外国語のローマ字表記

2018年6月13日 (水)

外国語のローマ字表記 45 ◇ Aruza-dori

 南海は泉大津駅の東側は超高層マンションあったり商業施設あったりでシュッとしてる…んかな。そこら一帯の複合都市施設は“アルザ泉大津”と言うそうです。
Aruzadori
 ってまぁほぼそういうところには興味が湧かなくてスルーしよと信号待ち時にふと見たら、ご覧の通り。背景にちゃんと本来のスペルも写ってバッチリや。
 ALZAR…あんまり聞かん外国語。ひょっとして造語かいなと調べますればスペイン語で“持ち上げる”てな意味とか。なんでそう命名されたのかはわかりませんでした。誰を?何を?…あれこれ思いますな。

(於:泉大津市) このマークには馴染みないけど…もうすっかり過去のもんになってる気がする、ダイエーって。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月 1日 (火)

外国語のローマ字表記 44 ◇ Sanrodo Suji

 仕事の待ち合わせが近江八幡駅前。せっかくの遠出やしと1時間前に行って探索するも…ないわぁ。と、思ってるところに…ひょっとして。
Sanrodo1 Sanrodo3  “road”と“rodo”ちょっと遠目にわかりづらくどうかなぁと近寄りますれば…やった、バッチリ“San”も含めてのローマ字表記でっせ。
 他にも“チャペル通り”ってのもありましたがこの手の看板はありませんでした。調べますればこの街には“ぶーめらん通り”ってのもあるとか。これは気づかなんだ。“Bumeran Dori”…なんでしょうなぁ、とか何とか。

(於:滋賀県近江八幡市) ここも大阪同様“通”と“筋”、使い分けてはる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月11日 (水)

外国語のローマ字表記 43 ◇ Oranda Baka

 うちのひとこまめにポイント貯めてマイルにして…おかげさんでちょっと沖縄へ連れて行ってもらいました。
Orandabaka1 Orandabaka2  で、これ発見。最初クルマで行き過ぎたあと「え?“Baka”か」と。なんぼ読みで“ばか”やとしてもローマ字表記は“Haka”やないかとそれが気になり「そう言えば“オランダ”はどう書いてあったかいな?」と戻りましたら…ばっちりのローマ字表記。ええなぁOranda Baka。
 とまぁネタさえ撮れたらそれでええわい…と何とも向上心のないことで。そこが何かも検証せんまま空港へ。調べますればここ、異人さんの墓には違いないものの、葬られているのはオランダ人やなくてフランス人やとか。説明文を読み続けるになんかネタにしてええんかいなな気分になってきました。合掌。詳細は名護市役所のサイト内“オランダ墓”をご覧ください。


(於:沖縄県名護市)
近世、西洋人を指すコトバがオランダやったのなら、“Oranda”表記が正しいな。

| | トラックバック (0)

2018年2月23日 (金)

外国語のローマ字表記 42 ◇ SAN HAIMU TSUJI

 豊中市某所へ昨日仕事へ。いかにもニュータウンな街続き「今日は…アカンな」と思いつつ歩き続けますればちょっと旧村な匂いする場所が。昔ながらな道へ入って行きますと…あったわ。
Sanhaimu1 Sanhaimu2
 シュッとした今日的マンションが昔ながらな町並みに合わんなと一瞬思うも、ですけど“HAIMU”ですよ。そうそう、これでこそ調和がとれるってもんです。
 とまぁ“HAIMU”にばかり気を取られていて現場では何ら重要視してませんその前の綴りですけど“SAN”…これもローマ字表記ですやん。もう完璧。“SUN HEIM”が“SAN HAIMU”、っくく…って思いましたけど、“SUN”が英語で“HEIM”がドイツ語、その後日本語が続くこと思えば全部ローマ字にして“SAN HAIMU”と平均化してしまうのがよし、ですね。何でも取り入れて自国のものにする、これぞニッポン、ですわ。

(於:豊中市) 新しい物件にしては珍しな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月30日 (木)

外国語のローマ字表記 41 ◇ KUROSU GREEN

 CROSSのことやと勝手に思ってるだけで、ほんまは“黒酢”とか?
Kurosu1 Kurosu2


 いやいや“クロスグリ(カシス)”のアレンジ形なんかも。
 “GREEN”が真っ当な英語綴りですからKUROSUには明確な意図があるはずですね。調べますればこのKUROSUは“CLOTH”の事の様です。クロスグループという会社組織がここを事務所にしてはる様で、繊維関係を生業としてはるみたいです。ちなみに“CROSS GREEN”やと英国の多目的スタジアムの名ということで…ま、そんなところです。

(於:兵庫県尼崎市) ま、昔ながらな外国語のローマ字表記やないからもひとつか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 3日 (日)

外国語のローマ字表記 40 ◇ SHOKEN BILUTO.Inc

 クルマで信号待ち。前ではビルの外壁補修工事。足場運んできた車かトラックが一台。ふとそこに記された横文字見れば…え?
Biluto  とっさに「なんか変かも」と写真撮ったら青。帰宅後よく見れば…“R”ではなく“L”なのがちと残念ではありますが“BILUTO”とあります。まぁ“BUILT”のことでビルドの過去形なぁ?と思いますれば“組み立ての”な意味もあるそうで…なるほど、足場屋さん的ですな。
 ローマ字風に表記された最後が“Inc.”で終わるところがまたニクイ演出。これがあったので最初「これでよかったっけ?」と思ったのでした。

(於:中央区) 足場ってどれくらいの震度に耐えうるんでしょうな。

保存

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年5月 8日 (日)

外国語のローマ字表記 39 ◇ MANYOU HAITU

 今日は所用で西大寺へ。
Haitu3 Haitu4  はよ着いていつもの探索。ここらは…うん、35年ぶりですなぁ。高校生時分になんや本格的なカメラ機材持って歩いたなぁと思いつつその頃の景色ないかいなと思えど…どうも印象が違います。そらまぁそうですわ、35年という歳月、世間も変われば記憶も変わる…てなこと思いつつ歩きますれば、こんな物件がありました。
 “HAITU”…この表記は今回の物件で2度目となりますな。見ての通りその名“万葉”ですから、確かに“HEIGHTS”の方が妙な感じに見える気もします。てなわけで、あえてこの表記やと思います。とは言えこのハイツ、どうやら学生マンションの様ですから、教育上この表記でええのかどうかという気もしますが…って、そないに学生のこと見下したらあきませんな。

(於:奈良市) MANYOU…マン ユーと、ここ英語やん…とか何とか。

※:関連記事:
外国語のローマ字表記 13 ◇ K.Y HAITU』 2012年12月 記
外国語のローマ字表記 15 ◇ HAITSU SHUWA』 2013年2月 記

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年4月 7日 (木)

外国語のローマ字表記 38 ◇ aruru

 まぁ“亜瑠瑠”が屋号でもあるんで、これでええんですな。
Aruru1 Aruru2
 “洋風”であり“居酒屋”であり“喫茶”もやってると和洋折衷なお店の様ですから、あえて“aruru”なんでしょう。てなこと思いつつアルルのスペルが“arles”やと言うのも知らんかったんですけど。ホンマのところはフランスにあるということすらも…こっちが笑われますわ。

(於:富田林市) あ、フォトフェスティバルで有名なとこや…って、忘れてるようではな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年3月13日 (日)

外国語のローマ字表記 37 ◇ chiroru

 仕事の合間に奈良は富雄へ。路地を通りますれば、錆びサビの自転車置かれた雑貨屋さんの看板に、それ発見。
Chiroru1 Chiroru2
 看板に“古い道具とカワイイ雑貨”と記されていますから、わざとカワイイ感じ(?)でローマ字表記にしてはるんでしょう。
 チロルと言えば、チロルチョコ…もそうですが“チロル高原銘菓”をうたう“チロリアン”が頭をよぎりまして。と言っても食べた記憶もなくただ昔ラジオCMで耳にした“チロ〜リア〜ン♪”のフレーズのみのことですけど。で、チロリアンの千鳥饅頭は今4つの会社に分裂していて関西の千鳥屋宗家はチロリアンを作ってないとか。それで知らんのでしょうか。まぁクリームパピロみたいなもんですかね。あ、話それまくり。

(於:奈良市) 足こぎ自動車にお子興味深々でした。この乗り物は楽しかったなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年3月 8日 (火)

外国語のローマ字表記 番外編 ◇ Giraud

 いつもの逆というか何というか。
Giraud1 Giraud2
 譲治さんが柳ジョージGeorge YANAGIと記すのと一緒の様な…いや違うな。あ、ちなみにクロード・チアリさんは“智有蔵上人”とか…ってそもそもジローは店名であって人名やなかった。てなわけでこれでええわけですな。すんません。

(於:天王寺区)
“柳ジョージ”、検索しますれば“ジョージ・ヤネージ”なる文字が…っはは。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧