« いかにも平成にして昭和な光景 | トップページ | 作業見えん作業中の »

2018年8月 5日 (日)

“涼風一陣来”弟子対決…写真の。

 2週間前は“祭釜”。
Ryofu1 Ryofu2
 で、写真を2枚。以前同様兄弟弟子によるコンデジ対スマホの一本勝負。どっちがどっちかは…まぁ、今回は、ね。
 それよりですわ。これ、同時に撮ったもんではなくて私が何げに撮ってるのを遠目に見てはったのを後から撮らはったというのに…似たモンが撮れてるなぁと思って。
 こっちが撮った画像をモニタで見ずして何をどう撮ってるんか理解してはるってのにちょっと驚きまして。たいしたもんですなぁ…ってこの構図の良し悪しの問題やなくての話でっせ。
 こういうのって「相手が何を言うてるのか」を聞き分ける能力の有る無しにも思うなぁと思ったり。“一を聞いて十を知る”って言うのかなぁ…いやいやモチロン拡大解釈してのことです。
 それより…ですわ。この掛物にある“涼風一○来”の5文字。四つ目だけ読めんなぁ…で、その妹弟子に訊きますれば“”やと、たぶん。で、過去記事見ておりますと4年前にも同じ掛物出されていて同じ疑問を同じ様に教えてもらってるという事実が明らかに。しかも“そうか…と思いつつ、また、忘れるんやろなぁ。”とまで書いてある。まんまですわ。きっと今度こそ…は、ないない。忘れてしまうことでしょう。茶の湯は全面的に“猫に小判”です。

外激暑も中はこの掛物のお陰で涼しい涼しい…って、もちろんエアコンのお陰でょ。

|

« いかにも平成にして昭和な光景 | トップページ | 作業見えん作業中の »

あほらし」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

思ったこと」カテゴリの記事

茶の湯」カテゴリの記事

コメント

肝心の陣が…

投稿: mita | 2018年8月 9日 (木) 09時48分

お久しぶりです。

やっぱり、夏のお茶事は涼やかに見えるのが一番。
ちょっと涼風、頂きました。

投稿: 天王寺蕪 | 2018年8月11日 (土) 09時04分

●mitaさま
でしょ。どう被せよかいなぁと思案しつつでこの状態。そもそも“陣”を軽視してるんでしょうね、どこか。

●天王寺蕪さま
絵で感じるか、言葉から想像する景色で感じるか…昔は後者がもひとつ理解できなんだんですけど、やっぱりこっちですよね。ま“読めたら”ですけど。

コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2018年8月17日 (金) 16時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/67016115

この記事へのトラックバック一覧です: “涼風一陣来”弟子対決…写真の。:

« いかにも平成にして昭和な光景 | トップページ | 作業見えん作業中の »