大阪ネタ

2019年4月 8日 (月)

淀川区と豊中市の境界線で路上の蓋は…

 過日訪れた阪急は神崎川駅あたりにこんな消火栓の蓋がありました。神崎川の南…私はてっきりここらは淀川区やと思っていたんですけど…ちゃうんですね。
Toyodo1 Toyodo2 Toyodo3  ほん近くには下水道用のマンホールの蓋が。そこには大阪市の澪つくしマークが記されているものの、その上に白ペンキでバッテン“×”が。
 私てっきりこれは水道業者が「これでええわ」と豊中市用の蓋でしのいでるんやと思い込んで帰宅しましたけど、ここらへんは神崎川を挟んで向こうに位置する豊中市の“飛地”やったんですね。調べて初めて知りました。
 ですが…この“豊中市”と記された蓋の消火栓のあるところは微妙にバッテン“×”のマンホールと共に大阪市淀川区やないかと思うんですけど、どうなんでしょ、Google地図を見る限りの話ですけど。まぁつい最近“ゼンリン”との提携が切れてダメダメになってるGoogle地図ですから正確なジャッジはできませんけどもね。しかしながら…マンホールに澪つくしがあるのがそないに気に入らんのでしょうか、豊中市民は…

(於:大阪市淀川区と豊中市の境) はやくも都構想による混乱か…と思たがな。

※関連記事:
大阪市の市章入り杭が、豊中の道にある。』 2010年3月 記

| | コメント (0)

2019年4月 2日 (火)

またまた新デザインの市バスが…シティバスやが。

 南森町あたりで仕事。晴天で空も青くて気持ちええなぁと思ってますればそこにバス。あっ、これまた見たこのない車両でっせ。仕事中やしあからさまにバス撮ってるのも具合悪いしと適当にカメラ向けて数枚。やった、撮れてますやん。ちょっとトリミングして…それが、これ。
Ocb3  バッチリすぎるほど青空に溶け込むその車両…先頭マークに行先見れば市バス…改め大阪シティバスのですやん。あれっ、昨日見た新車両と全然違いまっせ、伝統の“緑”がどこにもありませんがな。
 まぁ爽やかでええといえばええ。ですけど昨日のそれに比べたらあざとい感じ。“水都”のイメージかと思いますけど私はやっぱり昨日のんがええですわ。
 で、「ん?どういうことなん」と調べて見ますればこんな記事が。それによりますと3種類のデザインの車両2両ずつ(?)で6両、今春より導入されたとか。そうか…たった6両しか走ってへんのに2日で2両も見ることができたわけですね。ついてるなぁやっぱり。で、もうひとつのやつもきになるところ。そのうち出会いますれば記事にします。

(於:北区) これはいかにもラッピングって感じ。塗装モンがええねんけどなぁ。

※関連記事:
新デザインの市バス…シティバスやが。』 2019年4月 記
日本城タクシーのゼブラバスが、より昔風になってる。』 2014年2月の記事
懐かしの大阪市バス風ゼブラバスは何や?』 2013年6月の記事
市バス待ってたら、ゼブラバスが来たで!』 2014年1月の記事

| | コメント (0)

2019年4月 1日 (月)

新デザインの市バス…シティバスやが。

 大阪駅南側のバス乗り場に向かいますれば、見慣れんバス登場。さすが今日から新年度。
Ocb1 Ocb2  大慌てでカメラ出して1枚2枚(←えかげんスマホにせぇよ)。目の前を行く市バス…改め大阪シティバス、これはその新車両ですね。大阪市民の財産を民営化しやがってと気に入らんのですけど、このデザインに色合いは…よろしいなぁ。市バス時代より続く緑系の色を踏襲した大人な配色。“O”を大胆に取り入れたデザインでありつつ落ち着いた風合い…ひと目見て一気に気に入りました。
 行先表示も柿色から白色に変わっているところを見ると発光ダイオードがカラー化されたのでしょうかね。だとしたら終バスも行先が赤で表示されるかなぁ。今後見慣れたもんになっていくであろうこの車両デザイン、新鮮に映りました。

(於:北区) “大阪シティバス”って社名、一般公募でこれか…って感じ。

※関連記事:
日本城タクシーのゼブラバスが、より昔風になってる。』 2014年2月の記事
懐かしの大阪市バス風ゼブラバスは何や?』 2013年6月の記事
市バス待ってたら、ゼブラバスが来たで!』 2014年1月の記事

| | コメント (0)

2019年3月 7日 (木)

大阪府酒造組合の新酒研究会、一般公開へ。

 「こんなん公開してたんや」って感じ。ネットで見つけ一般参加もできると知ってちょっと天満の会場に行ってきました。会場に入れば50弱の試料酒が。番号順に一杯目「おいしい!」、二杯目「おっ、これもおいしい」、三杯目「やっぱりおいしい」…で、すっとおいしい。
Osaka30by  大阪府酒造組合の新酒研究会…あんまり詳しく書けませんけど昔はそれこそ潜り込んでたこともあって…もう気がつけば20年くらい前のことです。あの頃は…若かったなぁ何かにつけて。“通ぶっていた”ってのが特に、ね。あぁ恥ずかし。他方では…うん、もうちょっと各蔵元のお酒の違いが判った(気になっていた?)はず。ですけど今回は「どれも美味しい、以上」って感じ。まぁ正直に言うと大門酒造さんのお酒の違いはわかるも他は一緒やわぁって感じ。まぁちょっとそれは言い過ぎではあるんですがね。そらぁストライクゾーンの定まってるであろう全国新酒鑑評会に向けてのお酒ですから当たり前と言えば当たり前ですかね。でもそれ以上に歳とって鈍なったなぁってのが正直なところでしょう。
 判らんなぁと思いつつ許された1時間ずっと味わって終盤、その筋の通の方にお話を伺いますれば「まずはカプロン酸(エチル)の香り、次に甘味は七難隠すで甘く感じるもの」が金賞向けの酒質とか。苦味は禁物とのことで「市販酒の好き好みとは違うもんですよ」とのこと。なるほど…と思いつつそういう意味ではあんまり昔と変わりないのかなとも思いました。
 たくさんのお酒並ぶも全て清鶴國乃長片野桜利休梅長龍天野酒三輪福荘の郷浪花正宗の酒造組合に属する九つの蔵元が醸すお酒。呉春はまだ出品酒が出来ていないとかで、秋鹿はなぜなかったのかはわかりませんでした。組合所属15蔵のうち4蔵が今冬(も?)醸造しなかったみたいです。しかしながら…蔵数も減ったもんです。さみしいなと思う反面、よくぞここまでして大阪の酒を守ってくれてはるなぁとも思います。これだけ頑張ってはるねんからこれは府民もそれに応えなあきませんな。よっしゃ、毎日晩酌は大阪の酒で行こ…って言いたいんですけども、頂き物のお酒で精一杯。それが、まぁほとんんどが府産酒以外ときたもんで…みなさん、大阪のお酒を呑みもって応援しましょう。

(於:北区) 長龍は奈良の酒って言われてもわしには八尾の酒、地酒や。

※関連記事:
日本酒de KANPAI! OSAKA 2018』 2018年10月 記
※関連カテゴリ
かつての大阪酒

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月15日 (金)

ソース 62 ▲ ヘルメス 無添加シリーズ・とんかつソース

 針中野あたりの酒屋さんで見つけました…って、1年以上前のことですが。
Hmtts1 Hmtts2  テレビ媒体等の影響の後押しあってでしょうか今や全国区の人気となった大阪の地ソース“ヘルメス”。定番のモン以外に生協向けなども手がけられてはるみたいで、そんな流れの中で生まれたのでしょうか“無添加シリーズ”というのがラインナップされています。地ソースにその手の品質を期待していないので、今まで何となくスルーしていましたがうちのひとが保存用のパラオキシ安息香酸にアレルギーがあることもあって今回、試してみることにしました。
 まずは瓶とレッテルを。ひと目でとんかつソースやとわかる色合いながらもひとつ面白みが感じられませんね。まぁその内容を実直にあらわしたデザインとも言えるでしょう。
Hmtts3 Hmtts4  瓶から小皿に移した状態はこんな感じ。色合いはじつに自然な茶色。質感は妙にプルンとしています。無添加シリーズですからこれは天然のトロミか…と思いましたが澱粉由来のものでしょう。いや…寒さでこの様になっているのかもしれません。
 まず単品で味わってみましょう。そのお味は…酸っぱ。関西地ソースにありがちな甘いヤツとは一線を画すって感じです。この味わいは…なかなか複雑。どう表現してよいのか…う〜ん、やっぱり酸っぱいなぁってのが気になって味云々までわからないってのが正直なところです。
 次に今回はイカ焼きうどんにして味わってみました。お味は…やはり酸味が前に出るって感じではありますが、美味しいです。どう美味しいのか…って、そうですね、これまた難題。強いて言えば“上品に美味しい”って感じでしょうか。素材の持ち味そっちのけで主張する様なソースではない、そんな奥ゆかしさを感じさせる味わいでした。
 で、この主原料/国産品使用を謳う“無添加シリーズ”ですが、ヘルメスの石見食品工業所のサイトによれば

主原料、とまと(長野県)・たまねぎ(兵庫県、北海道)・りんご(長野県)・砂糖(鹿児島県、北海道)・黒糖(沖縄県)は国産品を使用。着色料・保存料・化学調味料は無添加。

とのこと。これはなかなかのこだわりを感じます。安心して食することができるというのも味のうち。そういう意味においても美味なるとんかつソースやないかと思いました。

名称:濃厚ソース 原材料名:野菜・果実(とまとたまねぎ、りんご)、砂糖類(砂糖・糖蜜・果糖)、醸造酢食塩、醤油(遺伝子組み換えでない)、澱粉、香辛料、酵母エキスかつおエキス、まぐろエキス、昆布エキス、増粘剤(加工澱粉)、香辛料抽出物(原材料の一部に大豆、小麦を含む)  製造者:株式会社石見食品工業所 大阪市東住吉区住道矢田8-2-21

エキスだらけってのがあんまり好みやないなぁ…

※関連記事:
ソース 13 ▲ ヘルメス とんかつソース』 2009然月 記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 8日 (金)

午前11時39分、鴫野西二丁目から大川越しに南西を眺める。

 城東区某所で仕事。大阪城の方から現地入り。
1902081139
 午前中にして夕暮れ時の如くどんよりした寒空の下大川越しに南西見ますれば…現実以上のモンが感じられて一枚。その時の気分が妙に定着してるなぁ…何かがにじみ出ている、そんな感じ。これも水都大阪の図。

(於:城東区) 落書きが馴染んでいて余計にあれこれ思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月11日 (金)

“俺の串焼”…

 今日は十日戎の残り福。あれこれ用事あれど「笹返さなアカンわ」で、早いうちに今宮のえべっさんへ。
Orenokushi1 Orenokushi2  新しい笹は例年某組織からより後利益パワーアップしたヤツを頂くのでお参りだけさっさと済ませて帰路につきますれば…こんなん発見。“俺の”って露天商にまで参入していたとはちょっとビックリ…なんてね。
 昭和テイストたっぷりな昔ながらなテキ屋ワールド…と全体を見るとそう感じるも、各店見るとあれこれ時代を取り入れてしたたかにやってはりますわ。まさか“俺の”ブームまで取り入れてはるとは店恐れ入りました。
 で、調べてみますれば本家本元に“俺のやきとり”はあれど、“俺の串焼”はないみたいなのでパクリの様でパクリとも言い切れん微妙さ。その辺がまたくすぐられますなぁ。
 てなわけでてっきり“俺の串焼”に気を取られて見過ごしておりましたけど改めて二枚目の写真を見れば…あっ、これ“まいどおおきに食堂”テイストですやん。ただ、どうやら“ベビーカステラ屋”らしいので、こちらもニュアンスで時代に合わせてるってところでしょうな。いいわぁ露天商さんたちのしたたかさ。勉強させてもらわなあきませんな。

(於:浪速区) さすがなんぎさん、2017年12月に記事にしてはりますわ。

※関連記事:
夜桜見物でテキ屋のノレンに「そうなんや」。』 2013年4月 記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 4日 (火)

遠目に大阪の街を鑑賞する、午前11時18分。

 八尾で所用ふたつ。昼の空き時間は…そや、平群で食事しよ。
1812041118  って訳で平群の道の駅へ。途中十三峠から大阪平野を見下ろしますれば霞みはするも街が綺麗に見えて…あれっ、今日って雨予報やったんちゃいましたっけ。
 昔は遠目に眺めるところでもあった大阪の街中にいまは生きてるんやなぁと思うと何か妙な感じ。たまにはここから大阪を客観視する必要があるかもしれませんなぁ。どっぷりではどっか麻痺した日々になるやもしれん…とか言うより気が楽になるってもんです。あ、10年近く前にも同じ様なこと書いてますわ。変わらんねぇ…

(於:八尾市) この景色いつ見ても我がの存在やてアリンコみたいなもんやって気になる…けど、や。

※関連記事:
遠目に大阪の街を鑑賞する。』 2009年8月 記

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月 1日 (月)

日本酒de KANPAI! OSAKA 2018

 “日本酒ゴーアラウンド”がええに決まってる…とかって言い方は失礼ですね。
Nko2018a  昨秋は諸般の事情により全ての祭りごとに行ってられん状況でしたが今年の10月1日はさぁどれに行こか…と“日本酒の日”絡みのイベント数ある中、大阪府酒造組合さんの“日本酒de KANPAI! OSAKA 2018”へ行ってきました。
 午後6時半、写真の通り酒造組合長、片野桜の山野さんの音頭による乾杯にてスタート。500円4枚のチケット2,000円で購入の後、会場である船場センタービル10号館で営業されてる飲食店の中で協賛してはるお店に行って500円券出せば特定の蔵元のお酒60mlくらいのお酒とアテが出てくるというスタイル。ゴーアラウンドと…よく似ている様な、でも、ちゃいますかね。いわゆる“タッグを組んでる”って感じではないですから。
Nko2018b  清鶴長龍片野桜國乃長を置いてはるお店を回って…あぁどれも美味しい。けど、どうでしょ、私としては「そうそう、この感じ」でしたけど、消費者というか、この手の催しに参加しはる人々にとっては、個性的なお酒に出会えなんだという意味において不満が少し残るんやないかなぁと思ったり。あ、もちろんそういう声を聞いた訳ではないのであくまでも想像の話です。
 なんかね、わからんでもないんですけど、個性的な味わいを醸さんと生き残れんみたいなのって…どうなんでしょ。まぁこの流通網の発達した時代を思うと狭い商圏だけを相手にニュートラルな味わいのお酒を醸したとて、低価格にしてそれなりの旨さ備えたナショナルブランドのお酒にはなかなか勝ち目がない訳ですよね。よっぽど“おらが村の酒”ってな土地柄やないと、うん。
 てなこと思いつつ心斎橋あたりでコーヒー飲んで口の中リフレッシュして発泡性ワインのお店行ってシャンパン飲んで…ね、これが今日的日本人の飲酒ってもんでしょ…っていう物言いには自分ながら嫌気さしますけど。
 だんだん何が言いたかったんかわからん様になって…ってそれ!これこそアルコールパワーですなぁ。勿論アルコールのせいにはしませんで。酔ったふりしてモヤモヤを解消してるだけのことで。で、余談ですけど久々の府酒造組合の催し参加やったのに「山本さん、お久しぶりで…」って、有り難いなぁ。20代30代の頃盛んに大阪酒のイベントに参加していた頃の顔も名前も覚えてくれてはる…かなり感動。うん、これからも北河内の某酒を贔屓にしよっと心に誓いつつ、けど長龍も八尾にゆかりあるしなぁ…とかまぁ心揺れつつもやっぱり大阪人として節目節目は大阪のお酒で乾杯しよと心に誓ったのでありました。

(於:中央区) 来年はやっぱりNGAに行こ…と思うも若き日に世話になった大阪の酒に不義理はできんなと再認識。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月20日 (金)

もずやん? 否々モッピー、錆まみれ。

 泉南市某所で仕事。その前にいつもの探索。前からその物件知るも、ついつい上の仏壇仏具の看板に気を取られてちゃんとこっち見てませんでしたけど…こっちやん。
Moppy3 Moppy2
 これはなみはや国体応援用の看板ですか。“OSAKA'97”とありますから20数年前に設置されたもの…な割に錆び具合が妙に時代がかってるなって感じ。
 何かキャラクターが描かれてるなぁと足元見れば“モッピー”の文字。そうか…こいつが“もずやん”の前身やったんですか。
 もずやんとモッピー…これは一緒っちゅや一緒ながら、かなり別モンですな。もずやんの方が泥臭い感じで平成大阪感が出てるんか…な。
 登録商標の関係で“もずやん”に2014年改名されたとか。そういう経緯とは知りませんでしたけど、結果的に改名が吉と出たんちゃいますか。

(於:泉南市) まぁどっちにしてもあんまり愛らしいと思えんねん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧