大阪市中部

2017年3月27日 (月)

たそがれしモノたちの黄昏時

 夕刻ミナミで仕事。宗右衛門町から道頓堀、千日前、難波…コテコテのゴテゴテにデフォルメされた(?)そこは今や“大阪人が知らん大阪”。ふと聞こえる日本語に安堵感覚える…は言い過ぎか。てなこと思いつつ薄暮の中、堺筋を超えると人影もまばらな状態。ふと見た一角が…たそがれている。
Tasogare2 Tasogare1 Tasogare3 Tasogare4
 コトバは要らんかと。

(於:中央区) いろいろ読めるなぁ…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年3月15日 (水)

“デザイン広告賞多数”を謳う看板…。

 なんと挑戦的な。
Beans1
 所用でこの前クルマで通り、「ん?」。やっぱり気になるわと改めて見に戻りますと…あ、そう、そうなんや。
 わざわざ見に戻ってアホげネタにしてる…もうすっかりこの広告の作戦にどっぷりはまってしもてる訳で、さすが“デザイン広告賞多数”だけのことありますわ。これ書いててどんどん悔しなる…しかしまぁ、肝据わってるというかなんというか。
Beans2 Beans3
 共感するか否かは…まぁ別ですけどね。

(於:中央区) …よくわからん。

保存

保存

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年2月18日 (土)

市バス62系統、谷町8交差点を行く…

 所用でクルマ運転。うっかり道間違い谷町8の交差点で信号待ちしていますと、前から市バス。へぇ、こんなとこバス路線になってるんかと思いつつ、行先表示見たら“62 住吉車庫”ん?
62a
 ちょっと説明しますとこの路線、“京阪東口”から“上本町九丁目”までは上町筋をまっすぐ走るのが通常のルートで、そやのにこのバスはこんなところを…上本町5交差点を右折してここへ来たんでしょう。いやぁしかし珍しい光景。
 ということは…上町筋で何ぞあって、今日は迂回ルートが設定されているということなんやろかと思い、上本町5へ行きましたが…その様な気配なく、そのまま上町筋を南下しましたが、まったく日常と同じ状態でした。
62b 62c
 で、上本町6交差点で信号待ちしていますと、千日前通りからバスが右折…あれはもしやとチェックしますとやっぱりさっき谷町筋を南下しつつあったあの車両。谷町9交差点経由でここへ来たんでしょう。
 いやぁあれは何やったんでしょ。そのバス、かなり長いこと上六の近鉄前バス停で止まってましたので、予定より早く走りすぎてちょっとドライブ…なわけないか。そんな計らいやったら、何とも粋なこっちゃなぁと。それくらい緩くてもええと思うんですけど、どないです?

(於:中央区) 肝心の行先表示がLEDの明滅で、ちゃんと写ってへん。残念。

保存

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月 8日 (日)

マルシンvs.イシイ@某beers&bar

 ナンバの某Beer Barの特別営業に寄せてもらいました。
Nola  あんなビールこんなビール…内外様々なビール飲ませてもらってさすが本格派のBeer Barやなぁ…さぁアテ何しょ。で、この2品。それは…表題の通り。
 で、どっちがどっちかわかります? まぁ何となくすぐにわかりましたけど、共に幼少期買ってもらったことなくてさぁ食べくらべ…って、以前にもあるんですけど、ここで。
 見た目イシイ(右)の圧勝なれど「どこがハンバーグなん?」なゴツい平天の様なマルシン(左)の方が…好きかなぁ、うん。それはきっと“マールシンマールシン♪ranraranran…”のCMの印象に起因するんでしょうかね。
 大人になって“うまい!”と思うのは“アテ”として食するからそう思うんでしょう。未成年がご飯の友として食べるには、このねっとりソースいっぱいのイシイの方が何杯でもいけそうで人気では?。どことなく本格派っぽいし。
 何で幼少期に買うてもらえなんだんか…食してみてわかる様なわからん様な。詳しくは記しませんけど、自分もお子には食べさせん…ヤメとこ。
 そんなことよりこのジャンキーなハンバーグ2種をアテとして提供してくれはるという心意気、それこそがこのお店の魅力やなぁって、再度述べますがここはオーセンティックなBAR。ゲテモン的アプローチしつつも芯はブレてはれへん…って、こういう表現でええんかわるいんか。いやぁやっぱりええお店やなぁと。その割にすっかり御無沙汰状態なんで知った風に記すのも心痛いんですけど。

(於:中央区) 平成23年からマルシンは丸大食品の完全子会社…って、そうなんか。

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月28日 (水)

ネットで保護された南天の実

 食用には適さんと思いますけど。
Kahogochan1 Kahogochan2
 南天の実、ネットかけられこの状態。カキとかミカンならその意味もわかるってもんですけど…って、食べへんのは、私だけ?
 けどまぁ美味しそうなんですよね、赤い実って。幼少の頃、アオキの実がやたら美味しそうに見えて「きっとリンゴみたいなんやろ」とかじってみたこと思い出しました。歯ごたえはそれっぽかったけど…マズかったぁ。あと、校庭のヒマラヤスギの幹から垂れるヤニ、これもいかにもハチミツっぽくてうっとり…なめてみましたけど、コレはほんまにマズかった。甘みゼロ、口中渋み全開、しかも何時間経っても渋いママで。皆さんどうぞお気をつけください。
 で、ここ。何でこんな風にしてあるんでしょ? 新年を迎えたときに赤い実付いてないのもさみしいなぁってことでしょうか。年明けたら外しはるのか否か。またチェックしときますわ。

(於:中央区) もちろんかじったことありまっせ、南天の実も。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年12月16日 (金)

業界団体の会館 91 ◆ 蒟蒻会館

 所用で難波へ。高島屋前で信号待ち。向こうに見えるは“大阪府こんにゃく協同組合”の看板。「こんにゃく会館やったらよかったのになぁ」と思いつつ信号が青になって渡って見ますと…まさにそうでした。
Konnyaku2 Konnyaku1
 4階建の雑居ビル風情ながら堂々“蒟蒻会館”の文字。看板にある通り大阪府こんにゃく協同組合が事務所を構える会館。組合名に“大阪府”とあるもここのサイト見ると“近畿2府4県内全域のこんにゃく生産者にて構成”されているとあります。その割に現状府外は尼崎の業者のみみたいで…廃業が進んでいるのでしょうか。
 しかし何です、“蒟蒻”って読めても書けませんねぇ…って、“蒟”も“蒻”もどういう意味かすら知らんという…そもそもコンニャクってあの食材としてのモンの名前かと思ってましたが、植物の名前でもあるんですね。まったく知りませんでした。
 しかしまぁこんな一等地にあるというのに今まで全然気づかなんだとは…いかに近年ナンバへ来てなかったかということですな。ミナミへ出ても心斎橋止まり…そもそも人混みが苦手ですけど、出かける必要が生じると梅田へ行くのは…やっぱりヨドバシのせいかな。あ、そう言えばなんとなく最近“キタ・ミナミ”とあんまり言わん様になってる様に思いますが、どうでしょ?

(於:中央区) 昭和34年竣工…そんな感じ。

保存

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月 8日 (木)

路面に暗号

 ま、よく見る光景。
Romen
 とくに年末やら年度末によく見かけます。素人にはさっぱりわからんという意味においては落書きと一緒やなぁと思いつつ改めて見たらカッコよろしいな。これからもっと注意して鑑賞しよっと。

(於:中央区) マンホールの蓋もええ仕事してまんな。

※関連記事:
◇ I K』 2016年6月 記

保存

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月 6日 (火)

阪堺電車の新しい天王寺駅前電停供用始まる

 昨日の仕事の現場は堺。いつもの様に当然阪堺電車で。軌道の移設で駅舎も変わって…こんな感じ。
Hn01a Hn01b
 白く明るくあっさりとした改札まわり。端には回数券定期券売り場の窓口もあってなかなかええ感じ。ただ…以前の駅より10mほどでしょうか南に移って若干歩かんとあかん様になったのが残念と言えば残念。ま、阪急梅田みたいに“動く歩道”つけるほどのことはありませんけど。
Hn01c
 ほとんど待つことなく電車が到着。並びつつ軌道見れば…あっ、コンクリの枕木むき出し。しかも中央部には溝まであって…線路まわりに芝生が施されていることからここも芝生で歩ける様になってるのかと思っていたら大違い。旧駅舎のそれは石畳で混雑時は皆そこを歩いたもんですが、その感覚でいると足が溝に落ちて枕木で骨折ることになりますわ。これは…ちょっと残念。
 帰路ももちろん天王寺駅前まで阪堺電車で。バスのりばで待ちながら見た新駅はこんな感じ。
Hn01f
 まだまだ工事中でスカッとなってません。旧式な車両もなんとなくミスマッチの様なそれなりに溶け込んでいる様な…いいなぁ純粋に。あ、そうそう、軌道移設部分ですがそれはそれはもう乗り心地が格段に向上しています。横揺れも縦揺れもなくスーッと走るって感じ。ま、ガタガタと走るもの味とも思えますが、やっぱり快適さの方が絶対重要ですわ。うん。
 ついでに新型、堺トラムの写真も載せておきましょか。
Hn01d
 まぁやっぱり新駅にはこっちの方が似合いそでうすな。そうそうこの車両、外からの見た目はカッコええですし、バリアフリーで車椅子の人も乗車できてええんですけど、座席の配列がどうも…好きになれませんで。座席数少なくしかも狭い印象。とくに膝つきあわせて乗る席はかなり窮屈。まさにこれ乗って帰ってきたわけですけど、ホームにこれが現れますと「えっ…これか」と思ってしまいます。
Hn01e
 てなわけでやっぱりこの旧型のヤツがいちばん。でもなぁ最近のはついにラッピング広告が入る様になって残念な限り。やっぱりチン電には塗装による意匠やないと…って、アタマ硬いですかね。味わいがかなり違うと思うんですけどね。
 あ、あと、駅の移設により発車したらすぐに横断歩道があるって状態が…妙な感じ。事故のないことを願うばかりです。

(於:阿倍野区) 新大阪まで延伸”…これホンマやったらええと思うなぁ。

保存

保存

保存

保存

保存

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月 5日 (月)

ハルカス最上階から湯気あがる

 コロッとわすれて一日遅れてしまいました。
1612041635a 1612041635b
 日曜は一日雨。夕刻上がるもその湿気の影響かハルカス最上階あたりから湯気が出てそれはそれはなんとも幻想的。こんな状態見たことないなと思うも、冷え切った冬の夜はいつもこんな感じなんでしょうか。ハルカス…案外色んな姿を見せてくれるもんです。

(於:阿倍野区) 地上では阪堺電車は新線路上を行ったり来たり。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2016年10月25日 (火)

たまには純粋に立派な木を愛でようか。

 アホげを飾る植物は妙な状況がそこにあるのが常ですけど、これは違います。
Utsubo1 Utsubo2
 仕事の現場近くに靱公園。少し歩くとそこに立派な木。たぶんクスノキ。ゴツゴツした質感、かっこええ枝ぶり…雨あがりの湿度がそうさせるのか緑いっぱいのこの公園でひときわ何とも言えん存在感を発していました。ってまぁ、今日の気分にピタッと来るもんがあったということかなぁ。何や書けば書くほどよくわからん様になってきました。要するにコトバはイランということですな。

(於:西区) 大阪市HP内“靱公園の歴史”の写真見たら、なおさら立派に見えてくるわ。

保存

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧