« 昭和なプラ看板 166 ● リリーの缶詰 | トップページ | “スーパーくろしお”って万代の… »

2018年7月 9日 (月)

橿原市の“純喫茶”で雑感。

 橿原市某所で仕事。「昼食どこで食べよ」で、先方が「部屋冷やしときますわ、先の神社を右に行ったらコンビニがあります」と言わはるし「(先方の好意もあるし)ほなコンビニやな」と思ってるも「ちょっと行ったところに喫茶店もあるみたいです」と行きたそうな顔の人がひとり。「ほなそうしょうか」。こらぁ若造、年寄りふたり差し置いて主張すんな…なんてね。
 で、あったのが“純喫茶”と記された喫茶店。テーブルは…言わんでも想像できますよね、はいゲームのヤツですわ。
 お客さんひとりだけ。メニュー数あれどあれこれ頼むの悪いしなぁ…で“焼きそば定食”を、ふたつ。ひとりは“ビーフカレー定食”を。ここでも若造、やってくれます。
 冷凍食品ではないなぁこれは。時間かけて作ってくれてはります。待ちつつ何げに見ていた小さなポスター見てましたら…あ、そうなんや。
Oasis1
 何がそうなんやって言うと、今だに演歌の世界って“ドーナツ盤”の世界を踏襲してはるねんなぁってこと。写真では大きさはわからんかと思いますがまさにそのサイズ。「ひょっとして…まだレコードで出してはるんか?」と調べましたらCDシングルでの発売みたいですから、やっぱり“演歌はドーナツ盤”な美学があるんでしょうな。ということは今も“ジャケ買い”の世界か。ええなぁ、わかる気がする…かなぁ。左の2枚は“秋本ひろし”さん。右の“麗央”さんは『“スーパーボーイ麗央”で検索』とのことで若造早速スマホで検索。ツイッターのフォロー数に…ヤメとこ。
 ひと通り“演歌=ドーナツ盤”を楽しんでもうひとつ貼ってあるチラシ、こちらに意識が移りました。
Oasis2  まぁ見ての読んでの通り。コーヒーそれなりにたくさん飲んだら死亡リスクが低下…は、どうでもよくてね“11月16日米国で発表”の部分、ここが気になって。いったいいつの11月16日やねん…って感じ。喫煙可の店内でそれなりに燻されすっかり馴染んでますけど。帰宅後調べますればどうやら2015年の事の様です。2年半か、たった。もっと熟成されてて欲しかったなぁ…は、ネタ探してっる立場のアザトサですな。ちょっと反省…ほんまかいな。
 で、待ちに待って出来上がりましたで、焼きそば定食にビーフカレー定食が。ほれっ。
Oasis3  どやっ!なボリューム。焼きそばはまぁこれ1玉半ですな。名城とかマルちゃんの3玉入り焼きそばを2人前にしてくれはったんやろなぁって感じ。麺を隠す玉子焼きは…どうも2つ分でっせ。ご飯は大盛り。味噌汁の具もテンコ盛り。あぁなんと有り難いことでしょうか。ちなみにカレーにも味噌汁が付いてました。「え?」と思う反面「そらそうやろな」。なんせここは“純喫茶”ですから…ん?
 お水の追加を所望すると「よかったらこれも飲んで」と高級な飲むヨーグルトを3本テーブルに。牛乳モン苦手で私のは若造に譲って…ここまで食べて飲んだら肝心のコーヒーが飲めませんやん。で、飲みませんでしたけど。
 「ごっそうさん」に、「ひとり650円」。ええ?焼きそばはともかくカレーは“700円”やと言うのに。間違ってはるんかと問えば「いやみんな650円でええよ」と。で、ホンマにちゃんと50円のお釣り渡してはったもんな。
 何やったんやろ。いやぁ有り難かったし発見もあったしなぁ。お美しいマダムがやってはるタバコで燻されたセピア色の空間での午後のひとときはまさしく昭和そのものでした。きっと「働き盛りは食べなアカン」ってな親心もあったんやろなぁと思うと、ますます古き良き時代って感じ。チェーン店ではあり得ない採算度外視さ…ええとこ連れて行ってくれたなぁ。そや、老いぼれは若造の言うこと聞いてナンボですな。おおきに、髪型又吉似の若造よ。

(於:奈良県橿原市) この若造こそ先の記事に少し書いた私を“山本龍造”やと見抜いたお方。さすがはアホげ民♡。

|

« 昭和なプラ看板 166 ● リリーの缶詰 | トップページ | “スーパーくろしお”って万代の… »

小発見」カテゴリの記事

思ったこと」カテゴリの記事

コメント

そうですか~良い出会いでしたね。

地味に生き残ってる純喫茶のたぐいはみんな、常連さんが仕切ってはるようなイメージがあって、たまに出歩いても最近はチェーン店に行ってしまうなぁ。

でも年齢的にマダムに近い私には分かりますよ。
珍しいお客様がきっと嬉しかったでしょう。

アホげ民の若者はマダムにもポイント高かったはず。

投稿: おばちゃん | 2018年7月10日 (火) 19時02分

「お美しいマダム」は、「男前」にサービス、これ鉄則。

看破した若武者、あっぱれ。

投稿: mita | 2018年7月11日 (水) 10時32分

いつも楽しみに拝見しております!馴染み深い地名がチラホラ出てきて親近感たっぷり♪なんて思ってたらついに我が街に!!行ってみたいな純喫茶…。近鉄大阪線の北か南か、橿原線の西か東か?ヒント頂ければありがたいです!

投稿: 関西人43才 | 2018年7月13日 (金) 11時10分

●おばちゃんさま
でしょ。歳重ねると保守的になってしまうんでね。チェーン店を選ぶ気持ちもよくわかります。酒屋の立ち呑み屋も然り。知らん土地なら「えいやっ」と入りますけど知ってるところほど入りにくいかな。
で…そうですなぁ。若造のポイント高かったからそのおこぼれをおっさんふたりが…ってとこでしょうかね。ま、いずれにしても若造のお陰です。

●mitaさま
“男前にサービス”…誰やってんやろ?
で、そうそう、若造は“純喫茶マニア”やそうです。

●関西人43才さま
はじめましてこんにちは、ようこそアホげへ。
え、いつも楽しみに見てくれてはる…有り難いことです。“どこらへんでの話か”ってのも大事な要素と思ってますのでそのように楽しんでくれてはるのは嬉しいことです。
で、橿原にお住まいなんでしょうか?ええ“純喫茶”をお持ちでうらやましい限りです。
それで場所ですが、近鉄大阪線より南、近鉄橿原線より西…と言うよりJR桜井線の金橋駅あたりを流れる曽我川のほとり…こんなあたりでどうでしょう。皆まで書いてもいいんですけど、ちょっとは探す楽しさも残しておいた方がええかと思いまして。
“ビールあります”と貼ってありましたので食べて飲んでタイムスリップしてください。あ、大盛りになるか否かは保証しませんので。
わからなんだらまたきいてください。これからも気楽にコメントいただければ幸いです。

コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2018年7月14日 (土) 10時59分

いや~、ナイスなヒントをありがとうございます♪
金橋駅と曽我川はそこそこ距離がありますので、もうあの辺しか無いぞ!ってことで本日早めに偵察に行ってまいりました。
あ~っ、やっぱりココやったか!!
看板にはしっかり『純喫茶』の文字が!
子どもの頃はチャリンコで走り回ってた場所やし、バブルの頃は一番奥のスナックに当時の勤務先の上司に毎週末連れられて行ってましたゎ。あ~、懐かしい!
が、早すぎたのか日曜だったせいかシャッターが閉まっとりました~

頃合いをみて再訪してみます!

ありがとうございました!

投稿: 関西人43才 | 2018年7月15日 (日) 21時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/66925906

この記事へのトラックバック一覧です: 橿原市の“純喫茶”で雑感。:

« 昭和なプラ看板 166 ● リリーの缶詰 | トップページ | “スーパーくろしお”って万代の… »