« 昭和なプラ看板 番外編 ● 水まわりとか修理 | トップページ | むかし河内市稲葉3-6、いま東大阪市稲葉3-6。 »

2019年4月12日 (金)

投函口の向こう丸見え

 こないになってても届けんとあかんということか。
Gomipost  「どうせ読まれることもないやろ」とわかりつつ放り込む郵便物にチラシ…むなしい光景。宛先がここになってるとそうせんと仕方ないんでしょうけども。この積み重なり、何年分なんやろとストリートビューでチェックしてみますれば、2014年春からの次の春までの1年分の様で…調べん方が面白かったな。この手のもんは空想で遊ぶのがいちばんですな。

(於:堺市堺区) こういうところからマッチ放り込まれたら難儀なことになりまっせ。

※関連記事:
詰め込まれポスト見て思う』2018年3月 記

|

« 昭和なプラ看板 番外編 ● 水まわりとか修理 | トップページ | むかし河内市稲葉3-6、いま東大阪市稲葉3-6。 »

何げな」カテゴリの記事

思ったこと」カテゴリの記事

泉州・堺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 昭和なプラ看板 番外編 ● 水まわりとか修理 | トップページ | むかし河内市稲葉3-6、いま東大阪市稲葉3-6。 »