摂津(大阪市外)

2019年2月18日 (月)

早野牛乳処理工場

 ずっと前に2回この前通って撮って…とは言え調べても何らわからんなぁと今までほったらかし。
Hayano1 Hayano2  阪急は塚口駅降りて旧村の雰囲気が残る一帯を歩きますればこんな看板がありました。
 読んで字のごとくでここは牛乳工場かと思われますが乳くさい匂いもせずひっそりした様子。住所と思われる表記は“塚口字辰巳”…看板は残るももうその使命は果たしていない様子でした。
 こんな便利な時代やしといつものごとく調査もせず帰宅の後あれこれ検索してみましたが…まぁ全くと言ってよいほどその情報は出てきませんでした。これがアホげの弱さやんなぁ…と思いつつ何年経ってんねんって感じ、反省。
 なんて言いつつまぁこれからもこんな感じかな。そこでずるい山本龍造といたしましてはこれを読んだ皆さんから何かこの牛乳工場の味なり思い出なんか聞かせてもらえないかぁと淡い期待をしている訳ですが…安直で申し訳ありません。
 どんな業界も大資本に追いやられるか集約されてしまってなんかつまらん限り。今のうちに小規模で地元に根ざしていたであろう諸々のことをとどめておきたい様に思ったりします。

(於:兵庫県尼崎市) “牛乳処理工場”…ミルクプラントとは随分違うな響きが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年2月17日 (日)

Oh!チェリー “これが世界の味だ”

 きっとまだあることかと。二年前に見た看板。
Ohcherry2 Ohcherry1
 若い衆にはもひとつ何の看板かわからんのやないでしょうか。“これが世界の味だ”の吹き出しの形が示している如くでこれ、タバコの看板。そのキャッチコピーに“Oh!チェリー”…いかにも昭和40年代的って感じに思いますが、どうでしょう。
 調べますれば初代は1904年誕生で戦中は敵性語ってことで“櫻”と名乗っていたとか。いかにも古くっさい名前やなと思ってましたけど、そこまで古いブランドとはって感じ。
 “世界の味”…そう言えば昭和の終わり頃、“世界のうまさになりました”ってサッポロビールがニューヨークで飲まれているシーンとかCMで流してましたけど…あれホンマやったんでしょうかね。まぁまだまだ日本市場だけで何とかなっていた時代の胡散臭いフレーズやった様な気がしまんな。

(於:豊中市) 昔、細野晴臣さんがチェリー吸ってる写真見て真似たなぁ…キュン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月12日 (火)

新桧尾川橋東詰、午後4時31分。

 病み上がり後、初となる京都の仕事。
1902121631
 休眠明けて、さぁ何したい?って我に問いますれば「クルマの運転」。意外なんは「呑みに行きたい」やなかったこと。もう一生分呑んだってことかと…今もそんな感じ。
 どノーマルなクルマで充分楽しい行き帰り。夕空の写真撮っても楽しいなぁ…って健康あってのことです。
 さっ、後利益パワーアップしたえべっさんの笹も頂いたことやし、仕事も軌道に乗ることでしょう、きっと。いくら健康でも仕事ないと…また壊れるってもんです、うん。

(於:高槻市) 普通の笹は、効き目なし(本人談)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月20日 (木)

Asahi なロゴ 9 ◇ Usami Human Transport

 狙いはわかるも…ね。
Usami  200円引きのクーポン使ってラーメン食し、駐車場から出よと前の物流倉庫見たら、こんなトラックが目に入りました。
 こうやって見ると、やっぱり本家本元は考え抜かれたデザインやというのがよくわかりますな。とくに“a”でオリジナル感を出そうと努力するも…って感じ。結局“Human Transport”の方がシュッとして収まりええやん…とかなんとか。

(於:高槻市) 各字の大きさがマチマチっぽいところが洗練されてへん感の理由かな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年12月16日 (日)

ラーメン ギョーザ 味自慢 ギョーザ…チリチリ

 最近こればっかりか…
Shoron1 Shoron2  “こればっかり”ってのはこのチリチリに干からびた文字のこと。いつもは2枚目の写真の角度から見ていて“なかなか味あるわ”と愛でておりましたが逆方向の逆光気味で見ましたらこれはこれは…もう立体文字と言ってもよい状態。しかしながら見事に干からびてますわ。
 帰宅後改めてよく見れば屋号を真ん中に左に“ラーメン ギョーザ”、右に“味自慢 ギョーザ”。ふたつ記してはるってことはきっと餃子を売りにしてはること間違いなしと思うも、検索しても餃子の写真が出てきませんけど…

(於:高槻市) 和歌山出身のアホげ民某が好きそうな店や。行ってきて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月15日 (土)

雲多いも清々しい午後2時47分、高槻市芝生町あたりの空。

 今日も京都へ。土曜日とあって半ドン…まぁそういう訳ではありませんが。
1812151447
1812150807 昼頃仕事終えて帰路、昼飯食したり睡魔に負けて途中で寝たり…渋滞も手伝って陽は西へ。朝方ぐずついていた空模様も雲は多いも晴れてきて…気持ちよろしいなぁとモニタも見ずに数枚撮って…わっ、思いの外その時の感じが写ってます。週の終わりの達成感とかそういうのも表れているかなぁ…って、それはこじつけか。今週は特に空の写真で茶濁すことが多かったアホげでしたが、しばらく続くかな。てな訳で今日もオマケで虹の写真も載せておきましょう。これは今朝、松尾大社あたりで見た虹。移動中でこんな風にしか撮れませんでした。ほんまもんはもっとダイナミックな感じがしたんですけど…写ってませんな。

(於:高槻市、京都市西京区) できるだけ片側1車線の道を行きたい性分で。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年12月 6日 (木)

初代“ニチイ”の看板残ってる…

 尼崎某所で仕事。阪神は杭瀬の駅降りて、往時は賑わっていたであろうひと気のない商店街を北へ。寂しいやら懐かしいやら…複雑な気分で歩きはじめますれば、わっ、何十年ぶりでしょう。
Nichiichain1 Nichiichain2  「あ、ニチイの看板が残ってるで」の発言に「それ何ですか、ニチイ学館?」と30代。「サティとかマイカルの前の名前や」と説明するももひとつピンとこないみたいで…そうなんか。
 以前“ニチイ”のマークとロゴが残る壁。という記事で二代目のそれを載せましたが…うん、やっぱりニチイと言えばこの初代のヤツですわ。三重丸(?)にオリーブみたいなもんくわえたハト…これこれ。前の記事とも重複しますがこの鳩マークはニチイの前身のひとつ“セルフハトヤ”から来ているそうで、“ニチイ”の由来は“日本はひとつ”の理念転じて“料”からニチイにしたとのことでした(wikiによる)。
 しかしまぁ何と懐かしいことか。“チェーン”も“”も妙に味わいがありますわ。ちなみにこのマークにロゴは1979年まで使われていたとのことですが…そうか、案外激古でもないんですね。ニチイも、そしてダイエーもイオン化してしもて…そんな時代になるとは思いもしてませんでした。

(於:兵庫県尼崎市) 開店率数%にして商店街には随所にエアコンが…

※関連記事:

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年11月27日 (火)

ーモタープール

 “ー”の位置、これでええのか?
Motar  昨日京都への道すがら、信号待ち時ふと目に入った駐車場の看板。いかにも手書きな感じを愛でてましたら、何か変な感じかも。これでええんやもしれんのんですけど、ちゃう気もするし。“ニシダー”、“にしだはじめ”…それでえぇんか。

(於:高槻市) 看板には見るも、日常会話では使わんな“モータープール”て。

※関連記事:
ガーレジ』 2016年7月 記

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年10月17日 (水)

ピカピカのトラックに青空映る午後3時。

 はや起きて京都で仕事。帰路は眠いねむい…って、毎日午後は眠て仕方ないんですけど。
1810171520
 電車ならともかくクルマ移動はキツいなぁ。朦朧としながら運転しますれば前にピカピカのトラック。あまりのピカさに目も覚めてついつい追いかけて…タンクローリーのそれはそれなりに見るもこの手のピカはあんまり見かけんかな。
 信号待ちの度に撮って。改めて見ると街並みが写り込むも不思議と違和感ない景色になってますやん…って、そう見える様に調整しましたんやが。あぁ…あざといなぁ。

(於:高槻市) 9ヶ月弱で10,000km超え。“クルマいらんやん”と思た日々あるも…やっぱり楽しいなぁ、運転は。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年9月19日 (水)

ゴツゴツのクヌギ、オマケであぶないの看板。

 あっちこっちいきなり曼珠沙華…秋ですなぁ。
Nishitada1 Nishitada2  川西能勢口からバスに乗って…降りたらそこは新興住宅地。おもろないわとちょっと歩くと里山へ続く道が。彼岸花咲き、秋虫も鳴く秋晴れの元、ツクツクホウシも最後のひと鳴き…清々しくもやっぱりちょっと物悲しくなります。
 奥へ進めば妙にかっこええクヌギが一本。枝幹の形状といい質感といい、ゴツっとしてて…ええわぁ。
Nishitada3 とまぁこれで終わるのも何ですからオマケに“あぶない”の看板も一枚載せときましょか。この坊やはチョロっとだけ髪の毛があるのかフサフサたっぷりのボリューム髪なんか…錆サビでわからんところがええかと思いまして。仕事で訪れた川西の山手。もう一生来ぇへんやろ…と思うとこいっぱいありますけど、案外そんなこともなくて。あっちこっち仕事で行ける…有り難いことです、ほんま。

(於:兵庫県川西市) 帰りは川西能勢口駅まで歩くも…惹かれる一角に出会えず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧