« 植え込みで異彩を放つ巨大な葉っぱ | トップページ | 共石灯油のポリ缶の余生にあれこれ »

2019年3月 4日 (月)

H形鉄骨上の旧式エアコン室外機

 都島区某所で仕事。道すがらふと見えたエアコンの室外機が…妙に重厚。
Juko1 Juko2  その形状からしてユニーク。逆台形のそれが鉄骨で支えられていて、どことなく通天閣風。いかにも“なにわの室外機でっせ”なそのいでたち。銘板をよく見ると“SANYO”…左のPanasonicのそれと合わせてますますなにわの室外機ブラザース。いや、親戚のおっさんと甥って関係かなぁ。
 しかしながら昔の室外機ってこないに大層な土台を確保せんとアカンくらいに重かったんですね。
 拡大して隅々見ると、ネジが新しいのに変えられています。ということはメンテしつつこれ、現役の室外機ってことなんですね。H形鉄骨上で錆びサビになりつつも大震災も乗り越えて…サンヨーが消滅したこと思うとなおのこと健気に思います。

(於:都島区) 所有者の愛を感じる…

|

« 植え込みで異彩を放つ巨大な葉っぱ | トップページ | 共石灯油のポリ缶の余生にあれこれ »

何げな」カテゴリの記事

大阪市北部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H形鉄骨上の旧式エアコン室外機:

« 植え込みで異彩を放つ巨大な葉っぱ | トップページ | 共石灯油のポリ缶の余生にあれこれ »