« 木製の仁丹町名看板、上京区上柳原町。 | トップページ | ダンプに重機に鉄塔青空の下、奈良市杏町 午後3時26分。 »

2019年10月30日 (水)

細長い庭と用無しに見える割れた植木鉢

 用無しの植木鉢が目を引くも、全体的にええ感じ。
Hosoniwa1 Hosoniwa2  10年以上「もうええんちゃいますのん」って思うほど植木鉢から大地に根を下ろしてる風に見えるバラですが、わざわざ針金で鉢を縛ってあるとこを見るとまだまだ一本立ちしてないのでしょうかね。
 まぁそこにずっと気を取られて見てましたけど、となりの南天も細い土地からすくすくと育ってますし、下の方ではタマスダレが一列に並んで…その手前の小石の行列もええ感じ。わずか15cmほどの幅にしてちゃんと“お庭”になってます。さすがは京都ですなぁ…って、たまたまなのか、やっぱりなんか。

(於:京都市上京区) 消火器の箱も立派な脇役。

※関連記事:
細長い庭のヒイラギ■■■■』 2018年4月 記

|

« 木製の仁丹町名看板、上京区上柳原町。 | トップページ | ダンプに重機に鉄塔青空の下、奈良市杏町 午後3時26分。 »

京都ネタ」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

こんなふうにささやかにでも、
植物を愛でる日本人の感性も
やがてなくなっていくような気が…

投稿: mita | 2019年11月 1日 (金) 13時06分

●mitaさま
町家の坪庭を潰して住居や物置に使わはるお方も多くおられること思うと…確かにそんな気がします。

コメントおおきにです。

投稿: 山本龍造 | 2019年11月 6日 (水) 16時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 木製の仁丹町名看板、上京区上柳原町。 | トップページ | ダンプに重機に鉄塔青空の下、奈良市杏町 午後3時26分。 »