« 逆さ鉢の穴から草顔を出す | トップページ | 小森の秋 »

2018年11月 8日 (木)

見上げれば、ちゃんと晩秋。

 先の日曜からずっと京都で仕事。明日も京都。有り難いわぁ、ほんま。
Dtj_2
 11月ながらぬくい日々。季節ずれてまっせと思うも見上げれば葉の先からちゃんと紅く染まりはじめて…知らん間に秋も終わりに差し掛かっていますな。

(於:京都市北区) 楓の紅、松の翠。

|

« 逆さ鉢の穴から草顔を出す | トップページ | 小森の秋 »

何げな」カテゴリの記事

京都ネタ」カテゴリの記事

コメント

50年前の音楽の教科書を思い出しました。この詞に曲をつけなさい、というものです。「松の青さよ かえでの紅さ 中にいちょうの黄ばむ良さ」…速攻で日本的な旋律を付けました。

投稿: n-cat | 2018年11月10日 (土) 02時22分

●n-catさま
はじめましてこんにちは。ようこそアホげへ。
え?そんな難解な問題があったんですか、しかも半世紀も前に。きっと美しい旋律を付けられたことと存じます。歌詞を見て景色が見える…よろしいですね。

コメントおおきにでした。いつもレスが激遅の拙ブログ、ひとつお許しを。

投稿: 山本龍造 | 2018年11月15日 (木) 09時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見上げれば、ちゃんと晩秋。:

« 逆さ鉢の穴から草顔を出す | トップページ | 小森の秋 »