« 淀川左岸、京阪国道の夕景ふたつ、車窓から。 | トップページ | 小雨まじりの浜大津、午後5時17分。 »

2019年1月 5日 (土)

琺瑯タンクの余生 42 ● 奈良県葛城市今在家

 カーナビは知らん道を教えてくれるので、おかげでネタも見つかります。
Horo42a Horo42b
 過日行った橿原市の帰り道、行きと同様えらい細い道行けとナビは言います。で、農道を走りますと田んぼの脇に琺瑯タンクが一本。小振りのですが酒母用にしては大きめって感じです。
 木で蓋されてましたのでもひとつどう余生を過ごしているのかはわかりませんでしたがまぁなんらかの形で農業に使われているんでしょう。
 近くには“金鼓”のほか“透泉”、廃業した“偕老”などの蔵元がありますが、そのどこかから来たものなのかどうなのかもさっぱりわかりませんでした。いつものことですけど。

(於:葛城市) 小さなタンクの上に小さな家…かわいい。

|

« 淀川左岸、京阪国道の夕景ふたつ、車窓から。 | トップページ | 小雨まじりの浜大津、午後5時17分。 »

琺瑯タンク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 琺瑯タンクの余生 42 ● 奈良県葛城市今在家:

« 淀川左岸、京阪国道の夕景ふたつ、車窓から。 | トップページ | 小雨まじりの浜大津、午後5時17分。 »