プラ看板

2017年3月22日 (水)

昭和なプラ看板 141 ● フラワーショップ げしろ

 和歌山駅前のみその商店街はシャッター閉じたお店が多く…ってまぁ朝ですからこんなもんですか。そこにこんなプラ看板。
Geshiro1 Geshiro2
 なにげに見ていたものの、よく見るとなかなかユニーク。まぁ何がってそのまずはマークでしょう。“お城”を取り込んだ“”で“げしろ”…あぁなるほど。なかなか凡人には思いつかないセンスにまず脱帽。“げ”の“”部分が花になっているところもまた可愛い感じ。その下にある屋号を記した字体がまた何とも昭和チック。上を改めて見ますと“ショップ”が“ョッ”と詰まっていてこれまた地味にええ仕事。アーケードに守られエバーグリーンな美しさ、フラワーショップの看板にふさわしいですなぁって、もひとつお花屋さんっぽくない様に…いやいやそんなことないない。
 商品名を記したそれではないのでちょっとこのカテゴリのニュアンスとは違いますけどご勘弁のほどよろしく。

(於:和歌山市) “男子専科”…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月21日 (火)

昭和なプラ看板 140 ● 不二越の工具

 昔ながらな金物屋さんに、あるある。
Fujikoshi1 Fujikoshi2
 黄色ベースに赤と黒の字、きっと元々目立つ存在であったであろう配色が、経年変化ですっかりお店に、街並みに溶け込んでいます。
 “不二越の工具”…この看板はかつてどこかで見たことある様なない様な。正直もひとつ馴染みのないメーカーでどんな工具を作ってるのかも知らないのですが、HPを見る限りでは、ドリルの先っちょなんかの工具を得意とする富山に本拠地を持つ会社の様で、工作機械やらロボットなんかも手がけているとか。社名“不二越”、商標“NACHI”で、共に社のこころざしなんかを表しているそうです。詳細はHP“企業情報”をご覧ください。
 で、この形は…やっぱり工具を表してるのでしょうが、もひとつ何のカタチかわかりません。サンダーとかホチキスを壁に打ち込むやつとかそんなんかなぁと想像しますが、どなたかご存知のお方おられませんかね。

(於:京都市伏見区) どことなく可愛ないところが工具っぽいんかな。

保存

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年2月 9日 (木)

昭和なプラ看板 139 ● ※ 近江産 武田プラッシー いの一番

 中京区某所で仕事。地下鉄東西線は西大路御池駅降りて…って、京都に比較的縁あれど、このあたりはクルマで通過するも、まぁ来んエリアですなぁ。
 仕事終わって外に出れば、雪が舞って…あぁ寒いこと。足早に駅へ向かう途中、こんな看板見つけました。
Oumisan1 Oumisan2
 前回のそれ同様、このカテゴリとはちょっと違うなぁと思うも、ええでしょ、何とも。
 勿論いちばんええのは真ん中の“武田プラッシー”ですけど、全体的な色合い、バランスがあんまりこだわってなさそげなところが特にええ感じやなぁと。
 でまぁ撮って帰ってよく見たら、右端に記されてるのは“近江産”なんですね。だいたいの意味はわかるも“近江産”が何にかかる?って、このまま読むと“近江でつくられているプラッシーといの一番を扱ってる”って…そうは読まんですわな。スンマセン。

(於:京都市中京区) 文字の空色が何とも言えん懐かしい気分にさせるけど、何でやろ?

※関連記事:
昭和なプラ看板 122 ● いの一番』 2016年4月 記
昭和なプラ看板 19 ● プラッシー』 2009年2月 記
50周年記念 プラッシー ハウスから』 2009年2月 記

保存

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年2月 4日 (土)

昭和なプラ看板 138 ● お好み焼 お茶漬

 このシリーズにはちょっと異質やと思いつつも…
Ochazuke1 Ochazuke2
 そこには商品名も屋号も記されず、ただただメニューのみ“お好み焼 お茶漬”。
 “お好み焼”はわかるも“お茶漬”ってのが…ね。都島の方でも一度“お茶漬”と記されたお店を見たことがありますけど、そうなんかって感じがします。
 お茶漬がメインデッシュ(?)な時代があったということなのか、何ぞスペシャルなトッピングで勝負してはるのか…どうももう廃業されている風情ですので確認のしようもありませんがまぁ、時代的なもんなんでしょうね。そう言えば私自身もここ数年、いや数十年とお茶漬を食べる習慣から遠のいてますなぁ。食卓のオカズが豊富で漬物までたどり着かん…贅沢なことで。

(於:堺市北区) それでもまぁ永谷園のお茶漬け海苔は時々食べたなるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 9日 (月)

昭和なプラ看板 137 ● アロームのパン

 むかし懐かしい“食堂”に、これまた懐かしいプラ看板。
Arome1 Arome2
 以前よりあるなぁと思うもその前身“食産パン”ほど懐かしもないしなぁとスルーしていた物件。ですがよく見ると“パン”の字体なんかが案外時代がかった雰囲気をかもし出していて、そろそろ出番でしょっと。
 アローム…まぁ今も現存するブランドではありますが、今はキンキパンを源流とするオイシスのいちブランドとして、焼きたてパン屋のスタイルなわけで、別モンでしょう。
 先にも記しました通りアロームはその前“食産パン”のブランドで伊丹市に本拠を構える地パンメーカーでしたが1997年にキンキパンに買収され、今はオイシスの伊丹工場として稼働しているとのことです。
 アローム…食産時代も含めてラジオCMはよく耳にするも、食べた記憶は全くないと言ってええ状態。大阪市内や河内ではもひとつ馴染みなきパンメーカーやったかと思います。それ思うとこのお店の看板、当時からレアもんやった気がします。しかしながら町の食堂でパンが売られていたってのも、珍しいというかそういう時代もあったというのか…変わってますね。

(於:東成区) 今も売ってる…とは思えんなぁ。

※関連記事:
昭和なプラ看板 119 ● キンキパン』 2016年2月 記
昭和なプラ看板 4 ● キンキパン』 2008年4月 記

保存

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年10月27日 (木)

昭和なプラ看板 136 ● ハイ・ベストン / アスパラ

 過日仕事で訪れた堺の某所。阪堺の電停ひとつ分探索やと歩きますればそこにアーケード。軽く期待しつつ行きますれば…やっぱりありますわ。
Hibeston1 Aspara1
 ここ数回の物件同様、雨風から守られたプラ看板はやっぱりほぼ劣化なしでええ状態。“アスパラ”は知れど、“ハイ・ベストン”は、全然馴染みないブランド。調べますればビタミン剤で“新ハイ・ベストン”に引き継がれ2005年に終売とか。それよりその下にある十字マークの“MSC”、こっちの方が懐かしいなぁって感じ。こちらは“Maker、Seller、Consumer”の頭文字でボランティア活動のサロンとか。説明読むも…もひとつわからんなぁ。
 一方の“アスパラ”はアスパラガスから…ではなく疲労回復に効く“アスパラギン酸”の略でしょう。アスパラガスとアスパラギン酸…似て非なるモンと思てましたけど、アスパラガスにはアスパラギン酸たっぷりとか。へぇ、知らなんだ。で、そうそう、幼少期に“アスパラC”ってのがよくテレビのCMで流れてまして、それをもじって「シーシー、ええかっこシー」っていきってるヤツ見つけては、はやしたててましたわ…って、なんのこっちゃわかっていただけませんでしょうけど。
Hibeston2 Aspara2
 で、この看板があった商店街は…こんな感じ。なんとも言えん取り残され感が漂ってました。まぁあるべきしてあるプラ看板ってところでしょうか。ショッピングモール全盛の昨今、商店街復活の可能性は…ないんでしょうかね。まぁわたし的には、大型ショッピングセンターに次いで、ショッピングモールもちょっと終わりに差し掛かってるんちゃうかとも思うんですけど。

(於:堺市堺区) 幼少期、旅館の冷蔵庫にある“赤まむしドリンク”に反応してたなぁ。

保存

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年10月 7日 (金)

昭和なプラ看板 135 ● 大阪日産 協力販売店

 東大阪市某所で仕事。吉田駅降りて少し探索。碑と解説文読めばここらがあの大和川付け替えで河内ではおなじみ中甚兵衛さんが住んでおられたところとか。へぇ知らなんだと思いつつ少し行きますればこんなのが。
Osanissa1 Osanissa2
 懐かしいのに新しい…やっぱり雨風凌げるところにあるプラ看板はみな上質ですな。
 純粋に形と色あい、字体が懐かしと思って見ましたけど、ブルーバードってもう廃盤になってたんですね。2001年で終わりって…かなり前のことですけど。“日産と言えばブルーバード”と当たり前の様に思っていましたが…って、古い人間になってしもてるわけですな。
 バイオレットはとうの昔に、大阪日産は2010年に合併により消滅…ということでこの看板は今では意味をなさん訳で…なのにキレイなまんまとはなんと健気なことか。ま、ここのお店がどこのメーカーのどのどの車種も取り扱ってまっせとアピールするためのアイテムとしては充分に仕事してるとも言えますが。

(於:東大阪市) なんとなく飴ちゃんみたいな光沢がある…美味しそう。

※関連記事:
昭和なプラ看板 52 ● 日産サービス』 2011年9月 記

保存

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 5日 (水)

昭和なプラ看板 134 ● ペリカン便

 電飾なき物件ゆえ、ちょっとこのくくりに入れてええかと思いつつも、まぁええでしょう。
Pelican1 Pelican2  お米屋さんの軒下にひっそりと吊ってありました。これも日除けに雨除けがあるからかキレイな物件。実際そないに古いもんでもないかと思うと、なおのことこのカテゴリに入れてはアカン様にも思いますが、まぁ実際すでに存在せんブランドということでひとつお許しを。
 “ペリカン便”…言わずと知れた日本通運が手掛けていた宅配便のブランド。ですがヤマト運輸佐川急便の大手2社に歯が立たんで郵便局のゆうパックと統合の末、ブランド消滅。その名がなくなったのが2010年ということですからもう6年にもなるんですね。
 しかしまぁ何というか、消滅して当然とも思います。と言うのは、不在で配達できなかった荷物を営業所まで引き取りに行こ思って連絡しましたところ、何や西成区やったか浪速区やったか、中央区から遠い遠いところまで行かなならなんだ上に、その場所がまたわかりにくいところ。おまけに“素人お断り”な空気全開でどこで尋ねたらええんやろ状態。その頃にはもうすっかり宅急便のヤマト運輸やと徒歩圏内のセンターへ行けば荷物もらえるという状況やったというのに。「あぁやっぱり元々国が関わっていた会社やこと」と思ったもんです。
 思えばフットワーク便とかこぐまの名鉄宅配便とか西濃運輸のカンガルー便とか色々ありましたけど…今もやってはるんかどうやか。しかしなんです、どんな業界も二強体制に移行してるなぁと感じますけど…なんかそれでええんかいなと心のどっかで思いますわ。

(於:中央区) 私は本家本元の宅急便派。

保存

保存

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年9月18日 (日)

昭和なプラ看板 133 ● セカイチヨー靴

 若干セピア色に染まるも上モノ。さすが商店街の中。
Sekaicho1 Sekaicho2  アサヒ靴月星アキレス、そしてセカイチヨー…上靴(上履き)でかつてまぁ絶対と言ってええほどセカイチヨーのゴム靴にもお世話になったもんです。
 地下鉄は中津の駅前にあった“世界長ビル”も今は昔。そこにはタワーマンションが建っているとか。そもそも“なんでここにセカイチヨーのビルがあるんやろ?”程度にしか思ってなかったんですが、その源流はここらで“大阪ゴム底足袋”として創業した会社やとか。幼少期“上靴屋のひとつ”としか認識してませんでしたけど、思えば…地元のメーカーやったんですね。
 そう言えば中学生の頃には同社の“パンサー”にもお世話になったなぁ。ちょっと色気づいたあの頃の甘酢い記憶が蘇ってきました。あぁスッパっ。
 で、その世界長はどうなったか? ですが、なんかさみしいことで。2003年民事再生法適用申請の末、オカモト傘下に。そこまでは知るも、2010年、紳士靴のユニオン・ロイヤルと合併により“世界長ユニオン”と社名を変え東京に本社移転。現在はゴム靴の生産は行わず、商社と化しているとか。
 あぁそう言えば最近“上靴”か“上履き”かと地方によって言い方変わるとなんかで知りましたけど…“上靴”ですわなぁ。お子に訊いても“上靴”…ですが気がつけば最近“上履き”というコトバ使ってる自分がいるなぁ。ま、いずれにせよセカイチヨーの上靴はもうない様です。あぁ…そうなんですなぁ。

(於:平野区) 世界長” を名乗る灘の酒があることを知ったのは、小5の頃やったなぁ。

※関連記事:
昭和なプラ看板 108 ● 月星シューズ』 2015年6月 記

昭和なプラ看板 76 ● アキレス靴』 2013年7月 記
『昭和なプラ看板 13 ● アサヒ靴
』 2008年9月 記

保存

保存

保存

保存

保存

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年9月 5日 (月)

昭和なプラ看板 131,132 ● 清酒 金露キンロ

 “酒は金露で張りキンロ”、まとめてふたつ。
Kinro1 Kinro2
 撮った順にまいりましょう。これは2010年1月、東成区にて。肝心の小判マーク、片面が太陽光やられて痛々しい上、支柱の劣化もあってか歪んだ状態に。案外その不安定さが消滅した酒蔵のブランド看板って感じを増長させてええ雰囲気とも言えます。
 いつもクルマで通るたびにその歪みキンロを愛でておりましたが2012年頃に建物ごとなくなってしまいました。
 次のはこれとは打って変わって、上物です。
Kinro3 Kinro4
 見ての通りのピッカピカ。おなじみアーケード下の物件、前々回の“キリンレモン/キリンビール”同様、河内長野の駅前商店街にあるものです。商品名がドンとでっかく記されているのが、やっぱりよろしいですね。しかしながら“金露”よりも“キンロ”とカタカタ表記の方を全面的に押し出しているところが、このお酒のユニークなところでしょうか。他にはあんまり思い出せんなぁ…あ、そう言えば昔は“ハクツル”と“サワノツル”もカタカナで大きくネオンサイン出したりしてはりました。
 さて、大阪は堺で生まれ、戦後、灘・魚崎郷の酒として親しまれていた“金露”の金露酒造ですが1997年に廃業されました。金露酒造のことはかつての記事阪堺電車の車窓に見えるキンロの看板残る建物からあれこれ。に詳しく記しましたのでそちらをご覧頂くとしてこの辺で失礼致します。

(於:東成区 2010年、河内長野市 2016年 キング醸造の金露には…手が伸びん。

※関連記事:
いまもむかしも百舌鳥梅北町5丁。』 2013年12月 記
堺に残る新泉、金露、都菊、アサヒビールの看板に思う。』 2013年11月 記
阪堺電車の車窓に見えるキンロの看板残る建物からあれこれ。』 2013年2月 記
金露で白鶴、多聞で世界一統…?』 2007年9月 記

保存

保存

保存

保存

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧