« 防火水槽 219 ■ 奈良県高市郡明日香村越 | トップページ | 銀色に光る電線 »

2018年11月16日 (金)

紀の川渡りながら見た空、午後0時18分。

 ただの青空でも、違てみえまんなぁ…和歌山は。
1811161218  何が?、ってほれ、呑気な空気が写ってますやん…とかなんとか。
 和歌山駅から20分ほどクルマ乗せてもらって今日の現場へ。行った先甲子園球場200個弱って敷地。もう圧巻。その規模にまた和歌山を感じて…ってそれはまぁついでに書いているだけ。
 昼食にと地元出身のアホげ民に連れて行ってもろた昭和な蕎麦屋の売りがどでかいトンカツってのもこれまた同様にじつにおおらか。極めて美味しいそばやったけど“たぬきそば”ってネーミングは東京チックでんな。何をうだうだ記してるねん…って、困った時はいつも空の写真で茶濁してる事実をごまかしてるだけ。あぁこのこの文言もまたしかり。何しか和歌山はいつ行ってもほっこりさせてくれる場所であります。

(於:和歌山県和歌山市) 仕事終わりはいつもの立ち呑み…とはいかず残念。

|

« 防火水槽 219 ■ 奈良県高市郡明日香村越 | トップページ | 銀色に光る電線 »

写真」カテゴリの記事

思ったこと」カテゴリの記事

コメント

うんうん、いいですねぇ。

何というか「まぁ、明日はいいことあるかもしらんし」って思える空だ。
ありがとう和歌山。

投稿: おばちゃん | 2018年11月26日 (月) 09時59分

●おばちゃんさま
そうそう、こういう空は和歌山上空にしか現れません。県民性が空に出る…いいなぁ。

コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2018年12月 6日 (木) 10時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紀の川渡りながら見た空、午後0時18分。:

« 防火水槽 219 ■ 奈良県高市郡明日香村越 | トップページ | 銀色に光る電線 »