プラ看板

2017年6月24日 (土)

昭和なプラ看板 148,149 ● 三井ハンガーボード / 象印ポット、象印ヂヤー

Mitsuizo1 Mitsuizo2  鶴橋駅近くの昔ながらなお店の並ぶうちの一軒は、本当に昔のまんまな風情漂う荒物屋さん。歩道に突き出したテントの下に上モノのプラ看板がふたつありました。
 ハンガーボード…何のことかと調べますと、穴ポコがいっぱい開けてある合板の事の様ですね。そう言えば見たことも使ったこともありますが、知らん間にあんまり見かけん存在になってます。黒で記されているのは“なんでも吊せる壁”あぁ確かに。台所なんかにあったんでしょうか。“三井”はどうやら三井物産の事の様です。
 で、もうひとつは象印。表と裏、ポットとヂヤー…“ヂヤ”の表記に時代を感じます。ポットはともかく、ジャーはこの頃から随分変わりました。この看板のものはただただ保温だけを機能としていたわけですが、その後“電子ジャー”が登場、それでもまだ保温だけでしたが今はすっかり“炊飯ジャー”の時代に。余談ですけど電子ジャーの“電子”って…何なんでしょ?。
 この象マークは1961年から15年ほど使われていたものみたいです。その後“ZO”と打ち出され、象のマークが影を潜めていた時代もありましたけど、いままた復活。「こどもが怖がる」とカバヤ食品がカバのマークを捨ててしまっていまに至ってますが…なんか、ね。
 両面ともに赤い字で小さく記されているのは“ゆたかな暮らしに”。ほんまその通り。色んなもんを当たり前として使ってますけど日々感謝せんならんなと、改めて思いました。
Mitsuizo3

(於:東成区) “象印マホービン”と“タイガー魔法瓶”…漢字カタカナの使いまで対抗してるな。

保存

保存

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年6月10日 (土)

昭和なプラ看板 147 ● ダイヤモンド毛糸

 吉野は下市口駅前は、昔ながらな駅前商店街…と言っても他所同様、もひとつ賑わいに欠けてややさみしいもそれなりに旅気分にさせてくれる雰囲気が漂っています。
Diamond1 Diamond2
 そんなアーケード…いや歩道を覆うテントの下にこんな看板がありました。“ダイヤモンド毛糸”…その書体がもうたまらんええ感じです。東洋紡文字も隠し味としてピリッと効いてシンプルながら充分に昭和感を醸し出しています。
 よく見ればここ、呉服屋さんの店先。呉服だけではどもならんってことでもっぱら屋号だけ“◯◯呉服店”ってことなのでしょうかね。とは家どうも今ではシャッター閉じたままみたいですが。
 “ダイヤモンド毛糸”のことは、昭和なプラ看板 127 ● ダイヤモンド毛糸の記事をご覧ください。

(於:奈良県大淀町) 時代によってしゃれた書体って変わるもんやな。

※関連記事:
昭和なプラ看板 127 ● ダイヤモンド毛糸』 2016年6月 記
昭和なプラ看板 126 ● スキー毛糸』 2016年6月 記
昭和なプラ看板 125 ● ニチボー毛糸』 2016年5月 記
昭和なプラ看板 28 ● スキー毛糸』 2009年5月 記

保存

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月30日 (火)

昭和なプラ看板 146 ● サッポロびん生

 サントリーは“”、アサヒは“”、で、サッポロは?
Binnama01Binnama02
 そう“びん”。缶ビール全盛の時代に思うと何とも言えん名前やなぁと思いますな…って言うか、そもそも当時にしても“”や“”に対抗するコトバとして“びん”を持ってくるそのセンスに脱帽。サーバーから注がれる生ビールが家庭でも飲めまっせってことの命名でしょうけど…独特ですな。
 その頃“ぐい生”というのもサッポロから出ていてその手榴弾みたいな瓶のヤツを時折飲んでいた記憶が…って未成年ですやん。ま、それだけまだまだ“カン”より“ビン”の質感がもてはやされていたってことでしょうかね。
 アサヒが味とマークを変え、スーパードライを出し、巻き込まれてドライ戦争の末“サッポロドラフト”なる金ラベルのヤツにシフトしつつも昔からのファンにそっぽ向かれて…結局これに。“黒ラベル”って名称は消費者が勝手にそう呼んでいたことによるとか。思えば当時業界2位、いま4位。茨木にあった大阪工場もなくなり静岡から運んでるときくと“生”と謳ってるものの、鮮度ではどうなんやろって思ってしまいます…って、充実した昨今の交通網ですからどぉってことないんでしょう。

(於:門真市) うちは家でも瓶ビール。やっぱりアサヒ、大阪人。

保存

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金)

昭和なプラ看板 145 ● タキロン カラー鉄線

 夕日に照らされてちょっとドラマチック。
Takiron1 Takiron2
 前からそこにあるのを知るも何となくスルーしていましたが、こういう光まわりで見るとなかなかええ感じ。毎日毎日何年何十年と光にさらされてるんやなぁと改めて思います。
 “カラー鉄線”…これはビニールコーティングされた針金のことの様であの水色のハンガーに使われているヤツのことみたいです。
 で、“タキロン”。何となくその社名は知るもそれがプラスチックの総合メーカーで大正8年、セルロイドでいち時代を築いた(?)東成区に“滝川セルロイド”として創業したのが始まりとか。大阪発祥の歴史ある会社やったとは…ってこの春、関東モンのシーアイ化成と合併、タキロンシーアイとなったとか。タキロンの“タキ”は“滝”、ほな“ロン”は…ナイロン、ビニロンの“ロン”なんやそうです。
 それなりの年代モンですがあんまり劣化するわけにもいきませんなプラスチックの会社の看板としては、うん。

(於:中央区) 看板前の電線邪魔やと思うも鉄線っぽくてええ感じ。

保存

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月26日 (水)

昭和なプラ看板 144 ● 清酒 富久娘

 池田から猪名川渡れば川西。そこは阪急の車窓から眺めることはあっても縁がないのかはじめて足を踏み入れるところ。再開発されたのかもひとつしっくりせん街やなぁと思いつつも歩きますとその流れにあらがってるのか昭和なにおい漂う一角が。そんな風情の呑み屋街を行きますと…あっ!あれや。
Otafukumusume1 Otafukumusume2 Otafukumusume3  「あれや!」と思ったのは以前ぷにょさんのブログ“まちかど逍遥”の記事“プロムナード脇のスナック街”でこれを見ていたから。それは4年前のことでもうすっかりどこで見つけはったのかも忘れていたんですが…いやぁまさかこのレアもんのプラ看板に出会えるなんて…
 おたふく顏の形状はかなり個性的。しかもほっぺたとか眉、髪形なんかが立体に形成されていてなかなか手の込んだ造りになっています。その割にはどこか気色悪い雰囲気も漂っていて…やはり顔が描かれていないというのが変すぎるのでしょうかね。
 “ふじ”の屋号の上にはもう消えかかってますがうっすら“おでん”の文字が残っています。薄暮の頃、お店の隙間から湯気が上がり、プラ看板にもほんのり火が灯って…沁みる光景なんでしょうなぁ。と想像するも、もうどうやら店は畳まれているみたいで残念です。
 しかしながらこんなレアもん他所にもあるのでしょうか。なんとなく東京の再開発とは無縁な街のどこかにありそうに思うのですが…あくまでも“なんとなく”。

(於:兵庫県川西市) “おたふく”と“おかめ”の違いがわからん様になってきた。

※関連記事:
富久娘?、いやいや“富久始”』 2013年12月 記
昭和なプラ看板 80 ● 清酒の女王 富久娘』 2013年10月 記

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月11日 (火)

昭和なプラ看板 143 ● サッポロラーメン 花くま

 ここで、昼食。
Hanakuma1 Hanakuma2
 あくまでもここで“昼食”。見るからに「夜やん」なシチュエーションではありますがこれがまさに昼下がりの図。
 仕事終えて河内天美で何ぞ食べよと商店街を歩いてましたらシャッター閉じた店並ぶ薄暗い通路の奥に白い行燈がええ感じで光ってそこに“サッポロラーメン花くま”の文字。仕事同行のちゃん爺さんは北海道生まれとあって即「行きましょか」。その光に吸い込まれる様に通路に入って行きました。
 シンプルな看板な割に何ともそそる輝き…あ、これも“昭和なプラ看板や”。
Hanakuma3 Hanakuma4
 ショーケースにはサッポロラーメンのサンプルに並んでカレーライスも。しかもお代が450円也。
 店に入ればベテラン夫婦(?)が威勢良く「いらっしゃい」。12人入ればいっぱいな小ぢんまりさ。塩に醤油が480円味噌が500円で大盛りが50円増…なんと良心的なその価格。で写真は“みそラーメン大盛り550円”。素朴な味わいが麺のうまさを引き立てるといった感じでドヤ感ゼロ。ホッとするなぁ。
 とまぁ看板のことほとんど記しませんで…ってその必要もないでしょう。やっぱりプラ看板は光っててナンボやなぁと改めて気づいた次第。薄暗い通路の奥のプラ看板…そそりまっせ。ぜひ皆さんも。

(於:松原市) しかしながらなんでラーメンだけデフレに無縁なんやろ。ここは別やけど。

保存

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 8日 (土)

昭和なプラ看板 142 ● 育児用品 ミルク

 久々にドライブへ。旧街道らしき道行くと昔ながらな店舗にこんな看板。
Milk1 Milk2  薬局の軒下、薬の看板ではなくて“ミルク”とあります。まぁ別におかしなこともありませんけど、なんとなくおさまりが悪い感じがええなと思いまして。その色合いに“育児用品”の字体が何となく昭和なものを感じさせるのでしょうかね。
 粉ミルクは今も薬局で売ってますけど、昔はその流れか、森永の“クリープ”やビスケットの“マリー”も薬局に売っていて不思議に思ったもんですが、今のドラッグストアの品揃えを思うと…全然かわいいもんですな。

(於:兵庫県姫路市) 最近“ドライブ”も死語化しつつある気がする…

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年3月22日 (水)

昭和なプラ看板 141 ● フラワーショップ げしろ

 和歌山駅前のみその商店街はシャッター閉じたお店が多く…ってまぁ朝ですからこんなもんですか。そこにこんなプラ看板。
Geshiro1 Geshiro2
 なにげに見ていたものの、よく見るとなかなかユニーク。まぁ何がってそのまずはマークでしょう。“お城”を取り込んだ“”で“げしろ”…あぁなるほど。なかなか凡人には思いつかないセンスにまず脱帽。“げ”の“”部分が花になっているところもまた可愛い感じ。その下にある屋号を記した字体がまた何とも昭和チック。上を改めて見ますと“ショップ”が“ョッ”と詰まっていてこれまた地味にええ仕事。アーケードに守られエバーグリーンな美しさ、フラワーショップの看板にふさわしいですなぁって、もひとつお花屋さんっぽくない様に…いやいやそんなことないない。
 商品名を記したそれではないのでちょっとこのカテゴリのニュアンスとは違いますけどご勘弁のほどよろしく。

(於:和歌山市) “男子専科”…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月21日 (火)

昭和なプラ看板 140 ● 不二越の工具

 昔ながらな金物屋さんに、あるある。
Fujikoshi1 Fujikoshi2
 黄色ベースに赤と黒の字、きっと元々目立つ存在であったであろう配色が、経年変化ですっかりお店に、街並みに溶け込んでいます。
 “不二越の工具”…この看板はかつてどこかで見たことある様なない様な。正直もひとつ馴染みのないメーカーでどんな工具を作ってるのかも知らないのですが、HPを見る限りでは、ドリルの先っちょなんかの工具を得意とする富山に本拠地を持つ会社の様で、工作機械やらロボットなんかも手がけているとか。社名“不二越”、商標“NACHI”で、共に社のこころざしなんかを表しているそうです。詳細はHP“企業情報”をご覧ください。
 で、この形は…やっぱり工具を表してるのでしょうが、もひとつ何のカタチかわかりません。サンダーとかホチキスを壁に打ち込むやつとかそんなんかなぁと想像しますが、どなたかご存知のお方おられませんかね。

(於:京都市伏見区) どことなく可愛ないところが工具っぽいんかな。

保存

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年2月 9日 (木)

昭和なプラ看板 139 ● ※ 近江産 武田プラッシー いの一番

 中京区某所で仕事。地下鉄東西線は西大路御池駅降りて…って、京都に比較的縁あれど、このあたりはクルマで通過するも、まぁ来んエリアですなぁ。
 仕事終わって外に出れば、雪が舞って…あぁ寒いこと。足早に駅へ向かう途中、こんな看板見つけました。
Oumisan1 Oumisan2
 前回のそれ同様、このカテゴリとはちょっと違うなぁと思うも、ええでしょ、何とも。
 勿論いちばんええのは真ん中の“武田プラッシー”ですけど、全体的な色合い、バランスがあんまりこだわってなさそげなところが特にええ感じやなぁと。
 でまぁ撮って帰ってよく見たら、右端に記されてるのは“近江産”なんですね。だいたいの意味はわかるも“近江産”が何にかかる?って、このまま読むと“近江でつくられているプラッシーといの一番を扱ってる”って…そうは読まんですわな。スンマセン。

(於:京都市中京区) 文字の空色が何とも言えん懐かしい気分にさせるけど、何でやろ?

※関連記事:
昭和なプラ看板 122 ● いの一番』 2016年4月 記
昭和なプラ看板 19 ● プラッシー』 2009年2月 記
50周年記念 プラッシー ハウスから』 2009年2月 記

保存

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧