« 昭和なプラ看板 185 ● レナウン チェーンストアー | トップページ | 千舟橋から天保山運河を眺める、午後0時40分。 »

2019年9月 5日 (木)

懐かしの地で仕事終え、ふと見上げるとそこに虹、午後4時43分。

 仕事で行った吹田市某所は、社会人デビューして働き始めた職場のあったところの真ぁ向かい。何年前のことやねんってもう数えるのも嫌になるくらい昔ですけど、あれからわしは成長したかと問いますれば…全然。特にビビりなところがまったく変わってへんなぁとその頃の我がを思い出してモヤっとした気分を引きずりつつ…とはならんところを見ると、ちぃとは成長したんかいな…ってちっちゃいなぁ、言うことが。
1909051643  仕事終えて外出ますれば、北の空にやんわり虹。バブル期にこの空の下で過ごした3年間はとにかく深夜まで労働(←仕事未満)してただけで何の希望もないまま辞めましたけど、今を思えばそこから始まった30余年は間違ってなかったんかなと思ったり。“苦難や試練を乗り越えた後の希望”、それが虹なんやそうですな。てなわけでここに記したこと、全部後で思ったこと。たまたまながら、思い出の地で虹を見ることができて嬉しいというかホッとするというか。そや、諸々の不安をエネルギーに換えて明日も…ってまぁその前向き気分、すぐに萎えるんですけど。

(於:吹田市) “石の上にも三年”て言うも、3年は中途半端に思うな。

|

« 昭和なプラ看板 185 ● レナウン チェーンストアー | トップページ | 千舟橋から天保山運河を眺める、午後0時40分。 »

思ったこと」カテゴリの記事

摂津(大阪市外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 昭和なプラ看板 185 ● レナウン チェーンストアー | トップページ | 千舟橋から天保山運河を眺める、午後0時40分。 »