思ったこと

2018年9月26日 (水)

2代目ジムニーたそがれて…で、雑感。

 案外さみしい光景に見えんのは…いま大人気やからかも。
Jimnies
 これは2代目初期のやつですか。3台も並んで…って真ん中のは別モンかなぁ、かなり原形をとどめてませんけど。
 若き日々に2代目中期のジムニーに乗ってましたけど…そうか、その頃の我がを思うと今はもうこの状態よろしく錆びサビのおっさんやということですなぁ。なんやね、足腰が痛いって言ってはる人々に対して“運動が足りてへんねん、自業自得やん”とやや見下し気味に思ってましたけど…ちゃいました。加齢とともに不足するヒアルロン酸って最近感じはじめ…あれっ?何やさみしい光景に思えてきましたがな。ジムニーは4代目で原点回帰。2代目のテイストを秘めつつ若返りましたけど…ひとはそうはいかんのですな。

(於:岡山県赤磐市) ほんまはジムニー乗りたいけどオーバースペックすぎ、今の人生には。

※関連記事:
スズキキャリイ、朽ちゆく雨の中。』 2015年1月 記

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年9月19日 (水)

ゴツゴツのクヌギ、オマケであぶないの看板。

 あっちこっちいきなり曼珠沙華…秋ですなぁ。
Nishitada1 Nishitada2  川西能勢口からバスに乗って…降りたらそこは新興住宅地。おもろないわとちょっと歩くと里山へ続く道が。彼岸花咲き、秋虫も鳴く秋晴れの元、ツクツクホウシも最後のひと鳴き…清々しくもやっぱりちょっと物悲しくなります。
 奥へ進めば妙にかっこええクヌギが一本。枝幹の形状といい質感といい、ゴツっとしてて…ええわぁ。
Nishitada3 とまぁこれで終わるのも何ですからオマケに“あぶない”の看板も一枚載せときましょか。この坊やはチョロっとだけ髪の毛があるのかフサフサたっぷりのボリューム髪なんか…錆サビでわからんところがええかと思いまして。仕事で訪れた川西の山手。もう一生来ぇへんやろ…と思うとこいっぱいありますけど、案外そんなこともなくて。あっちこっち仕事で行ける…有り難いことです、ほんま。

(於:兵庫県川西市) 帰りは川西能勢口駅まで歩くも…惹かれる一角に出会えず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月17日 (月)

台座の上に祠なく…

 地蔵盆の頃のネタにしよと思ってましたら…忘れてしもてました。
Daiza1 Daiza2
 目立つV字路の先端に…台座。玉垣に見える花生け2本に守られるも台座の上には何もなく…
 ストリートビューで過去にさかのぼって見るもやはり何もなし。祠なくともそこには神がおられるのかもしれません…が、まぁこのご時世のことですから随分前に祠ごとどこかへ移設されたのやろと思います。
 今年の地蔵盆はちょうど台風と重なって23日だけで終え、24日はお菓子配りだけとか一週間遅らせたところもあったみたいですね。
 私も某地蔵尊の地蔵盆の設営に10数年前から関わってますけど、いまだにいちばんの若手やという事実を思うと…こんな光景、これからもっともっと増えるに違いないでしょう。それでええんかどうなんか…新住民が気楽に関わることができんというのも理由のひとつかな。ま、案外そのうち底打って若い衆が新旧住民隔てなく居心地良いコミュニティを再興してくれる様に思ったりします。

(於:西成区) 幼少期にここがあったらここをステージにわぁわぁやってるやろなぁ…って罰当たりもんが。

※関連記事:
空き祠 2』 2017年4月 記
赤い自販機、祠の中。』 2015年4月 記
出世地蔵尊、お寺へお引っ越し。』 2014年9月 記
空き祠』2014年8月 記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月16日 (日)

切り株、土に還る図。

 “万物土に還る”は、ちと大袈裟か。
Tsuchini1 Tsuchini2
 まぁ、これはよく見る光景。隠れているつもりでもそのうちカエルも土に還る…
Tsuchini3
 今回驚いたのはこっちの図。これが…どうも写真ではわかりにくいんですけど、巨木の切り株が土…というより砂になってると思うんですけど、どうでしょう。写真の右端の方に木の質感が見られますので、きっと砂に還る図やと思うんですが。
 写真ではやっぱり伝わらへんですね。現場で見てかなり「へぇ」と思ったもんで。そうか…そうなんやなぁ。

(於:和歌山県新宮市) 桑ノ木の滝への道すがらの図。ええ滝やったわぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 2日 (日)

色合い渋すぎで“大人の児童公園”って感じ。

 そら誰も遊ばんわな。
Shibusugi2 Shibusugi1  形状もユニークながらその色合いが、なんともシックというか…地味過ぎ。奥の滑り台も灰色でワクワク感まるでなし。その渋さ“大人の児童公園”とでも言いたくなりますな。
 ここはJR奈良駅近く。街見ますと景観条例に基づいた地味目の看板があちこちに。“各色彩の彩度(鮮やかさ)を制限しています”とのことですので、公園の遊具もそれに習ってるんでしょうか。
 他はどないなってるんかいなと思いますとご覧の通り、やや派手な色合いながら同じく単色で塗装された公園がありました。
 やはり“カラフルは御法度”ってことでしょうか。それにしても遊具が灰色って…盛り上がりませんな。

(於:奈良県奈良市) 東京は荒川区のそれはカラフルで“独女のためのパワスポ”とか。こっちは…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年8月31日 (金)

公園の遊具の廃タイヤ、その多さは…

 8月も今日で終わり…炎天下、誰も遊ばん公園の図で締めましょか。
Tires1 Tires2 Tires3  見ての通り言葉悪いですけどアホほどタイヤが埋め込まれています。写真に収まりきれんその数800…ウソですけど。
 数多かったらええんかって感じ。適当な間隔で埋められていてこそタイヤという素材の持つ弾力性が楽しめるってもんでしょ。これでは…どう遊んだらええのか。
 「なんだかなぁ」と思うもこれは案外“安全性を考慮して”って事なのかもしれませんで。間隔空けると飛んで走ってケガして公園の管理責任が問われては困るってことでこう設置したんやないかと。なんかそういう大人の事情が感じられまっせ。
 そんなこと思いつつもうひとつ思ったのが“(公園を)合法的廃タイヤの最終処分場にしてるんちゃうん”ってこと。どうでしょ…ってちょっと穿った見方過ぎますか。ま、いずれにしても“子供のため”を装った“大人の事情”って気がしまんな。

(於:兵庫県尼崎市) けどまぁトラックのタイヤは固すぎてもひとつおもろないからこれもありか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月30日 (木)

PTAが未だ掲げる色褪せた昭和の文言

 正論の様ですけど…“ちゃうやろ”と思うのは私だけ?
Sodekka2 Sodekka1
 見た目はともかく、その内容が昭和でっかって感じ。落書きもされてへん…最近の若い衆は真面目でよろしい。
 ちょっと調べてみましたらこれ、“三ない運動”ってのの上を行く“四ない運動”の文言が書いてある様です。
 それなりに歳月が感じられるも錆びることなく昭和の価値観を啓蒙し続ける…あと1年を待たずに平成が終わろうとしているというのにね。

(於:京都市伏見区) ホンダやヤマハは怒らんのかい…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月23日 (木)

いかにも“台風来まっせ”な空・午後6時27分、向日市。

 京都は北山で仕事して久々に西国街道通ってクルマで帰宅。
1808231827
 信号待ち、西の空見上げればいかにも台風がやってくるんやなぁという空模様。鉄道も早々と運休を前もって発表し、世間全体に「さっさと帰ろ」な空気もあってかどこも渋滞なし。その対応に「大袈裟な」と思ってましたけど兵庫県下ほかあちこちえらいことになったみたいで…何もわかってへんなぁ。そのうちわが身に降りかかると自覚しとかんとな。

(於:京都府向日市) セブンイレブンの看板が灯ってないけど…ここも早仕舞いしたんかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月19日 (日)

玉江橋から西の空見上げて秋を感じた午後6時21分。

 何や急に涼しい日々になりやがって…
1808191821  夕方お子と自転車でうろうろ。「好きに行ったらええで」と無目的にお子漕ぎますれば同じ様なとこぐるぐる。それに気づいては本人がっかり。で、とりあえず西へ向かおうと思った様で西日に向いてどんどん行きますればやがてそこに“安治川トンネル”が。説明せずに順番待ってエレベータに乗り込んで…ごっつ不安やったとか。そらそうですわな。
Igaguri 帰路は…お子に任せておれんとまぁおっさんが後ろから「つぎ右、そのまま真っ直ぐ」てな状態。街角でふと見た丸い実。「あ、“風船唐綿”や」と思って近づくと…それはイガ栗。えぇ、もう初秋…でっか。
 そう言えば自転車乗ってる間もそれなりに暑いも汗が滴り落ちることもなかったなぁ。てなこと思い玉江橋を渡りつつ西の空見上げると、なんかもうすっかり秋の空って風情ですやん。夏の終わりに感じる秋の気配は…毎年堪えます。暑い日々カナンと思いつつさみしいなってくるこの気持ちは…長いと思ってた夏休みがもうじき終わると焦っていたあの頃と一緒ですわ。あぁ…さみしいなぁ。

(於:福島区) 水道の蛇口ひねって出てきた水の生暖かさに秋を感じたわ、先日。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年8月16日 (木)

潮岬、午後4時3分。

 地球は丸い。
1808161603
 うちのひとが「地球は丸いってことををお子に実感してもらおう」と潮岬に来てみますれば…あ、ホンマや。何やしらん、そう見えまっせ。
 でっかい地球の丸さなんか実感できるんかいなとずっと思ってましたけど、そう感じるもんですな。何でやろ?ってほぼ360度(言い過ぎ)水平線が見渡せる場所ではそう感じるってことなんでしょうかね。
 てなこと思いつつ写真を見れば「…あ、丸いやん」。水平線がわずかに湾曲して見えまっせ。「こんなんレンズの歪みや」と思いましたけど、普段はそんなことないこと思うとやっぱり丸さが写ってるんでしょうか。よく解りませんけど、ま、地球は丸いってことで。

(於:和歌山県串本町) 高速道路で移動したら速くて便利やが…“本州最南端”という“果て”感が乏しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧