« 昭和なプラ看板 175 ● グンゼ メリヤス | トップページ | 珍品?縦型室外機 »

2019年3月15日 (金)

薄暮に浮かぶ赤い窓と“質”一文字

 鶴橋あたりで仕事。駅前の小汚い立ち呑み屋でアホげ民の某とちょろっと呑んで…あぁ楽しいなぁ。若造が酒に付き合ってくれる…有り難いことです。
 帰りは…行き同様歩いて帰ったれ。空を見上げますれば微かに明るくて…陽が長く鳴ったもんです。
Hichi
 窓の向こうの赤い部屋。モワッと光る“”の一文字。何か沁みまっせ。白熱球にネオンサイン…やっぱり情緒がちゃいますわ。とか思って眺めてましたけど、きょうびのこと、どっちも発光ダイオード…かな。もちろん現場ではそんな穿った見方もしてなかった訳ですけども。まぁ風情あったらどっちでもええか…と思いつつほんまの木目とデコラの木目調との違い同様の違いがあるやろと思ったり。ま、昔ながらやないと何事も…とは思わんのですけどね。

(於:天王寺区) “質”を出すのに“ひち”では変換されず…“ひちや”や質屋は。

|

« 昭和なプラ看板 175 ● グンゼ メリヤス | トップページ | 珍品?縦型室外機 »

何げな」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

大阪市中部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薄暮に浮かぶ赤い窓と“質”一文字:

« 昭和なプラ看板 175 ● グンゼ メリヤス | トップページ | 珍品?縦型室外機 »