植物

2017年3月25日 (土)

過保護松

Kahogomatsu1 Kahogomatsu2  見てのとおり、タイトルどおりの過保護松。がっちり足場用のポールでガードされて…と思いましたがよく見ると立て掛けられたハシゴがひとつ。ストリートビューで過去の状態を見ても別の場所にハシゴが。と言うことはこれ、剪定用に構築してあるということも考えられますか。とはいえ松の木風情を守るためという点においては同じ。ですがやっぱりちょっと異様な光景…かも。
 日頃庭木の価格なんか考えたこともありませんでしたが、ここまでしてはること思うとかなり高額なもんなんかも。調べますれば…そうか、クルマ並みの価格なわけでそれやったらそらぁガチガチに嵐に備えてガードしたなりますわ。って思いましたけど松林って風対策にも使われてること思うと…あぁ、もうわからん。

(於:奈良県桜井市) 強靭な添え木と考えるとまぁ理解できるか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月27日 (月)

スカッと心地ええ巽中の一角。

 今朝は生野区某所で仕事。南巽駅から地上に上がり歩き始めると、どぉってことない様で気になる一角がそこに。やり過ごすも引き返せば…やっぱりええ感じ、どぉってことないものの。
Tm4a Tm4b
 もちろんツンツン植物とその影に惹かれたわけですが、ちゃんと剪定されているしゴミひとつ落ちてないしで、実にシンプルな構成美がそこにあるって感じ。あ、窓辺に置かれた造花(?)もええアクセントになってますわ。
 路地を行き交う人々を地味ながら和ませている…ここのお方、ええ趣味してはりますね。

(於:生野区) もちろん朝の光もええ仕事してますわな。

保存

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月23日 (木)

富士山大噴火…な、刈り込み。

 これはたまたまか?
223
 植木の刈り込みがこんな感じ。ふ〜んと思うも引き返してよく見たら…これはわざとでしょう。富士山大噴火の図…ですよね。

(於:羽曳野市) 2.23で“富士山の日”とか。あ、っそう。

※関連記事:
丸刈りのツゲの植え込みにまじって、ひとつだけモヒカンがある。』 2014年3月 記

保存

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年2月22日 (水)

サボテンか?ドロッと軟体動物風。

 これで普通なんでしょうけど…
Dorori1 Dorori2
 尼崎某所の草木の生えた一角。どことなく懐かしいなぁと思いつつよく見たら木の幹の途中からドロッと…まぁ見ての通り。
 くくりつけられたプランターからサボテンが引力に逆らわず生長してる図なんでしょうけど、何か植物というより軟体動物みたいでかなり気色悪いです。ふと夜クルマのライトで照らされ目にするともっとコワイかな。しかしまぁ引力に逆らって生長するのが普通の植物と思ってましたがちゃうんですね。

(於:兵庫県尼崎市) サボテンってなんやおもろいなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月 6日 (月)

寒空の下、怒りあらわにする木。

 2月の割に案外穏やかな…と思ってましたけど来ましたな…寒っ。
Tsuno1 Tsuno2
 田んぼのネキに険しい木が一本…ってこれ“一本”やなくて“一株”ですか。
 寒さも相まってか、どうも怒りに満ち溢れてツノいっぱいで威嚇していて、その矛先が人間に向けられてるみたいに感じられますわ。
 ストリートビューで過去の図も見ればやっぱりって感じ。結構粗末に扱われているみたいです。街路樹と雑木、同じ木でもその生涯はちゃうもんですな。

(於:富田林市) 政党のポスターが台無し…と思うもあんがい効果的。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年2月 5日 (日)

雨どいの排水口あたりだけコケむせてる図

 当たり前と言えば当たり前ですけど。
Koke1 Koke2
 湿気あるとこにコケ生えると言うのはまぁ知ってはいるも、こんなにクッキリとその状態を好むんやなぁと改めて知った次第。
 湿気好むとは言えべちゃべちゃでもダメ、日陰すぎてもダメ…コケってヤツは、なかなか生えてほしいところを気に入ってくれんもんで、他所から採ってきて栽培を試みるもまぁうまいこといきません。ただただコツを知らんだけかもですけど。

(於:奈良県大和郡山市) 結局勝手に生えてくるのを待つしかないんかねぇ。

保存

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月27日 (金)

街路樹のネキにウコン…なわけないか。

 和泉市某所で仕事。何もないやろ…と思いつつ和泉中央駅あたりをうろうろ。やっぱり何も発見なしと思いつつ街路樹のネキ見ますとこれは…あれっぽい。
Ukon1 Ukon2
 “あれ”でわかります? あれって…ウコンのこと。
 昨日伊丹の街中を歩いてましたらハウス“ウコンの力”の絵入り看板が目に入って、それで今日実物っぽいヤツを見つけた次第。
 「まぁこんなとこに自生せんで」と思いつつ帰宅後ネットで調べますれば…やっぱり似てるわぁ。
 ま、そうとは言え「こんなとこにないやろ」と半信半疑なまま…ってちゃうんでしょうけど。しかしまぁ葉の風情なんかも似てるんやがなぁ。

(於:和泉市) 泉北高速は和泉中央で新型車両導入のセレモニーあったみたい。

保存

保存

保存

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年1月26日 (木)

妙な林の番猫2匹

 伊丹某所で仕事。街の一角に林。
Banbyo1 Banbyo2
 シュロを筆頭に縦長の木々がカーブを描きつつも垂直に伸びていて…なかなかその妙さは写真では撮れなんだんですけど、まぁこんな一角。その地の斜面には門があって扉もあって…立派な防空壕かもしれんなぁと思ってしばらく観察してますと…何か居まっせ。
Banbyo3 Banbyo4
 あまりに土や枯葉と同化していてよくわからなんだものの、やっぱりおったおった猫2匹。
 可愛いないと言うか、かなりコワイ顔してまっせ。特に濃い色の方、怒ってこっち見てると言うよりもうその、存在自体がケムシみたいでコワイ感じ。猫界にもこういう用心棒的存在がおるんですなぁ。
 しかしまぁこの妙な林にじつにマッチしているというか何と言うか。猫2匹は確実にこの林を他所モンから守ってますな、はい。

(於:兵庫県伊丹市) 仕事終えてもう一度ここ通ると、まだ番してた。

※関連記事:
忠猫六匹衆』 2016年12月 記

保存

保存

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月29日 (木)

正月準備の葉ボタン、ひょろっとノッポ。

 先日降り立った桜井は大福駅、改札出て上がると小さなロータリーの植え込みに葉ボタン。
Habotan5
 新年を迎える準備がここにも。いかにも師走って感じでええもんです。
 とまぁ思う以上に、妙ですよね、これ。普通低い位置にキャベツの様にあるもんですけどこれ、ヒョローんと茎というか根っこというかその上に葉ボタン部分があって…へぇ、こんなけったいな品種もあるんですか。
 詳しくはわかりませんが、ひょっとしたら“ウインターチェリー”という品種かも。ま、そんなことよりただでさえどっかマヌケな感じがする葉ボタンがなおマヌケ化していてええ感じ。もうちょっとで正月ですな。

(於:奈良県桜井市) もひとつその良さわからんも、正月を演出するアイテムとしては重要やな。

※関連記事:
ど根性葉ボタン』 2016年8月 記
葉ボタン、野生化。』 2015年2月 記
葉牡丹、菜の花になる…当たり前』 2009年4月 記

保存

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年12月28日 (水)

ネットで保護された南天の実

 食用には適さんと思いますけど。
Kahogochan1 Kahogochan2
 南天の実、ネットかけられこの状態。カキとかミカンならその意味もわかるってもんですけど…って、食べへんのは、私だけ?
 けどまぁ美味しそうなんですよね、赤い実って。幼少の頃、アオキの実がやたら美味しそうに見えて「きっとリンゴみたいなんやろ」とかじってみたこと思い出しました。歯ごたえはそれっぽかったけど…マズかったぁ。あと、校庭のヒマラヤスギの幹から垂れるヤニ、これもいかにもハチミツっぽくてうっとり…なめてみましたけど、コレはほんまにマズかった。甘みゼロ、口中渋み全開、しかも何時間経っても渋いママで。皆さんどうぞお気をつけください。
 で、ここ。何でこんな風にしてあるんでしょ? 新年を迎えたときに赤い実付いてないのもさみしいなぁってことでしょうか。年明けたら外しはるのか否か。またチェックしときますわ。

(於:中央区) もちろんかじったことありまっせ、南天の実も。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧