真似ロゴ

2019年4月28日 (日)

Asahi なロゴ 10 ◇ カフェ&バー vivid(ナショ文字のオマケ付き)

 旅の二日目は福井県は高浜町へ。宿についてちょっと海辺に散歩へ行きますとこんな看板。
Vivid1 Vivid2  っくく、これ、ビミョーにナショ文字ですやん。こんなところにも使われて…まだまだ昭和も捨てたもんやありません。その後ふと見上げれば…あっ、こっちはAsahiなロゴとちゃいますか。ですがスペルが全然Asahiからほど遠い並びなので一瞬「違うかも」と思いましたけど、きっとそうでしょう。けどまぁ、何となくしっくりせんなぁって感じ。
 しばらくして夕食の時間に。海辺のはなれでBBQやと言うことで向かいますれば、まさにそこが会場…ってまぁだいたい想像はしてましたけど。ほんのり薄日が残る海を見ながら…そこはやっぱり生ビールでしょ…ってことで出てきたのが、これ。
Vivid3  そういうことやったんですね。Asahiのまんまって感じ。てな訳でこの“vivid”もAsahiなロゴに決定。
 で、ついでながら、ええ旅館でした。建物云々というよりその心遣いが特に。まぁ…夏に行った方がええんでしょうけどね。

(於:福井県高浜町) ここまで来たらと大飯原発行くも手前の厳重警備突破する勇気なく…

| | コメント (2)

2019年3月 1日 (金)

ナショ文字は赤でこそナショナル、やな。

 南森町あたりで仕事。毎年何げに見ていた看板、よく見るまでもなく…やっぱりナショナルやわ。
Natiomoji9 Natiomoji10 Natiomoji11  そう言えば別の場所で見た同じ内容のナショ文字に反応したことあわと探しますれば2年半ほど前にやっぱり撮ってました。
 改めて見ると…ずばりナショ文字。ですがなんとなく“ナショナルやん”と思わせないのはなんでやろ? うん、やっぱり文字の色のせいですな。やっぱり“ナショナル”は赤でナンボ…なんかもしれません。

(於:北区) ここ、義肢で知られる会社がやってはる補聴器屋さんとは知らなんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月20日 (木)

Asahi なロゴ 9 ◇ Usami Human Transport

 狙いはわかるも…ね。
Usami  200円引きのクーポン使ってラーメン食し、駐車場から出よと前の物流倉庫見たら、こんなトラックが目に入りました。
 こうやって見ると、やっぱり本家本元は考え抜かれたデザインやというのがよくわかりますな。とくに“a”でオリジナル感を出そうと努力するも…って感じ。結局“Human Transport”の方がシュッとして収まりええやん…とかなんとか。

(於:高槻市) 各字の大きさがマチマチっぽいところが洗練されてへん感の理由かな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月14日 (土)

Asahi なロゴ 8 ◇ Ichi-ya

 シリーズ化したものの、案外見つけられんなぁと忘れかけてましたら、ありました。
Ichiya1 Ichiya2
 ほぼ4年ぶりにしてまだ8つ目のそれは“Ichi-ya”。どう見ても“Asahi”、ですがやっぱりその、パチもんっぽさが漂っていて…ってそこがまぁ、真似ロゴらしさ、愛らしさってとこなんですけどね。
 よく見たら結局“ h i a”以外、すなわちオリジナルの“Asahi”に使われている以外のアルファベットが、どうにも消化されてへんということですな。ま、いつもそんな感じですけど。

(於:東大阪市) このお店、生はアサヒも、瓶はキリンの様で…

保存

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月10日 (月)

何でナショナル?

 三連休最後の日は久々の完全OFF。「久々にドライブ行こか」とトコトン走行。奈良は大塔でアユ食べてサンマの丸干し買おと和歌山は新宮まで頑張るも…これは行ったもののスーパーには千葉産やら北海道産のものしか見つからずで無駄足。ま、ドライブが目的ですから、それでええんです。その道すがら、道端にこんなん発見。
Hsa01 Hsa02 … “何でナショナル”でもありますな。
 見ておわかりなお方はまぁそれなりの年数を生きてきた人だけかもしれませんがはい、ナショナルの“”マーク。ですがちょっと変。戻って改めて見ますればこれ、ヘアサロンの看板ですわ。てなわけでしょう、“”を図案化してあるみたいです。
 調べますればここ、十津川村でお店をされている様で“立地は田舎ですが、常に高いレベルの仕事を目指して”頑張っておられる様です。しかしまぁ…なんと申しましょうなかなかユニークな看板やことで。
 で、ドライブ。夕方は野迫川村の温泉へ。これがあんた崖崩れ跡残るえげつない細道を延々30km以上走って…面白いけど怖いなぁ。そこでアマゴ定食たべて…思えばここ、卒業旅行で来たところ。懐かしなぁ…ってそれより、何て地味なところへと思いまんな。

(於:奈良県十津川村) “ドライブ”ってコトバ自体が死語になりつつある気がするな。

保存

保存

保存

保存

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 8日 (土)

“2R/K”は“R1/F”と一緒か否か?

 先の姫路での仕事の帰路、乗せてもらったクルマの車窓からこんな広告塔が目に入りました。
2kr1 2kr2  そこは市内を流れる市川にかかる阿保橋のほとり…阿保と書いてもそのまま読んだらアキマヘンで。ここは“アボ”、“ボ”やそう。
 ま、それはどうでもよろしい。それよりこの“2R/K”、これが気になって。
 字体は違うもその色あいに表現、これが…はい、わかりますよねわかるひとには。そう、神戸コロッケでおなじみロック・フィールドの惣菜“R1/F”に似てるなぁと思って。
 ま、似てるどころかロック・フィールドの工場なんやろなと思い込んでましたが帰宅後調べても、全然出てきません。ほな、ここ何なんでしょうかね。そしてこの“2R/K”は何を意味するのか、それも気になるところ。でも…わからん訳ですわ。
 こうなったら空想で楽しむしかないか。横には“Seafood Innovation”…“R1/F”の流儀で解釈すると“二番煎じでカネテツもリベンジや”…無理あるなぁ。なんぞええ解釈おまへんか。

(於;兵庫県姫路市) GoogleMap見てもストリートビュー見ても最近できたみたいでわからなんだ…

保存

保存

保存

保存

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月 4日 (木)

“ナショナル”としか読めん。

 今回の記事は…屋号にモザイク入れられませんな。
Natiomoji1 Natiomoji2 Natiomoji3 Natiomoji4
 東灘区某所で仕事。道すがら…「あ、あれや」。いやいや時々クルマから見てたもんで。
 見ての通りもう思いっきり“ナショナル”って書いてあります。いつ見ても何回見ても“ナショナル。”そのフォントから発せられるもんがナショナル全開すぎで何て書いてあるんかはさっぱり頭に入ってこないって感じです。
 こういうのは“真似ロゴ”って言うのかどうなのか。調べますればこれ、“ナショ文字”と呼ばれているフォントとか。もちろん松下のオリジナルなわけですが、そのフォントを使ってるだけとも言えますね。
 私ら世代にとっては昭和も昭和で行け行けドンドンな時代の象徴みたいな字体ですけど、なんと戦前に制定されたモンとか。へぇ、ちょっとびっくり。ちなみにそれなりに人気もある様で、フリーフォントで提供されているそうです。そうなんか…マニアックな人がいてはるもんですな。で、何て書いてあるって? そこに興味が行かんのですわ。

(於:神戸市東灘区) 阪急宝塚線から見えるビルにも確かあった、ナショ文字。

※関連記事:
“なんでもナショナル”な字体。』 2011年1月 記

保存

保存

保存

保存

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年12月27日 (土)

8ビルの8は関テレの8

 こんなところに関テレのビル。
8b 8a
って、ちゃいますな。あの“”とまぁいっしょですけど…やっぱり関係あるのでしょうか。8階建てでも8番地でもなかったですが…8室あるから8ビルとか、1ビル〜7ビルもあるってことかも。ま、どうでもええわ。

(於:堺市堺区) ソロバンの玉みたいな8…KTV同様、古い感じ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年7月26日 (金)

喫茶店に花王のマークあるわ。

 今日は和歌山は桃山町へ桃買いに。道すがら「これは…まんまやがな」が。
Moon1 Moon2  店名がこれやからってあの、これやとちとマズいのでは…とか思いつつ「最近そのまんまよそのマーク使うってのも見かけん様になったなぁ」と思うと、ちょっと懐かしかったり。
 しかし何です、花王のマークってのも何や生理的に受け付けん要素があるんですが、どうです。歴代どのマーク見ても苦手で…この先マーク変わって、きっと苦手やと思います。あ、このお店のマーク、花王のやと思てますけど、どっか違うんかもしれませんけどね。

(於:紀の川市) その昔“BILSTEIN”という喫茶店がありましたけど、店名もマークもロゴも…まんまでした。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2013年2月20日 (水)

Asahi なロゴ 7 ◇ むぎ茶

これは…どぉ?

Mugicha1 Mugicha2  ひらがなと漢字にして“Asahi”な感じ。違うと言えば違いますが、青色使ってこれはどう見ても真似てるでしょう。銀色のパッケージで“スーパードライ”をも漂わせています。
 しかしながらよく見ると、“むぎ”はAsahiの法則通り右上がりになってますが、“茶”はなっとりませんなぁ。これは「Asahiみたいなんにしてといてや」と頼まれたものの、気が乗らんかったデザイナーさんの密かな抵抗か?…にしては弱いですか。しかしながら…ちょっと笑える。

何やマズそうなパッケージやな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)