文化・芸術

2018年6月24日 (日)

雨が描いた滝

 自然現象がこの様に描いた訳です。
Taki
 水見えずしてそこに水がある。ときおり目にする図、ずっと見てるとなかなか味わい深いなぁと。千住博さんの…って、怒られますな。

(於;東大阪市) 大徳寺は聚光院にも…とかなんとか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年6月 4日 (月)

石垣に魚4匹…

 ギョッとしまんなぁ…なんてね。
Canvas
 ピカチュウにキティはわかるも、魚がどこに描かれているって…なかなかできませんで。

(於:富田林市) しかしながら上手に描かれてるな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月18日 (金)

国立病院大阪医療センター壁上のオブジェ、ゲリラアート?

 姪が来て、ランチ行こかと上町筋を歩きますれば、国立病院大阪医療センターの壁上に何か置いてありまっせ。
Guerrillart1 Guerrillart2
 「何やいな?」程度に思いつつさらに行けば他にもあります…けど、ま、後でええわと先急ぎ、帰路改めて見ると…あるある。
Guerrillart3 Guerrillart4 Guerrillart5 Guerrillart6  ぐるっと一周回った訳ではありませんが上町筋に面した壁の上にあれこれこんなモンが置かれていました。
 最初見たヤツには塗装時の下地慣らしに使うヘラなんかがありましたので塗装業者がペンキ固まらせてしもて使えん様になった塊を放置してるんかもと思いましたけど数見ると…これはアートですな、アート。
 う〜ん、ほんまかいな。「アートの割にちょっとどうなん?」と、うちのひと。まぁなんと失礼な…と思いましたけど…確かに稚拙(失礼!)。どうでしょ? 今という時代の汎用品を凝縮させて何かを表現してるともとれますけど…ね。いやいやでもね、きっとこれ、アートなんですよ。何がって? これを置いたという行為自体がアートなんですよ、きっと。
 本当のところはわかりませんけど、どう見てもこの病院が置いてるとは思えん訳でこれ、ゲリラアートなんちゃいますか。灰色でじつに目立たん様に置かれていったいいつからおいてあるのか…知らなんだなぁ。
 最後に2枚「……」な作品を。これは一連のもんなのかただ灰色やというだけで私が間違ってカウントしたものなんかすらわかりません。いつまであるのかバレたら撤去されること必至。興味ある方、早いうちに体験してきてね、ゲリラアート♡。
Guerrillart7 Guerrillart8

(於:中央区) 案外患者さんとか職員さんの作品かも。だったらスンマセン。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2018年1月24日 (水)

出町の不思議な頭なき動物っぽい壁画は…

 京都某所へ納品。帰路、京阪目指していつも通り出町の商店街を行きます。
Dmmaj1_2
 でっかい魚(サバ?)を掲げた魚屋さん…はまぁオモロイものの昔からあっていつも楽しむアイテム。それより…ですわ、この右側面に描かれている白黒の動物風なもん、これは何なんでしょ。
Dmmaj2 Dmmaj3
 こんな絵あったかなぁ…いやあったんでしょう、いかにも「昔からここに居るよ」って感じの風合い。何となく懐かしい雰囲気も漂わせてますもんね。
 よく見たらモルタル壁にひびがあって…そうか、ひびの右側だけモルタルやり変えて頭部がなくなってしもたんですな…と思うもその質感はどっちも一緒やし…不思議。
 そや!とストリートビューで調べてみたろと見ますれば…あれっ、謎の動物居ませんやん。
 と言うことはこれはひびに合わせて描いたもんですわ。おもろい絵描きよんな〜とあれこれ調べてみましたらこれ“まちかどアート事業”の一環で描かれたものやそうです。
 あーなるほど。いや、この商店街、いっつもなんぞ仕掛けてはって可愛らしい雰囲気がありますがこれもそれとは恐れ入りました。絵の風合いが…あまりにも昔からっぽかったもんで。ええなぁこの出町桝形商店街は。今度は買い物もして楽しませてもらおっと。

(於:京都市上京区) で、これは何?パンダのしっぽだけレッサーパンダ風?

※関連記事:
サルも人間も一緒やいっしょ』 2016年12月 記

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年12月 2日 (土)

“なぁんだかね。私美術。”坂井ユウジロー展

 画伯は人気モン、あっちこっちで展覧会やりまくり。
Yotsuwo1 Yotsuwo2  グループ展まで含めると最近特にあちこちの画廊で作品をかけてはる坂井ユウジロー氏、今度は豊中で個展があると知り、行ってまいりました。
 やっぱりええなぁ氏の作品…ってのは当たり前ですけど今回展示されているものにはほぼ文章が添えられていて、そこがわたし的にはより楽しいなと思わされるのであります。その文ももちろん手書き。絵を描く技は文字にも表れているんでしょうなぁ…と思ってましたらこんなカレンダーを発見。その名は“よつをのええことばっかカレンダー”。“よつを”…これは期待できます。各月展示されていましたがこれは購入して1年かけて楽しみたいので見ない様に心がけましたがチラチラ視線に入って…どうやらネコの絵12枚によつを氏の有り難きおコトバ12作で構成されている…のかなぁ。一部980円(500値上げされたとの情報もあります)。もちろんこの展覧会でも売ってはりますが、氏のサイトみると順次あちこちに置いておくとか。もう師走、年明け準備によつをのカレンダー。2018年は楽しくなりそうです、うん。

“なぁんだかね。私美術。”坂井ユウジロー展
  ・12月1日(金)から10日(日)まで。6日(水)8日(金)休み
  ・正午から午後7時まで[最終日は5時まで]
  ・スペース草 / 豊中市東豊中町4丁目1−13

※関連記事:
“いいことばかりはありゃしない。ばってん 坂井ユウジロー。”坂井ユウジロー展』 2017年11月 記
“安治川旅情”坂井ユウジロー展』 2014年5月 記
防火水槽 111 ■ 京都市上京区六軒町通今出川上ル佐竹町』 2013年4月 記

“よつを”は画伯、きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 9日 (木)

“いいことばかりはありゃしない。ばってん 坂井ユウジロー。”坂井ユウジロー展

 長屋の玄関開けたらそこは坂井ユウジロー画伯の世界。
Sy2
Sy1  明治時代長屋であの坂井ユウジローさんの作品が展示されるということで初日、さっそく行ってきました。
 やっぱりええなぁ、とりあえず理屈ぬきに楽しませてくれはります。何か懐かしい気分にさせられるのは作品の持つ表層的なところから来るのか?否々、きっと坂井さんの人間性によるところが大きいなぁと思います…って当たり前か。
 すべての作品に共通して流れるのは“個”を尊重しましょうという姿勢でしょうか。“お互い好きなことして楽しく生きましょうや”というニュアンスが感じられます。キツイ言葉で言うなれば「干渉しませんから、干渉せんといてください」ってことかな。何かええ言い回しないかいなと思えば、あったあった。それは

 “突っぱねてる様でぬくもりのある眼差しに漂う無常観…とでもいうのか。飄々とした中に生きる“決意”みたいな強さが…

…ってこれは以前、氏の展覧会を見た時の記事からのコピペ。今回は文章はあまり書かれていませんけど、やはりその様なことを感じました。
Sy3
 琺瑯看板風のものから水墨画、食品トレーに描かれたものやら浮世絵風18禁モノなど何でもあり。それが違和感なくどれを取っても真剣に楽しんで描いてはるんやなと感じます。それぞれの技を駆使して世の中と対峙する…そやなぁ、好きにやりつつも社会の諸々をどう取り込むか、か。気楽に鑑賞できる分、余計に自分の覚悟なき生き方にアカンなぁという気分になりますわ、少し。
Sy4 Sy5 Sy6 Sy7
 価格の付け方もこれまた何と申しましょうかスーパーのチラシで見る様な数字。これも…ある意味現代美術なんかに対する氏の疑念というか皮肉というかそういうのがあるんでしょうなぁ。
 で、会場は谷町六丁目から徒歩3分ほどのところにある“銀杏菴”。ちなみにここはこの土日に行われるイベント“オープンナガヤ2017”参加の会場のひとつです。坂井画伯の作品同様、長屋を見ることができるええ機会かと思います。

“いいことばかりはありゃしない。ばってん 坂井ユウジロー。”坂井ユウジロー展
  ・11月9日(木)から17日(金)まで。
  ・13時から19時[11日(土),12日(日)は10時から20時まで]
  ・銀杏菴/ 大阪市中央区龍造寺町7-17

(於:中央区) 覚悟ある生き方に憧れるわ。

※関連記事:
“安治川旅情”坂井ユウジロー展』 2014年5月 記
防火水槽 111 ■ 京都市上京区六軒町通今出川上ル佐竹町』 2013年4月 記

※追記:ユウジロー作品は教養あるとより楽しいとか。てなわけで山本龍造にはその魅力半分ほどしか理解できてない模様。はぁ。

保存

保存

保存

保存

保存

保存

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月24日 (金)

自転車の、ええ絵。

 奈良は桜井市某所で仕事。近鉄乗ってその名もめでたい大福で降りますと駅前に自転車預り所。その看板に目をやれば…あぁええ絵やこと。
Eee1 Eee2
 ドヤ感絶無にして妙にこころに沁みわたる…何でもかんでも図案化する昨今やから余計にそう感じるのでしょうか。あれこれ想いを記すもドンドンその良さから離れていく…ええもんって、そんなもんなんでしょうか。奥ゆかしき存在感か…自分とは無縁の世界観、ですわ。

(於:奈良県桜井市) カッティングシートの看板では、絶対に出せん味や。

保存

保存

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年3月16日 (木)

森前公園のバンビにペンギンええ感じ

 仕事の前に尼崎は塚口あたりを探索。公園の片隅に子鹿発見。
Morimae1 Morimae2 …ってまぁご覧の通り。バンビが壁面に描かれて…よろしいなぁ。しかしまぁなんと画素数低いこと。ギザギザですがな…とか何とか。
 タイル画…なんか懐かしいモンを感じます。図案自体も懐かしく思います。しかしまぁ背中にちょっと白いタイルを散りばめるだけでちゃんと模様に見えるってのが不思議な感じ。そこがタイル画の魅力なんでしょうなぁ。
 裏に回れば、そこにはペンギン。
Morimae3 Morimae4 Morimae5  こっちは親子で描かれるもなんかバンビに比べるともひとつ楽しさに欠けますなぁ。やっぱり花みたいな添えモンがないからですかね。やっぱりここはロッテのクールミントガムよろしくクジラも描いてもらわんと…ってウソ描いたら教育上好ましくない、かな。
 見上げれば隅に“W.C”もタイルで記されています。とことんタイル仕事…“ようおこし”よろしくアメニティに注力するのもええですけど、こんな予算のかけ方も大事や思いますわ。
 ええもん見せてもらってそっちに気を取られて、用たさずにその場を後に。ちょっと調査不足が悔やまれますなぁ。

(於:兵庫県尼崎市) なんで大阪の公園にはほぼ便所がないんか…不便や。

※関連記事:
集合住宅に埋め込まれたタイル画ええ感じ。』 2013年10月 記
かわいいタイル絵、軒下に。』 2010年8月 記

保存

保存

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

ブロック塀のタイルでアート風

 なんかを表現しているのか。
Tilega1 Tilega2  ブロック4つ分だけこんな感じ。わかる人にだけわかる暗号の様な気もしますけど、まぁちょっとしたアートなんでしょう。何やわからんなりに、ふと気分が??になってそれなりに効果あげてる…って、クルマ泥棒対策として。どうでしょ?
 案外ここに落書きされて、ただ消すだけではおもろないしとこうしはったって線も考えられますか。ま、なんやわからんままずっとあるのもええんちゃいますか。

(於:京都市中京区) 右のタイル3つで妙な鳥の顔…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年12月30日 (金)

サルも人間も一緒やいっしょ

 今年は申年やったなぁと思っていたのかたまたまなのか…
Omizo1 Omizo2
 先日行った姫路。仕事終わって昼飯食べよと商店街を行きますればアーケードの支柱にいろいろ絵が。最初何げに見ていたもののあちこちにあるもんやから撮ろかいなとサルの絵にカメラ向けてましたらそこに清涼飲料水配達のトラックが。「ちっ、邪魔やな…」と思うも束の間、ドライバーが絶妙の働きぶりを発揮。うまいことコラボしてくれましたで。バッチリすぎ。サルも人間もやっぱり仲間ですなぁ。
 ええ写真が撮れたところで他の支柱もということであれこれ。
Omizo3 Omizo4 Omizo5
 とまぁこんな感じ。えぇ絵でしょ!。この商店街にどう関係しているのかもひとつわからんところがなおええ感じ。広告臭もなく作家名サインもない…その謎めいたところがたまらんええ感じです。
 帰宅後調べますればこの絵たち、このおみぞ筋商店街活性化のための仕掛けで2013年からあるとか。何でも「携帯スマホにネット時代にこれらの絵を見た人たちが発信してくれたら…」という戦略とかでアホげもまんまとその作戦に乗ってる訳です。名づけておみぞ筋トリックアートストリート。天井や路面にもあったみたいですが気づきませんでした。ちなみにこの絵は地元姫路のアート会社に勤める天野由紀子さんがすべて手がけられているそうです…ってまぁ「何を今さら」なネタですんません。申年まで待っていたと解釈してひとつお許しを。

(於:兵庫県姫路市) 魚の絵、これ、好きやわぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧