« 見慣れん戸袋の意匠、妙に外来風。 | トップページ | 昭和なプラ看板 189 ● 富士重工 ロビンエンジン »

2019年11月 2日 (土)

剥げたペンキ、ちょろっとツタが味添えて。

 剥げたペンキにクモの巣の様に絡まったツタが味わい添えてええ感じ。
Nakamoto2  そこに惹かれたものの、全体見ればこんな感じ。かすかに残る“中本”と読めそうな文字の跡。下に続く文字ににどことなく町のお医者さんやったんかなぁと感じるのは私だけでっか。

(於:奈良県大和郡山市) 時代がかるも朽ちた感じやないのがええねんなぁ。

|

« 見慣れん戸袋の意匠、妙に外来風。 | トップページ | 昭和なプラ看板 189 ● 富士重工 ロビンエンジン »

何げな」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見慣れん戸袋の意匠、妙に外来風。 | トップページ | 昭和なプラ看板 189 ● 富士重工 ロビンエンジン »