« 八尾東部の夕景、午後7時21分。 | トップページ | ひめがくにエドモンズ、すっかり色あせて… »

2018年7月25日 (水)

休耕田でひとり…孤独な平成プラ看板。

 クルマが目立ってしもてますけど、そっちやなくてやね。
Daikuishida1 Daikuishida2 Daikuishida3
 平成のプラ看板はなんて孤独なんでしょ。見ての通り休耕田にポツンと一本立ってます。この手の看板は店舗の袖に設置してあるもんやという思い込みがイカンのでしょうな、妙な感じながら、かなり目立ちます。こらぁ看板としてばっちり任務を果たしてる訳ですからあっぱれですな。
 しかしまぁ誰がこんなところに…と近寄って見ますれば“大工  ”とあります。が、住所も電話番号もいっさいなし。ここらで“大工の○田さん”と言えば誰もが知る大きな存在なんでしょうね。西播磨の皆さん、TOSTEM製品のご用命はぜひとも○田さんへ…って他所モンのあんたに言われたないわ、ですね。スンマセン。

(於:兵庫県上郡町) 何で合成して置いたみたいに見えるんやろこのクルマ。

|

« 八尾東部の夕景、午後7時21分。 | トップページ | ひめがくにエドモンズ、すっかり色あせて… »

プラ看板」カテゴリの記事

何げな」カテゴリの記事

看板」カテゴリの記事

コメント

昔、実家の屋根を直した時は「いつもの大工さん」に来てもらったもんですが、数年前自宅マンションをリフォームした時は、ネットで見積とって業者を選び、そこから「職人さん」の一人として大工さんが来て下さったように思います。
「大工」っていうのは職業欄に書くような言葉じゃなくなってきたのかな、と思っていたところにこれはまた潔し。

いつもの○田さんにお願いしなければ。(連絡先知らんけど笑)

P.S. この車は、印象派の中に突然現れたシュールレアリスム。
もしくは縮尺間違えた玉虫かコガネムシみたいだと思います。

投稿: おばちゃん | 2018年7月28日 (土) 18時26分

シュールなのは、看板の足もとの砂(?)
一瞬にしてワープ?!

投稿: mita | 2018年8月 2日 (木) 12時28分

●おばちゃんさま
そうそう、最近はどんな世界もネットサービスのどこかに繋がってなかったら仕事ないですよね。いわゆる“紹介”で仕事が回っていた時代も遠くになりにけり…でしょうか。
ですけど紹介ってやっぱり安心。つい先日水道工事を知り合いの紹介で来てもらって大正解。ついでに左官仕事までその水道屋さんにお願いすることに。誠実なひとと出会えると…ホッとしまっせ。
クルマはコガネムシ…!ホンマや。でも“恐い”というより楽しい感じかな。

●mitaさま
看板の足もとの砂の下に、大工の○田さんが隠れているそうですよ。ツイッターの書き込みにそのようなのがありました。

コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2018年8月10日 (金) 15時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/66981956

この記事へのトラックバック一覧です: 休耕田でひとり…孤独な平成プラ看板。:

« 八尾東部の夕景、午後7時21分。 | トップページ | ひめがくにエドモンズ、すっかり色あせて… »