« 表記二重で立体的、かっこええ市岡元町一丁目1の町名看板。 | トップページ | 梅雨空の橋本市野、午後1時58分。 »

2019年7月13日 (土)

琺瑯タンクの余生 44 ● 和歌山県有田郡有田川町修理川29あたり

 恒例の桃買いに和歌山は紀ノ川市桃山町へ行くも、昨年の台風の影響で不作ということで…そうか、農業に従事するのは大変ことやと改めて思いつつそのまま小旅へ。南へ向かって走りますれば畑の向こうに琺瑯タンク発見。
Horo44  木々と同じ色して景観に溶け込みやがってなんと憎いやつでしょ。近くまで見に行こ思いましたけど、ちょっとその勇気なくて遠目に数枚。開放型にビニールシートの蓋…楽しみつつを送ってるって風に見えるのは、和歌山やからでしょうか。
 ここ有田川町は吉備町金屋町清水町が2006年に合併して発足した町。さてこのタンクはかつてこの辺で使われていたものなのかどうなのか。“金葵”、“紀勢鶴龍神丸)”のふたつが今も商いをされているそうですが、かつては“勝心”もあったとか。それらの蔵の余剰タンクかもしれませんけど、酒蔵が多くあった海南市からやってきた様にも思います。
 ストリートビューで過去を見た感じでは、周りの苗木(?)は多分ミカンかと思われます。これも昨年の台風でやられて植え直したのかもしれません。まぁそのおかげで琺瑯タンクも見えた訳ではあるのですが…農業に従事するってのは大変やなぁと改めて思うのでした。

(於:和歌山県有田川町) ここらはどうもほぼ“長久”の島と化してる様に思われる状況でした。

|

« 表記二重で立体的、かっこええ市岡元町一丁目1の町名看板。 | トップページ | 梅雨空の橋本市野、午後1時58分。 »

琺瑯タンク」カテゴリの記事

コメント

桃求め放浪未完の小旅かな

投稿: mita | 2019年7月17日 (水) 09時09分

●mitaさま
桃求めるも不作で有田でキャベツ買い
えげつない大きさのが100円也。

コメントおおきにです。

投稿: 山本龍造 | 2019年7月18日 (木) 13時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 表記二重で立体的、かっこええ市岡元町一丁目1の町名看板。 | トップページ | 梅雨空の橋本市野、午後1時58分。 »