« 農地と宅地の境界の、ペンキの看板ええ感じ。 | トップページ | 道端のオイル缶、へそにツバメ印。 »

2018年8月 2日 (木)

廃店舗に残された看板ふたつ

 あぁいかにも“昭和も遠くになりにけり”って感じ。
Assr1
 もう廃業されて随分歳月を経た感じの酒屋さん。長屋の風情も相まってええ雰囲気を醸しています。
Assr2 Assr3  残された看板がふたつ。“味の素サラダ油”はプラスチック製でしょうか。微妙に湾曲している風に見えるのですが、これは電柱なんかに取り付ける場合を想定していたんでしょうか。色あせてしもてもひとつ味わい薄い気もしますが字づらに時代を感じさせるもんがあります。
 もうひとつは“サントリーレッド”。何とも錆びサビなこの現状を見ると、これは琺瑯製にあらず…と思ってましたがネット検索で出てきた上モノの写真を見ると、元々琺瑯看板やったみたいです。琺瑯のがこないに錆びる…質が悪かったのかこの環境が悪かったのか。ま、ここは味わいとして捉えましょうか。
 お店の中にもあれこれ色々看板なり景品なんかがありそうで期待が膨らみます…が、ちょっと写ってます様に長屋全体が“キケン注意”と書かれたテープで巻かれています。近々取り壊されてしまうのか…先の地震後になされたことにも思います。いずれにしてもずっとこの風情で …とはいかんでしょう。残念に思うも、仕方ないんでしょうなぁ。

(於:西成区) “サントリーレッド”と検索すると予測ワードに“まずい”とか“悪酔い”が。そうなんか。

|

« 農地と宅地の境界の、ペンキの看板ええ感じ。 | トップページ | 道端のオイル缶、へそにツバメ印。 »

大阪市西部」カテゴリの記事

看板」カテゴリの記事

コメント

あー、なつかし、残してほしい昭和の風景。
あかんのでしょうね。

投稿: ぽんぽこやま | 2018年8月 4日 (土) 01時28分

●ぽんぽこやまさま
あかんもなんも…個人で残せんでしょう。
リノベーションして“インチキ昔風”なお店に姿を変えたら残るのかもしれませんが…ああいうの、ちょっと苦手。
とか思ってましたけど、そうしてでも残った方がええのかもしれんと近年思う様になりました。

コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2018年8月17日 (金) 16時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/67015901

この記事へのトラックバック一覧です: 廃店舗に残された看板ふたつ:

« 農地と宅地の境界の、ペンキの看板ええ感じ。 | トップページ | 道端のオイル缶、へそにツバメ印。 »