« 海辺でアカミミガメなに想う… | トップページ | 業界団体の会館 105 ◆ 二條薬業会館 »

2019年7月18日 (木)

ソース 64 ▲ 串カツ屋さんのソース(ヘルメス)

 生協のカタログにて発見…だいぶ前のことですが。
Hks1 Hks2  てなわけで今回は“串カツ屋さんのソース”です。このソース、ヘルメスの石見食品がリリースする“ヘルメス[着色料・保存料・化学調味料]無添加シリーズ”のひとつで同社のHPを見ますとどれも4ヶ月待ちとか。大人気シリーズなのかと思いましたが、ソース類は全て同じ待ち日数の様です。
 “串カツ専用”と名乗るということは、シャバシャバのソースにだしを加えたものかと思いましたが、原材料を見ると、イカやかつお、まぐろに昆布などのエキスを加えて味の調整をしてはるみたいです。
 まずは見た目。すがは無着色、薄く自然な色合い。下三分の一ほどが沈殿物で…これは期待できるって感じ。そのまま味わってみますと…はぁ、なるほど、串カツ専用って感じ(かも)。甘みがそれなりにあって上品な旨みも感じられます。キャベツにつけて食べますと「うん、これこれ」っていうほど串カツ屋さんっぽい…うん、気分がそうさせているのかもしれませんけどもね。
 さ、では早速串カツに…ってのが本来のところでしょうけど、ここはすんません、いつも通り焼きそば…もとい、今回は冷蔵庫内の在庫理由で焼きうどんにして試してみました。
Hks3 Hks4  写真にある通り、まぁ何と申しますか素材の持ち味そのままのの上品さ。“淡口ソース”とでも言いたくなる色合いに仕上がりました。前回の“男の極黒!! 濃厚 焼きそばソース”もソースならこれもソース。ソースの多様性を思わずにはおれません。
 では食べてみましょう。ひとくち頂きますれば「…酸っぱいな」。ソースに含まれる味わいよりも酸味が前に出ている感じです。その印象は最後まで変わらずでした。普通、酸味は加熱することでマイルドになるもんやと思っていたんですが、そやないこともあるんですね。改めてレッテルを見ますと堂々“梅入り”の文字。そうか…これか!。納得。
 本来ならばここで改めて串カツにかけて楽しまなければいけないところですがごめんなさい、ここまで。当たり前ですがこれ、きっと串カツにはぴったりの味わいなんだと思います。あの油まとった衣にはそれなりの酸味が必要なんでしょう。あぁやっぱり本来の用途で試すべきやったと反省。さすがヘルメスさんやなぁと思ったのでした。改めて焼きうどんで試してすいませんでした。

名称:ウスターソース 原材料名:野菜・果実(とまとたまねぎ、りんご、梅果実)、砂糖類(砂糖、糖蜜)、食塩、醸造酢醤油(大豆:遺伝子組み換えでない)、たん白加水分解物、イカ発酵エキス、香辛料、かつおエキス、酵母エキス、昆布エキス(原材料の一部に大豆・小麦・魚介類を含む)  製造者:株式会社石見食品工業所 大阪市東住吉区住道矢田8-2-21

 “たん白加水分解物”は…グレーやな。

|

« 海辺でアカミミガメなに想う… | トップページ | 業界団体の会館 105 ◆ 二條薬業会館 »

ソース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 海辺でアカミミガメなに想う… | トップページ | 業界団体の会館 105 ◆ 二條薬業会館 »