« 火事は一一九番 警察は一一〇番 へ | トップページ | 陰気な空に黒けむりたなびく三十日の朝。 »

2018年12月29日 (土)

長年埋もれていたのか“境内荷車止”の石柱碑

 ずっと昔より気になっていた物件。
Ikiume1 Ikiume2
 京都は相国寺にある“境内荷車止”と記された石柱碑。それ自体の目的はまぁどうでもええんですけど、見ての通り“境”と“内”の上と下で石の色が全然違うのが妙やなと思いまして。
 きっと長年のうちにどんどん沈んで“境”の下は埋まってしもてたものを掘り起こして立て直したってことやと思います。
 まぁ時々見る光景ながらここまで埋もれてしまっていたとはちょっとびっくりな感じ。それで“境”しか見えん状態のこれをみんな何や思っていたのかも気になるところですな。

(於:京都市上京区) また既に“止”の半分は埋まってしもてますな。

※“境内荷車止の何処に鏡という文字がありますか?”
とのコメント頂きました。間違ってたので訂正しました。アホ丸出しのアホげ。

|

« 火事は一一九番 警察は一一〇番 へ | トップページ | 陰気な空に黒けむりたなびく三十日の朝。 »

何げな」カテゴリの記事

京都ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長年埋もれていたのか“境内荷車止”の石柱碑:

« 火事は一一九番 警察は一一〇番 へ | トップページ | 陰気な空に黒けむりたなびく三十日の朝。 »