大阪市西部

2017年7月17日 (月)

極小ショベルカー…ちっちゃ。

 お子が正月にスケボーみたいなキャスターボード買うも“よう乗らん、乗れんのを他人に見られたない”とほったらかしにしとるのが気に入らんと大阪港のひと気ないとこで練習。手伝いつつ興味はネットの向こうの数々の建機。ショベルカーも色々な大きさのあるもんですな。わぁ、こんな小さいのもあるわと一枚。
Pc01a
 と撮ったのがこれ。色合いも洒落てるしかわいいなぁと愛でておりましたが、え?よ〜くその奥見ましたら、もっと小さいのありまっせ。けどまぁあまりの小ささ、あれホンマにショベルカーかなぁと思いつつ撮ってみましたら…そうですわ。
Pc01b Pc01c  ほれ、めっちゃ極小でしょ。クレーン車のタイヤよりはるかに小さいですわ。
 まぁ遠くからしか見ることできんので余計にちいさく見えたんかもしれませんけど…こんなんあるんですね。
 帰宅後しらべますとこれ、コマツ製の“PC01”。“スコップがわり”を謳い、軽トラで運搬可能とか。価格は200万円…スコップにしたら高いかもしれませんけど、案外手の届く価格なんやなって思います。動画もアップされてますけど、極小ながらめっちゃ一丁前に働きますわ、これ。ほしいわぁ…って、どこ掘んねん。あ、一応お子ようやく乗れる様になった図も載せておきます。

(於:港区) ここ何なんやろ? 輸出前の中古建機の待機場かな。

保存

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年7月11日 (火)

梅雨明け(?)の大阪港、15時50分。

 所用で築港へ。空模様目にすれば…夏やん、夏。
1707111550
 三日前よりセミもシャンシャン鳴いてるし、もう梅雨明けたんちゃいますか…ってあちこちの豪雨思うと、夏や夏やという気分にもなれんのですが。

(於:港区) 不思議と望めば来るもんや、船。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月27日 (土)

極小草原の涼しげエアコン室外機

 まぁこんなシチュエーションもあるかと思うも、なんかええな。
Sogen1 Sogen2 Sogen3  植物とエアコン室外機の共演なり競演な図は時々見かけますが、牧歌的というのか何というか、なんやのどかな感じがねよろしいなぁと。
 ここからは熱風が出てモワッとしてるはずが、なんとも涼しげ。まるで草原の中にあるかのような爽やかシチュエーション…は言い過ぎですかいな。
 まぁまだ稼働してないからそう見えるだけかも。これから夏、まわりの植物にとって熱気は味方か敵か…もっと植物に囲まれてしまいそうにも思いますが、どうでしょう。

(於:此花区) 愛されているのか放置されているのか…

※関連記事:
エアコン室外機、木に取り込まれる。』 2015年11月 記
エアコン室外機の熱風好みか草しげる 2』 2015年8月 記
エアコン室外機の熱風好みか草しげる』 2015年7月 記

保存

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月26日 (金)

牛乳箱に7社の名入り

 牛乳箱は木製でナンボと思うも…
Ohnyu1 Ohnyu2 Ohnyu3  ポスト、牛乳箱、植物に町名看板と信号よろしく赤黄緑と小綺麗にまとまった構成美がなかなかええ雰囲気の一角やなぁと思いつつ遠目に森永のそれやと近づきよく見れば“大阪乳販”の文字。ヨコ見ますと…わっ、各社の商標がズラッと7つ。大手と地場とか明治と雪印の様な2社の製品の取り扱い店はままあれど、こないに各社取り揃えて牛乳配達してはるってのは…見たことないかも。
 とは言え“岡崎牛乳”は他社(春日牧場)と合併の末社名が変わった(日本グランドミルク)後平成19年に、“保証牛乳”は平成22年に事業停止後明治傘下のマーガリン工場明治油脂と姿を変え…ですから今は5社のを手がけられているのかもしれませんが、どうも“大阪乳販”というお店自体が既にないみたいです。
 しかしまぁ7つの牛乳名記してはりますけど、全部牛乳ならいちいち“牛乳”って書かんでもええんちゃいますか。まぁそのひつこさがええ味わいになってるんですけどもね。

(於:此花区) どのお宅がどこの牛乳か覚えるのも大変やったろうなぁ。

保存

保存

保存

保存

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年5月24日 (水)

西九条の、一本木。

 北港某所で仕事。西九条駅でバス停に向かいますれば、遠目に木が一本。
Aogiri1 Aogiri2
 アスファルトとコンクリに覆われた中で頑張って…これはアオギリですかな。
 根元見ればちゃんと仕切られた土から生えていて大事にされている感じ。ただただ生えてる木ではありますけど、何ともホッとさせてくれる存在でした。

(於:此花区) 枝なきその姿がちょっとマヌケ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月12日 (水)

11時39分、渡船移動後天保山からUSJを眺める。

 ユニバーサルシティ駅で下車して某所で仕事。余裕で座れるつもりで乗車するも朝から大混み。へぇ平日でもこないに賑わってるんやUSJって。この状況思うとひらパーの平日は、もち直してるとは言え全然アカンやん…ってまぁ、幼児相手と大人も楽しめるそれでは比較すること自体間違ってますか。それでもまぁ何というか…コーラに駆逐されたラムネみたいやなぁとモヤモヤした気分が…。
 仕事終わって時間もあるしで帰りは桜島まで歩いて渡船乗って対岸は天保山経由で。
1704121139a
 超久々に乗るそれは昔も今もまったく一緒。しいて変わったかもと思うのは、乗員の方の愛想が向上しているかもしれんなぁと思うところかな。いずれにしてもコトバ交わしてくれはるのは心地ええもんです。
 下車して少し歩いて船見ると向こうに仕事してきたビルが。川ひとつ隔てると全く雰囲気が変わるもんですなぁ。天保山は桜満開春爛漫。やというのにこの写真の何とも寒そげなこと。空模様と桟橋(?)のサビがそう思わせるんでしょう…と思うも、ちょっとトーンいらいすぎたのが原因かも。まだまだやっぱり修行が足らんことで。

(於:港区→此花区) 渡船って独特の情緒ある様な案外ない様な…日常すぎるからやな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年4月 6日 (木)

巨大雑草2…ビロードモウズイカ

 西長堀駅降りて仕事場に向かった先日、新なにわ筋の植え込みに妙な植物発見。
Zasso3 Zasso4
 その大きさ、形状、そして何より葉っぱの質感がかなり妙…って言うか気色悪い感じ(私見)。写真ではわかりにくいかもしれませんが肉厚でふわふわとフエルトみたいに毛が生えています。
 さぁ何て名の草なのか“草 葉 毛 ふわふわ”で画像検索しましたら…わかるもんですね、これ“ビロードモウズイカ”と言う外来種とか。やっぱりよそモンですわ。
 そう言えば以前もこのあたりで妙にでっかい雑草に出くわしました(過去記事:『巨大雑草』)けど、ここら辺は比較的海にも近いしあらゆる外来種が根付きやすいんでしょうか。
 てなこと思いつつビロードモウズイカを調べていくと…ん?、同名にしてずいぶん雰囲気の違う様子の写真もいろいろ載ってますわ。あれっ…前見た巨大雑草と同じなん?
 この植物は“二年生植物”で、初年度がこのような形状ロゼットというらしい)で過ごし、2年目に前回見た背高い状態で開花、種子を付け終わるのやとか。
 と言うことは…あれとこれと同じ植物なんか。まぁ気色悪い(私見)という点においては同じではあるけどホンマでっか。わからんもんですなぁ。
 改めてその過去記事(巨大雑草)のコメント欄読みましたら…みんな教えてくれてはるやありませんか“天鵞絨毛蕊花(ビロードモウズイカ)”やと。すんませんでした。いやぁしかし調べるまで同じヤツやとは思わなんだなぁ。

(於:西区) こんな調子やから当時の名コメンテーター諸氏に見切られ今に至ってるんやな、反省。

※関連記事:
巨大雑草』 2014年6月 記

保存

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月21日 (火)

鰹座橋交差点の夕空、17時53分。

 所用で長堀通をクルマで西へ。前方の空見上げれば、一日ぐずついた天気もようやく回復の兆し。
1703211753
 たなびく雲が赤焼けてなんときれいなことか。6時前にしてまだ青空が残ってる…陽が長なりました。

(於:西区) 爽やかな様で物悲しいな、案外。

保存

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月15日 (水)

肝心の地図読めん案内板、下に明治製菓淀川工場の広告。

 これが“案内板”。
Annaiban1 Annaiban2 Annaiban3  ここら土地勘なくてもひとつ訪問先わからんなぁ…と思いますればちょうどええタイミングで案内板発見。どれどれと広告部見るも残念ながらそこになく、地図に目を移しましたら…何なんこれ。効果まったくなし…
 まぁつまるところ、ほったらかしの看板にみたいなもんかと思うも、広告部だけはちゃんと更新されている様子。隙間から昔の看板覗き見しますれば、そこに“明治製菓株式会社 淀川工場”の文字。見慣れたフォントやと思うも最近使われていないヤツ。ナショ文字よろしく“株式会社”やら“淀川工場”までオリジナルフォント…懐かしいなぁ。
 で、そう言えば昔ここらで明治が手掛ける薬のマークか何かの看板見た気がしますけど最近見かけませんわ。調べますれば2004年に閉鎖、その社屋はいま、先の記事に記しました“IMV”が使っているとか。あぁそうなんですね。どおりで「IMVって…何やろ?」と言う感じやった訳ですか。

(於:西淀川区) IMVの敷地の地下を東西線が走ってるとか…へぇ。

保存

保存

保存

保存

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月14日 (火)

“竹島東口駅”…?

 東海道線、尼崎駅ちょっと手前あたりの車内から見えるJRの看板に「え?こんな名の駅あったかいな?」ってのがあって、ずっと気になっていましたら先日、Facebookであるお方がそれをネタにしてはって「…へぇ、そういうことなんか」と。そんなタイミングに仕事でそこへ行くことになるとは不思議なもんです。
Takeshima
 それが、ここ。まぁ鉄道マニアには「…なんや」なことでしょうけど、この看板見るたびに「“竹島東口”なる駅ってあるんや…」と見ておりましたものの、さほどその実態を調べもせずおりましたところ、先にも触れましたとおり、Facebook上に某氏がここのことを記され、納得した次第。
 要するにこの看板に“”の表示のない訳でこれ、あくまでも出入口の名称やとのことらしいです。
 線路の反対側に回ってみますと、そこにはこんな表記が。
Kashima1 Kashima2
 見ての通り“JR東西線 加島駅”。線路の南と北で駅名が違う…様に思うも、“竹島”側に“駅”表記がない訳であくまでもこれ、出入口の名称やった訳ですね。
 某氏によると、開業直前までこの駅“竹島駅”の予定やったものが“加島駅”に変わり、竹島住民への配慮でこの様な表記の出入口名になったとのこと。そうなんか…そういう気遣いがあったんかと思いつつ、谷町線の“関目高殿”やら“喜連瓜破”よろしく“加島竹島”の駅名にならなんで良かったんちゃうかとも思ったり。
Kashima3
 引いて見た加島側の加島駅はこんな感じ。竹島側のそれと比べ、ロータリーもあってバスの発着場もある事実を踏まえますと正式名称が“加島駅”に落ち着いて当然かとも思いますね。
 ここ数年「“竹島東口”って…何やろ?」と思っていた謎が解けてあぁスッキリ。ちなみに“竹島東口”の西側には“竹島西口”もありました。
 しかし何というか…JRになってできた新駅のネーミングって「何なん?」ってのが多いですなぁ…って私見ですけど。

(於:西淀川区・淀川区) “バス降り場”が案外ええ味を醸し出してるなぁ。

保存

保存

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧