大阪市中部

2018年6月 2日 (土)

過保護ちゃん、テントに覆われる室外機。

 ぼちぼち必要な気温となってきました、エアコンの。
Kahogo3
 三階建の長屋に並ぶエアコンの室外機。うちひとつだけが過保護ちゃん。雨よけにテント付けてもろてますわ。
Kahogo4 Kahogo5
 一見簡易に見えるもちゃんとお店なんかの軒先にあるテントの様に作られていますけど、これは特注品でしょうかね。けったいななぁと思うも、よく考えたら電化製品ですから、ホンマはこれくらいのことしてやらんとあかん気にもなりますね。
 ちなみに5つ並ぶ左端は三菱、右の3つはパナソニック、で、この過保護ちゃんはダイキン製。何となく一番頑丈そうなイメージがするんですけど意外です…ってまぁ、メーカーとこのシチュエーションには必然性はないと思いますが。

(於:中央区) これは1年半前の図。今はテントが破れたか骨組みだけ。
※関連記事:
過保護ちゃん、屋根付き室外機。』 2017年1月 記

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月 1日 (金)

6月1日に思う。 2018

 なんかすっかりスナップ写真ってL判にしてあげる/もらうってことがなくなりました。むしろあげてももろても「ちょっと迷惑かも」って感じがありますわ。自分の写真は自前のスマホで撮ってもらうが基本、他人のそれで撮ったものはデータでもらう。そう、プリントで写真を見るって日常から姿を消しつつあるなぁと思います。
 写真はスマホ、もしくはタブレットで見るもんって時代。そこで思ったのは「アップの写真は不要になっていくな」ってこと。ほれ、親指と人差し指でシュッと広げて…あの行為、何て言うんですかいな?え、「ピンチアウト」言うそうですけどそのピンチアウトして拡大するのが普通の時代にアップの写真は…要りませんわ。表情わかるほどアップで撮るより、その場所を含めて撮っておいて必要な時にピンチアウトすると1枚の写真で充分、情報としては…ですが。
 これは写真の歴史の中で大きな変化やと思います。確かに「この現状のここを伝えたいんや」的にはアップも要りますけど、普段の写真やと、いろいろまわりの状況が写ってる方が情報としても面白いですしね。
 思えば「広く撮っといてください、あとでトリミングしますから」てな気分悪なる撮影指示をしてくる編集者が出てきはじめたのが10年ほど前…すなわちフイルムからデジタルに移行しはじめた頃です。その流れが日常にも降りてきたってことでしょうかね。ピンチアウトして写真見る時代になって当時そんなこと言った編集者の気持ちがわかるなぁ…って否々。仕事は…そんなもんやないやろって。もちろん“仕事”の定義から話せんと噛み合わんのですけどね。6月1日、今日は“写真の日”。
Yodobashimae1 Yodobashimae2
 梅田のヨドバシカメラ前の歩道にカメラがあるとはこの春まで全然知りませんでした。

(於:北区) “公道を…”と一瞬思うも、ここはヨドバシの土地ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月18日 (金)

国立病院大阪医療センター壁上のオブジェ、ゲリラアート?

 姪が来て、ランチ行こかと上町筋を歩きますれば、国立病院大阪医療センターの壁上に何か置いてありまっせ。
Guerrillart1 Guerrillart2
 「何やいな?」程度に思いつつさらに行けば他にもあります…けど、ま、後でええわと先急ぎ、帰路改めて見ると…あるある。
Guerrillart3 Guerrillart4 Guerrillart5 Guerrillart6  ぐるっと一周回った訳ではありませんが上町筋に面した壁の上にあれこれこんなモンが置かれていました。
 最初見たヤツには塗装時の下地慣らしに使うヘラなんかがありましたので塗装業者がペンキ固まらせてしもて使えん様になった塊を放置してるんかもと思いましたけど数見ると…これはアートですな、アート。
 う〜ん、ほんまかいな。「アートの割にちょっとどうなん?」と、うちのひと。まぁなんと失礼な…と思いましたけど…確かに稚拙(失礼!)。どうでしょ? 今という時代の汎用品を凝縮させて何かを表現してるともとれますけど…ね。いやいやでもね、きっとこれ、アートなんですよ。何がって? これを置いたという行為自体がアートなんですよ、きっと。
 本当のところはわかりませんけど、どう見てもこの病院が置いてるとは思えん訳でこれ、ゲリラアートなんちゃいますか。灰色でじつに目立たん様に置かれていったいいつからおいてあるのか…知らなんだなぁ。
 最後に2枚「……」な作品を。これは一連のもんなのかただ灰色やというだけで私が間違ってカウントしたものなんかすらわかりません。いつまであるのかバレたら撤去されること必至。興味ある方、早いうちに体験してきてね、ゲリラアート♡。
Guerrillart7 Guerrillart8

(於:中央区) 案外患者さんとか職員さんの作品かも。だったらスンマセン。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2018年4月22日 (日)

街角の謎の貼り紙意味不明

 メモ書きみたいなものが、わざわざ街角に貼ってありますけど。
Angou1 Angou2
 何かを伝えたくて貼ってあるかと思われますけど、その内容がさっぱり解りません。何となくうまい儲け話に誘い込もうとする記述の様に思われますが…わからん。
 これはひょっとしたらこのメモ書きが落ちていて「探してはる人に…」と誰かがここに貼ったものなのかも。いやいや…これはヤミ取引の“暗号”なんかもしれませんな。そう思うと…取り上げへん方がよかったかも。

(於:中央区) よく見たら処方された薬の紙袋の裏…何の薬かも気になるな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月18日 (水)

雨にけぶる公園…

 朝より所用で玉造へ。道すがらの公園見れば、雨にけぶっていつにも増してしんみりしまっせ。
Amenokoen1
 それなりの面積ありながらまず人影を見かけんこの公園。晴れの日にもなぜか湿度を感じる(=個人の感想)とこですから余計に寂しいなります。
Amenokoen2
 新芽出す季節で清々しいはずやのに…って、誰も遊ばんから草青々な訳で。遊具のピカピカも…ちょっと沁みますな。

(於:中央区) まぁ賑わってる公園の方が少ないか、きょうびは。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月17日 (火)

ガラスに挟まれ二次元化する草

 朝から茶会。上質な一日の始まり…とか何とか。行く途中ふと道端を見ますと植え込みに黄色のかわいい花が咲いていて…春ですなぁ。ですが、ちょっと妙。いち部分が二次元化しています。
Onitabirako1 Onitabirako2
 撮ってもなかなかそのニュアンスが写らんもんで…チカラ不足やなぁ。まぁようするに板ガラスが何枚も立てかけられていて、その隙間に芽を出し葉つけ花咲いているんですよ。みずから“押し花”になって二次元化してオモロイ様な気の毒な様な。
 雨風や虫に守られ…とも言えるもなんとも窮屈そう。春の訪れが快適とはいかなんだんやなと思うとやっぱり不憫ですな。
 で、この草よく見るも名前知らんなと調べますれば“オニタビラコ”かなぁ多分ですけど。何と恐ろしい外来種全開の名前やことと思いましたけど“鬼田平子”で在来種とか。何も知らんなぁ…ほんま。

(於:中央区) 昼からは茶の湯に導いてくれはった夫妻訪ね京都は嵯峨へ。超上質な一日…とか何とか。

※関連記事:
二次元化した観音竹』 2013年3月 記

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年3月26日 (月)

午前8時22分の中之島

 都心の谷底で生きてると、卑屈になってしまう…そんなことないけど。
1803260822
 たまに心の深呼吸せんとアカン気がして。広い景色見ながら陽の光感じて…生活空間がひとの気質を作り上げていくかもしれんなとこういう景色見るたびに思うな。

(於:北区) “春霞”ととると風情あるけど“PM2,5”かもと思うと…

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年3月 7日 (水)

南天ひとくくり

 あまり愛でてもらってない感じ。
Hitokukuri1 Hitokukuri2
 見ての通り南天が養生テープでひとくくりに。まぁこうせざるを得んとは思うも何とも邪魔モン扱いって感じで気の毒な限りです。せめて目立たん針金なんかで束ねたらええのに…っと思うもそれ以前に“街路樹に南天”ってのに無理がある気がします。まぁ…勝手に生えてきたのかもしれませんけど。

(於:浪速区) 緑色のテープ使って配慮してるつもりかもな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年3月 1日 (木)

ビルの谷間に梅咲いて…って天満宮の端っこ。

 今日から三月。
Temmanguume1 Temmanguume2
 南森町あたりで毎年恒例の仕事。はよ着きすぎて今年初めてあたりを一周。街中のビルの谷間に春告花。こんなところに毎年咲いていたとは知りませんでした…ってそこは天満宮の一角(星合池)ですから当たり前と言えばそれまでですけど。朝からちと軽やかな気分に…なるも仕事でちょっとヘマして。なんかミスするのも毎年恒例…って、情けないなぁ、しっかりせんかい。

(於:北区) 結局仕事に対する姿勢の問題…根が深い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年2月14日 (水)

ビルの隙間にメルヘン挟まってるナンバ

 難波某所で仕事。梅田はドンドン広がりシュッとした街にますます磨きかけてますけど難波は…ナンバですなぁ。
Marchen1 Marchen2
 てなこと思いつつ歩道橋下より見上げますればビルの隙間にメルヘンが挟まっていました。そして再び「難波は…ナンバやなぁ」と。
 “街”って、こういうモンが見え隠れして潤うってもんやんなと思たりしますけど、どうでしょ。

(於:浪速区) 説明写真載せるの無粋やと思いつつ…

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧