« 昭和なプラ看板 167 ● 神鋼の切削工具 | トップページ | “人生をステルな!! ” »

2018年7月18日 (水)

藻川にも、ヌートリア。

 尼崎市は東部某所で仕事終え、阪急は園田駅へ。道すがら藻川に架かる細い橋から川面を見ますと、コイ(?)の群れの前を、涼しい顔してスイスイ横切るヤツがいます。
Coipo4a
 茶色くてずんぐり…あ、アイツですな。
Coipo4b Coipo4c
 このサイズでは判りづらいですね。特に枯れた草むらに潜んでる図はもうまるで忍者かカメレオンかって感じ。泳ぐヤツと潜むのと2匹見かけました。つがいなのかもしれません。
 これで4ヶ所目…と言うことはミシシッピアカミミガメ同様、もう珍しいことでもないということでしょうか。
 毛皮需要が減っては野に放たれ今に至るそうですが…そないに何とも先のこと考えんとええ加減なことやってた時代もあったんですなぁ…って、今も何ら変わってない気がします。ええんかなぁ…諸問題先回しにしてるみたいに思うんですけど。

(於:兵庫県尼崎市) コイたちはどういう思いで見てるんかね。

※関連記事:
恩智川にも、ヌートリア。』 2018年1月 記
大阪城にも、ヌートリア。』 2014年1月 記
賀茂川に、ヌートリア。』 2012年10月 記

|

« 昭和なプラ看板 167 ● 神鋼の切削工具 | トップページ | “人生をステルな!! ” »

動物」カテゴリの記事

摂津(大阪市外)」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

「サインはV」ヌートリア君、見事な航跡。

投稿: mita | 2018年7月23日 (月) 22時15分

●mitaさま
コイに勝ちほこっての“V”確かに見事。外来種にやられる図、やがて人間にも…いや“やがて”ではないかも。

コメントおおきにでした。

投稿: 山本龍造 | 2018年8月10日 (金) 15時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/218225/66955594

この記事へのトラックバック一覧です: 藻川にも、ヌートリア。:

« 昭和なプラ看板 167 ● 神鋼の切削工具 | トップページ | “人生をステルな!! ” »