« 大阪市のマンホール蓋三代 | トップページ | 街並みなくなり、電柱残る。 »

2019年5月27日 (月)

河内山本駅5番のりばの図、令和元年5月。

 駅前の光景。
1905250916  まぁ駅前や言うても駅裏とも言えますけど。ずっと見慣れた赤茶けた瓦の民家が崩壊していく…

(於:八尾市) この様に見ると…かなりの田舎駅やん。

※関連記事:
長瀬駅近くの琺瑯看板小屋、崩壊しはじめてる…』 2008年7月 記

|

« 大阪市のマンホール蓋三代 | トップページ | 街並みなくなり、電柱残る。 »

社会」カテゴリの記事

建造物」カテゴリの記事

河内」カテゴリの記事

コメント

大蛇、昇天して久し。

投稿: mita | 2019年5月30日 (木) 08時31分

●mitaさま
いまだ青いビニールシートで凌いではるお宅の多いことか。悩んではる人もその数だけ…しんどなります。

コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2019年6月 2日 (日) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大阪市のマンホール蓋三代 | トップページ | 街並みなくなり、電柱残る。 »