« 午前9時32分、堺市美原区黒山のドラム缶4本佇む図。 | トップページ | 薄暮に浮かぶ赤い窓と“質”一文字 »

2019年3月14日 (木)

昭和なプラ看板 175 ● グンゼ メリヤス

 時折見かけるもあんまり気にしてませんでした。
Gunmeri1 Gunmeri2
 あぁグンゼね、メリヤスね…となんとなくふ〜んと流してましたけどですわ、これ、私の愛用肌着ですやん。肌着は絶対グンゼ、シャツはメリヤスのがいちばん。ずーっとお世話になってる製品の看板やったんですね。
 と、改めて見ると親近感が湧いてくる…ってこともないなぁ。何か可愛くないっていうか…そうか、そういう実直なところがグンゼの安心感なのかもしれません。
 で、グンゼ。濁音がふたつも入った独特な響き。これ漢字にすると“郡是”。“国是”同様、何鹿郡の方針からとか聞いたことがありますけど…いずれにしても独特です。

(於:京都府宇治市) ニッスイ同様二重丸◎マークが昔っぽくてええ。

※関連記事:
グンゼ◎ 小町エプロン・メリヤス肌着』 2011年6月 記

|

« 午前9時32分、堺市美原区黒山のドラム缶4本佇む図。 | トップページ | 薄暮に浮かぶ赤い窓と“質”一文字 »

プラ看板」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昭和なプラ看板 175 ● グンゼ メリヤス:

« 午前9時32分、堺市美原区黒山のドラム缶4本佇む図。 | トップページ | 薄暮に浮かぶ赤い窓と“質”一文字 »