大阪市中部

2017年12月15日 (金)

わしの知らん大阪。

 北区は大淀の方で仕事。阪急は中津駅から歩いてもそこそこあるし…で、梅田から歩いて行こっと。その前にJRを越えなあかん。てなわけで大阪駅を突っ切りますれば…へぇ、カッコええやん。
1712150957
 時折ホームから見上げるだけで「威圧感あるな」程度にしてか思てませんでしたけどなんのなんの…ええわぁ。
 まぁきっと朝の光まわりも手伝ってのことでしょうけど、この2017年に自分が学生やったらそらもう夢中で撮りに来てたやろなぁと思いますな。
 お子は言います「東京へ行きたい」と。その度「あのなぁ」と思います。「大阪の都心も知らんで何が東京や」と。でもまぁそらそうやわなぁ。建物立派でも…いまや完全いち地方都市やもんな大阪って。とか何とか。

(於:北区) 要するにひとが騒ぐとこ行きとないねんな、うん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月13日 (水)

今年も遭遇“つかめ!合格”の吊り革。

 山本駅から近鉄電車に乗って座って…ふと見上げると、つり革の上にダルマがいまっせ。
Tsukame3 Tsukame4
 すぐに立ち上がってじっくり…なんて恥ずかしくてできません。ひと気なくなるまでじっとガマン。鶴橋駅でほぼ皆降りて見に行きますれば、これ、二年前にも見かけた“つかめ!合格”の吊り革。即ち五角形を“合格”とかけてそれ掴んで合格祈願ってって算段のもん。今年はそれにダルマまで乗ってアピール度アップしてちょっといやらしいなと思いつつ出くわした事実に「ついてるなぁ」と思うも調べますれば大阪・奈良・京都の近鉄車両に77本もあるとか…なんや。
Tsukame5 Tsukame6
 まぁそれでもやっぱり嬉しい。必要ないのに握ってきましたで、五角形のつり革きっちり。
 それより“恋愛成就吊り革“金運招福吊り革ってのがあるとか。前者は3本、後者は1本というレアさ。そうか、年末年始は意味もなく近鉄乗りまくりですな…って、おおいに意味ありますけども。

(於:天王寺区) ヤサカタクシー四つ葉のクローバーみたいなもんや。

関連記事:
五角形で…“つかめ!合格”の吊革近鉄の。』 2016年1月 記

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月29日 (水)

難波宮前の街路樹の紅葉、16時15分。

 仕事終えてバスから降り立つと、まだ4時過ぎにしてすっかり寒々しい夜の気配…ま、ちょっと言い過ぎですけど。
1711291615a
 霧立ち込める街並み、見上げると街灯がともり…こういう陰気な秋景色も悪ないなぁと思って撮りましたけど…あんまりそんな感じには見えませんね。
 印象そのままにとも思いますけど、見映えせん写真もどうかとも思うし…ちょっと悩むなぁ、悶々。

(於:中央区) 足元は枯葉でいっぱい…でもなかった。師走になってからかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月26日 (日)

阪和線の車窓に見える南港通の夕暮れ。

 走る電車の中から撮る夕景もおつなもんやなぁと。
1711041716
 阪和線の車窓から見える夕景が何とも物悲しく感じられてあれこれ。思った以上に不鮮明な写真に仕上がりましたけど、その時のこころの有り様を思うと、こんな感じに近かったかも…ってそもそも人間の目が流れ行く景色をいちいち鮮明に把握してるわけでもないので正しくこれが事実に近い写真なんですけど。
 ついつい“ブレとかボケはダメ”とか“水平が出てへんのは気持ち悪い”と決めつけてしまう性分で…そういう思い込みがいろいろ邪魔してんなぁと思うたり。けどまぁキッチリしてんと気が済まんというのも大事やとも思い…わぁわからん。何でもええわ。

(於:東住吉区) まぁ早い話がネタ不足っちゅうことで…まぁそれも良しや。自分に甘い山本龍造。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月25日 (土)

船場の道端のみおつくしの蓋

 なんでまだ言うてはんの…って感じ、あの人ら。
Miotsukushi1 Miotsukushi2  先日納品で船場あたりを行きますれば道端でこれに出会いました。
 風格ある石の枠、そして鉄板には堂々の“みおつくし”…なんとなく手裏剣っぽい雰囲気をも醸し出していてカッコええです。
 決してかわいくない。全然媚びた感じもせん。大阪の気概が感じられるなぁ…ってそれはまぁただのお国自慢的感覚かな。
 こんなところにも歴史あるモノがあってそこにみおつくしが記されている…何や知らん間に交通局の民営化が決まってしもて市バスからもこの市章が消えるってことですけど、さみしおまんな。こんな調子でやっぱり知らん間に大阪市もなくなるんか? 僅差といえ永続と決まったはずやのにけったいなことで…ってちょっとそれ気味。で、これ何の蓋でしょ?

(於:中央区) ここらもどんどんビルが建て替わってますな知らんうちに。

※関連記事:
道修町の鉄蓋3つ。』 2011年6月 記

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年11月23日 (木)

昭和なプラ看板 151 ● アサヒビール

 スーパードライは今年で30周年。
Kokukire1 Kokukire2
 これはその前にロゴマーク変えて出されたアサヒ生ビールのですな。この店オリジナルなのか他では見たことのないデザイン。今よりまだ瓶ビールが流通していたであろうとは思いますけどこの“大瓶”を全面的にアピールしているところがちょっと嬉しなりますな。あぁ私は当然瓶ビール派…ですが何や瓶ビールだけ今度値上げされるそうで、缶にシフトせざるを得んかな…ってそうか、第三のビール一本にしときますわ、どうせ缶なら。
 で、アサヒビール。スーパードライと言えば“コクがるのにキレがある”やと思ってはる人が結構多いですけど、そのコピーはこの“生ビール”のであってドライは“飲むほどにドライ、辛口・生。”なんですね。まぁ、どうでもええですか。

(於:西成区) わしは好きや、スーパードライ。邪道と言われようともな。

※関連記事:
昭和なプラ看板 22 ● アサヒビール』 2009年3月 記

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月21日 (火)

一本足のポスト、骨折中?

 よく見る四角いポストですけど、一本足は骨折中?
Bohapos1 Bohapos2
 見ての通り足のまわりが箱で覆われています。まるで台座の上に置かれてるみたいで何とも格好悪い図。しかもトラ模様まで施されまるで危険物扱いされてまっせ。
 これはきっと一本足の具合が悪なってるんやろと覗き込もうとするもどこにも隙間なし。結局なんでこんな状態にされているのかさっぱりわからんのでした。
 謎のまま怪しポストを後にするのもなと悶々としておりましたら…あ、なんか小さい字が書いてありまっせ。
Bohapos3 Bohapos4
 何なに? そこには

防犯カメラ録画中(ビル2ヶ所設置)

…なんと物騒な。
 監視されている郵便ポストって…これは気味悪いですなぁ。しかも2ヶ所からとは。ということはこの状態、誰かから悪さされて骨折して一本足で立てん様になってこんな状態になってしもたってことでしょうか。まぁこのコトバとこの状態は関係あるとは言い切れませんから…あくまでも憶測ですが。
 そう言えば以前、こんな状態のポストを見ました。
Orepos1 Orepos2
 そこには“経年劣化等を理由に撤去する”という貼り紙が。足元見ればご覧の通り鉄が腐食して今にも折れそうな状態。まぁ、これやと仕方ないですかな。でも“立て換え”ではなく“撤去”ってのが時代なのかもしれません。まぁこんな状態になること思えば昔ながらの丸ポストは、重厚でこんな心配絶無って感じ。
 こんなのも存在すること思えば、やっぱり箱に囲われた先のポストもこんな状態なんかもしれませんな…と思いつついまストリートビューでチェックしますればかなり以前よりこんな状態。どうやら阪神高速がらみの工事が終わるまで一時的に位置が変わったりしてるみたいですから…コレは動かしやすい様にした仕様なんですなきっと。なんや、一気におもろなくなったわとか思いましたけど、監視カメラで録画してるということは…可動式をええことに盗みよる輩がおるってことですな。ムチャクチャしよんなぁ、誰や。

(於:西区、豊中市) ワシもきっちり録画されてるな。かめへんけど…気ぃ悪いな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年11月18日 (土)

阪神高速工事中の図、本町〜阿波座あたり。

 ずっとやってるなと思いつつ何げに見ていた阿波座〜本町あたりの阪神高速の工事。過日正午頃改めて見ますれば…引き込まれますわ。
Hknsj1
 ずっとこれ、耐震補強工事やってるんやろ程度に思ってまして、神戸の地震からいったい何年掛かってるやと思ってましたら…違てました。そらそうですな。
 調べますればこれ、西船場ジャンクションというもんを造ってる途中とか。説明よく読めばなんのことかわかるんでしょうけど、それにはあんまり興味なくて…うん、純粋にカッコよろしいやん、こういう構造物施工してる現場って。ふと思い出す幼少期の生コン車の運転手になりたかったあの頃を。
 とは言え何がどうなって出来上がるんかはもひとつわからんというか気にかけてなかったのですが、こんなもんが地面に置いてありました。
Hknsj2
 うわっ。これってまさに高速道路の一部ちゃいますの。ということは…へぇ、どっかで部品(?)こしらえてここで組み立てていくんですか。びっくり…と思いましたけど、橋梁なんかもそうやって造ってること思えば、まぁそんなもんかとも思いますけど、やっぱりちょっとびっくり。こんな重たいもん運ぶ技もたいしたもんですな。これは10日の図ですから、もうどこかに設置されているのでしょう。
 光まわりも手伝ってほんまカッコええなぁと思う昼下がり。電車賃ケチって阿波座から本町まで歩いて大正解な一日でした。

(於:西区) こんな街中に置いてあるからカッコええんかもしれませんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 9日 (木)

“いいことばかりはありゃしない。ばってん 坂井ユウジロー。”坂井ユウジロー展

 長屋の玄関開けたらそこは坂井ユウジロー画伯の世界。
Sy2
Sy1  明治時代長屋であの坂井ユウジローさんの作品が展示されるということで初日、さっそく行ってきました。
 やっぱりええなぁ、とりあえず理屈ぬきに楽しませてくれはります。何か懐かしい気分にさせられるのは作品の持つ表層的なところから来るのか?否々、きっと坂井さんの人間性によるところが大きいなぁと思います…って当たり前か。
 すべての作品に共通して流れるのは“個”を尊重しましょうという姿勢でしょうか。“お互い好きなことして楽しく生きましょうや”というニュアンスが感じられます。キツイ言葉で言うなれば「干渉しませんから、干渉せんといてください」ってことかな。何かええ言い回しないかいなと思えば、あったあった。それは

 “突っぱねてる様でぬくもりのある眼差しに漂う無常観…とでもいうのか。飄々とした中に生きる“決意”みたいな強さが…

…ってこれは以前、氏の展覧会を見た時の記事からのコピペ。今回は文章はあまり書かれていませんけど、やはりその様なことを感じました。
Sy3
 琺瑯看板風のものから水墨画、食品トレーに描かれたものやら浮世絵風18禁モノなど何でもあり。それが違和感なくどれを取っても真剣に楽しんで描いてはるんやなと感じます。それぞれの技を駆使して世の中と対峙する…そやなぁ、好きにやりつつも社会の諸々をどう取り込むか、か。気楽に鑑賞できる分、余計に自分の覚悟なき生き方にアカンなぁという気分になりますわ、少し。
Sy4 Sy5 Sy6 Sy7
 価格の付け方もこれまた何と申しましょうかスーパーのチラシで見る様な数字。これも…ある意味現代美術なんかに対する氏の疑念というか皮肉というかそういうのがあるんでしょうなぁ。
 で、会場は谷町六丁目から徒歩3分ほどのところにある“銀杏菴”。ちなみにここはこの土日に行われるイベント“オープンナガヤ2017”参加の会場のひとつです。坂井画伯の作品同様、長屋を見ることができるええ機会かと思います。

“いいことばかりはありゃしない。ばってん 坂井ユウジロー。”坂井ユウジロー展
  ・11月9日(木)から17日(金)まで。
  ・13時から19時[11日(土),12日(日)は10時から20時まで]
  ・銀杏菴/ 大阪市中央区龍造寺町7-17

(於:中央区) 覚悟ある生き方に憧れるわ。

※関連記事:
“安治川旅情”坂井ユウジロー展』 2014年5月 記
防火水槽 111 ■ 京都市上京区六軒町通今出川上ル佐竹町』 2013年4月 記

※追記:ユウジロー作品は教養あるとより楽しいとか。てなわけで山本龍造にはその魅力半分ほどしか理解できてない模様。はぁ。

保存

保存

保存

保存

保存

保存

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月 8日 (水)

NISHI  Ō  SAKABUILDING

 前々から気になっているこの字間、改めて見たらやっぱり妙やわ。
Nishiosakabdg1 Nishiosakabdg2
 “NISHI  Ō  SAKABUILDING”…その“オオサカ”ではなく“オーサカ”と読んでほしい気持ちがとても表れていていいなぁと思います。
 まぁ全体的に何かトボけた雰囲気が字詰めにあって妙ですけどこれこそ“味わい”ってもんでしょうかね…ってそうですなぁ、自分が施主やったら、ちょっと嫌かもしれませんなこういう“味わい”は。

(於:西区) 小学生下校中…都心に子供が増えたなと感じる昨今。

※関連記事:
業界団体の会館 35 ◆ 大阪洋服会館』 2011年2月 記

※「これって2013年3月23日に記事にされてますネ。最近は少しマンネリ気味⁉」 とん?さまより御指摘ありました。自分の記事が把握仕切れてないとはおはずかしいかぎり。そのうち消します。指摘おおきにです。

保存

保存

保存

保存

保存

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧