あほらし

2016年12月 3日 (土)

“いさだくてけ開てっくめをここ”

 茶の湯のお稽古。頂いたお菓子をもらって帰ろとラップ借りましたけど、クレラップみたいにスパッと切れんなとまぁそれなりに難儀しつつちぎって箱見たら、みな同じく使い勝手悪いのか箱がボロっとなっていて“あぁこれがコーナン品質か…”とぼんやり見ていましたら…えっ?意味不明。
Isadaku1 Isadaku2
…まぁ説明不要かと。「けったいななぁ」と裏面見れば“Made in China”…あぁ、そういうことね。
 とまぁ思うも何がしかの意図があるんやろなと考えてみましたら、矢印に準じて開ける方向通りに書いた方が親切か思わはったんでしょう。
Isadaku3
 けどまぁ…妙でんな。“いさだくてけ開てっくめをここ”…最初読んでしもた自分が…情けないわ。

すでに何人かネタにしてはる…そらそやろ。

※関連記事:
“㈱京都スΦ-サ-.京スΦ…”はぁ? あっ!』 2011年10月 記

保存

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年8月10日 (水)

“ギフトシEップ”て何や?

 信号待ち。運転席からふと見たお店の字が、妙。
Giftshop1 Giftshop2
 “ギフトショップ”かと思えば“ギフト シEツ”。“ギフト”はともかく、“シEツ”…何やろ?…って思てましたら「外国人貼ったんちゃう?」とうちのひと。そうか…“E”も“”も一緒やいっしょ。
 全体見ても字の向きバラバラ。外国のひとが貼らはったって線が、やっぱりいちばん考えられますな。

(於:中央区) これ鏡文字?いや天地逆やろ。

※関連記事:
“MIDOSUしILINE”やったのに…直されてるやん。』 2015年8月 記
HONDAの“N”、天地逆。』 2010年8月 記

“MIDOSUしILINE”て、何や?』 2007年11月 記

保存

保存

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月19日 (日)

キリンのビール アサヒの電球 キリンシティ

 たぶん15年ぶりくらいに難波のキリンシティで休息。
Kiriasa1 Kiriasa2
 4分ほどかかって注がれてきたビールの泡はやっぱりちゃいまんなぁ…ってのもありますが、この黄金色に輝く透明感は、白熱球ならではって感じ。
 てなこと思いながら「きょうびのことや、それ風の発光ダイオードやろ」と真上の照明見ますれば、
Kiriasa4 Kiriasa3
 あ、何と100ワットのクリア球。へぇ、意外な感じ…と思ってましたらうちのひと「アサヒやて」。に、「大手が白熱球の製造やめたからなぁ」…ってそやなくて「カタカナで“アサヒ”やねんな」って…ホンマや。スンマセン、それだけ。
 久々に以前あったキリンブラザ大阪から嫌でも見えるスーパードライのネオン広告を思い出しました。

(於:中央区) 以前大量に白熱球買っといたけど…使いきれんわ。

※関連記事:
さよならKPOは「さよなら大阪」でもあるな。』 2007年10月 記

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年5月31日 (火)

鈴木イチロー さん

 こんなところに連絡所。
Ichiro1 Ichiro2
(於:滋賀県野洲市) 松井イチローさんとええ勝負や。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年4月22日 (金)

糞占い

 へぇ。
Fun1 Fun2  すごいな。



(於:鶴見区)
“規格葬儀”って何や?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年4月 9日 (土)

sky six…な

 さ、この集合住宅、どこらへんにあるかわかります?
Skysix1 Skysix2
 正解は“天神橋筋六丁目”あたり。なんか英語表記でシュッとしてそうでベタ…でんな。神戸コロッケの社名が“ロック・フィールド”やったり特急の名前が“サンダーバード”やということを思うと、ま、そんなもんすか。

(於:北区) そういうわしもかつては“マウンテンブック”って言ったモンや。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年3月16日 (水)

過酷な出入口

 何げに「ふぅ〜ん」と通り過ぎましたけど…「え?」。
Deiriguchi1 Deiriguchi2  駐車禁止はわかるも、これが…出入口か。巨大なゴミ箱動かして換気扇外してダクト取って、それから…想像するだけでもなんとも過酷な通勤、納品環境やことで。

(於:和歌山市) ゴミ箱から換気扇に室外機…すべて敷地内に設置してはる…立派!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年2月 1日 (月)

“フロマージュ”二題

 自転車に“FROMAGE”…
Fromage1 Fromage2
 フロマージュ…響きはシャレてるんかもしれませんけど「何で自転車がチーズやねん」ですよね。しかもこれがよく見かけますわ。乗ってる本人気にしてはりませんでしたけど、見てるこっちが何とも言えん気恥ずかしぃなりますわ。
 てなこと思ってましたら先日、こんなところにもフロマージュ。
Fromage3 Fromage4
 はい、こっちはマンションの銘板に“fromage”…
 まぁ外国人が妙な日本語書いたTシャツ着たりしてはること思えばこれでもええ様にも思うも建物の名前が“くさや”とか“鮒寿司”って名乗ってるのと同じやと思うとやっぱり変ですな。
 そう言えば昔サンダルに“indy500”って書いてあったのを履いていたこともあった訳でまぁ今に始まったことではないですけど…と言うか、平成も28年にもなるというのに、何にも変わらんねんなというのが、やっぱりちょっとびっくりですわ。

(於:八尾市、福島区) まぁ日本では外国語表記自体、フロマージュレベルの使われ方で溢れかえってますわな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年1月16日 (土)

抽出…どんな日本酒?

 伊丹空港と言えば“空港銘酒蔵”。ここは…唯一無二、ここだけの方法で供される日本酒が呑めまっせ。
Chushutsu1 Chushutsu2
 普通に売ってるそれはともかく、何が唯一無二かってそこにある“試飲マシン(1杯35ml 100円)”で出てくるお酒がですね“抽出”されたお酒やということですわ。
 日本酒ってのは発酵させてしぼったもんやと思い込んでいましたけど、こういう抽出法の日本酒ってのもあるんですなぁ。どういう方法なんでしょう。各蔵元のお酒のエキスを綿か紙に染み込ませておいて、いざ注文が入るとこの機械の中でアルコールでその成分を抽出するってことなんでしょうかね。試飲マシンですからそういう方法で出されたお酒が市販のそれと違わないってことでしょうからこれまたたいしたもんです。
 しかしながら酒税法上この“抽出された日本酒”ってのは“清酒”と言えるのかどうなのか。“リキュール”に分類されそうにも思いますが、その辺はどうクリアしているんでしょうか。もうかなり前からここのお酒抽出法ですが国税局も黙認ってことですかね…とか何とか。

(於:伊丹市かなぁ…大阪空港 いつまでも“抽出”のまま…きっとマチガイやないんやろ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年1月 2日 (土)

アホふたり

 “完宣”て…何や?
Kansen1 Kansen2 Kansen3  例年頂く奈良は香芝の“金鼓”醸造元、大倉本家さんの日めくりで2016年もスタートしました。よろしいなぁやっぱりこの日めくりがないと一年がシャキッとしません。今年からより見やすい位置に定位置を移して「おっ、これはええ感じや」と愛でておりますとお子「ここに書いてええ?」と訊きます。「ええよ」と言うと何や年賀状みたいな文言をそこに。お、こらよろしい。益々もって新年を迎えた感が漂って…なかなかお子、粋なことしてくれますで。
 と感じ入っておりますと、何や見なれん文字がそこに。写真の如く…“完宣”。まぁちょっと違うとは言え「カンセン…何のこっちゃ?」と10秒ほど考えましたら…ははっ、あれのつもりですなぁ。
 「カンセンって何や?」と訊きますれば…「ん?カンセン…感染症!」とか抜かしておりましたがあんた、“”要りませんで、“元旦”は。
 「そうなん…」とお子。何なんでしょこの感覚。いやぁしかし何とも言えんアホな字を…ま、正月早々アホげネタを提供してくれるという点においてはなんと親分孝行なお子やこと。なんとラブリーな。ま、年齢は伏せておきますね、彼女の名誉のために、くっく。
 で、ですわ、ちょっと遅なって夜に渡しました、お年玉を。
Kansen4 Kansen5  実家の父がくれたポチ袋には“おとしだま”とひらがなで書いてあったので「ほなこっちは漢字じゃ」と筆ペン持ってサッサと書いたものの…な〜んか「こんな字やったけ?」と思いつつも「いや、これでええねん」ということで渡しました。
 「うわぁ、ありがとー」と喜んでましたわ。ま、しばらくして「おとしだまってこう書くん?」と訊くお子に「そうやで」とうちのひと。そうや、そうやで。
 とまぁ元日も終わり、布団の中入ってからも「何かちゃうなぁ」と思いつつ眠りについて朝方、ようやく気づきました。「“ヽ”がひとつ多いやん!」と。どおりで何やけったいな“玉”やなぁと思ったわけですわ。
 お子もお子なら親分も親分。はぁ情けないなぁ…と思いつつ「仲間やナカマ」と思ったのでありました。
 で、お子、今日から早速冬休みの宿題の続きを。その内容見ていますれば…なかなか難しいもんです。そうか「小中学校の義務教育をちゃんと勉強したら、それなりにカシコい人間になれるんやなぁ」と実感。いやぁようやっとるなぁ…と思いつつ、やっぱり「興味ないわ」と五十路のおっさん。けどまぁ、歴史だけはちゃんと勉強しといたらよかったなぁと思いますね。そう思うなら今からでも遅くないと何年も前にその手の本買いましたが読まんまま。性根がまぁ、なんというか…

これがフィクションやないところが…イタイな。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧