防火水槽

2018年6月10日 (日)

防火水槽 213 ■ 奈良県吉野郡下市町善城1136

 もう15年は前から前を通っていたのに、全然気付きませんでした…って年1回くらいですが。
Suiso213a Suiso213b  旧村のお宅の隅にそれはありました。装飾なし、実質本位なヤツで木のフタ付き。上からコンクリブロックがセメントで固定されていますけど木にセメント…付いてはいないでしょう。
 日陰に置かれているからわからなんだのかなぁと思いつつストリートビューで過去を見ますれば…あぁなるほど。ここは以前お花屋さんでこの物件を取り込んで棚なんかがそこに写ってました。その頃は水槽として使われていたのかもしれませんね、防火目的ではなくて。まだまだ隠れたところに防火水槽は潜んでいる気がしてきました。

(於:奈良県下市町) ここらのタケノコとても美味♡。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月30日 (水)

防火水槽 212 ■ 滋賀県東近江市八日市清水1-3-5

 過日仕事帰りに寄った八日市。往時は賑わったであろう宿場町、風情ある街並み残るも人影はまばら…まぁどこでもそんなもんかんでしょうがちぃと寂しいなと思いつつふと見ると…やっぱりありました。
Suiso212a Suiso212b  うだつも虫籠窓も立派に残る旧家です、見ての通り防火水槽もそれに見合った風格を備えています。シンプルながら中央に縦書きで小さく“用水”、水抜き穴が正面にあるのはちょっとご愛嬌ってとこですかね。コンクリ製と思われますが石でできている様に見せる工夫がされています。
 いざという時には使えそうながら中は空っぽでしょう。それでもこの家の立派な装飾品(?)として堂々の余生を過ごしているって感じでした。

(於:滋賀県東近江市) 帰路、近江鉄道の車窓に防火水槽見かけるもうまく写真撮れず…記事化断念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月19日 (土)

防火水槽 211 ■ 兵庫県加古川市加古川町本町55

 加古川で見たもので一番“らしくない”物件が、これ。
Suiso211a Suiso211b
 よくある植木鉢としての使われ方をしている訳ですが、なんか妙に収まっていて「これは防火水槽やないかも…」と思うも、どうもその前に見た2つと同一っぽかったので第211号に認定しました。菊がたくさん植えられていて町の緑化に貢献していてなかなかええ感じ。防火水槽としては小ぶりながら植木鉢の親分としての風格は漂わせてます。
 元?タバコ店の前、向かいは元・風呂屋さんと風情ある環境ながら、ひと気がないのが…今の時代なんでしょうなぁ。

(於:兵庫県加古川市) 植木鉢の南天…窮屈そやな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 7日 (月)

防火水槽 210 ■ 兵庫県加古川市加古川町本町382

 今や完全な不要物って感じ。
Suiso210a Suiso210b
 電柱と建屋、エアコン室外機に挟まれて可哀想な…っていやいや、それらに守られていると解釈したら楽しなってくるってもんです。
 とは思うもその中見ればやっぱりほぼ捨てられているも同然かなぁ。バケツはさておきゴミや空き缶、不要な土にビニール…情けなぁなってきてるんちゃうかと心配になってきました。ま、プランターの植物がきっと癒してやってくれてるとは思いますけどね。
 今回のも丸型で一瞬の迷いはありましたが底部に排水口が見られましたので防火水槽で間違いないでしょう。でもまぁ…発見したときの「やった!」感は…いつもないなぁ。

(於:兵庫県加古川市) ずっとナナメの日々…おかしいならんかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月27日 (金)

防火水槽 209 ■ 兵庫県加古川市加古川町寺家町164-7

 加古川某所で仕事。前後は探索。
Suiso209a Suiso209b  いつも悩ます丸型の防火水槽。見ての通り植物が青々と育っている様子を見ると…巨大植木鉢かもしれんなとついつい“防火水槽にあらず”かもしれんなと不安になります。が、毎度のこと悩んでも仕方ないわで第209号に認定。
 この後加古川で二つ見つけましたがやはりこれと同じタイプ。なんか「あぁ…見つけてしもた」って感じ。忘れた頃にぼつぼつアップしていくことにしまっさ。

(於:兵庫県加古川市) ブツの上にはジュースの紙パック。現場のままが良しでそのまま撮影。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月13日 (金)

防火水槽 208 ■ 京都府八幡市橋本中ノ町

 第207号となる防火水槽見つけ「この街は期待できるで」と凝った物件を期待し街歩けど見当たらず。ほぼ諦めかけていたその時ようやく見つかるも…もひとつな感じ。
Suiso208a Suiso208b  きっともっと元・遊郭にふさわしい(?)物件が見つかると思っていましたけど、これは見ての通り“超”が付くほどの質素さで似た別モンかもしれません…って思いましたけど、ほな何に使うモンやねんと問うてみるとやっぱり防火水槽ですね。
 駐車場の隅にあって今はどうもゴミ箱としての余生を送っている様子。隣には石臼、左手前にはコカ・コーラの1L瓶用ケースと逆さに突っ込まれた一升瓶いっぱい。時代に取り残され不要になったモノたちの楽園とも言える場所でした…ってかなし寂しそうな一角でしたけど。

(於:京都府八幡市) 中学生時分、コーラの1L一気飲み密かに流行ってたなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 3日 (火)

防火水槽 207 ■ 京都府八幡市橋本中ノ町

 元遊郭の街のそれは、ちょっと別格な感じ。
Suiso207a Suiso207b  過日降り立った京阪は橋本駅。改札を出ますればすぐそこにこんな防火水槽がありました。コンクリ製ではありますが石を用いた銘板、そしてそれをタイルで装飾してあり見るからにそこらに残るモンとは違いまっせって感じです。写真ではちと判りにくいですがタイル部分が淡い水色と桃色の市松模様となっていて…なんて可愛らしいことでしょう。今まで見てきたものの中ではいちばん洒落た防火水槽。ただ…天地逆に置かれているのが残念ですね。

(於:京都府八幡市) これ、文字が左から右に記されてる…防火水槽にしては新しいモンかも。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年3月17日 (土)

防火水槽 206 ■ 大阪市生野区巽北3-12-38

 少し小振りで違う気がしましたが、形状等がそれと同様ですので第206号に認定。
Suiso206aSuiso206b
 電柱にガードしてもらいつつ植木鉢の親玉としてそれらを引き連れてるって風に見えて地味ながらなかなかええ風情を醸し出しています。そこに植えられているのはモミジ1本。新芽出てるもちょっと早かったのが残念。ストリートビューで鑑賞しますと新緑も紅葉もキレイなこと。まわり全体含めて上品にまとまっていてここのお方のセンスの良さが表れている様に感じました。きっと近所の人々もひそかに気に入っていることかと思いますね、はい。

(於:生野区) エアコンの室外機も道路標識も含めてうまいことまとまってるな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年2月27日 (火)

防火水槽 205 ■ 三重県鈴鹿市東庄内町4028

 クルマの慣らし運転兼ねて行った先のドライブにて発見。
Suiso205a Suiso205b
 中部圏初と言ってよい物件とあってか普段見かけるそれより重厚な感じに見えます…ってそもそものシチュエーションが多くのそれと違ってデンと構えている感じがそう思わせる要素なのかもしれません。とは言えやっぱりたっぷりとした大振りには違いありません。
 調べますればこの前を通る道は“巡見街道”と言う旧街道とか。それを知るとやっぱりちょっと別格に見えてきます。雨どいで集められた水を蓄える様になっているところを見ると今も現役ですかね。ただこの時は水は溜まってませんでした。あるべきしてそこにある防火水槽は、やっぱりカッコええですね。

(於:三重県鈴鹿市) 雨どいはブリキと銅製…やっぱり重厚見えて当たり前。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年2月17日 (土)

防火水槽 204 ■ 奈良県奈良市西大寺芝町2-10-14

 西大寺あたりで仕事。何ぞ昼食をと歩けど…なんもなし。
Suiso204a Suiso204b  けどまぁええ町並みやしそれも良しと散策しますれば、ありそうでないところに防火水槽を発見。これはきっと昔からあるものではないでしょう。何となくほかすわけにもいかんけどここに置いといたらええかって感じがします。
 細い用水路にかかる橋の脇にあったその物件、中を覗きますとゴミ箱としての余生をおくっている感じ…ですが、物置きとして使われているのかもしれません。
 やっぱり出会うねんなぁ防火水槽って。話戻りますが西大寺界隈を歩いた挙句、駅近くに戻りますれば“ならファミリー”って商業施設がありますやん。そうか…ここに最初から来ていたら昼食もすぐに食べられたのに。でもまぁきっと呼んでいたんですよね防火水槽が。有り難い話やことで。

(於:奈良県奈良市) 西大寺駅ナカ店舗、充実してますなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧