« 六角形の意匠付きの文化住宅 2 | トップページ | 波間に浮かぶ玉4つ »

2019年7月 7日 (日)

小さなビルの解体現場

 こんな状態になってから「ここどんな建物やったかな?」。
Hikichigiri1 Hikichigiri2  当たり前に見ている景色も変わってしもたらなかなか元々を思い出せなくて。こうして徐々に街は変わっていくんですなぁ。

(於:中央区) 初夏の頃は日が長くてこういう現場が撮りやすてええ。

|

« 六角形の意匠付きの文化住宅 2 | トップページ | 波間に浮かぶ玉4つ »

建造物」カテゴリの記事

大阪市中部」カテゴリの記事

コメント

そうそう、それです。
壊されてしまうと、元は何だったか、ホント思い出せません。
そんな無駄なことのために、グーグルマップ見に行ったりしてね。

投稿: | 2019年7月 9日 (火) 01時48分

●さま
自分の住処もそんなもんなんやろなぁと思うと、ちと切なくなります。
で、そうです。私もGoogleのストリートビューはそういう使い方することがありますね。

コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2019年7月10日 (水) 10時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 六角形の意匠付きの文化住宅 2 | トップページ | 波間に浮かぶ玉4つ »