« ナミイタの隙間に小さい秋 | トップページ | 物悲しい日の出前、6時37分神崎川は江口橋にて。 »

2018年11月25日 (日)

秋晴れの午後、朽ちゆく文化…住宅。

 寒なりましたけど、まだ秋やそうで。
1811231305  ある知らせがあって久々…四半世紀ぶりくらいに訪れた東大阪は石切あたり。あんまり変わらんなぁと少しノスタルジーに浸りつつ歩いてましたらふと目に入った文化住宅の二階廊下が抜けてしもてます。
 そうか、まぁ25年前でもやや時代に取り残されつつある存在ではありましたけど、こうなって終焉を迎えるんかと思うと寂しい思いが…なんて思うこともなく。青空ってやっぱり湿っぽい想いを緩和する効果がある様に思いますけど、どうでしょ。ま、他人事やから呑気にそんなこと思ってるんでしょうがね。あぁ、平成も終わるとなると、ほんまに昭和は遠い日々に…

(於:東大阪市) “他人事”ではない、我がを建物に置き換えたらこんな感じやがな。

|

« ナミイタの隙間に小さい秋 | トップページ | 物悲しい日の出前、6時37分神崎川は江口橋にて。 »

建造物」カテゴリの記事

河内」カテゴリの記事

コメント

廊下が老化、
老化は足から、
ああ、車ばかりではなく歩かなくては、自戒。

投稿: mita | 2018年11月29日 (木) 08時44分

●mitaさま
いやホンマでっせ。ちょっと昔にはタバコ買いにいくのもクルマって人たちがいましたけど。歩かなあかんと思います。ま、私の場合、趣味が歩くことみたいなもんですけど。

コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2018年12月 6日 (木) 11時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋晴れの午後、朽ちゆく文化…住宅。:

« ナミイタの隙間に小さい秋 | トップページ | 物悲しい日の出前、6時37分神崎川は江口橋にて。 »