大阪市北部

2019年2月13日 (水)

町名看板、虫食い状態。

 町名看板あるも…ここはどこやねん。
Mn21a Mn21b
 歯の検診終えて帰りバスに乗ろかと歩いてますればこんなヤツ発見。色合いしっかり残るも肝心の部分がなくさっぱり用をなしていない状況。「なんじゃこれ」と近づき観察しますれば…うん、どうやらアクリル板の町名看板が剥がれ落ちて、接着剤の付いていた部分の塗料だけがコンクリブロックにこべりついている状態の様です。
 きれいに転写しているとは言え虫食い状態、味わいある様なない様な…ですが用をなしていないという点において充分愛でるに価するかと思いますが、どうでしょ。

(於:都島区) 色あせ透明になったのも見かける。アカンなアクリル製のは。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年1月22日 (火)

振り返ればそこは昭和30年代…風

 今里筋線は井高野駅で降りて…今月2度目となるここらでの仕事。細長い公園を行きつつ低い送電線の鉄塔が気になって振り返りますれば…いきなり昭和30年代にタイムスリップ。
1901221247
 いやいやもちろん平成31年の光景ですけどね、何なんでしょ、そう感じさせる景色やなぁと思いまして。
 先に触れた低い鉄塔とか比較的低い市営住宅がそう感じさせるのでしょうかね。ま、誰も遊んでないすべり台もそんな気分にさせる要素かな。どことなく春近しな光まわりの12時47分の図。

(於:東淀川区) ソフトフォーカスかけたらばっちりやろな、せんけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月17日 (木)

昼下がり、空港バスの車窓から淀川眺めつつ…1月17日。

 この先に神戸があって…合掌。
1901171215  1月には例年必ず伊丹空港を訪れる予定があるのですが今年も昨年同様17日でした。空港バスの車窓から新淀川を眺めるとやはりあの震災を思います。昨年の記事も同じ様なこと書いて“一期一会を実践して日々生きていたら云々”と綴ってますけど、その思いこの一年保ち続けてたかいな…やっぱりこの日だけそんなこと思ったりしてるだけって感じがします、正直なところ。
 ここ数年、自然災害が多くてもういつ何が起こったのか覚えきれん状況であること思うと、あの大震災のことが特別なことではないなと感じる傾向にあるのが現実。でもやはり特別な日であり続けるのも事実。それが24年の歳月の様にも思います、私にとっての。

(於:福島区〜西淀川区) やっぱり原発事故は自然災害とは別次元やな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月 8日 (火)

ツタに枯れ枝気色悪さ倍増

 東淀川区某所で仕事。今里筋線は井高野で降りて…は2度目かな。このあたり、クルマで通過することあれどまぁ縁のないエリア故、ええ天気も手伝って歩くとちょっと新鮮。
Juwajuwa3
…でしたけど、ちょっとこれ見てスーッと寒なって…いや、気分がね。葉が茂って青々してる図もたいがいですけど、こっちの方がめっちゃ苦手。そこに桜の枝までグルになって「どや、気色悪いやろ」と迫って来よりますわ。でもまぁ怖いもん見たさもあるし…で1枚。やっぱり気色悪い。家の近所やなくてよかったぁ。

(於:東淀川区) 菌の繁殖みたいやっていうのもあるけど、生理的に怖いんやわ。

※関連記事:
ツタ葉落とし怪しさ倍増の建屋』 2018年12月 記

洋館を覆うツタの気色悪いこと…』 2012年2月 記

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年1月 2日 (水)

正月は2日の夕暮れ、旭区生江午後5時17分。

 正月の町並みは、静まりかえってええ感じ。
1901021717
 ひと気がないと空気まで澄んでいる様に感じますなぁ…って元日の夜は雨でしたこと思うとホンマに澄んでいたのかもしれません。
 見慣れた町並みがしっとりと落ち着いた顔を見せるってのも正月ならではの風情ってもんですかな。ええわぁ。

(於:旭区) しゃぶしゃぶ、牛肉とカニの対決は、肉の圧勝…人気の差ですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月26日 (月)

物悲しい日の出前、6時37分神崎川は江口橋にて。

 日が短いということは、朝も遅いということで…
1811260637
 京都へ仕事。6時に出るとまだ夜のまま。徐々に明るくなるものの…何か遅いなぁって感じ。調べますれば今日の日の出は6時42分やったとか。もわっとした朝景色、活力みなぎるって感じより物悲しい空気が漂ってるなぁ。ま、日の出前はいつもこんなもんですかいな。そんなこと思いつつ神崎川は江口橋の上で信号待ちの合間に一枚。写ってる写ってる、うん、その時の気分が。

(於:東淀川区) 仕事終わって外でたら17時前にして世間が暗かった…さみしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月30日 (火)

ヒイラギの葉にトゲがないけど…

 歩道行けば…脇にヒイラギ。
Hiiragi1 Hiiragi2  「かなんなぁ」とトゲを気にしつつふと見たら、つるんとしたトゲなしの葉っぱもありますわ。同じ木でトゲありトゲなし…これどういうことなんやろとwikiで調べますれば、

 “老樹になると葉の刺は次第に少なくなり、縁は丸くなってしまう

とありました。なんや、自分が知らなんだだけですんませんでした。そうかと思いつつもうひとつネットで見つけた記事にはこんなことが。

すべての葉がトゲを持っているわけではなく、葉を食べようとする外敵に対抗するためにトゲを出している(ナショナルジオグラフィック“ヒイラギの葉、トゲ発生の仕組みが判明”)

 こっちの方が何となく「そうなんか!」って感じ。街中でこの葉を食べる様なケダモノはあんまりおらんでしょうからトゲもいらんし…で、棘レスになってるんやなと。ってまぁ極めて凡人の勝手な解釈なんですけど。

(於:東淀川区) トゲない葉っぱもカワイイな。

※関連記事:
カイヅカイブキのトゲトゲ』 2009年5月 記

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月24日 (水)

小松の“小松”

 東淀川区某所で仕事。上新庄駅降りたら…なかなかええ感じの街。ぐるっと回ってふと下見れば…おぉこれはこれは。
Komatsu1 Komatsu2  ゴミ置場にされそうな電柱のネキに松が生えてまっせ。よっ!“ど根性マツ”。
 まわり見渡しても松の木は見当たりませんけど…どこから来たのか不思議な感じ。松のど根性化自体珍しいのちゃうかと思って検索してみましたら、案外あるもんで…とは言えまぁそれなりに珍しいのか“ 防波堤に「どどど根性松」 現在30センチ、成長中 ”と産経新聞では記事にしてはりますわ。まぁ…風情あるところに生えてきたから特別扱いされてるんでしょうけど。
 家に帰って写真見て、いつからあるのかストリートビューでチェック…で、そや!ここの町名“小松”やったやん。そうか、コイツの町やったんですな。小松の“小松”…もっと町のシンボルとして大事にされてもええんちゃいますか、うん。

(於:東淀川区)  “小松”って地名からすると、松が育ちやすい環境なんかもしれん。

※関連記事:
隙間から茂る木、大事にされてる。』 2017年12月 記
ど根性いちご』 2017年5月 記
ど根性葉ボタン』 2016年8月 記
ど根性セイタカアワダチソウ』 2015年9月 記
ど根性桜』 2015年4月 記
文化住宅裏手にひっそりど根性タマスダレ』 2014年9月 記
河内のど根性樹木。』 2011年4月 記
和風テイスト ど根性草』 2009年5月 記

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年8月14日 (火)

千林、向こうに入道雲、午後3時58分。

 お盆、お墓参りの道すがら。
1808141558
 はるか向こう、道の果てに入道雲。縦に盛り上がって…あまり見かけん状態に思いますがどうでしょ。
 20分ほどのお参りでお子7ヶ所蚊に刺されてますわ。蚊取り線香焚いてるのになぁ。ちなみに私はゼロ。おっさんの血はマズいのが今日も証明されたのでした。

(於:旭区) ちょっと夏休み…です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月19日 (月)

店舗付文化住宅、見上げれば角にコカの看板ふたつ。

 今日もいっときましょか、懐かしのドリンクもん。
Honchi1 Honchi2 Honchi3  文化住宅に店舗がくっ付いたちとユニークな建屋。階段錆びプラ看板は割れ、軒のテントもやぶれるも昭和を伝えようと今日も頑張ってるって感じ…とか思いつつ見上げれば角に意外? いややっぱりでしょうコカの看板がふたつ。
 コカコーラのそれはもう錆びサビ。判読不明寸前ながら夕日浴びてテカるとうっすら見えるかなぁ状態。併記してあるCoKeは…未だE電レベルの普及率ですな。
 スプライトの方はもうちと新しいモンみたいでまぁ味わい深いとは言えんってところでしょう。
 背景に見えるは今日的集合住宅。そうそう文化住宅にとどまらず最近では4〜5階建てマンションなんかもどんどん建て替えられてます。高度経済成長期のあんなもんこんなもん、気がつけばみんな50歳あたり。そうなんやなぁ…山本龍造もはたから見たらこんな感じ、か。

(於:東淀川区) お店の屋号も…泣かせるなぁ。

※関連記事:
ペプシコーラの看板の上、スィートキッス。』 2018年2月 記
甘党 タイコ焼で7upにCoca-Cola。』 2016年12月 記
街角の 民家に残る スプライト』 2013年6月 記
“さわやかになる ひととき”…か。』 2011年11月 記
民家の軒下、ひっそりペプシ。』 2011年1月 記
セブンアップの看板、元食料品店に残る。』 2010年9月 記
ほか

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧