思ったこと

2017年3月18日 (土)

駅前のイケズ案内板

 西宮北口駅で降りて南口出て、さぁ行き先どこかいなと案内板見ますと…なかなか難解。
Seihokunan1 Seihokunan2  こないに区画整理されずの道だらけではなかなか覚えられん。やっぱりスマホ持ってナビ使える様にならんと…とかなんとか。
 いやぁしかし見事な劣化具合…と言うより市の玄関口でもある駅前の案内板が何でこんな状態でほってあるんかそっちの方が不思議かも。ここは夕張市か…そういう言い方はよくないですね。
 先にも触れましたけど、きょうびはみんなスマホやタブレットで行き先探す時代でこんなもんはイランのかもしれません。まぁ言うとむかし駅にあった“伝言板”みたいな存在になりつつあるってことなんでしょうかね。
 ま、そんなことは後で思ったこと。見事にひび割れた地図もオツなもんでっせ。

(於:兵庫県西宮市) こういう経年変化、施工業者は怒られへんのかいな?

※関連記事:
日焼け23年間、読めん掲示物。』 2010年8月 記

保存

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月11日 (土)

3月11日

 1月17日に3月11日、別にアホげごときがマジメくさって社会的なこと記さんならんこともないかと思うも、やっぱり呑気に記事書けん日もあります。
 「もう日本終わりや」と思ったあの時のことがウソの様に何事もなかったみたいに日々動いてますけど…何にもその根本的な前進なんかおこってないんやないかという気もして。「アンダーコントロール云々…」って何なんか。オリンピックの次はや万博もやったれ、か。先へ進まんといかんのはわかるも、先へ進んでる様で過去の成功体験にすがってるのとちゃうかと思うと後退してる気もします。東北は…遠いところなんかなぁ。
Inawashiroko
(於:福島県ー猪苗代湖 2006年 10年ひと昔…

保存

保存

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月 9日 (木)

“青少年の不良化 防止は家庭から”

 東住吉区某所で仕事。関西線は東部市場前駅で待ち合わせ。てなわけで市バス乗って杭全までの小旅。これがあんた、1時間に1本しかない路線。はよ着きすぎて探索で時間潰さなしゃない…ってまぁ、そやなくても探索はするんですが。
Sfbk1 Sfbk2  そこは生野区との境らへん。マンションとは無縁のええ街並みを行きますとこんな看板。“青少年の不良化 防止は家庭から”…ほんまその通りでしょう。
 それ思うと捨て鉢になったりする人がいてはってもそれぞれみんな様々な事情があるってことなんやなぁと、最近わかったかも。同情は失礼なこと。ですけど切り捨てる様な考えはアカンなと。まだまだ何も知らんなぁ。

(於:生野区) 人差し指がええ仕事しとる。撮影時には気づかなんだけど。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年3月 7日 (火)

強風に立ち向かうハト群

 松原市某所で仕事。そこは陸の孤島とでも言うべきなのか最寄の駅からもバス停からも徒歩20分以上のところ。ここ数日の暖かさはどこへやら。はよ着いたしと大和川の堤防に上がりますればそこは西からの強風。「ひぇ〜」となりつつ座ってますと鳥の一団が風に向かって飛んでいく…えらいなぁ。
Hatohato
 なんとかっこええ鳥たちやこと…ってよく見たら、それはハト。あのクッククックと駅前やら公園でエサ求めてやってくる乞食鳥(失礼)が…へぇ、そうなんやって感じ。
 正直申しましてハトは嫌いな鳥でしたけど、ちょっと考え改まったかなぁ。生き延びるために時には人間に媚び売りつつたくましく生きとるんやなぁとややしみじみ。それでもまぁきっと今日のこの勇姿忘れてベンチに寄って来よるハトにムッとするんやろうなぁ。あぁ修行が足らんことで。

(於:松原市) なんであんな鳥が平和の象徴なんでしょうな…ってほれ、もう忘れてるわ。

保存

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年3月 3日 (金)

11時45分、小雨交じり橿原市の寒空。

 橿原市某所で仕事も、現場入りしてから「1時間後ろ倒しでお願いします」って…あのなぁ。
1703031145
 数日前の“光が、春や。”とは打って変わって今日は“いかにも寒空”。そんな下で1時間どないせぇっちゅうねん…っていやいや「そうでっか!」な感じ。それだけたくさん探索できてあぁ何と楽しいことか…って思わなしゃない、とか何とか。しかし何でっせ“毎日小旅、ついでに仕事”な日々。有り難いこってっせ。

(於:奈良県橿原市) 結局まだ待たされて1時間25分遅れでスタート。まぁええょ。

保存

保存

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月28日 (火)

光が、春や。

 奈良市某所で朝から仕事。近鉄は新大宮駅で待ち合わせ…ってこの駅名に付く“新”って何なん?
17022808a 17022808b
 まぁそれはさておき、今日はなんと気持ちええ空やったことか。もう完全に光まわりが“春”。まだ2月と言えど明日から3月ですからね。
 あまりに気持ちええ空気感やったもんであれこれ理由求めず1枚2枚。ちょうど通りかかった赤いクルマもええ仕事してくれてまっせ。
 で、新大宮の“新”ですけど、どうやら開業時に“大宮”と名乗る駅が他にあちこちあって、それと区別するために付けたんちゃうかとのことみたいですけど…何やけったいな感じがしますわ。

(於:奈良市) カイヅカイブキが一部枯れててこれもええねんなぁ。

保存

保存

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年2月20日 (月)

“できるだけ”…そやなぁ。

 細道、水路を挟んでやや広めの土地。そこにこんな看板。
Dekirudake1 Dekirudake2
 主張しつつも引くとこは引いて…“できるだけ”の5文字の小気味よいこと。こんなゆとりを持ち合わせたいもんやなぁと思うも…全然修行が足りてませんわ。ま、一生ムリっぽいですけど。

(於:堺市北区) 寛容でありたいと思うも、つけあがる輩がおるのも事実やし…

保存

保存

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年2月16日 (木)

法華山谷川河口、伊保漁港の朝。

 朝から姫路へ。いつも通り阪神〜山陽電車に乗って行くと…2時間弱。三宮あたりから手洗い行きとなったから、遠いなぁって感じ。
 いつも通り車窓を楽しみもって乗っているというのに、日除けのカーテン閉めよとする輩がひとり。阻止したろかと思うもそのおっさん、止め方知らんで結局下ろせず。へへっ、山陽電車のその日除けは、止めたいところで一旦元に戻すとカチッと止まるスタイルでして、それを知らはれへんなんでよかったヨカッタ…って私も知らなんだんですけど。
 ずっとええ天気。高砂駅あたりから海向けば煙突が何本も立っててええ風情。ガラスにレンズ密着させてやみくもにシャッター切れば…あ、写った写った。
1702160935
 真ん中の煙突は火力発電所の様で、これは水蒸気でしょうか。キッコーマンの倉庫が見えて手前に浮かぶは漁船でしょう。調べますればいつも通り(?)びんみんさんの日常旅行日記にたどりつき、ここは伊保漁港とのこと。法華山谷川の河口に位置する…ってこれで“ホッケサンタニガワ”って読むんそうでなかなかけったいな河川名やこと。海鳥が呑気に飛んで…ええなぁ、これもニッポンの光景やなぁとしみじみ。

(於:兵庫県高砂市) 帰りも山陽電車。ただ阪神のロングシート車両で…退屈。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 2日 (木)

2月2日、大東市赤井の夕焼けとOBPの薄暮。

1702021725
 夕方、大東市某所で仕事。終えて西見上げれば小さな空に夕焼けが。電線にアンテナ、あ、ヘリも飛んで適度に生活の風情感じられてええ感じ。
 住道駅から片町線乗っての帰宅。この線はまぁほとんど乗ったことなくて車窓からの景色がなんと新鮮なことか…ですがどことなく懐かしい気分にさせるとことがやっぱり“元・国鉄”。よろしいなぁ。放出あたり、以前何かの記事にたのけのあむら氏のよりコメント頂いた風呂屋の“”のネオンサインも薄暮の中じんわりと光っていて「あぁこれのこと言ってはるねんなぁ」と。
 京橋で地下鉄に乗り換え。いっぺんJRは京橋の“南口”から出てみたいなぁという願いを叶えようとそこから大阪ビジネスパーク駅へ。川ひとつ隔てたところは…まるで別世界。かっこええなぁと思うもなんとも寒々しい空気ただよい…70年経ってもなかなか抜けんもんなのか、コンクリだらけの街並みがそう思わせるのかは…わかりません。
1702021754 1702021757
 思いのほか、OBP駅は遠かったぁ。出入口までも遠いものの、そこからドンドン降下していって…これはきっと何ぞあった時を想定して“シェルター”としての機能を兼ね備えてるんでっせ、うん。まぁ、そんなとこ逃げ込まんでもええ日々が続いたらええんですけど…ね。

(於;大東市、大阪市中央区) 陽が長なったもんや。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月16日 (月)

伊丹空港、デッキから工事現場鑑賞。

 今日は年に一度伊丹空港を訪れる日。調べますれば去年も16日。まぁそれはどうでもよろしいか。用事済ませてデッキへ。いつもは行かん南ターミナルまで足を運びますと、ちょっと見慣れん光景が。
Itm170116a Itm170116b
 飛行機もよろしいけど、やっぱりカッコよろしいなぁ、ダンプカーって…ってそれより滑走路へ出て行くダンプってのも珍しい図。そもそも何の工事をやってるのか。それがわからんまま。まぁ建屋の増築でもやってるんでしょう。
 飛行機見るふりしてじっくりと建築現場を俯瞰できる…何がええってそこですわ。普通やっぱりあんまり観察できませんよね、大人なると。
 大きい飛行機を前にすると何ともミニチュアっぽく見えるというのもこれまたええもんで、そのまわりで働く人々もまるでアリンコ。ちなみにこの図はダンプに着いた土砂を洗い流しているところ。そらもう徹底的にやってましたわ。滑走路汚すわけにはいかんのでしょう。
Itm170116c
 引いて見たらこんな感じ。ますます嘘くさい光景…ってこの写真はちょっとウソ。光まわりのキレイな時に飛行機がおらんという…てなわけで先撮りのそれを合成しています。こんなん本気でやってみたこと初めてですけど、結構わからんもんで。写真コンテストの応募要項に“合成写真は不可”なんて書いてあることありますけど…これじゃ審査員もわからんもんですな。そもそも“合成不可”が当たり前って常識こそが問われる、そんなこと思ったりしました。まぁ気持ちはわからいでもないですが。

(於:豊中市) 空港銘酒蔵”が店じまいしとった。残念やけど…にぎわってなかったしなぁ。

保存

保存

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧