大阪市西部

2019年4月11日 (木)

昭和なプラ看板 番外編 ● 水まわりとか修理

 過日訪れた阪急は神崎川駅界隈、三津屋商店街で可愛く光るアクリル板の看板がありました。
Mizushuri1 Mizushuri2  黄色ベースに手描きの味わい…蛇口の絵がもうたまらなくええ風情を醸し出してますな。
 町それぞれにこの様な個人商店があって決まってそこに頼んでいたのも昔の話、どこに修理を頼んだらええのかわからんままにクラ○アンみたいなとこにお願いして…そらそうか、平成も終わろうとしている訳ですからね、うん。

(於:淀川区) こういうお店でも隣はファミマ…こっちこそ“コンビニ”なお店ちゃうのと思ったり。

| | コメント (0)

2019年4月 3日 (水)

淀川区三津屋北1-15、午前9時28分。

 淀川区某所で仕事。初めて降りる阪急は神崎川駅。駅前のスーパーやら高層マンションはともかく、ゆるい区画に小さな家が密集していて商店街もあってどこか懐かしい感じ。先に進むとそこにY字路。「さてどっち行きましょか」…こういう一角こそが他所もんにはちょっと迷いそうで楽しいんですなぁ。
1904030928  左利き故に贔屓の左へ行くのが正解…って失敗もへっちゃくれもありませんが。ただね、仕事前の探索で道に迷って遅れても具合悪いわけで“迷える楽しさ”にどっぷり浸かってられん訳ですけどね。いったい何をごちゃごちゃ書いてますねやろ、ほんま。

(於:淀川区) 昼食に期待も休憩早すぎてどこも開店前…ゆったりした印象さらに倍増。

| | コメント (0)

2019年3月 6日 (水)

大正で昭和に

 大正橋からバスに乗って乗ってめがね橋あたりで降りて昼下がり、仕事の前にちょっと探索。
Taishowa1 Taishowa2  大通りから少し入りますればそこか静かな古い町並み。ネコも人を気にせずずっと毛づくろいしてるし…ええ感じ。時間帯も手伝って街全体が弛緩しています。
 ふと見ると役目を終えたと思われる文化住宅が一棟。残された電気にガスのメーターに生活の匂いが感じられなんとも言えんきゅんとした気分に。夕刻になればより感傷的な気分になることでしょうなぁ。
 あちこちに朽ちかけの家屋があったのが気になるもゆっくりと時が流れる様子に春も近いなぁと思わせられ…って、なんのこっちゃ。海辺の工業地帯近くでこの様な気分に浸る…ちょっと意外でした。

(於:大正区) 大阪24区でいちばん人口が少ない区とは知らなんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月30日 (水)

遊具いっぱい休眠中の公園

 ちょっと暗いけど、こんな感じやったしな。
Samiko
 “誰も遊んでへん児童公園”はきょうび珍しくもないんですけど、6つ以上遊具があってこの有様はやっぱり肌寒い光景やなぁと。空の青さを受けた滑り台の色合いが…泣かせまっせ。

(於:福島区) 少子化だけちゃいまんな、これは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月24日 (木)

時間止まってそうでもかろうじて植物は育ってる図

 不意に現れるとついつい立ち止まりますわな。
Ebie
 福島区某所で仕事、地下鉄は野田阪神駅で降りて…ん、阪神は野田駅でJRは海老江駅、それぞれに出入口の番号違たのが理由か待ち合わせ場所に待ち人来ず。お互い譲れんのでしょうけど、ほぼ同一場所にあって駅名バラバラって…堪忍してほしわ。
 あ、写真はね全体的に惹かれたのは当然のことながらコンクリブロックの穴ポコに植物が根を下ろしてるのがええなと思って。それだけ。

(於:福島区) 高熱でしんどい。調べてもろてもインフルちゃうらしい…何なんやろ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年1月14日 (月)

南市岡、環状線の高架下、午前11時29分。

 所用の帰り、みなと通で信号待ち。改めて見ると環状線の高架が案外迫ってきまっせ。
1901141129
 思えばいっつもここでは逆方向の高架下に気を取られてましたわ…って、やっぱりそっちの方が独特な感じ。中途半端なネタやことで。

(於:港区) 光まわりがキレイなと思って撮ったけど…写ってませんな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年12月21日 (金)

∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧∨∧

 昼から南港の某所で仕事。そこ行くまでもその辺も道端ゴミだらけ。そらこんな状態やと海にプラスチック片も流れ込むわなぁ…
1812211340…とか思いつつ見上げれば何かかっこよろしいやん。
 現実を直視せんと送電線の鉄塔愛でて…てな気分にもなるなぁ。あ、現場ではそう思うことなくただただ直線美に見とれていただけなんですけどね。

(於:住之江区) 鉄塔の影はあんまり見たことない気がする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年9月24日 (月)

業界団体の会館 101 ◆ 大学生協大阪会館

 もうとっくの前に世話になることなくなってますわ。
Dsok1 Dsok2  関西や北陸の大学生協に関連する組織や関連企業が事務所を構える会館。大学に生協ですか…30余年前に通ったところには生協がなかったので、もひとつピンときません。調べますれば大学生協大阪インターカレッジコープという組織があり、そこは生協のない大学に通う学生が個人で加入できる生協やとのこと。そんなんCO-OP印の文具とかわざわざ取り寄せる意味もないのちゃいますか…と思いましたけど、何や色々なサービスやってはるんですね。まぁ呑気な学生でしたのであんじょう知らんで済みましたけどきょうびのシビアな学生たちにとっては有益な組織なんかもしれませんね。思えば…大学生活の位置付けもすっかり変わったことでしょうなぁ。ごくろうさん。

(於:西淀川区) 悔いがないとも言えるけど…あんな日々に意味あったんかいなとも思う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年9月17日 (月)

台座の上に祠なく…

 地蔵盆の頃のネタにしよと思ってましたら…忘れてしもてました。
Daiza1 Daiza2
 目立つV字路の先端に…台座。玉垣に見える花生け2本に守られるも台座の上には何もなく…
 ストリートビューで過去にさかのぼって見るもやはり何もなし。祠なくともそこには神がおられるのかもしれません…が、まぁこのご時世のことですから随分前に祠ごとどこかへ移設されたのやろと思います。
 今年の地蔵盆はちょうど台風と重なって23日だけで終え、24日はお菓子配りだけとか一週間遅らせたところもあったみたいですね。
 私も某地蔵尊の地蔵盆の設営に10数年前から関わってますけど、いまだにいちばんの若手やという事実を思うと…こんな光景、これからもっともっと増えるに違いないでしょう。それでええんかどうなんか…新住民が気楽に関わることができんというのも理由のひとつかな。ま、案外そのうち底打って若い衆が新旧住民隔てなく居心地良いコミュニティを再興してくれる様に思ったりします。

(於:西成区) 幼少期にここがあったらここをステージにわぁわぁやってるやろなぁ…って罰当たりもんが。

※関連記事:
空き祠 2』 2017年4月 記
赤い自販機、祠の中。』 2015年4月 記
出世地蔵尊、お寺へお引っ越し。』 2014年9月 記
空き祠』2014年8月 記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 3日 (月)

業界団体の会館 99 ◆ 莫大小會館

 有名な物件の割に今まで縁がありませんでした。
Meriyasu1 Meriyasu2  “莫大小”で“メリヤス”と読むと知ったのは、二十歳頃でした。“瓦斯”やら“燐寸”は読めてもこれは…なかなかのインパクト。で、なんでそんな漢字を当てはめたのかはもひとつ知らなんだんですけど、あーなるほど。“伸び縮み自在で大小がない”ってことでこの当て字ですか。
 で、この会館ですがその名の通り元々は“大阪輸出莫大小工業組合”が昭和4年、曽根崎川跡地に建てた会館とか。戦中、メリヤスの会社が戦災にあって組合の存続が困難になって戦後、会社設立してテナントビルになったとwikiに書いてありました。ということは…厳密に言うとこの物件、“業界団体の会館”カテゴリには入れられませんか。まぁ、そこはひとつお許しを。
 古い立派なビルに洒落たお店や事務所が入っていてちゃんと今の時代に生きてる幸せなビルやなと思いました。ネット上にいっぱいここのことは紹介されていますので、どうぞ興味ある方は他のサイトでお楽しみください。

(於:福島区) 川跡地に建った古ビルって…地震大丈夫なんやろか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧