« 高圧線の鉄塔の下を行く道 | トップページ | 沢良宜西2-13のマルマル »

2019年8月25日 (日)

昭和なプラ看板 184 ● オッペン化粧品

 古くさい感じはありませんけど、なんとなく'70年代っぽいかな。
Oppen1 Oppen2  青地に白の潔さ。菊かタンポポ(ウニかイガグリ?)の様なマークの下、空間を飛ぶホタル一匹(に見える)…さすがに化粧品会社のそれだけにやり過ぎることなく洒落た世界観を…ってまたわかった様なこと書いてからに。
 オッペン化粧品と言えばテレビ番組“新婚さんいらっしゃい”の提供社のひとつやったイメージが強く残っています。あと、調べてましたら…そうそう、青いネオンサイン。確か梅田にもありました。当時は全国各地にあったそうですが、香川県にひとつ残っていたとかで、その動画がこれ。懐かしい…けど、なんか沁みますなぁ。それも昨年撤去されたとか。まぁ目立ったところでは露出してはりませんけど、従来の訪問販売中心に着実にやってはる様です。大阪発祥の会社、応援しよ…って、気持ちだけですが。あ、オッペンは英語のオープンとドイツ語のオペからの造語やそうです。

(於:城東区) ホタル風のV字は…“オッペ〜ン”を視覚化したものとの説あり(ウソ)。

|

« 高圧線の鉄塔の下を行く道 | トップページ | 沢良宜西2-13のマルマル »

プラ看板」カテゴリの記事

大阪市東部」カテゴリの記事

コメント

オッペン化粧品と言えば、私が大ファンだった本田美奈子が「つばさ」を歌ったCMがあってそれがお気に入りでした。

訪問販売中心だとなかなか見かけないので、応援したくともできないのは同じくです。

https://youtu.be/3w1R-AXzboo

投稿: ぽんぽこやま | 2019年8月27日 (火) 01時08分

●ぽんぽこやまさま
CM見に行ってきましたが記憶にないなぁ…って長いことまともに民放をみてへんからだけですけど。
訪問販売…ご隠居さんになってから応援してはいかがでしょう、とかなんとか。まぁそもそも化粧せんもんで。マンダム製品だけは別ですが。

コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2019年9月 2日 (月) 10時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高圧線の鉄塔の下を行く道 | トップページ | 沢良宜西2-13のマルマル »