思ったこと

2018年2月15日 (木)

9時16分のフェニックス通り

 南海は堺駅、南口バスロータリーで集合ってどこのことかいなと行きますればそこは巨大なワサビでおなじみ(?)フェニックス通りに面したバス乗り場。珍しいとこで待ち合わせするんやなと思いつつあたりを探索。
1802150916
 割と穏やかな気温ながらどんよりした空模様。横断歩道渡りつつ西見れば煙突から水蒸気。そう煙突の見える景色こそ堺のイメージですな私には。千利休やら与謝野晶子、古墳に灯台で売り出そうとしてはりますけど…まぁチン電どまりかな。
 歴史あって文化も育つ地でありながら、臨海コンビナートの印象が強すぎ。まぁ逆にそこがカッコええなと魅力に思うんですけど。

(於:堺市堺区) で、結局集合場所は“西口”の書き間違いと判明…そらそやろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月12日 (月)

雪つもって雪だるまつくって

 手洗い行って窓を開けたら銀世界やん。
Yukidaruma1 Yukidaruma2  何や寒いなと思いつつ布団の中で過ごしてましたけどそうなんか…寒々は北陸に限ったことではなかったのかとちょっとびっくり。
 「雨戸開けてみ」と言われ景色目にしてお子もびっくり。早速外へ出て写真撮って雪踏んで足跡つけて…で“雪だるま”を作りましたよ。
 下の○が私、上のがお子。さてあれこれデコレーションしよかと赤い実探しましたけど南天も万両も鳥に食べられてしもたか見当たらず。目の部分はお子がコーヒー豆みたいな石粒をどっかから、鼻はツバキのつぼみ、ボタン3つは青木の実…まぁそれなりになんとかなりました。
 で、手に紅葉した葉っぱつけてアタマに「耳つけよや」とそれっぽい葉っぱ出すと「それはアカン」。「ほな、これ植えよや」とええ感じの雑草出すと「そんなんアカンって」。オーソドックスな形状にこだわりよります。そんなん、オモロかったらそれでええやんと思うんですけど…案外子供の方がとらわれてるんでしょうか。
 で、妥協してツバキの葉一枚差して出来上がり。記録に写真撮って…あぁ大阪で雪だるま一緒に作るのって何年ぶりなんやろかと調べますれば7年と1日前のことでしたわ。幼児さんやったのに半分大人になってタブレットで写真撮って…成長したもんやと思いつつ、雪見てわぁわぁ言うてこんなん作ってまんまと言えばマンマかな…ってわしもそうなんですけども。

(於:八尾市) まぁ結局わしが遊んでもろてるわけですよお子に、うん。

※関連記事:
大阪で、3年ぶりの雪景色。』 2014年2月 記
なにわに初雪。』 2011年2月 記

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年2月 7日 (水)

15時42分のジャングルジム

 またも和歌山は岩出で仕事。
1802071542
 寒い。ですけど日差しはちょっと春っぽい。澄んだ空気に青空にジャングルジムの陰に影…気持ちええ様な悪い様な。改めて見ますと単純ながら複雑で…独特な存在感を放つモンやったんですね。知らなんだかも。

(於:和歌山県岩出市) 長いこと上がってへんな…思うも数年前あるわ。もちろんお子とやけど。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年1月31日 (水)

5ヶ月待ってやっとクルマ来たわ

 8月末でクルマ手放ししばらくして次のを注文するもマイナーチェンジにかかって10月に仕切り直しで再注文。納車に一ヶ月少しとの話やったのが結局昨日でっせ。最初の注文から5ヶ月、仕切り直しから3ヶ月以上…何なんでしょこれ。
 楽しみにしてるお子はしまいに怒り出す有り様。「約束は守らなアカンのちゃうん!」と。ホンマにね。けど、わしが怒られるってのも…なんだかな。
Tpjf  で、何でこんなに遅れた?…て、ひょっとしたら神戸製鋼の品質偽装なんかが関係してるんかもしれんなと思ったり。しかし何ですわ、クルマって在庫持たん受注生産の時代になってるんやなと改めて知った次第。そらぁ値引きも渋いハズ。それでええと思いますょ。でもなぁ…
 とまぁクルマレスな日々が丸5ヶ月。ここ数年の中でいちばん「クルマがあればなぁ」と思う日々が続いたものの「別にイランな、クルマ」を実感した日々でもありました。どこへも電車バス、どこでも一杯やれるし…と。でもね、来たら来たで乗って走って楽しいねんなぁやっぱり。大事に乗ろ。15年は乗りたいねんなぁ…って、ひょっとしたら人生最後のクルマになるんかもと考えたら、えも言えん気分になってきました。

訳あって角型から丸型のに買うのチェンジしたけど…大正解。ええの来たわ。

※関連記事:
愛車廃車 2』 2017年8月 記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月17日 (水)

12時26分の淀川越え、1月17日。

 一期一会に生きてると、不意な別れも堪えへんって耳にしたことあるも…
1801171226
 年に一度訪れる伊丹空港。上六からバスに乗って新淀川越えて…下流の方眺めこの先が神戸やなぁと思いつつ冒頭こと考えた。「そんなもんやないやろ」、でも「少しはそうかもしれん」。理解しあえることなく別れ、そのまま生きていくのは辛いことやろと想像すると、やっぱり一期一会を日々噛み締めて生きていかんと。とは言え今日が終わる頃にはすっかり忘れて煩悩いっぱいで明日を迎えるんやろなぁ。今日は1月17日。

(於:福島区〜西淀川区) 合掌。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年1月12日 (金)

冬のガソリンスタンド、で雑感。

 灯油買いにキャリーカートにポリタンク乗せて出かけた先はガソリンスタンド。
Gs
 そこはどごくごく普通のGSですが何なんでしょ、閑散時だからか全然クルマで行く時と雰囲気が違って感じられまして。
 運転席か給油口あたりからしか普段は目にせんからやとも思うもやっぱり普段は徒歩で行くとこやないという非日常感があったというのと…そう、なんかタンク渡してお代払ってひと言ふた言話ししてるうちに「地域に根ざしてんねんな」な気分になって、いつもと違う様に思ったんでしょうな。
 正味の話、普段クルマに給油するときは値段で選んで「馴染みのGSで」なんて考えませんけど、それではイカンのかなと思ったり。そうそう、安値を売りにするGSの中には灯油を扱ってないところもありますね。まぁ冬場にしか売れんもんに対して貯蔵タンクや給油機を備えるのは経営的にはムダなことなのかも。それ思うと少々高くても灯油も置いていて配達もしてくれる地元密着のところを大事にせんとあかん気もしてきて…でも安いのも魅力やし。個人商店を大事に思うもついついスーパーでモノ買うのと同じ感覚をガソリンスタンドにも思ったのでした。

(於:八尾市) しかしながら灯油は高値安定…20年ほど前の倍やからなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月 8日 (月)

阪神高速高架下から団地眺めてあれこれ思て。

 正月休みに土日に祝日…さすがに明日からは日常モードでしょうな、世間は。
Harumiya
 帰省してはった人々も自宅に戻って明日への英気を養ってはることでしょう…ってことで、この写真。
 仕事移動の合間に見た団地とその明かりからそんなこと思たんですよいつもながら…って嘘ウソ。なんせ昨年末に撮ったもんですから。
 阪神高速の高架越しに見えるこの団地、無機的ながらも何となく光の向こうに各々の家庭があって生活があってってモンを感じるんですが、どうでしょう。長屋街のそれとも高層マンションのそれとも違う妙に等身大な…ってなんのこっちゃ。きっと将来“平成な感じ♡”って懐かしむ様な、ね。

(於:東大阪市) わしも明日から仕事、なれど暇やな今週は…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月 7日 (日)

田畑の納屋、青空の下。

 今日はとってもええ天気。てなわけで晴れた日の小屋の写真でも。
Kikusuikoya1 Kikusuikoya2  どぉってことない田畑でよく見る納屋。今も昔も看板のキャンバスとして存在するといった側面がありますけど、お酒や調味料のそれならええ味わいながら、サラ金系のは、なんかぶち壊しかな…と、ずっと思ってましたけど、これも世相を反映しているんやと解釈したらいとおしく思えてきたり。って往時に比べたらそれ系も力を失って過去のものになりつつあるからかなぁ…ってよく知らんのですけど。あ、それと政治家のポスターと興行の告知も欠かせません。あと…宗教系もか。
 と、納屋とその壁面の掲示物ばかりに気を取られてましたけど、写真をよく見ると巴瓦に菊水紋が彫られているのを発見。防火を願って紋様をこんな建屋にも…ちょっと意外でした。

(於:滋賀県大津市) まだまだ見るも案外減ってるな、味ある納屋は。

※関連記事:
サラ金系看板の掲示板と化す小屋』 2014年12月 記
サラ金系看板に汚染された小屋…』 2009年10月 記

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月 6日 (土)

朝日浴び玉串川に佇むアオサギ見て、雑感。

 シロサギかと思って見てましたけどこれ、アオザギですな。
Aosagi3 Aosagi4  6日ともなるともう正月気分もおとなしなってしもて。まぁ日常が戻ってくるという点においてはホッとしますけど、もうちょっとどことなく正月っぽい写真がええなと、これ。
 寒い中、チンと佇むアオサギの図。年中末端冷えひえになる身としてはサギの足を想い「よくも水の中で…」と気の毒になります。ここを泳ぐ鯉(大型)とか、ハト、スズメなんかは人間さんのエサ待ってりゃええ訳ですけどこいつはそうはいかん訳で。
 昔はカモ同様、こんな鳥おらなんだこと思うとやっぱり水質が良くなった証かな、何羽もこうやって佇んでます。ずっと「何でまた水の中で」と思ってましたけど先日、子サギが小魚を捕獲する一瞬を見て…ひと安心。それなりにエサとなる魚がおるんですな。そのシーンを見るまではどっか修行僧みたいなもんをこのサギたちに感じてたんですが…ってそら、そんなことしよりませんわな。

(於:八尾市) 水面に映る桜の木は42年前からの思い出の木。

※関連記事:
玉串川にカモ見て、雑感。』 2017年12月 記
アオサギ、散歩中。』 2014年10月 記
凛と佇む水鳥が一羽。』 2009年8月 記

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月 4日 (木)

○対□?…いやいやそやなくて。

 お正月は生垣もスカッと刈り込まれて気持ちよろしいな。
Ox1 Ox2  とかくお隣さん同士は張り合うもんやと聞きますがいやぁこない露骨にビジュアル化するとはなぁ…とか何とか。
 “丸刈り vs.角刈り”と対立してるって見てしまいましたけど、これは町並みのデザインを考えてお互いのお宅が生垣でコラボしてると捉える方が楽しいですな。ついつい“演”と考えてしまう…そうやこれは“演”ですな、うん。平成30年、その様な陽転思考を維持していけたらいいなぁ…ってアンタ、それはかなり無理がありますで山本龍造には。

(於:東住吉区) □が○領域に侵食してる様に見えますけど…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧