったのかもしれません。
 てなわけでついつい買ってしもたこのかねてっちゃんのほぼホタテ。じつは、もうひとつカネテツのスピリッツ全開のヤツがあって…ただまぁ3割引にしかなってなかった上に、肝心なところに値引きシールが貼られていて…これではアカンわなぁ。半額目指して、ちょいちょいチェックしとこ。

“ほぼホタテ”にして“かにエキス”入りとは…

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2015年9月18日 (金)

“トラックで運ばれる土壁の小屋”に再会。

 今日は所用で神戸へ。“所用”の内容は今日書けません(?)が、最初に行ったメリケンパークで…「えっ!」。これって…あれちゃうん。
Koyatruck3 Koyatruck4 Koyatruck5 Koyatruck6 Koyatruck7  あれ…って、覚えてはりますかね。2014年の2月に“トラックで土壁の小屋が運ばれているけど…”って記事を書いたやつのことです。あの時は上町筋を北上するそれをただ見届けるしかなかったんですが、まさか不意に再会できるとは…不思議な縁ですなぁ。
 てなこと思いつつこの“小屋”に近づいてみましたが…やっぱり結局何の小屋なんか解りません。ただ、今回は前に見えなんだ面も見れますのでそっちをも見ましたが…やっぱり解りません。
 ただ、どうもこの感じでは“移動販売店”もしくは“移動劇場”って感じですかね。
 小屋上部に装飾文字が書かれてます。これ…何て書かれているのか? うちのひとに助けてもろて解読しますればこれ“GASTRO29ORGANIC”やないかと。
 で早速Googleで検索して見ますれば…あったあった。これ、なちゅらフーズという会社が運営するハンバーガーの移動販売店の様です。
 解ってしまえば…ちょっと「な〜んや」って感じ。今回も、某イベントでバーガーを提供しにきてはるんでしょうなぁ。
…と、他人事の様に記しましたけど…ん?、今日、お昼にハンバーガー食べましたけど…あれもひょっとして、この小屋が手がけるバーガーやったんか?
Koyatruck8  で、今日お昼に食したのがこれ。その名は“淡路島玉ねぎバーガー”。さすが神戸…というか兵庫。地元食材を使ってハンバーガーをやってはるねんなぁと思いつつあるブースで食べましたが…それが、あの小屋のスタッフが手掛けるバーガーやった…と考えられますわ、いま思えば。
 あの小屋は閉まっていましたが、明日から始まるこのイベントの“関係車両”と記されてましたので…まず間違いなく知らん間にあの小屋のハンバーガーを食べていたわけですな。
 で、そのお味は…う〜ん。ナチュラルすぎ…っていうか、あんまり味を持って行って「どや!」な仕上がりにしてない感じ。その方向性には拍手、なんですけど、ちょっとたよんないかなぁ。パテもオイリーやなくて…おかげで胸焼けせんですみました。
 てなわけで謎のトラックで運ばれる小屋の実態が今日の所用で解って…参加して良かったヨカッタ。で、何の催しかって?、それは明日。

(於:神戸市中央区) ずっと気にしてたら、不意に解決するもんやな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年8月28日 (金)

夏休み 2

 二日目の朝、カーテン開けて窓の外眺めますと…相変わらずの天候。
1508260601
 まだまだ風も強い様で、煙突から出る煙(水蒸気)が真横に流れてますわ。
 で、南の空はこんな感じ。
1508260727
 こっちもまだまだ台風の影響って感じ。でもまぁこの雲の織りなすグラデーションって、なんと美しい景色なんでしょうなぁ。いかにも“空と海”な開放的な雰囲気と違って…、こういう景色こそ、味わいありますなぁ。
 ま、いずれにせよ瀬戸内の景色はどんな状況もえぇ感じです。
Miyuki  今日は東へ移動。せっかくの広島ですから竹原でお好み焼を。コテにオタフク皿にオタフクもちろん仕上げにオタフクソース。で、その味わいは美味しい、けど…甘い、甘すぎ。それよりも「ボリュームあり過ぎ」ってのが正直なところですかなぁ。2年前に他店で食した時も「食べられるかなぁ…」と思ったもんです。広島県民にはこの量で一人前なんかと思うと、ちょっと文化圏違うなぁって感じがします。たまに食すのはええけど、やっぱりお好み焼は食べなれた大阪風の方が、好きかなぁ。
 とまぁ昼食済ませて当初の予定より一日遅れて忠海港から船に乗って大久野島へ。

(於:広島県広島市、竹原市) 車のラジオ、AMの入りが悪すぎ…これでは旅情が半減するなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年8月17日 (月)

吉呑みチョイ

 今日は神戸市西区で仕事。学園都市駅…ここらは“西のつくば”って感じのとこなんでしょうか。いかにもにニュータウンなその街で、アホげネタは見つかりませんでした。当たり前か。
 帰路、結構な距離を三ノ宮まで地下鉄で移動。ちょっと休憩したいなぁとガード下歩きますれば赤くないもののそそる提灯が灯ってますで。
Yoshinomichoi1 Yoshinomichoi2
 最近話題の吉野家の“吉呑み”。ちょっと興味あったので入ってみることに。
 冷えた電車で珍しくビールな気分にならず冷酒と決めたものの、夕食をご近所さんとこでよばれる予定もあり腹にこたえんもんを…と枝豆を注文。「5分ほどかかりますけど」…長かったなぁ。見てますれば凍った枝豆を水に浸けて常温になるまで待つ訳で…ま、そんなもんでしょうが、見えんところでやってくれたら有り難かったかなぁ。
 で、しばしの休憩。お酒は新潟県長岡市の柏露酒造が醸す吉野家専売銘柄。思いのほか色と味ののったお酒で正180ml入340円。なかなかおいしいです。が…う〜ん、やっぱり枝豆はビールのモンでしたわ。
 17時40分、がらがらの店内が18時頃になってかなり満席に。みんな吉呑み…ではなく若い衆が“牛カルビ丼”なんかを黙々と食ってました。
 「もひとつ吉呑みのアテの種類が少なかったなぁ」と思いつつ帰りしな提灯を改めてみたら“チョイ”とありますわ。そないに深く考えずに帰宅の途につきましたがこれ、“チョイ”の付いてるのは“吉呑み”ほど本気でやってない店舗のことの様です。ま、そもそも本気で呑むつもりもなかったので全然ええんですけども。
 枝豆150円で計490円なり。500円でお釣りがきて…ええんちゃいますか。多くを期待してはいませんがやっぱり本家本元の“吉呑み”、ちゃんと行ってみたいと思いました。

(於:神戸市中央区) 要するに吉野家贔屓なんや。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年7月28日 (火)

からし壺に練りからしのチューブ突っ込まれてまっせ。

 今日も東成区で仕事。街の情景撮りつつふと目に入った“ザ・洋食屋”なお店に惹かれ吸い込まれて昼食を。
Sanki1 Sanki2
 供されるお料理も「どやっ」ってな感じの洋食屋さんでしたが右のは…ちょっと何のこっちゃわかりませんでしょ? これはですねぇ…『お好み風とんかつ』って言うモン。“野菜たっぷり”の売り文句以上に「それって…どんなんなん?」な興味を持って頼みますればこんなんでした。「中にトンカツが隠れてますから」と女将さん。箸で探しつつ食べますれば中には目玉焼きも入っていて…マヨネーズにトンカツソース効いて…若モンにはええメニューですな。もちろん私にも…でっせ!。
 湿ったトンカツ発掘しつつ食べて…テーブルの端見ますれば塩やら紙ナプキンに並んで“からし”も置いてあって…う〜ん、洋食屋さん。
Sanki3 Sanki4
 で、それがですな、こんなんですわ。チューブはともかく、その台座、よく見たら…あれっ、練ったからし入れる容器ちゃいますか? ほれ、ステンレスのフタが付いていて小さなヘラが突っ込んであったヤツ。
 缶に入った粉のからしを練って…ってこともう滅多にせん様になったこと思うと、チューブのそれになって当然とは思いますが、まさかこの容器もこんな形で再雇用されるとは思いもせなんだでしょうなぁ。しかしながら、その口径がピッタリという事実が…泣かせますわ。なんかよろしいなぁ。
 もちろん割り箸で食するスタイルの味噌汁付き…これは洋食なのか? いやいや立派な日本食でしょう。カレーもハヤシもそうである様に。おおきにごっつぉさん。また行こ。

(於:東成区) 今日もええ話いっぱい聞けたわぁ。詳しく書けんのが残念。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧