« ブロックの穴にタマスダレ | トップページ | 見上げれば、ちゃんと晩秋。 »

2018年11月 7日 (水)

逆さ鉢の穴から草顔を出す

 そらまぁそうなりますわなぁ。
Uekibachies  そもそもうつ伏せになった植木鉢だらけってだけでも充分妙な図。そこに底の穴から草が生えてるってなんかね、人をおちょくっとる様に思えてきてでもそのたくましさがまたよろしいなぁ。
 普通とは真逆のシチュエーション…草にしたら必死で生きる光景ながら、何とも和ませてくれてます。そうか…こんな草でも植物ってほっこりさせてくれる存在なんやなぁと改めて思ったのでした。

(於:兵庫県加古川市) 案外守られてるな、鎧付けてる様なモンや。

※関連記事:
カタバミ、完全防備。』 2018年5月 記
植木鉢まみれ、紀ノ川駅前の空き地。』 2016年1月 記

|

« ブロックの穴にタマスダレ | トップページ | 見上げれば、ちゃんと晩秋。 »

思ったこと」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

「そのまつ毛、ええなあ」
「うらやましいわ」
「あかん、長すぎるやん」と、一つ目たち、
おっと、むこうに二つ目も。

投稿: mita | 2018年11月 9日 (金) 09時08分

●mitaさま
うわっ、そう言われたらかなり気色悪い光景ですやん。相変わらず独特の解釈を…おおきに。

投稿: 山本龍造 | 2018年11月15日 (木) 09時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 逆さ鉢の穴から草顔を出す:

« ブロックの穴にタマスダレ | トップページ | 見上げれば、ちゃんと晩秋。 »