摂津(大阪市外)

2017年9月27日 (水)

砂場のサメ

 今日は西宮は鳴尾浜某所で仕事。
 阪神は武庫川団地前駅で待ち合わせ…わぁここは今までも、そしてこれからも来ることはないなぁって感じの街でもない田舎でもない不思議なところ。少し時間もあるわとさまよいますれば団地の隅にちょっとした公園。そこの砂場が、こんな感じ。
Samefuu1  “砂”を海に見たててこれはクジラ?イルカ?…いやぁ、どうも“サメ”っぽいなぁ。
 まぁそれでも充分「はぁ?」ってなもんですけど。横から見たら、もっと「はぁ?」。
Samefuu2Samefuu3 えぇ…何か顔だけ出されて“生き埋め”状態なのか二体。目元見ますと…何や死にかけというか何というか生気を失ってまっせ。
 どういう趣旨のアート作品(?)なんかわかりませんけど、これはちょっと怖すぎ。そ らぁ誰も遊ばんわ…と思いましたけど、雨の日、しかも午後一時台では、児童も園児も居ませんか。しかしながら…妙なセンスやわぁ。

(於:兵庫県西宮市) そもそもどう遊んだらええんか…

保存

保存

保存

保存

保存

保存

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月26日 (火)

“カベにボールをあてない!”

 何かなぁ…
Kban1 Kban2
 名神高速の高架下、公園等に公開されている一角にはこんな看板。跳ね返って道路に飛び出すと危ないからか、近所民のら騒音のクレームがあったからなのか。むかし普通にできたことができん…「ゲームばっかりすんな」と言えませんでな、うん。

(於:吹田市) 耐震を考えてダメージ与えん様にということかもな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月22日 (金)

“豊津町32”の町名看板は手書き

 立派な旧家に一本松を愛で、現・豊津町の蔵人地区を北に行きますと、ここにも蔵のある一角が。雨風に打たれた焼き杉板が綺麗に木目を浮き立たせてええ味わい。角に取り付けられた町名看板もちょっとくたびれてええ感じ…って、味ありすぎやなと近寄りますれば…なるほど。
Toyotsucho32a Toyotsucho32b
 うまいことそれ風ではありますが、これ、手書きですわ。
 ずっとここにあるも経年劣化で字がかすれ「これはイカン」と書き直し。昔ながらな景観を維持しているこの村ならではの細かい心遣いが感じられますわ。
 「わかればええやろ」とならず、一生懸命書くもちょっと完全でもなくて…ええ線いってます。ストリートビューで見ると2010年には既に手書きされていますので、ペンキもこなれて今が旬なんかもしれません。きっとここのお方が書かれたのでしょう。小さなことながらこういう気遣いって、大事なことに思いますわ。

(於:吹田市) 文字消えたからって取り外したら杉板の風合いがそこだけ違うやろしな。

※:関連記事:
“清酒日本城”まで再現とは…和歌山市美園町2の修復済町名看板』 2015年10月 記

保存

保存

保存

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月21日 (木)

江坂あたり、蔵人の一本松。

 吹田市某所で仕事。江坂駅で降りていつも通りまずはあたりの探索。駅周辺はおもろないわと西へ西へと向かいますれば道が細くなって急に旧村が。いきなりええ松が出迎えてくれてますわ。
Kuroudo1 Kuroudo2
 立派な旧家からこれまた立派な松が敷地から路地に出っ張りながらシューっと青空に向かって立ってますわ。空の青さに負けずとこっちも青々…いや緑々と言わんならんでしょうかさすが常緑樹。見ているだけで気持ちのええ一本松ですわ。
 当然根元がどうなっているのか気になるところ。根っこは向こうで幹がこれまたきっちりと塀にビルトインされています。生長で少し石垣が手前に出ているも左右のそれはびくともせん状態。さすが旧家、頑丈な塀で守られています。完全な一体化…松あってナンボのええお宅やこと。
 てなこと思いつつ横にある勝手口見ますと…これまたええ感じなものが。
Kuroudo3 Kuroudo4
 “ 押 ス ”。琺瑯製で“ス”とカタカナ表記。
何で“ス押”と右から書いてないのか不思議なくらいの年代ものですね。“火の用心”なんかのそれは見かけるもこれは初めて。“引き戸”中心やった頃にはこの様に記しておかんとわかってもらえなんだということでしょうかね。あ、そうや、ここは勝手口。昔は日中施錠せんで御用聞きとか他人が出入りしていたという証でもありますね。それを思うとセコムのシールがむなしく見えてきます。
 通り過ぎて振り返ると、こんな感じ。
Kuroudo5
 舟か何かに使われていた木を再利用したかの様な壁の蔵があってええ感じ。豊津町25…調べますればここらあたりはかつて“蔵人”という地名やったとのこと。だから“蔵”も多いのかどうだか…それは知りませんけど、どうやら由緒ある村の様です。
 ま、アホげの守備範囲はこの辺までですか。詳しくは今をときめく大阪の文化人(…って薄っぺらい表現かな、スンマセン)、新之介さんのブログ“十三のいま昔を歩こう”の“消えた地名、蔵人”をお読みください。他にもこのあたりのことを詳しく書かれた記事がいっぱい。さすが…です。

(於:吹田市) お向かいは駄菓子屋さんとか。閉まってたのはたまたまか、はたまた店じまいか。

保存

保存

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 6日 (水)

風格あるネコ

 Instagram限定ネタと思ってましたけど…ちょっともったいないわ。
Fuukaku
 ある夏の日の午後、探索してますれば右の方からネコ一匹。こっち見ながら数歩媚びずに寄ってきて「よっ、元気?」って感じで目の前に佇む。カメラ向けると「カッコよぉ撮ってや」と言わんばかりに視線はずしてポーズとって…その面構えがたまらん。高槻は芥川町の住猫。

(於:高槻市) 時々おるねんな「お前人間やろ」な動物が。

保存

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月30日 (水)

ガードレール用支柱8本で完全防備の図。

 ガードレール付けるには幅がなさすぎ、とは思うも…
8poles1 8poles2
 歩道の隅の私有地(?)に、ご覧の通りドヤッと白いポールが8本。どっかで見たことあるその形状は…ガードレール用の支柱ですわ。それをこれだけ並べたら、そらもう本来の姿以上に強靭なパワーを発揮することでしょう。
 高さ変えたり二列にしたり、実質本位な様でそれなりにセンス良くまとめられていてええ感じ。それでもやっぱりこれだけ並ぶと…威圧感あります。

(於:豊中市) 何となく生えてきた様に見えるなトクサみたいに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月26日 (水)

住居表示に○○○

 変わった住所、“○”が使われてまっせ。
Ooo1 Ooo2
 ほれ、ご覧の通り住居表示のプレートの最後が“○○○”と○三つ。住所って最後は数字で終わるもんやと思い込んでましたけど、こんなんもありやとは、ちょっとびっくり…とか何とか。
 はい、ここは集合住宅の入口。というわけでこの“○○○”のところに“103”とかが入りますということを言ってる訳ですので、別に変なことでもないんですけどやっぱり妙。○の手前にハイフォン“ー”があって“-○○○”って状態が、何ともダンゴっぽいっていうのも妙さのひとつです。こういうプレート、普通にあちこちにあるんでしょうか。

(於:高槻市) 水平に貼らんと手摺に平行にしたのかも、妙。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月25日 (火)

むかし觀念寺、いま芥川町二丁目5…かなぁ。

 東海道線は高槻駅あたりの昔ながらな一角に、こんな看板がありました。
Kannenji1 Kannenji2
 ここの表札?…まさかこれがお寺やとは思えませんのでその線はないでしょう。下部に広告が記されているところを見ると、普通考えられるのは、町名看板やないかと。右の写真の下の方には“芥川町二丁目5”と書かれたブリキ看板。やっぱりこの“觀念寺”は…地名に違いないわとその場を後にしましたけど…どうなんでしょ。
 帰宅後ネットで調べて見ましたが“觀念寺”という名の町名は見つけられずで…何なんでしょ。
 先にも触れましたが下部には広告があり、そこには“日の出バス”と記されています。日の出バス…調べますればこれは高槻市営バスの前身にあたる会社で、1954年にその経営が移ったとか。と言うことはこの“觀念寺”はバス停の名前かも…と思うもここはほぼ路地。バスがかつて走っていたとは考えられません。
 で、結局のところこの“觀念寺”は何なのかはわからんまま。現地名の“芥川町”、調べますれば大阪府三島郡のかつてあった自治体で、1931年に周辺町村と合併の末“高槻町”となり、消滅したとあります。と言いうことはそのかつての自治体の“芥川町”時代の町名に“觀念寺”があったのやないかと思ったりするんですが、どうでしょ? ご存知の方、お教えいただければさいわいです。

(於:高槻市) 案外ここがお寺なんかもしれん気がしてきた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月24日 (月)

むかしもいまも芥川町四。

 奥まったところに町名看板。
Akutagawa4a Akutagawa4b
 こんなところに掲げて誰が見んねん…と思うも、そんな場所やからこそ錆びはしつつもずっとここにあるんでしょう。しかしながらやっぱりこの手の看板は、木造建屋に似合いますなぁ。下部には“清酒 國乃長 Kuninocho”と地元のお酒の広告。ここがやっぱり最大のあじわい。こういうのに出会うと、何とも旅気分に浸れるもんです。ちょっと一杯呑んで帰るとなおよろし。ま、残念ながらそれができなんだんですが。

(於:高槻市) しかしまぁよく錆びて…これは琺瑯製やないんでしょうかね。

※関連記事:
むかしもいまも富田町3。』 2012年5月 記

保存

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月23日 (日)

懐かしのトンガリ文字

 京都の人と打ち合わせ…ってことで相寄り高槻へ。高槻って思いの外ひと多い賑やかなところで同じ様なコーヒー店も隣向かいにあってへぇーって感じ。ま、それはよろしいか。仕事終えて商店街を行きますれば…うわぁ懐かしい感じ。
Osakanoen1 Osakanoen2
 「ほなどこで見たことあるん?」と問われれば思い出せんものの、確実に半世紀ほど前には割とそこここにあった書体の様に思うのですが、どうでしょ?
 “株式会社”まで同一の書体。その徹底ぶりも昔のスタイル。堂々の社名と相まってよろしいなぁ。
 日曜定休ってことで撮ることができてよかったヨカッタ。この社名ですからてっきり肥料や種苗のお店かと思っていましたらどうやらお花屋さんの様。開いてるときに見るともっとこの社名に書体が映えることでしょうな。

(於:高槻市) CupNoodle”の書体は色褪せんなぁ…と思ってましたけど、よく見ると’70年代全開かも。

※関連記事:
可愛ぃ懐かし葉っぱ文字』 2011年9月 記

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧